終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

「日本のダメ」「他国のダメ」なところを紹介する5chまとめブログです。基本的になんJ / VIPのスレッドから記事を作っています。最近コメントが増えてきました。ありがとうございます。(あまりに酷いコメントは非表示にしております)

    竹島

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


      【彡(●)(●)「韓国系女子?うるせえ、竹島返せ!」女子「何これ、爆笑w」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/06/09(木) 09:22:21.15 ID:CAP_USER
    ※ニューシスの元記事(韓国語)
    日本、5年内防衛力画期的増強…「防衛比GDP2%以上倍増」
    https://newsis.com/view/?id=NISX20220608_0001899447

    2022年6月8日、韓国メディア・ニューシスは、「日本政府が5年以内に防衛力を抜本的に強化することを発表した」と報じた。

    記事によると、日本政府は7日、今年の「骨太の方針」を決定。焦点の1つとなっていた防衛費の扱いについて、北大西洋条約機構(NATO)の加盟国が国内総生産(GDP)の2%以上を目標としていることを例示し、防衛力を「5年以内」に抜本的に強化することを明記した。

    防衛力強化の具体策としては、相手の射程外から攻撃できる「スタンド・オフ防衛能力」や宇宙、サイバー、電磁波などの新領域における対処能力を挙げており、民生技術を積極的に活用し、弾薬の確保や装備品の管理など防衛力の維持にも取り組む計画だという。

    22年度の本予算では日本の防衛費は5兆4000億円に策定されており、 GDPの1%弱とのこと。GDPの2%以上にするためには、現在の額よりも倍増させる必要がある。

    記事は、「これを5年にわたって達成するためは、毎年1兆円以上を増額させなければならない。安倍晋三元首相は以前から23年度の防衛費を6兆円台後半から7兆円近くに引き上げるべきと主張している」と伝えている。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは、

    「借金だらけの日本にそんなお金があるの?」
    「2%に増額したうち、1.5%は安倍派のポケットに吸い込まれてそう」
    「『中国は5年の敵で、日本は100年の敵』と言うが、この観念は正しい」
    「日本と戦うことになれば、米国は無条件に日本に付く。核兵器を保有するしか答えはない」
    「日本が防衛費を増額する最大の目的は韓国。近い将来、また侵略してくる可能性は高い」
    「北朝鮮はミサイルを発射し、日本は防衛力を強化している。韓国も尹大統領が早く対処すべき」

    など、警戒や反発の声が多く寄せられている。


    2022年6月9日(木) 6時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b895573-s39-c100-d0201.html
    sensou_senjou

    【【悲報】日本政府が「5年以内に防衛力を抜本的に強化します」韓国ネット「目的は韓国だろ!?また侵略してくるのか!?」←これ💦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/06/01(水) 08:07:01.99 ID:CAP_USER
    尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権発足後に韓日関係改善への期待感が高まる中、日本が独島(ドクト、日本名・竹島)に対する主張を再び持ち出した。韓国側の定期的な独島周辺海洋調査に外交的公式抗議という異例の方法を選んだ日本の本心をめぐり疑問が増幅される。

    日本は最近韓国国立海洋調査院が独島周辺で海洋調査を始めたことに対し、29日から2日連続で「ただちに中止すべきだ」と公式に抗議した。さらに産経新聞は31日、「6月3日に日米韓局長級協議が韓国・ソウルで開かれる予定で、日本政府はこの場で調査船問題を取り上げることを検討している」とも報道した。独島関連事案を韓米日3カ国共助強化と連係して問題にするという狙いがあるとみられる。

    国立海洋調査院の調査は定期的に実施されている。これまで海洋調査が行われると日本は独島周辺海域に海上保安庁所属艦艇の見回り回数を増やす形で抗議の意を示してきた。今回のように外交ルートを通じて公式に抗議し、これをメディアに公開したのは異例だ。韓国外交部は「国連海洋法協約など国際法と関連国内法令により行われた正当な活動」と対抗した。

