終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    語学

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/02/26(水) 11:51:09.87 ID:2x0WZy9l0
    これが日本の実態か😅
    【【終国】○ねに入る言葉、「し」しかない😿】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/06/12(月) 11:33:05.35 ID:RFhZQ7Qm9
    ※調査5月15日

     子どもに習得してほしい第2言語は何か。ARINA(仙台市)が、中学生以下の子どもがいる親に調査したところ、1位は「英語」で、他の候補を圧倒的に突き放した。

     1位の「英語」は、167人が回答した。回答率にすると83.5%にも及び、他の回答項目を大きく突き放す結果となった。回答した人からは、「仕事や日々の生活で一番使う可能性があると思う」「世界で一番メジャーな言語だと思うから。勉強や趣味においても『話す』『聞く』『書く』ができると視野や世界観が広がる」といった意見があった。

     2位は「中国語」で、13人が回答した。「中国経済も成長しているから」といった声や、「英語は全世界共通語で話せる人が多いが、中国は人口も多いし、まだ伸びていく国だと思う」といった声が寄せられた。

     3位の「韓国語」は8人が回答した。回答者からは「日本語に近いため、習得しやすいので良いと思う」「韓国は近くて、食べものや人も日本と似ており、将来どこよりも興味が湧く外国だと思う」といった声が上がった。

     4位以下は「フランス語」(5人)、「スペイン語」(3人)、「ドイツ語」(2人)、「フィンランド語」(2人)という結果となった。調査は5月15日、中学生以下の子を持つ20代以上の200人を対象に、インターネットで実施した。



    ★1 2023/06/10(土) 09:34:39.62
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1686357279/

    【日本の親「子どもに習得してほしい外国語は英語と中国語と韓国語です!」←お前らは何ヵ国語話せる?😉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/03/16(木) 03:32:43.02 ID:mLOlKyo70
    令和の董卓目指すで~

    【【革命!?】ニートワイ、中国に王朝を樹立するため中国語勉強を開始!!😤】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/01/27(金) 11:36:03.32 ID:buccYJSR9
    1/26(木) 9:10
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c8a9306227c870e117ba41bc68f0f014ee2e9a63

    ※ソースより抜粋


    100年後の社会を想像できるか
    ――どうしてビジネスチャンスが三木谷さんには見えるんでしょう?

     すべてが見えているわけではありません。ただ、すごく遠くの未来から現代を見ている、というのはありますね。じゃあ、みなさん2100年に物理的な通貨を持っているでしょうか。たぶん持っていないと思うんですよ。2100年にみんな車を運転しているか。してないでしょうね。

     すごく遠くを今から見てみることです。そして、未来にタイムワープした状態で現代を見て、戦略を作る。もちろんリスクはありますから、だったらどういうステップでいくのかを考える。

     それこそ、2100年に日本の円は本当にあるでしょうか。環境はどうなっているか。そして僕のいつもの仮説は、みんなが思っているよりも3倍速く時間が進む、ということです。実は30年後に起こりそうなことは、10年後に起こる。

     10年なんて、すぐですよ。実際、技術力はどんどん高まるわけです。25年前から、チップの性能は6倍になった。一台8億円だったサーバーの処理能力は、今のiPhoneと変わらない。

     だから、今がどうか、ではなくて、将来を見た上でどうするか、を考える必要があるんです。それができるかどうか。リスクを取って、突き抜けたチャレンジができるか。まぁでも、もともと起業家ってネジが2、3個ぶっとんでるようなところはありますね(笑)。でも、イーロン・マスクも、マーク・ザッカーバーグも、ジェフ・ベゾスもみんなそうなんじゃないですか。

    ――振り返ってみて、最大のターニングポイントは何だったとお考えですか?

