終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    育休

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/04/17(月) 09:10:00.53 ID:+uX076BF9
     男性の育休が注目を集めている。政府は先月、取得率を2030年度に85%へ上げる目標を掲げた。

     ただ、子育ては育休期間では終わらない。多くの女性が復職後に短時間勤務を選び仕事と育児の両立に悩んでいるが、時短勤務の男性は少ない。

     なぜ育休のように注目されないのだろうか。この1年間、時短勤務を取った男性記者(39)が取材した。

    取得理由は「いっそ給料が減れば」
     東京都に住む団体職員の男性(40)は、毎日午後3時半に職場を出る。5歳の娘と3歳の息子を保育園へ迎えに行くためだ。

     昨年10月、時短勤務を取り始めたきっかけは「定時に帰る気まずさ」だ。

     以前から保育園のお迎えのため、定時の午後5時に退勤していた。しかし、職場は8時ごろまで残業するのが普通だ。

     「いっそ時短で給料が減れば、先に帰る気まずさがなくなるかなと……」

     勤め先を辞めた妻が、独立開業する時期でもあった。

     実際に時短を始めても、仕事の量はさほど変わらない。深夜や未明に家でやらざるを得ない日がある。夕方以降に設定された会議には出られず、同僚に申し訳なさを感じる。給料は3分の2ほどに減り、家計の心配もある。

     それでも子どもと過ごす時間が長くなり、楽しそうな笑顔をよく見るようになった。「時短生活は健康的で、取ってよかった」という男性。下の子が小学生になる3年後まで続けるつもりだ。

     育児・介護休業法は、3歳未満の子の育児のため、勤務を1日6時間にできる制度を設けるよう、事業主に義務づけている。

     厚生労働省の雇用均等基本調査(21年度)によると、約7割の事業所に育児のための時短制度があった。

     そのうち女性の利用者がいた事業所は約17%だが、男性の利用者がいたのは約1%にとどまる。

     政府はかつて、時短制度の利用があった事業者に助成金を出していた。しかし、税金の使われ方を検証する行政事業レビューで「効果的ではない」などと指摘があり、15年に廃止した。

     岸田文雄首相は3月、子育て政策として、時短勤務中にも育児休業給付を出す方針を示した。ただ、育休のように男性に特化した取得目標や施策は出てきていない。

    男性に時短を促す新制度
     民間企業では、先進的な取り組みも始まっている。

     広島銀行を傘下に置く、ひろ…(以下有料版で,残り1712文字)

    朝日新聞 2023年4月17日 6時00分

    【【朗報】男性会社員「育休だけでは足りません!」→「時短勤務」で日中に退社!😉👍】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    【【笑えない現実】Twitter民「日本政府の子育て支援策が毎回"こんな子育て支援はイヤだ"の大喜利回答にしか見えない」←4.9万いいね!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/01/29(日) 19:33:31.98 ID:SkN9kjmO9
     与野党の幹事長らは29日のNHK番組で、岸田文雄首相が参院本会議で、賃金上昇やキャリアアップに向け、産休・育休中のリスキリング(学び直し)を「後押しする」と答弁したことについて議論を交わした。

    【公用車で観光? 岸田首相と長男・翔太郎氏の貴重な写真】

     共産党の小池晃書記局長は首相の発言について「育児休業中は子育てに格闘しており、そんなことできるわけない」と批判。その上で、首相が掲げる「異次元の少子化対策」を引き合いに、「異次元のジェンダー平等社会にしていくことを併せてやらなければ少子化は解決しない」と訴えた。国民民主党の榛葉賀津也幹事長も首相の発言に「がっかりした」と語った。

     これに対し、自民党の茂木敏充幹事長は「(育休中に)仕事をしなさいなんて言っていない」と反論し、「子育てがキャリアにマイナスにならない制度を作ることが重要だ」と述べた。【花澤葵】
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d296e5b9c45df870b0cdacf03220348768631733

    【【悲報】自民党・茂木幹事長「"育休中に仕事しろ"と言っていない」←まーた、お前ら誤解しちゃったのかw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/01/29(日) 11:23:25.62 ID:UPeUKaWC0
    岸田総理大臣は、賃上げの一環として重視する個人のリスキリング=学び直しについて、産休や育休中の人が取り組むことを支援する考えを示しました。

     自民党・大家敏志参院議員:「子育てのための産休・育休がなぜ取りにくいのか。この間にリスキリングによって、一定のスキルを身に付けたり、学位を取ったりする方々を支援できれば、逆にキャリアアップが可能になることも考えられます」

     岸田総理大臣:「育児中など様々な状況にあっても、主体的に学び直しに取り組む方々をしっかりと後押しして参ります」

     岸田総理は「人への投資の支援を5年で1兆円に拡大する」と改めて示しました。

     政府としては、リスキリングを通じて新たな技能習得や生産性の向上を図り、持続的な賃金の上昇につながる経済環境への転換に力を入れる方針です。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6a8002cf6e47f2a86464bf9c074221be94d3c9d9






    【【終国】岸田首相「賃金あげたいなら産休・育休中に学び直しすればいいのでは?」国民「ギャオオオオオン!!!」←これ😭】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/12/16(金) 10:35:27.47 ID:f92kJWHW9
    「産後パパ育休」制度が10月に始まりました。子どもの生後8週以内に2回まで育休が取得できる新制度は、男性が育休を取る起爆剤として期待されています。
    でも、今の日本で男性がスムーズに育休を取得することはできるのでしょうか。「男性と育休」を考えました。

    ■上司「奥さん1人でできないのはおかしい」

    都内の男性(46)は昨年、退職を余儀なくされた。7カ月の育休から復帰後、会社に居場所はなかった。
    経理部門で働いていた3年前、妻の第2子妊娠がわかった。妻と当時2歳だった長男は体が弱く、男性は
    定時で帰れる「時短勤務」を続けていた。「妻の負担を考えれば、育休を取得しないと家庭が回らない」と思った。

    人事部からは「ぜひ取得を」と言われたが、50歳代の女性上司は「奥さん1人で子育てができないのはおかしい」と言った。
    育休制度の趣旨を説明しても、理解してもらえなかった。労働組合などにも相談し、7カ月の育休を取った。
    復職後、その上司に「あんたの席はないよ」とはっきり言われた。仕事はなくなり、同僚が仕事を回そうとしても、
    「子育てに忙しい方だから」と上司が割って入った。
    人事や組合に異動を願い出たがかなわず、体調を崩して退職した。

    「制度が充実しても、理解がない上司が1人いるだけでこんなことが起きる。成功例だけではないと知ってほしい」。
    今は別の会社で働く男性はそう話す。

    以下はソースで

    ヤフー(朝日新聞)12/16(金) 7:30配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f2d9d561461a2b5abe8f423b513deb092b1b2df9

    【【終国】男性「育休復帰!」女性上司「あんたの席はないよ」男性「エッ!?!?」→退職😭】の続きを読む

    このページのトップヘ