終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

「日本のダメ」「他国のダメ」なところを紹介する5chまとめブログです。基本的になんJ / VIPのスレッドから記事を作っています。最近コメントが増えてきました。ありがとうございます。(あまりに酷いコメントは非表示にしております)

    産地偽装

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/06/13(月) 16:33:39.71 ID:mYGidghU0
    https://i.imgur.com/olFGmlD.png



    利尻産のはずが…ふるさと納税返礼品のウニの一部に産地偽装 偽装ウニを受け取った寄付者には全額返金へ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f4ea6df43c0d42f15271550dfe0bbacc26e64040

     宗谷の利尻町はふるさと納税の返礼品にしていたウニの一部に産地偽装があったと発表し、謝罪しました。

     「利尻島」と記された冷凍ウニ。原産地には「北海道利尻産」の文字が。

    利尻町上遠野浩志 町長
    「本当に大変、申し訳ありませんでした…」

     利尻町は10日、「ふるさと納税」の返礼品にしていた冷凍ウニの一部にロシア産のウニが含まれ、産地が偽装されていたと明らかにしました。冷凍ウニを製造していたのは釧路市のとなりの厚岸町に本社があるカネマス上田商店で、利尻町内の工場で産地を偽っていました。

    2: 終国速報がまとめています。 2022/06/13(月) 16:33:48.21 ID:mYGidghU0
    利尻町によりますと、去年12月からことし3月にかけてふるさと納税の寄付者から「品物が届かない。味が変だ」といったクレームや返品などがおよそ20件ありました。

     利尻町がカネマス上田商店に確認したところ、今月3日、産地の偽装を認めたということです。利尻町が返礼品として提供しているほかの3社のウニに不正は確認されていません。町は産地を偽装されたウニを受け取った寄付者には全額を返金する方針です。

    【【閲覧微注意】ふるさと納税返礼品、国産ウニと偽ってう○こが送られてしまい炎上🔥💩🔥】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2022/02/09(水) 21:38:22.20 ID:fOKszzZs9
     中国産ウナギを「国産」と偽って弁当などを販売していた奈良県大和高田市の食品販売会社「うな源」(森本猛央社長)が、自己破産の準備に入ったことがわかった。民間信用調査会社の東京商工リサーチ奈良支店が9日、公表した。

     同支店によると、1967年に創業。「うな源」の屋号でウナギ料理専門店を経営し、同市の本店のほか、奈良県内の近鉄百貨店、あべのハルカス(大阪市)などに計4店舗を出店していた。負債総額などは調査中。1月22日から休業しているが、信用失墜により営業再開のめどがたたないという。

     近畿農政局は1月末、2020年に中国産ウナギを使ったうな重など約15万8千個のラベルに国産と表示して販売していたとして、同社に食品表示法に基づく是正措置を求めた。

     本店には7日付で「閉店のお知らせ」と、奈良地裁葛城支部に破産の申し立てをする予定との貼り紙が掲示された。(上田真美)

    朝日新聞 2022/2/9 19:00
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASQ295V95Q29POMB009.html?iref=sptop_7_04
    kaisya_tousan

    【【終国】「うな源」さん、破産準備へ……中国産ウナギを国産と偽装し信用失墜したため😢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: スペル魔 ★ 2022/02/04(金) 20:10:46.64 ID:iOGQwWeR9
    輸入アサリの産地偽装疑惑を受け、40年近く「熊本県産」アサリを販売してきたという熊本県内の水産卸売業者が3日、
    熊本日日新聞の取材に応じ「(疑惑が浮上後)問屋から伝票を『熊本県産』から『中国産』に変えるように連絡が来た」
    と明かした。スーパーや小売店が売り場からアサリを撤去する動きも相次ぎ、業者への注文はぱたりと止まった。
    「中国産には注文が来なくなるのではないか」と不安を口にした。

    この業者は卸売市場を通さずに県内の問屋からアサリを仕入れ、砂抜きや選別をした上で、
    県内全域の仲卸業者や小売店に販売している。アサリのみを扱い、
    問屋からの伝票に記された「熊本県産」の表記を信頼してきたと強調した。

    しかし、蒲島郁夫知事が「県産アサリ緊急出荷停止宣言」を発出した1日、
    問屋から、アサリの産地表示を中国産に変えるように連絡を受けた。問屋から来る伝票の表記も中国産に変わっていた。
    「変更のはっきりとした理由は教えてもらえなかった。とにかく販売先への連絡に追われた」。
    問屋より前の流通経路については「実態は分からない」と繰り返した。

    県産アサリの漁獲量は1977年の約6万5700トンをピークに減少。近年は年間数百トン程度で推移している。
    県内でアサリが採れていないとの認識は業者にもあり、「輸入物を県内で長く成育したものだろうと思っていた」と主張した。

    出荷停止の対象は漁協などが県内で漁獲した県産アサリのみだが、輸入品も含めて県内での扱いが止まると誤解する
    小売店もあるという。中国産と表記すれば通常通り販売できるが「アサリを引き受けてもらえなくなった」。

    業者は「中国産だからといって味や品質は変わらない。このまま注文が来なければ死活問題だ」と話した。
    https://kumanichi.com/articles/548463
    food_misoshiru_asari