     社内公用語の英語化、というのは大きかったですね。言葉ってパソコンのOSのようなものじゃないですか。それを変えるわけですから大変でした。でも、実現したことによって、日本人だろうが、インド人だろうが、アメリカ人だろうが、中国人だろうが、まったく関係ないという日本で初めての会社になれた。10年計画でしたけどね。

     今や、すべての会社はIT会社なんですよ。銀行にしろ、製薬会社にしろ、出版社にしろ。その意味においては、最も重要なアセットはサービスを実現するプログラムなんです。プログラムを作る人がいないと始まらないんです。

     そのプログラムを誰に作ってもらうのかを考えたとき、ものすごく狭い日本のエンジニアのプールから選ぶのと、世界に数千万人といるエンジニアのプールから選ぶのと、どっちから選ぶんですか、ということなんです。

     それは、世界中のサッカー選手の世界選抜対日本選抜という話なんです。だから、僕は世界選抜を作るんだと考え方を変えた。日本語でやっていると世界選抜はできないからです。これでは絶対に勝てないでしょう。

     もちろんリスクはあった。英語化で社員の大半は辞めるとメディアには叩かれました。でも、ほとんど辞めなかった。逆にいえば、こんなことで辞める人間は、これからの時代、戦力にはなりません。

     一方で、ポジティブなサプライズもありました。役員や役職者など、中高年たちが頑張ったことです。若い者には負けない、と早朝からやってきて英語を勉強していた。今や流暢な英語をしゃべっていますからね。

     社内公用語英語化がなければ、今の楽天グループには間違いなくなっていません。でも、残念ながら後に続く日本の会社はなかった。これには「あれ?」と思うしかありません。みんな、ついてくるんじゃないかと思いましたからね

    【【悲報】楽天・三木谷会長「社内公用英語化で会社を辞める人間はこれからの時代、戦力にはなりません」←お前らは英語話せるよな?😉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/10/15(土) 07:14:59.88 ID:UHm9T1/Y9
     米ニューヨーク大学のロースクールを卒業し、語学も堪能な弁護士?――。

     愛知県豊橋市の男性(55)が弁護士や弁理士の資格証明書を偽造したとして、三重県にある会社の代理人は14日、この男性を有印公文書偽造・同行使などの疑いで三重県警に告発したと明らかにした。男性は同社との間で係争中の民事訴訟で偽造を認めたという。

     同社代理人の安積孝師弁護士によると、男性は2020年11月に人材派遣会社を介してこの会社に採用され、示談交渉や債権回収などの業務に従事した。しかし社内で業務態度や能力が疑問視されるようになり、同社は21年9月ごろに安積弁護士らに調査を依頼した。

     愛知県弁護士会に照会したところ、男性の弁護士登録がないことが判明。最高裁判所の印影が入った司法修習終了証明書を偽造していたことや、履歴書に書かれていた大手商社での勤務歴がないことなども、次々と分かったという。

     同社は調査結果を受け、21年11月に男性を懲戒解雇した。男性はTOEIC850点▽実用フランス、ロシア語検定2級▽ITパスポート合格――などと書かれた資格一覧も提出していたが、真偽不明という。

     同社は支払った年俸約1200万円のうち800万円の返還を求めて津地裁に提訴し、現在係争中。男性は裁判の中で、過去に司法試験を10年以上受験していたことを明らかにしたという。三重県警も5月に告発状を受理した。

     男性は三重の会社に採用される前にも、同様の手口で愛知や富山の企業計4社で勤務していた。さらに三重の会社を解雇された後も、別の人材派遣会社に弁護士資格の保有者として登録しているとの情報もあるという。

     安積弁護士は「有資格者だと信じてしまいがちだが、企業は採用する際には弁護士会に照会するなどして身元調査をすべきだ」と警鐘を鳴らしている。一方、男性の民事訴訟の代理人は「係争中なので一切コメントできない」としている。【藤顕一郎】

    毎日新聞 2022/10/14 21:57
    https://mainichi.jp/articles/20221014/k00/00m/040/379000c

    【【終国】男さん「語学堪能な弁護士です!(そんな事実はない)」会社「採用」→結果…。】の続きを読む

    このページのトップヘ