ピンキリ速報 - 日本一暇つぶしに最適な5chまとめブログ -

日本一「暇つぶし」にできる5chまとめブログを目指しています。時事ニュースからネタまで「暇つぶしに最適」です。気軽にコメントください。

    芸能

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/03/30(月) 23:44:13.11 ID:W+ME2hV60

    【【悲報】NHKさん「志村けんさんの自宅はフリー素材です、献花し放題」←あかんやろアホか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、ピンキリ速報がお送りします 2018/09/14(金) 15:32:30.862 ID:883hhtmo0
    no title

     

    【【悲報】蛭子さん「乙武さんを題材にした四コマを書けとな……(サラサラ」 → 結果】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/01/07(火) 08:41:58.17 ID:Lb4fczKN0
    https://hochi.news/articles/20200106-OHT1T50085.html
    2020年1月6日 15時43分スポーツ報知

    6日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)に芸能リポーターの長谷川まさ子氏(57)が出演。「歌手」「アイドルではない」人気グループの解散を大胆予言した。

    控室でMCの宮根誠司(56)から聞かれても頑として名前を明かさなかったという長谷川氏。それでも生放送中に矢継ぎ早に繰り出される質問を受けると、
    「男か女かも言えない」「前から個人個人で活動したかった」「“グループ”だから2人ではない」と情報を追加したものの、
    決定的なヒントは出さないまま。
    「20年には必ず発表される」という確実な情報だという。

    ネットでは該当しそうなグループ名が次々に上がり、それぞれのファンたちがヤキモキしていた。


    【芸能リポーター「今年、人気グループの解散がある。アイドルではない。」←だれや?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★ 2019/12/07(土) 23:05:54.81 ID:2ZTQFpFn9
    2019年7月、「週刊文春デジタル」の取材により、競輪選手・三谷竜生(りゅうき・32)との“略奪不倫”が発覚した人気タレントの岡井千聖(ちさと・25)。4カ月後の11月、2人は友人の結婚式に出席し、現在も交際は継続中であることがわかった。

    写真
    no title



    「最近はさすがにレースには顔を出さなくなった」

     三谷と岡井は2018年末に交際をスタート。三谷が出場するレース会場ではたびたび三谷を応援する岡井の姿がファンに目撃されていた。

    「最近はさすがにレースには顔を出せなくなった。ただ岡井さんは三谷選手が住む滋賀を頻繁に訪れているようです。三谷選手の自宅付近のスーパーで買い物をしたり、三谷選手の父親と親しげに家の前で話す姿を見かけます。交際は順調のようです」(関西競輪ファン)

    離婚した三谷の元妻は「勝手にすればいい」

     三谷は元妻A子さんと2019年6月に離婚。数千万円の慰謝料と養育費がA子さんの元に渡った。

    「長年、三谷を支えてきたA子さんや家族は、岡井に対しての非常に激しい怒りの感情を持っていました。当時は『泥棒猫』とも揶揄していましたが、時間も経ち、徐々に落ち着きを取り戻しています。岡井と三谷のことは『もう勝手にすればいい』と言っています」(A子さんの知人)

    結婚式では堂々のピース写真「もう夫婦みたい」

     11月9日、三谷と岡井は東京・渋谷の高級ホテルに揃って姿を現した。共通の友人の結婚式に出席するためだ。

     取材班は一枚の写真を入手した。三谷は新郎新婦の間で肩を組み、岡井も赤いドレス姿でピースサイン。酒に酔っているためか、目が充血している。

    「新郎の趣味が競輪とアイドルで、岡井さんのファンだったそうで、挨拶でも2人をネタにしていました。岡井さんと三谷さんは席も隣同士で、もう夫婦のようだった。親しげに話していて、2人の周りには人が集まって来て写真をねだられていました。周囲は『次は岡井ちゃんかな?』と茶化していた。岡井さんは『まだ何も決まってないから』っていいながらも、まんざらでもない笑顔でした。盛大な結婚式は4時間近くにも及びました」(参加者)

     芸能活動を未だ休止している岡井。関係者によると「復帰は今も未定」だという。結婚が先か復帰が先か。知人を通じて岡井に連絡したが、期日までに返事は得られなかった。

     今年7月に報じた、岡井と三谷が仲睦まじく逢瀬を重ねる様子を収めた関連動画や、オリジナル記事は「週刊文春デジタル」で現在も公開中だ。

    【週刊文春デジタル・記事】バラドル岡井千聖が“略奪不倫” 競輪賞金王は離婚、元妻の親族は「怒りしかない」

    【週刊文春デジタル・動画】元℃-ute岡井千聖の“略奪不倫”で競輪賞金王が離婚 家族崩壊で妻は慰謝料請求へ≪完全版≫

    写真no title

    引用元: ・【週刊文春】<人気タレントの岡井千聖>元不倫相手の競輪賞金王と友人結婚式にカップル出席でピース写真!

