終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    観光

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/12/18(日) 20:40:50.79 ID:W9N0CZSL0 BE:271912485-2BP(1500)
    このレベルなら移住は見送りたい…中国人富裕層を幻滅させた「日本のサービス業」のすさまじい劣化ぶり
    「おもてなし」の余裕が失われている

    ひさしぶりの来日を楽しみにしていたのに…

    今秋、私は約2年半ぶりに来日したという中国人男性と都内で会った。
    以前日本に住んでいたことがあるというその人は、
    来日前「久々の日本。おいしい日本料理や日本式のすばらしいおもてなしを体験できると思ってワクワクしている」と話していた。
    しかし、実際に各地で出くわした日本のサービスはその人の期待を裏切るものばかりだったという。いったい何があったのか。

    日本語も堪能なその中国人は、私に向かって開口一番、「日本のサービスの低下に幻滅した」と明かした。
    特定を避けるため詳細を明かすことはできないが、日本人の私でも驚くようなエピソードがたくさんあった。
    その中国人は再び東京に住むことを検討しており、ある日、某高級家具店を訪れたという。

    続く
    https://president.jp/articles/-/64468

    これは本当に感じる
    店員の質が落ち過ぎ
    人手不足で誰でも雇っている感じ
    質が低くてもクビにもできないのだろう

    【【終国】中国人「もう日本終わり。コロナ禍で久しぶりに来たらサービスの質の低下が酷い。日本の強みが消えた」←エッ!?😭】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/11/25(金) 20:56:23.18 ID:7/1LmuD9
    ソウル市内の飲食店=2013年8月、澤田克己撮影

     大手旅行会社のHISは25日、年末年始に合わせた海外旅行で人気の渡航先ランキングを発表した。昨年トップだった米ハワイ・ホノルルが2位となり、昨年4位だった韓国・ソウルがトップに立った。ソウルがトップになるのは2011年以来、11年ぶり。

     HISが販売する出発日12月24日~23年1月3日の国際線航空券やパッケージツアーを対象にまとめた。同社によると、燃油サーチャージの高騰や急激な円安で、短距離の渡航先が人気を集めているという。

     ソウルの場合、日本と韓国を結ぶ航空路線の増便や、韓国の入国規制緩和などで旅行先として利用しやすくなったことが影響した。3位はタイ・バンコク、4位に韓国・釜山、5位に米グアムが入るなど、トップ10のうち七つをアジア地域が占めている。

     年末年始の予約状況は前年同期の19倍と急増している。コロナ禍前の19年比では2割程度にとどまっているものの、HISは「急激な円安で人気の旅行先のハワイや欧州が順位を下げているが、海外旅行需要は徐々に回復しつつある」としている。【平塚裕介】

     ◇年末年始の人気渡航先

    1位 ソウル④

    2位 ホノルル①

    3位 バンコク③

    4位 釜山

    5位 グアム⑥

    6位 シンガポール

    7位 台北

    8位 マニラ⑨

    9位 パリ⑧

    10位 ホーチミン

    ※HIS調べ。丸数字は前年順位(20位以上のみ)

    11/25(金) 20:32配信
    毎日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/86dc9c98da99ec5dbd87d26fd055f2ceca3ddcc5
    【【毎日新聞】年末年始の海外、1位は韓国・ソウル 燃料高騰で短距離に人気…HIS年末年始の人気渡航先ランキング】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/11/20(日) 17:36:06.11 ID:eqx65M7Z
    2022年11月18日、韓国メディア・韓国経済は、「日本に行かず韓国を訪れる外国人たち」と題した記事を掲載した。

    記事によると、日本政府が10月11日から個人旅行の受入れやビザ免除措置を再開したことが大きく影響し、先月に日本を訪れた外国人の数は前月比2倍以上急増の49万8600人となった。韓国の観光業界ではウォン安ドル高効果で米国人の入国が増え少しずつ活気を取り戻していたところだったが、こうした日本の状況を受け「韓国を訪問しようとしていた外国人の需要が日本に流れる可能性がある」として、緊張が走ったという。

    しかし、実際には10月の訪韓外国人数は前月比73.9%の大幅増で、28万9590人を記録した。済州島を訪れた団体旅行の数は含まれておらず、実際のこの期間の訪韓外国人数はこれを大きく上回ると思われる。10月の訪韓外国人を国籍別に見ると、米国が20%で日本と並び1位となっている。同じ期間の訪日外国人に米国人が占める割合は11%だったという。

    米国人が日本より韓国を選んでいる理由について、記事は「コロナの流行で海外旅行の道が閉ざされていた間に、K-コンテンツが北米地域で人気を博したため」だと説明。米国内でK-コンテンツの地位が高まった要因の一つは、映画「パラサイト 半地下の家族」だとしている。同作品が20年第92回アカデミー賞で作品賞など4つの賞を受賞したことで、当時、韓国に対する米国人の好感度は過去最高水準を記録したという。更に今年はNetflixのドラマ「イカゲーム」がエミー賞で6冠に輝いた。

