終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    賃金

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/07/15(土) 14:29:03.25 ID:??? TID:gundan
    「破格の安値」でファン増やした日本アニメ、制作現場は「破綻寸前」


    「スラムダンク」「すずめの戸締まり」など、海外で日本アニメの大ヒットが相次いでいる。
     
    背景には海外を拠点とする動画配信サービスの存在感も大きく、日本アニメの市場規模はこの10年で倍以上に拡大した。

    その一方で、中小スタジオの経営難や、アニメーターらの低賃金、長時間労働など現場の疲弊も指摘されている。




    日本アニメ、海外でもメインカルチャーに 「破格の安値」で配信増


    配信業者にとっては、「コスパのよさ」も魅力だという。欧米の人気ドラマの制作費は1話数億円とも言われる一方、日本アニメは数千万円。

    「破格の安値」もあって配信が増えた結果、海外でもファンの裾野が広がっていったとみる。

    ただ、「コスパのよさ」には弊害もあると数土さんは指摘する。

    海外で高まる人気の一方で、国内ではアニメ制作を手がける中小のスタジオ(制作会社)の経営難などが課題となっている。

    【【終国】アニメ制作現場「助けて!低賃金、長時間労働で破綻寸前なの!」←岸田さん、どうするんや?💦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【終国】アニメ制作会社「稼げません」Twitter民「1年目はバイト掛け持ちですか?」会社「いえ、お金は…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/05/14(日) 13:22:42.34 ID:QilksIcT9
    023/05/14 9:00

    もうくどいほど言われているが、現在の日本人の平均賃金は、世界の主要国のなかでは低いほうに位置する。本稿執筆時点でのOECDの最新データ(2021年)では、加盟38カ国中24位である。

    次の[図表1]にあるように、もっとも平均賃金が高いのはアメリカで、7万4738ドル。以下、ルクセンブルク、アイスランド、スイスと続く。日本はというと、ずっと下がって、韓国や中東欧のスロベニアやリトアニアより下で3万9711ドル。アメリカの約半分である。

    https://president.ismcdn.jp/mwimgs/2/a/1420wm/img_2abe26f6855e673ed806500495c21028236618.jpgno title


    ■もはや「先進国」でも「中進国」でもない

    OECDの平均は5万1607ドルなので、日本はもはや「先進国」でも「中進国」でもなくなってしまった。

    順位で言うと、1991年には13位(当時の加盟国は24カ国)、2000年に18位、2010年に21位、2015年に24位というように年を追うごとに順位を落としてきた。

    [図表2]は、G7各国の平均賃金の推移(1991年~2021年)のグラフである。1991年当時、日本の平均賃金は3万6879ドル。アメリカの4万6975ドルよりは低かったが、英国やフランスよりも高かった。

    https://president.ismcdn.jp/mwimgs/2/1/1420wm/img_2128329f1881d03d4ce60b9bbf8d43f4197633.jpgno title


    しかし、その後の2021年までの30年間で、日本の平均賃金はわずか3000ドルほどしか増えなかった。それに対して、アメリカは約2万7000ドル、ドイツ、カナダ、英国、フランスは1万ドル以上増えている。これを伸び率で見ると、アメリカが53.2%、英国が50.4%となるが、日本はわずか6.3%だから、この30年間、時間が止まっていたのと同じだ。

    これもすでにさんざん言われているが、なぜ、日本だけが賃金が上がらなかったのだろうか?

    その答えは、いたってシンプル。それは、日本だけがほとんど経済成長をしなかったからだ。

    経済成長は、人口の増加、労働生産性の伸び、イノベーションなどによってもたらされる。この30年間あまり、日本ではこの三つとも起こっていない。日本は人口減に陥ったうえ、労働生産性も伸びず、イノベーションも起こらず、ただ漫然と同じ日常を続けて、世界から取り残されてしまったのである。

    全文はソースでご確認ください

    【【終国】日本さん、「先進国」どころか「中進国」ですらないことが判明…平均賃金OECD38カ国中24位😭】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/01/27(金) 18:38:17.79 ID:nK8DbKRq9
    「日本基準では優秀な人材は誰も来ない」


    大幅な賃金引き上げを決断した経営者のことばです。長年続く賃金の伸び悩みに加えて、記録的な物価の上昇にも直面する日本。
    賃上げの実現が課題となる中、徹底した生産現場の改革で“稼ぐ力”を高め、社員の平均年収を20%余り引き上げた企業があります。
    その取り組みを追いました。

    自動車やロボット向けなどに工作機械を手がける大手メーカーの「DMG森精機」は去年の夏、
    新入社員の初任給の大幅な引き上げと、すでに働いている社員の大胆な待遇改善に踏み切りました。

    国内で働く社員の年収を平均で20%余り引き上げる給与改定を決めたのです。社員の平均年収は2021年の時点で723万円でしたが、
    この引き上げによって、2023年には886万円になる見込みです。

    工作機械の分野でも自動化やデジタル化が進む中で、顧客ニーズの変化に対応できる優秀な人材の確保が急務となっていることが決断を後押ししましたが、
    その賃上げを実現できた大きなきっかけがある“気づき”でした。


    円安の影響もあり、日本の賃金体系では、特に海外の優秀な人材は集まらないという強い危機感がありました。

    森社長
    「今の為替でいくとあまりにも日本の賃金が安すぎる。日本基準では優秀な人材は誰も来ない。
    円安で苦しまれている業種もあるので偉そうなことは言えないが、うちは8割9割が輸出なので、円安の恩恵があるときに賃上げに踏み切った。

    こんなことやってたらダメだよ、つぶれるよと言われるかもしれないが、うちのようにオーナーシップが多少強い会社が率先垂範して賃金を上げて、
    実証的に見せて変わっていくしかない」

    森社長は、今回の賃金水準をまずは3年間は続け、さらに自社の製品の高度化が進み、
    ヒットすればさらに賃金として社員に還元していきたいと意気込んでいました。

    会社が、今回の賃上げにかけたコストは100億円にのぼりましたが、成長には欠かせない投資だといいます。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230127/k10013960611000.html

    DMG森精機 森雅彦社長
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230127/K10013960611_2301261300_0127113547_01_13.jpgno title

    【【救国】DMG森精機社長「あまりにも日本の賃金が安すぎる。日本基準では優秀な人材は誰も来ない」→ 平均年収723万円から886万円にアップ!😲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/11/21(月) 10:09:19.47 ID:Y+NeT81S9
     自民党の茂木幹事長が金沢市内で講演し、物価の上昇を上回る賃上げを実現するためには国が従業員のスキルアップを後押しする必要があるという認識を示しました。

     自民党金沢支部のセミナーに講師として招かれた自民党の茂木敏充幹事長。止まらない物価高騰について、次のように話しました。

    茂木幹事長:
    「若干の物価の上昇があっても賃上げがそれよりも上回っていれば、それは比較的ですね、状況としてはいいことなんです」

     茂木幹事長は、賃上げのためには従業員のスキルアップが欠かせないとして、国が支援プログラムを拡充し後押しする必要性を訴えました。

     このほかデジタル分野や新型コロナのワクチン開発において日本企業が世界で遅れを取っているため、官民一体となって投資することが重要だと述べました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5dc2bc44baea13ca3ca3b83670ffdf7ad5dc0a0b
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1668983267/

    【【朗報】自民・茂木幹事長「物価上昇あっても賃上げが上回れば状況としてはいい」 ★3】の続きを読む

    このページのトップヘ