ピンキリ速報 - 真面目〜アホなレスバをまとめるブログ -

レスバトがメインの5chまとめブログにしようと思います。

    芸能人

    1: ひかり ★ 2019/12/13(金) 17:14:59.80 ID:Snzcwo179
     2014年9月に結婚したタレントのあびる優(33)と格闘家の才賀紀左衛門(30)が離婚していたことが13日、AERAdot.の取材でわかった。
    二人を知る関係者によると、12月上旬に夫の才賀さんが一人で離婚届を提出したという。

     あびると才賀は13年に知人の紹介で知り合い、翌年春に交際をスタート。約半年間の交際期間を経て、あびるが生放送の『アッコにおまかせ!』
    (TBS系)内で結婚を発表した。

     あびるは15年5月に長女を出産。家族3人の仲むつまじい様子の写真をインスタグラムやブログなどに多数投稿していた。
    17年1月には「朝からテキパキ家事と娘のお世話をこなしてくれてる彼。ありがとう。」と家事と育児に参加する夫へ感謝の言葉も投稿していた。

     そんな幸せな家庭に暗雲が立ち込めたのは同年10月のことだった。才賀が美人モデル宅に宿泊したと写真週刊誌に報じられたのだ。
    あびるはインスタグラムで「現状を理解しながら、ひとつひとつ問題を解決していきたいと思います」とコメントし、才賀もインスタグラムで謝罪。
    「家族としっかり話し合い、一歩ずつ前に進んで参りたく考えております」と投稿した。前出の関係者は
    「子どももまだ小さかったので、夫婦で協力して乗り越えようとしていた」と話す。
     
     その後、あびるは昨年5月に家族3人が笑顔で並んだ写真をインスタグラムに投稿した。そこには「家族、夫婦、親子、色々な事があっても
    家族として夫婦として投げ出さず(100万回くらい投げ出そうとしたし、これからも色々あると思いますが笑)今日まで私達を繋ぎとめてくれたのは
    間違いなく娘の存在あってこそ。娘のおかげで私達も成長させてもらってます…パパとしてママとして、これからも娘の笑顔をひとつでも多く
    見られるように頑張ります」と決意がつづられていた。才賀も、今月5日に自身のYouTubeチャンネルの動画で「男は大黒柱じゃないとダメ。
    家族を守りたい」と語っていた。

    「愛娘のために頑張る」「家族を守る」。そう決意した夫婦に、いったい何が起きたのだろうか。

     二人の関係をよく知る友人は「実は離婚をしたがったのは夫の才賀さんのほうなんです。小さな娘がいるのに、ほぼ毎日夜遅くまで
    飲み歩くあびるさんに我慢の限界を迎えたようです。お酒に酔ったあびるさんが深夜2時や3時に帰宅した後、夫と娘を起こして
    騒ぎ立てるということも頻繁にあったそうです」と話した。

     親権はあびるではなく才賀が持つという。

    (AERA dot.編集部)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191213-00000007-sasahi-ent
    no title


    【【親権は父側に】あびる優、離婚していた。夫が我慢できなかったあびるの悪癖とは?】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/11/24(日) 16:23:42.96 ID:otGmv3oS9
     昨年1月にももいろクローバーZを脱退した歌手・有安杏果(24)が23日、今年2月に「結婚前提交際」を発表していた40代後半の精神科医との結婚した。24日、
    会員制の公式サイトとインスタグラムで発表した。「どんな時も私の味方でいてくれる人」とつづっている。【以下、インスタに掲載された有安の結婚報告全文】

    ファンの皆様へいつも温かい応援ありがとうございます。

    私、有安杏果はこの度11月23日に兼ねてから結婚を前提にお付き合いしていた一般男性の方と入籍致しました事をご報告させて頂きます。

    0歳から芸能界の中でずっと生きてきた私は、あまりプライベートというものがなく、ただただ毎日を必死に全力で生きてきた気がします。

    いつの日も私の健康と幸せを一番に考えて、どんな時も私の味方でいてくれる、そんな安心感と優しさを与えてくれる人と出会いました。

    彼と自然な時間を重ねていく中で、これからの人生に対して更なる色々な夢や希望を持てるようになり、その一つとして一人の女性として幸せになりたいと強く思い、
    結婚に至った次第です。今日に至るまで、たくさんの方々に支えていただいたことを心から感謝しています。本当にありがとうございます。

    まだまだ未熟者ですが、このご縁を大切に心強いパートナーと共に歌手として、人として一歩ずつ成長していけるよう、より一層の努力をしていきますのでこれからも温かく
    見守っていただけたら嬉しいです。