    K-コンテンツの人気はそのまま韓国への好感度上昇につながっている。20年、シカゴ外交評議会(CCGA)が米国人を対象に実施したアンケート調査で、韓国への好感度は100点満点中60点と評価された。1978年に関連調査が始まって以来の最高点だったという。韓国観光公社ニューヨーク支社が今年、ミシガン州立大学と共同で実施した調査では、回答者の10人に6人が「K-カルチャーが韓国の好感度アップに寄与している」とし、近々、韓国旅行に行きたいと答えたという。BTS(防弾少年団)やBLACKPINKに代表されるK-POPも米国で大人気となっている。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは

    「もともと日本と米国からの観光客が一番多かったんだよ。いつまでもBTSを利用せず、観光資源をもっと開発すべきだ」
    「観光地開発を本格的に進めるべき時期が来た」
    「K-POPアイドルの影響力は認めるしかない。以前は中国人、日本人ばかりだったけど、最近は欧米、東南アジア、いろいろな国の人が観光に訪れているのを感じる」
    「常設のK-POP公演会場が必要だと思う」
    「外国人に対しても、観光客へのぼったくりをやったら、もう二度と来てもらえない。ぼったくりをなくさないと」
    「タクシーもぼったくりが多いよね。厳罰にするべきだ」
    「週末は明洞(ミョンドン)、光化門(クァンファムン)など外国人も多く訪れる所でデモが多く、悪いイメージを与えそうだ」

    などのコメントが寄せられている。

    また、

    「外国人に対するぼったくりさえなければ、日本より韓国のほうがいい観光地だ。知られていない名所も多い」
    「それでも日本にはかなわないよ。再訪問率も日本のほうがずっと高い。観光インフラも見どころも日本よりはるかに劣る韓国に何度も来たいと思うか?」
    「記者は本質を書くべきだ。日本と韓国を訪れた人に対し、インフラ比較、サービス比較、食べ物比較、観光地比較、もう一度よく調査してみるといい」

    といった意見も見られた。(翻訳・編集/麻江)

    Record Korea 2022年11月20日(日) 17時10分
    https://www.recordchina.co.jp/b904709-s39-c30-d0195.html

    【【悲報】米国人観光客、日本ではなく韓国を選ぶ模様…「K-コンテンツが北米地域で人気を博したため」韓国への好感度は100点満点中60点と評価】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/11/11(金) 07:52:21.37 ID:+WAvG22J
    https://i.imgur.com/VO3pdHe.jpg

    先月24日、大阪で開かれた全南(ナム)観光説明会で金瑛録(キム・ヨンロク)全南知事(左から3人目)と日本側関係者が記念撮影をしている。[写真 全羅南道]

    新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)事態で閉じられていた日本の扉が開き、韓国の各自治団体が続々と日本に向かっている。各自治団体長は日本を訪れて観光名所を広報し、投資誘致に乗り出した。中央政界は「親日派」「親日政府」を主張しているが、自治団体は意に介さない様子だ。

    先月27日、釜山市(プサンシ)と仁川市(インシ)、済州島(チェジュド)、忠南(チュンナム)、瑞山市(ソサンシ)などは東京で開かれたクルーズ・ポートセールスに参加した。世界18カ国の船会社やクルーズ旅行会社、関連協会・機関が参加した行事で、韓国自治団体は観光名所や祭りを紹介した。

    金瑛録(キム・ヨンロク)全南(ナム)知事は先月24日、大阪帝国ホテルで「2022~2023全南道訪問の年」広報活動を行った。金知事は観光コンテンツや名品宿泊施設、2023年順天(スン)湾国際庭園博覧会、2023全南国際樹木ビエンナーレなどをPRした。金知事は、日本で韓国料理研究者として活動し、全南と縁が深い新開ミヤ子さんを「全南道名誉広報大使」に委嘱した。金知事は「美食観光で有名な大阪で観光説明会を開くことができて意味深い」と述べた。

    朴完洙(パク・ワンス)慶南(キョンナム)知事も先月21日から23日まで日本を訪問した。この時、朴知事は福岡で開かれた第30回韓日海峡沿岸県市道交流知事会議に出席して友好交流10周年を迎えた兵庫県も訪問した。韓日海峡知事会議が対面で開かれたのは新型コロナ事態以後3年ぶりだ。朴知事は「交流を活発にして観光産業を育成すれば地域経済が復活するだろう」と強調した。

    日本の扉が開いて最も期待が高まっているのは済州島だ。日本と近いうえ、航空便はもちろん、クルーズを利用した観光客も増加するだろうと期待しているためだ。済州島は先月末に東京で開かれたセールスに参加、2023年日本発クルーズ32隻の誘致を確定させた。クルーズに乗って済州を訪問する日本人旅行客は5万5000人余りと予想される。

    忠南道は中小企業輸出と投資誘致、日本地方政府と交流を強化するために日本に海外通商事務所の設立を推進中だ。早ければ2023年上半期に開所する予定だ。地方議会次元での日本交流も活発だ

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
    2022.11.11 06:46
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/297613?servcode=A00§code=A10

    【【朗報...?】韓国の各自治体長「円と観光客を呼び込もう!!」日本攻略に乗り出す!←お前らも韓国旅行行くんか?😉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/10/19(水) 09:33:43.49 ID:e9yapWfd9
    ※NHK
    2022年10月18日 19時33分

    神社仏閣をはじめ、数多くの歴史的な建物のある京都市。言わずと知れた国内有数の観光地で、世界的にもその名が知られています。しかし今、京都市はある厳しい現実に直面しています。人口が大幅に減少していて、その数は全国の市区町村で最多だというのです。いったい京都市で、何が起きているのでしょうか?