    【【悲報】人気タレントの岡井千聖さん、競輪賞金王との略奪不倫に成功してしまう……。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひかり ★ 2019/11/19(火) 10:44:07.67 ID:9/ilkACb9
    「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が19日、日本テレビ系「スッキリ」で、前日に活動自粛を発表したタレント・木下優樹菜(31)の復帰を呼びかけた。

     木下は実姉が勤務し、トラブルになっているタピオカ店の経営者に対し、恫喝まがいのダイレクトメッセージ(DM)を送っていたことが判明し、ネットで炎上。10月9日には自身のインスタグラムに謝罪文を掲載したが、騒動は収まらなかった。
    18日に所属するプラチナムプロダクションが公式サイトで木下の活動自粛を発表。木下は「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。自らの言動を深く反省し、
    当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました。改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。誠に申し訳ございませんでした」との謝罪コメントを掲載した。

     加藤は「木下優樹菜さんとは若いころから仕事を何度もさせてもらってますけど、本人は全く裏表のない、本当に素直な子だなという印象がずっとあります。藤本くんと結婚した後も、同じような印象しかないです」とコメント。今回の騒動に
    「オーナーさんと木下は話をしていない。お姉さんが間に入っている。お姉さんから話を聞いて、身内がそういう思いをしているのなら、納得いかないという怒りの部分とか(あったのではないか)。『事務所総出で』という言葉を使ってしまったのは
    問題があるんだけど、まあ感情的になった部分が強かったのなという印象がある」と話した。

     共演経験があり、プライベートでも食事する仲だという「ハリセンボン」の近藤春菜(36)は「家族に対する思いは人一倍あるので、お姉さんが直接かかわっていることで、感情をそのままぶつけてしまったと思うんです。
    でも、大人として問題があったときに、冷静になって話し合わなければいけないですし、冷静になってメールを送るにしても、こういう形で文章を送ると、いろいろ思われてしまう」と恫喝まがいの行動を残念がる。
    そして「自粛の間は相手の方に真摯に向き合って、和解できるように謝罪していくしかないのかなって思います」と続けた。

     木下と姉、オーナー側のもつれから木下の“恫喝DM”がネットに公開され炎上、活動自粛に追い込まれた。加藤は「今回の事案が訴訟になるのか分かりませんけど、しっかり解決して真摯な態度で木下が向き合って、オーナーの方と
    和解できたんだったら、活動自粛というのを戻して、新たに仕事を頑張ってほしいと思いますね」と復帰を願った。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00000004-tospoweb-ent


    【【THE 芸能界】加藤浩次さん、活動自粛の木下優樹菜さんについて「全く裏表のない、本当に素直な子」と語ってしまう……。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2019/11/17(日) 09:12:33.22 ID:s/yjEy4j0
    「沢尻会」のメンバー
     岩佐真悠子
     上野樹里
     中川翔子
     松本莉緒
     香椎由宇
     若槻千夏
     堀北真希
     あびる優
     佐々木希
     菜々緒

     新・「沢尻会」のメンバー
     前田敦子
     広瀬アリス
     壇蜜
     黒木華
     池田エライザ
     木南晴夏
    no title


    【【懐かし】「沢尻会」があったことを覚えていますか? → 長澤組派の多いことよw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2019/11/15(金) 11:10:16.80 ID:DvJIPVIt0
    no title


    かっこいい


    【【速報】剛力彩芽さんの別れの言葉「私は月には行けない」だった件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひかり ★ 2019/11/16(土) 19:39:30.16 ID:D44KzNf19
     


    【【悲報】ラサール石井さん、陰謀論をツイートしてしまう……。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: muffin ★ 2019/11/15(金) 15:56:12.84 ID:hXPCcxWL9
    https://npn.co.jp/article/detail/77586300/
    2019年11月15日

