終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

「日本のダメ」「他国のダメ」なところを紹介する5chまとめブログです。基本的になんJ / VIPのスレッドから記事を作っています。

    音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/16(火) 17:06:02.05 ID:FPcvgZvT9
    2022年8月16日 12時00分

     衆参両院で改憲勢力が国会発議に必要な3分の2以上の議席を確保し、改憲の具体案が議論される中、戦争放棄を明記した9条などを掲げる日本国憲法の素晴らしさを再認識してほしいと、元共同通信記者の山本邦晴さん (69)=名古屋市=が憲法をたたえる歌を制作した。希望者に楽譜を配布する予定で、「憲法を守る集会やデモを後押しする存在になれば」と広く活用されることを願っている。(市川千晴)

     憲法賛歌と銘打った曲のタイトルは「憲法 日本の誇り」。「平和の力だ」「福祉の心だ」「みんなの願いだ」といった簡潔な歌詞に、誰もが平和のうちに希望する仕事に就いたり、芸術を楽しんだりできるようにとの願いを込めた。明るいマーチ風の曲だ。

     「憲法は国の将来のあるべき姿を書いた規範で、前文は格調の高い文章だ」と、記者だった山本さんは訴える。報道の使命は平和を保つことだと心がけて、赴任地で市民の戦争被害や反戦運動を取材してきた。

    ◆各地で反戦運動取材、憲法解釈見直し議論に危機感

     だが、定年退職を迎えた2013年ごろ、第2次安倍政権下で、他国を武力で守る集団的自衛権を行使できるよう憲法の解釈を見直す議論が本格化した。「防衛力強化にかじを切る政治は、市民社会を荒廃させてしまう」と懸念し、自らもデモなどに参加し始めた。 

     高校時代からギターで曲を作り始め、アマチュアコンテストで入選したこともある山本さん。明るく楽しいデモを企画したいと考えていたところ、昨年5月3日の憲法記念日の朝に、メロディーと歌詞が浮かんだ。一気に書き上げ、憲法賛歌が誕生した。

     昨年11月、名古屋市内の憲法勉強会で初めて披露したところ、「自然に歌いたくなる」と評判になり、リクエストを受けて勉強会などで度々歌っている。

    ◆護憲の後押しに

     岸田文雄首相が早期の改憲発議に意欲を示すなど、改憲論議は着々と進んでいるようにみえる。一方で、ロシアの侵攻を受けたウクライナが、日本に軍事支援を要求しなかったことに、山本さんは注目する。「これぞ平和憲法の力だ。9条が戦後日本の平和を守ってきたことは間違いない」とウクライナ侵攻に乗じた改憲論をけん制する。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/196219

    https://youtu.be/8mkLPE1sVNk

    【【朗報】東京新聞「憲法9条を讃える歌ができました^^改憲反対!」→再生数600回】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/07(日) 20:22:26.82 ID:WWqgiHKCp
    ヤンキーカップル😱

    【【令和最新版】人気音楽ユニットYOASOBIさんの見た目がコチラ→】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/02(火) 10:21:09.66 ID:CAP_USER
    音楽評論家のインタビューシリーズ4回目に大衆文化評論家のキム・ホンシク氏(47)に会った。キム氏は高麗(コリョ)大学で政策学、建国(コングク)大学で文化情報コンテンツ学で博士号を取得し、公共政策の視線で大衆文化現象に注目してきた。韓国放送大賞選定委員、SBS視聴者評価委員を務め、作家・タレント・講演者として活動している。『大衆文化心理の読み取り』『大衆文化心理で読む韓国社会』『K-POPミュージックのDNA』などの著書がある。

    K-POPを代表するBTS(防弾少年団)だが、権威のある音楽家から認められていないようだ。一例として、4月BTSは米国グラミー賞にはノミネートされたが、受賞には失敗した。受賞不発の理由についてキム・ホンシク氏はかつての大衆音楽界が若い女性が主軸となるK-POP文化を認めることを拒否しているためだと主張した。「K-POPに対する欧米の主流社会のこのような態度をアジアン差別のような人種問題として受け止める場合が多いが、実際にこれは人種の問題でなくジェンダーの問題」と指摘した。ソウル永登浦区(ヨンドンポク)にあるキム氏の事務室で6月7日インタビューを進めた。

    --K-POPを主導するのが女性という観点はどのような意味をもつか。

    「K-POPファンダムの主軸を成すのは10~20代女性だ。彼らは購買力や政治権力の面で比較的に弱い集団だ。彼らが今日のK-POP文化を作ってきたため、大衆音楽界の権威者集団では「これは真の音楽でない」と判断してしまうわけだ。女性ファン自分もK-POPに対する非難がジェンダー問題ということに気付いていないようだ。そのため、グラミー受賞を語る時、度々人種的多様性を取り上げる。だが、この観点は適切でない。黒人アーティストもグラミー賞を多く受賞する。国内で権威のある評論家の間でもK-POPが『まともな』音楽として認められるまで非常に長い時間がかかった。BTSが世界的に人気を得てからK-POPというダンスと歌が交わった独特のジャンルという認識が広がった」

    --欧米社会と既成世代はなぜK-POPを認めないのか。

    「K-POPはSNSとユーチューブを通じて広がった。私たちが通常的に考えてきた、マスメディアに乗って有名になった伝統的な概念の20世紀スターとは成長経路が違う。K-POPに対する多くの無理解や反発がこの違いに起因する。伝統的なマスメディアに馴染んでいる人々、すなわち欧米の欧既成世代の視線から見るとK-POPの台頭は理解できないことであり、認めたくないことだろう。聞いたことも、自国の大衆メディアでは見たこともない韓国歌手が突然どこから登場してビルボードチャート1位を占めるからどういう状況なのか理解できないかもしれない。このため、近くK-POPグループがグラミーを受賞する可能性は小さいと考える。だが、文化の伝播ルートがソーシャルメディアに移っているため、次第に変わると考える。音楽がこれ以上聴覚的だけでなく、視覚的に消費されるデジタルメディア時代でK-POPはものすごい競争力を持っている。K-POPこそ消費者の五感を楽しませることを強調する分野ではないか」

    続きはソースで
    https://japanese.joins.com/JArticle/293862?servcode=700§code=720
    https://japanese.joins.com/JArticle/293863

    【【悲報】グラミー賞を受けられなかったBTS、人種差別のせいだと思ったが…勘違いだった模様w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


      【【悲報】吉川晃司に憧れて白髪生えても黒染めしないと決心した男さんの末路……😢💡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/07/13(水) 17:40:00.19 ID:+7gN3iPb0
    21年 BTS「BUTTER」、ビルボード100で10週連続1位

    BTS、不正操作疑惑に反論。ビルボードはチャート集計ルールを変更

    22年 BTS「Yet to Come」、ビルボード100で初週13位、2週目68位、3週目圏外

    2: 終国速報がまとめています。 2022/07/13(水) 17:40:31.69 ID:+7gN3iPb0
    参考サイト:

    【【特大悲報】BTSという韓国グループ、実際はそこまで人気がなかった模様😭】の続きを読む

    このページのトップヘ