終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    賠償金

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/07/14(木) 13:18:01.03 ID:VnrM4xQ40
    10日投開票の参院選で、暴露系ユーチューバーとして人気を博すガーシーこと東谷義和氏が、NHK党の比例区で初当選した。

    「これからみんな、俺のこと先生って呼ばなあかんから大変ですよ」「国会で寝てるおっさん議員、全員たたき起こしますから。きっちりやったります」と、やる気満々の東谷氏だが、思わぬ落とし穴があるかもしれない。

     そもそも東谷氏は、有名人のプライベートの様子を “暴露” することで知名度を上げてきた。しかし、その反動は大きい。こうした暴露のなかで名前を出されてきた大原櫻子や綾野剛らの所属事務所は、東谷氏に法的措置を取ると宣言しているのだ。

     現在はドバイに在住しており、資産の所在などがわからないため、所属事務所が名誉毀損やプライバシー侵害等で裁判を起こしたところで、勝てたとしても実際に慰謝料などを差し押さえることは難しい。

     だが議員になると話が変わってくるようだ。リンク法律総合事務所に所属し、米国・カリフォルニア州弁護士の資格も持つ、山口貴士弁護士が語る。

    「海外に逃げていて住所不明だったとしても、公示送達という方法で裁判を起こすこと自体は可能なんです。しかし、こうした方法で裁判を起こし、勝訴しても回収は難しい。ですが、彼が国会議員になったことで、議員歳費の差し押さえが可能になります。普通の給料と違い、議員歳費の場合は満額差し押さえることも可能です」

     議員にとっての給料で、年間2000万円を超える議員歳費。これをすべて差し押さえられてしまっては、東谷氏にとっても痛手なはずだ。

    「彼に歳費を支払う国に対し、裁判所から差し押さえ命令が送達されれば差し押さえの効果は生じます。取立てには当人への公示送達が必要で、差し押さえ可能なのは判決が認めた範囲と執行費用ですが。

     彼は今後ともバリバリ暴露をすると言っているようです。当選により、名誉毀損やプライバシー侵害されたと感じた人は、『彼を訴えて勝訴すれば、差し押さえ可能な財産ができた』と思い、当選を喜ぶのでは? 無論、彼が辞職すればそれまでですが」(山口氏) 

    “暴露系” から “真面目系” 政治家に転身するのはいかがだろうか……。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fe2b92d681e3d034a7e788a9a00159218fe9aa46
    business_kaitataku

    【【悲報】参議院議員ガーシーさん、年収2000万円すべて賠償金に取られる可能性アリ😢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/06/22(水) 17:22:56.79 ID:CAP_USER9
    6/22(水) 15:20配信

     実業家の「ひろゆき」こと西村博之氏(45)が22日、自身のYouTubeチャンネルを更新。自身が管理していた掲示板「2ちゃんねる」をめぐる裁判について、語る場面があった。

     ひろゆき氏は、17年5月に放送されたAbemaTV「エゴサーチTV」に出演した際に「2ちゃんねる」の書き込み削除をめぐり、多くの裁判を経験したことを告白。また、賠償請求額については「30億円くらいいったと思う」と発言している。

     この件について、視聴者から問われると「あれは悪いと全く思ってなくて、法が悪いと思ってたんですよ」と、持論を展開する。「今の日本だとプロバイダ責任(制限)法ってのがあって。ツイッターでもフェイスブックでもいいんですけど、何かしらの名誉棄損的行為が起きましたと。そのとき、サイトの管理者がそのことを知らなかったら、一切責任はないんですね。僕が『2ちゃんねる』やってたときは、その法案が無かったんですよ。なので、誰かが『*ね』って書き込んで、そのことを訴えられたら、僕が100%負けてたんですよ」と、説明。

     「さすがにまずいってことで法律が変わって、管理者が知らない場合は問題なくて、知ってから対応すれば、責任は取られないってことになったんですよ」といい、「それまでは、お金払ってくださいっていう判決が出てたんですけど、お金を払わないといけないという法律もなかったんですよ。“どんな変な法律でも従うべきである”のだとしたら、僕がお金を払わないのもアリなんですよね」と、自身が賠償金を払わなかった理由について語った。

     「裁判が2000年から2005年くらいにあって。時効が10年なので、ほぼ全ては時効になってるんです。“ひろゆきは日本に住めない”っていう話があるんですけど、僕は2015年くらいまでは日本にいたので。全部時効になってからフランスに行ったので、何の問題もないんですよね」とも、話していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/19ab744958f79db4da3e3a818952bc8de7dbd206

    【【終国】ひろゆき氏、「2ちゃんねる」の賠償金“30億円”踏み倒しは「全く悪いと思ってない。悪いのは法律」←これ🤯】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/06/19(日) 19:42:46.37 ID:CAP_USER9
     2ちゃんねる元管理人で実業家のひろゆき氏(45)が19日、無所属で今夏の参院選(22日公示、7月10日投開票)への立候補を予定している作家の乙武洋匡氏(46)の政策、キャンペーン概要を発表するキックオフイベントに参加した。質疑応答では、2ちゃんねる管理人時代の多額賠償問題について言及する一幕があった。

    【写真】イベントで乙武洋匡氏にマイクを向けるひろゆき氏=都内

     会見の質疑応答で取材陣から「2ちゃんねるを通じて不法行為で訴えられて数億円の賠償を抱えられているということで、それをお支払いになっていない方を国政の場で応援にお連れするのはいかがなものか」と乙武氏に、「(米国の)4chanに関して連邦議会から白人至上主義者や殺人事件の関与について、何らかの報告をしろと去年言われていたと思いますが、それはどうなりましたか」とひろゆき氏に質問があった。

     前日の渋谷街頭演説に続いて応援を受けた乙武氏は「そこも含めて有権者の方に判断していただくのがいいのかと思っています。私自身もそんなに誇れる過去ばかりではない中で、それも含めて有権者の判断に委ねるしかない。ひろゆき氏にそういう事実があるなら、そういう方に応援されるのはどうかと疑問に思う方は私を避けるでしょうし、有権者に委ねたいと思います」と応じた。

     賠償金を受け取っていない人から「なぜあんな男がテレビに出ているのか」という心境を聞いていると質問者が続けたのに対して、ひろゆき氏は「請求権は切れているはずなので、切れていない方で連絡を取れた方はいますか」と逆質問。「たくさんいる」などと応じた質問者に対し「裁判の話は10年で時効になるので、時効になっていない人がいるなら、誰か知りたいですね、純粋に。10年経つと裁判が無効になってしまうはずなので、請求権はないはずなんですよ」と続けたところで、報道陣から同応答の打ち切りを求める声が挙がり、司会者の判断で次の質問に移行された。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7336c288ec102c30697cdfd9cceb4969bb1cba93

    【【終国】ひろゆきさん、「2ちゃんねる」巡る賠償金〝踏み倒し〟疑惑に「請求権切れている」と反論!】の続きを読む

    このページのトップヘ