    N国ことNHKが国民を守る党の立花孝志代表は15日、ツイッターを更新。マツコ・デラックスとの騒動が続く中、新たに会社を設立したことを明かした。

    立花代表は、NHKから国民を守る党に所属する五十嵐浩之天童市議会議員の「NHKの受信料なんか払ってたら、『気持ち悪い存在』とか『ふざけて払ってる』とか言われるぞw」というツイートを引用する形で、「私立花孝志は、マツコ・デラックス被害の会株式会社の代表取締役になりました。」とツイート。マツコとの決着に向けて、会社設立という新たな行動に移したことを明かしている。

    立花代表は、11日に自身のYouTubeチャンネルの動画を更新し、改めてマツコとTOKYO MXへ謝罪を要求しており、12月末までに動きがない場合は原告を集めての1万人訴訟の構えを示すなどしていた。

    この立花代表の“会社設立”ツイートに対し、「がんばってください!」「謝罪が無いのならやむを得ないですね。」「粛々と対応して下さい!」など、支持者などから立花氏を擁護する返信が見られている一方で、「他にする事は無いんですか?」など冷めたコメントも見られている。

    株式会社を設立したことにより、会社としてどのような行動を取るのか。立花代表の新たな動きに注目したいところだ。


    【【速報】N国・立花孝志氏、「マツコ・デラックス被害の会株式会社」設立 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ひかり ★ 2019/11/13(水) 17:13:57.11 ID:5ZyiYN+y9
     昨年の事務所独立騒動につづき、今年6月には糟糠の妻との離婚が明らかになるなど、ビートたけし(72)の「異変」が立て続けに取り沙汰されている。
    背景には、現事務所の取締役で18歳年下の愛人・横井喜代子氏(仮名)による“洗脳”があるとされる。たけしの運転手を務めてきた人物が、実名で告発する。

     ***

    「私は7月30日にたけしさんの運転手を辞めました。殿をロールス・ロイスの白いファントムに乗せて仕事現場に送迎することも、もうありません」

     と証言するのは、2010年に弟子入りし、翌年6月から今年7月までの8年間、たけしの運転手を務めてきた石塚康介さん(41)である。石塚さんは、横井氏のパワハラによって
    自律神経失調症を患ったとして、彼女と事務所の「T.Nゴン」を相手に、1000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

     13年にたけしが横井氏と出会って以降、スタイリストやマネージャーなど、多くの人がたけしの元を去って行った。

    「今回、私がこうして声をあげることで、彼女に苦しめられながらも沈黙せざるを得なかった人たちが、私に続いてくれたらなと思っています。そして世間の人に、
    殿を変えてしまった彼女の真実を知ってもらえれば幸いです」

     石塚さんによれば「横井さんは『自分の思うがまま』にならないと気がすまない」。たけしの仕事に口を出すようになったほか、オフィス北野のマネージャーや
    タレントの給料を調べ、“あなた会社に金を取られているだけなんじゃないの”とたけしに吹き込むこともあったという。

     運転手を務めていた石塚さんも、横井氏の監視下に置かれることに。待機や連絡の指示など、過剰なまでの“管理”がなされ、

    「事務所で待機していてやることがなかったので、ロールス・ロイスの給油に行こうとすると、それを横井さんが防犯カメラで監視していて、すぐに電話してきて
    『私に連絡してから行け』と言ってきたことも」

     深夜の連絡、休日であっても待機を強いられるといったパワハラ行為は加速。我慢の限界を迎えた石塚さんは、横井氏と口論になったことをきっかけに、
    辞意を告げる。その場にはたけしも同席していたが、「殿は終始無言でした」

     橋本マナミに嫉妬し“共演NG”にした――など、横井氏の「真実」をつぎつぎと明かす石塚さん。11月14日発売の週刊新潮でくわしく報じる。

    「週刊新潮」2019年11月21日号 掲載

    新潮社

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191113-00592630-shincho-ent


    【ピンキリ管理人補足】スレタイがめちゃちゃだと思ってニュースのソース見にいったらそのまんまクソな記事名でした……。 【【芸能】“殿の元運転手”がビートたけしの年下愛人からパワハラ被害で提訴 → 5ch民「やしきたかじんと同じ末路か……?」という声も】の続きを読む

    このページのトップヘ