    タイミングも微妙だ。尹錫悦政権発足後、韓日両国は関係改善に向けた高官級交流議論を本格化すると同時に韓米日次元の対北朝鮮共助もやはり強化している。来月3日にソウルで韓米日の局長級(6カ国協議首席代表)協議が開かれる予定で、外交部の朴振(パク・チン)長官の訪日日程も調整されている。また、6月末の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を契機に韓米日3カ国首脳が別途の会合を持つだろうという観測も出ている。

    日本のこうした独島問題の争点化は関係改善気流を機会に懸案協議の主導権を確保するための戦略とみられる。特に尹政権が今後日本と真っ向からの対立は避けるだろうという計算の下に敏感な懸案にむしろ強硬な立場を見せるかもしれない。

    こうした姿勢は日本国内政治と無関係ではないという分析も出ている。岸田文雄首相が7月の参議院選挙を控え「韓国たたき」を望む一部保守有権者の支持を得るために韓日間の懸案に強硬な立場を印象づけているということだ。

    最近岸田首相の支持率が66%(日本経済新聞、27~29日調査)と集計され過去最高を記録したが、政治的命運がかかったと評価される改憲発議に向けては3分の2以上の議席を確保しなくてはならなあい。

    峨山(アサン)政策研究院のチェ・ウンミ研究委員は「(今回の措置は)最近両国は関係改善ムードへ向かっているが、対立事案においては日本は全く譲歩したり融和的な態度を取る余地がないことを示すメッセージ。7月の参議院選挙を控え自民党支持者を結集するため独島問題をはじめとする韓日対立事案に強硬な立場を見せると分析される」と話した。

    https://japanese.joins.com/JArticle/291682

    【【終国】韓国メディア「韓日のわだかまり解けるかと思ったら…日本がまた独島で言いがかり!」←これ😠】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 動物園φ ★ 2022/02/06(日) 15:59:56.64 ID:CAP_USER


    参院選比例代表予定候補 金泰泳教授が出馬会見~「大切にされている」と誰もが思える社会に~
    https://sdp.or.jp/sdp-paper/kim-taeyoung/

    1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1644121717/

    jinkou_nihon

    【【救国...?】社民党新人・キムテヨン候補「竹島が日韓どちらの領土かというのは断定しかねる。共同管理を提案します」←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: プレセペ星団(愛媛県) [ニダ] 2021/12/05(日) 20:52:54.99 ID:fyjFGQmK0● BE:135853815-PLT(13000)

    日韓外相、電話会談すらなく 「竹島上陸」でさらに冷却

     林芳正外相が就任してから10日で1カ月を迎える。各国外相とあいさつを兼ねた電話会談を重ねるが、韓国の鄭義溶外相とは見通しが立っていない。韓国警察幹部の竹島上陸に日本側が反発、対話ムードがしぼんでいるためだ。文在寅大統領の任期が来年5月に迫る中、日韓関係は一段と冷え込んでいる。

     林氏は、11月13日のブリンケン米国務長官を手始めに、これまで約15カ国の外相と電話やテレビ会議システムで協議。来日したパラグアイの外相らと対面でも会談した。

     ただ、この中に韓国は含まれておらず、外務省幹部は「韓国は当分ない」と断言する。岸田文雄首相が10月4日の就任から約10日後に文氏と電話会談したのと比べても、動きの鈍さは明白だ。

     背景には、韓国の金昌龍警察庁長官による11月16日の島根県・竹島(韓国名・独島)への上陸がある。直後に開かれた米ワシントンでの日米韓3カ国次官協議は、この余波で共同記者会見が見送られた。北朝鮮や中国を念頭に3カ国の結束を示すはずだっただけに、日本外務省内では「タイミングが最悪だ」との不満が渦巻いた。

     林氏は当初、日程が整えば韓国とも電話会談を行う方針だったが、竹島上陸の影響で調整すら行われない状況に陥ったという。元徴用工、慰安婦問題などの懸案を協議する事務レベル対話は継続しており、日韓外交筋は「韓国側がやりたいと言えば検討する」と話すが、早期実現の機運は乏しいままだ。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021120500243&g=pol
    seiji_souridaijin_kaiken2

    【【終国】林芳正外務大臣、韓国兄さんを無視してしまう・・・(;´・ω・)】の続きを読む

    このページのトップヘ