    【【終国】熊本県卸売業者「疑惑浮上後、伝票を『熊本産』から『中国産』に変えるよう連絡が来た!……でも中国産だと売れないんかも……」←これ😭】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚤の市 ★ 2022/02/03(木) 09:59:43.58 ID:8Jdpj6I59
     実際の漁獲量をはるかに上回る「熊本県産」アサリが全国に出回っていた。生産に携わる地元漁協の幹部は「生活と経営のためだった」と、偽装を黙認してきたと打ち明けた。店先からはアサリを撤去する動きが出始めた。後を絶たない生鮮食品の産地偽装。「一体何を信じて買えばいいのか」。消費者は憤った。

     1日午後、熊本県北部。産地偽装の現場となった遠浅の干潟に人の気配はなかった。地元の漁協関係者は「ニュースで流れたからね。今、出荷すれば、偽物のお墨付きになる」と話し、肩を落とした。

     「何十年も続いてきた。正直、いつかこうなることは分かっていた」。この海域を管理する漁協の男性組合長は西日本新聞の取材に偽装の実態を告白した。「以前から知っていた。漁業者も漁協も、食っていくためだった」

     組合長によると、この漁場では業者が輸入した中国産や韓国産のアサリを1週間から半年間ほど養殖し、問屋の求めに応じて出荷する。組合長は「産地を偽装しているのは問屋で、漁協は直接関与していない。ただ短期間で市場に出すので違法だとは分かっていた」と明かした。

     養殖に従事するのは地元漁業者でつくる組合。現場は漁協の管轄で、組合側から漁協に「漁場代」が支払われる仕組みだ。アサリの産地偽装は過去に何度も問題化したが、後を絶たない。組合長は「やめてしまえば漁民は生活に困り、漁場代を失った漁協は経営が立ちゆかなくなる」と語った。

    「アサリだけの問題ではない」
     熊本県は対応に追われた。会見した蒲島郁夫知事は終始厳しい表情で、県内の漁協が約2カ月間、出荷を緊急停止すると発表。市場に出さないことで、偽装品をあぶり出す狙いだが、当面、生活の糧を失う漁業者もいる。異例の措置には県産品全体のイメージ低下への危機感があった。

     「熊本県産の農産物は買わない」「災害で支援したのに裏切られた」。報道を受け、県内外から厳しい意見が寄せられ、蒲島知事は焦りを募らせた。1月29、30日に担当職員らが集まった非公開の緊急会議で、蒲島知事は「もはやアサリだけの問題ではない」と、早急な対策を指示した。


     今回の出荷停止により、今月11日から県産の生鮮アサリは出回らない。県は悪質な業者の刑事告発も検討する。「業者がつぶれようとも偽装をなくたい。それぐらいの覚悟だ」。ある県幹部は語気を強めた。

    店頭から姿を消したアサリ
     小売業者はアサリの撤去を進める。岩田屋本店(福岡市)では1日、「正確な産地が特定できない」(広報担当者)として店頭からアサリが姿を消した。イオン九州(同)は順次、他の産地に切り替える方針。鶴屋百貨店(熊本市)は1月に偽装の疑いが報道されて以降、アサリ全般の取り扱いを停止した。

     消費者には怒りと戸惑いが広がる。

     「国産だとやっぱり安心できる。それを利用してだましていたなんて、ひどい」。福岡県久留米市の女性会社員(61)は憤慨する。酒蒸しやみそ汁といったアサリ料理が好きで、ときどき食卓に並べる。

     スーパーの商品の表示は確認して買うようにしている。「私たちは表示を信じるしかない。これから安心してアサリを食べるには、潮干狩りに行って貝を採るしかなくなるかも」と、不安げに話した。

     (古川努、鶴善行、古川剛光、斉藤幸奈)

    西日本新聞 2022/2/2 6:00 (2022/2/2 9:23 更新)
    https://www.nishinippon.co.jp/sp/item/n/870722/
    ★1 2022/02/02(水) 21:48:54.14
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1643839770/
    food_misoshiru_asari

    【【終国】熊本の漁協組合長「アサリ産地偽装は何十年も続いてきました」←これ😢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: スペル魔 ★ 2022/02/01(火) 17:11:48.57 ID:QHDLq2GP9
     中国産のアサリが「熊本産」と偽って販売されていた問題で、農林水産省は調査の結果、「熊本産」として販売されるアサリの97%に「外国産が混入している可能性が高い」と発表しました。

     この問題は、中国産アサリを熊本県の干潟に撒いて短期間で回収し、熊本産として出荷するなどの手口で産地偽装が行われていたもので、CBCテレビが、これまでに度々報じてきました。

     農林水産省は去年10月からの3か月間、スーパーなど全国の約1000店舗を対象に調査を実施。

     販売されている熊本産アサリを買い上げてDNA分析を行ったところ、熊本産と表記されていたアサリの97%について「外国産アサリが混入している可能性が高い」と発表しました。

     また、おととしの熊本産アサリの漁獲量は21トンですが、調査の結果、全国で販売されている熊本産とされるアサリの量は、推計で100倍以上の2485トンに上るということです。

     農林水産省は今後、速やかに立入検査を実施し、不適正な行為を確認した場合は、厳正な措置を行いたいとしています。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/49399753cdce8ffc8424daf73a48219e5ef056e2
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1643699007/
    food_misoshiru_asari

    【【国恥】熊本県、アサリの産地偽装をしてしまう……97%が外国産、中国産アサリを干潟に撒き短期間で回収して熊本産として出荷(;´・ω・)】の続きを読む

    このページのトップヘ