1: 終国速報がまとめています。 2023/07/08(土) 11:18:34.71 ID:XicFPanZ9
永田町で大きな存在感を誇っていた安倍晋三元首相(享年67)が凶弾に倒れてから、はや1年。
7月8日、その安倍氏の一周忌法要が東京・港区の増上寺で営まれる。夫を亡くした昭恵さん(61才)にとっても、まさに激動の1年だった。
そんな中、安倍氏の一周忌に関連し、昭恵さんが自民党関係者とトラブルを起こしていたという。
【中略】

安倍さんが亡くなった直後から、昭恵さんは『晋ちゃんが生きた証を残したい。
彼が政治の世界で残した功績をみんなの目に触れる形でまとめたい』と、周囲に
『晋三記念館』建設の夢を語っていました。下関、長門、東京、奈良など複数の候補地があがっているようですが、昭恵さんが“
いっそ3か所に建てたい”と真顔で発言し、周囲を唖然とさせたこともあったようです。実現すれば、昭恵さんは名誉館長に就任するのではないかといわれています」(安倍家の知人)

記念館を3か所に建てるとは前代未聞だが、当然ながら建設には莫大な費用がかかる。地元支援者はこう口を濁す。

「昭恵さんが安倍さんから相続した遺産は、少なく見積もっても3億円はあるのではと試算されています。
また、安倍さんの政治団体にも約2億5000万円のお金が残っていると報じられました。記念館を1つ建てるくらいなら可能かもしれませんが、3つとなるとさすがに……」

続きは
マネーポスト 女性セブン 2023.07.08 07:00

【【追悼】安倍昭恵さん「生きた証を残したい」と遺産5億円で「安部晋三記念館」の建設を構想中!】の続きを読む