    どうか今後ともご指導のほどよろしくお願い致します。

         有安杏果

    デイリースポーツ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00000094-dal-ent


    【【速報】元ももクロ有安さん、40代後半精神科医と結婚。「安心感と優しさ与えてくれる」】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2019/11/22(金) 10:12:05.28 ID:b/G9t5aj9
    モデルでタレントのMattが人気を集めたり、男性YouTuberが自身のスキンケア術をSNSで披露したりと、美容に関心を持つ男性が年々増えている。
    美意識が高まっている現代の男性たちは、同性のどんな顔に憧れを持っているのだろうか。
    そこでORICON NEWSでは、恒例企画の『第11回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング』を発表。
    その結果、ロックバンド・B’zの【稲葉浩志】が初の1位に。
    現在55歳の稲葉だが、歴代最高齢での首位を昨年の竹野内豊からさらに更新した。


    ■世代問わず圧倒的な支持、生きざまが顔にでるカッコよさ

    2013年の福山雅治の殿堂入り以降、俳優が獲得することが多かった本ランキング。
    昨年は竹野内豊が歴代最高齢となる47歳で初の首位を戴冠したが、【稲葉浩志】はそれを塗り替えた。
    アーティストの首位としても、福山の5連覇以来6年ぶりとなっている。

    稲葉は今年、B'zとして5月にアルバム『NEW LOVE』をリリースしツアーを展開。
    同アルバム収録の「兵、走る」は大正製薬『リポビタンD』ラグビー日本代表応援ソングに起用され、「ラグビーワールドカップ2019」のテレビ中継のCMや各局のニュース番組でも繰り返し放送されて話題を呼んだ。

    稲葉は、若い頃から端正な顔立ちで知られ、故・勝新太郎さんが初めて会うなり、「いい顔してるな。お前さんの目は本物の目だ。(石原)裕次郎以来、久し振りに本物に出会った」と絶賛したエピソードでも知られている。

    “男の中の男”からも惚れられた稲葉は、ルックスはもちろん、常にステージで100%を出すためにストイックに体を鍛えてきた生き様も含めて、男性たちが羨望の眼差しを送って1位に。
    その理由として「いくつになってもかっこいいから」(東京都/10代)、「昔からの憧れの人だから」(滋賀県/20代)と若い世代からも支持され、世代別を見ても10代~40代まで1位と圧倒的な人気を誇った。

    さらに「この年になっても衰えずむしろ鋭さを増しているから」(東京都/30代)、「年齢を重ねても変わらないカッコ良さだから」(東京都/40代)と年齢を重ねたからこその色気や渋さも評価されている。

    2位は2016年に初首位となった【ディーン・フジオカ】がTOP3入り。
    10月期のドラマ『シャーロック  アントールドストーリーズ』(フジテレビ系)で月9初主演で主題歌とオープニングテーマも担当し、俳優、アーティストとマルチに活躍中。
    今年は、三谷幸喜監督の映画『記憶にございません!』、漫画家・北条司が総監督を務め、松下奈緒とW主演を務めたオムニバス映画『エンジェルサイン』にも出演するなど、話題をさらった。

    “おディーン様”という愛称にふさわしく、まるで王子様のような二次元的ルックスは男性からも憧れの的に。
    端正かつ気品ある顔立ちで180cmの長身スレンダーボディだが、実は格闘技経験者で、『シャーロック』で華麗なシャドーボクシングを披露するなど、ギャップも人気となっている。

    “国宝級イケメン”【吉沢亮】が初登場で3位にランクイン。
    20~40代からの票を集め、総合3位になった。NHK連続テレビ小説『なつぞら』、映画『キングダム』と話題作への出演が続いた吉沢。
    ドラマ、映画、CMと多方面で活躍した1年であり、自身もイベントで「勝負の年だった…」と振り返っている。

    TOP10を振り返ると、30歳を過ぎた俳優が目立った。
    昨年1位の【竹野内豊】(48)は4位、7位の【西島秀俊】(48)と大人の色香漂う渋みのある俳優が男性からも熱視線を送られている。

    初登場は6位【岡田将生】(30)と8位【斎藤工】(38)。

    男性が男性を見る目はシビアだが、ユーザーコメントを見ていると「渋い顔になりたい」「ワイルドで憧れる」とった言葉も一定数見られた。
    年齢や経験を重ねることで滲み出る魅力、美容術だけでは作れない知性や円熟味を含めた“イケメンさ”が表れている人が同性から憧れる“なりたい顔”になっているのかもしれない。

    ※福山雅治は2013年に同ランキング5連覇を達成し殿堂入り。
    (全文はコチラ)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00000307-oric-ent&p

    第11回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング
    1位 稲葉浩志  no title

    2位 ディーン・フジオカ
    3位 吉沢亮
    4位 竹野内豊
    5位 竹内涼真
    http://www.oricon.co.jp/special/53912/


    【【男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング発表】第1位はB‘z稲葉浩志(55) 歴代最高齢で首位更新 】の続きを読む

    このページのトップヘ