    人口減少が全国で最多に
    「危機感を持って受け止めている」

    こう話すのは、京都市の担当者です。

    京都市の人口は、ことし1月1日現在の住民基本台帳をもとに総務省がまとめたところ、138万8807人。前の年の同じ時期より、1万1913人減りました。
    減少数は、全国の市区町村で最多。京都市が、減少数で全国最多になるのは、2年連続です。

    京都市と言えば、全国有数の観光地。その名は、世界的にも知られています。
    高いブランド力があり、国内外でも人気のまちで、なぜ人口が大幅に減少したのでしょうか?
    “学生のまち”京都 新型コロナが直撃
    要因の1つが、「外国人の減少」です。その減少数は3043人と、市全体の減少数のおよそ4分の1を占めています。

    その多くは「留学生」と見られています。大学などが多く集まる京都市は、「学生のまち」とも呼ばれ、昨年度、学生(大学院生など含む)が人口のおよそ10%を占めました。(京都市調べ)

    市では、新型コロナの影響で、入国する留学生が減ったことが、外国人が大幅に減少した背景にあると見ています。
    深刻 若い世代の流出
    これとは別に、最も深刻に受け止められている要因の1つが、若者や、いわゆる「子育て世代」の流出です。

    転出や転入の動きをみてみると、去年1年間は、とりわけ20代後半から30代で、転出した人が転入した人を上回る「転出超過」となっています。
    こうした傾向は、去年にかぎらず続いているのが現状です。
    ホテル建設ラッシュの影響も
    なぜ若い世代が流出しているのか。理由の1つとして挙げられているのが、京都市内の住宅事情です。

    続きは↓
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221018/k10013862391000.html

    80: 終国速報がまとめています。 2022/10/19(水) 09:49:20.90 ID:g8zdfZoY0
    9/1    人口   前月比 前年比 増減率%

    岩手県  1,181,505 -1,092  -15,619 -1.30
    宮城県  2,280,545  -410  -10,530 -0.46
    秋田県   931,220 -1,007  -14,624 -1.55
    山形県  1,041,968 -1,004  -13,610 -1.29
    福島県  1,791,991 -1,375  -21,475 -1.18
    茨城県  2,841,615  -343 -11,706 -0.41
    栃木県  1,909,154  -925  -13,200 -0.69
    群馬県  1,914,116  -645  -13,190 -0.68
    埼玉県  7,337,846  -850   -4,344 -0.06
    千葉県  6,276,232 -1,246   -2,933 -0.05
    東京都 14,037,143  +207  +16,373 +0.12
    神奈川県9,234,324 -1,205   -5,326 -0.06
    新潟県  2,154,357 -1,015  -24,073 -1.11
    富山県  1,017,175  -798   -8,994 -0.88
    石川県  1,118,510  -572   -7,157 -0.64
    福井県   753,576  -540   -7,160 -0.94
    山梨県   801,878  -220  -3,785 -0.47
    長野県  2,021,976  -831  -12,221 -0.60
    静岡県  3,584,495 -1,729 -23,955 -0.66%
    滋賀県  1,408,346   -32   -1,119 -0.08
    京都府  2,550,881 -1,392  -12,413 -0.48
    大阪府  8,788,623 -2,264  -21,915 -0.25
    兵庫県  5,406,823 -2,414  -28,730 -0.53
    奈良県  1,306,707 -1,042   -9,241 -0.70
    和歌山県 904,077  -839  -10,330 -1.13
    鳥取県   543,961  -261  -5,097 -0.93%
    島根県   658,469  -506  -6,779 -1.02
    岡山県  1,863,063 -1,005  -13,804 -0.74
    広島県  2,760,936 -1,867  -20,191 -0.73
    山口県  1,313,879  -892  -14,407 -1.08
    徳島県   704,298  -575   -7,967 -1.12
    香川県   934,275  -645   -8,369 -0.89
    愛媛県  1,307,176 -1,190 -14,569 -1.10
    高知県   676,278  -789  -8,201 -1.20%
    福岡県  5,118,624  -283   -6,659 -0.13
    佐賀県   800,883  -221   -5,230 -0.65
    長崎県  1,283,569  -967  -13,968 -1.08
    熊本県  1,718,417  -590  -10,170 -0.59
    大分県  1,106,495  -783   -7,975 -0.72

    【【衝撃】京都市さん、どういう訳か人口減少が全国最多になってしまう💦】の続きを読む

    このページのトップヘ