生活

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/05/30(土) 10:37:26.21 ID:W+WEKOYY0
    独身・一人暮らしの生活を楽しんでいる人の割合は、およそ9割(「大いに楽しんでいる」43.5%、「ある程度楽しんでいる」44.8%)。

    しかしながら、「今後も独身・一人暮らしの生活を続けたいですか?」という問いに、52.6%が「続けたくない」(「あまり続けたくない」46.3%、「すぐにでもやめたい」6.3%)と回答。

    男女別にみると、男性は「続けたい」(53.0%)が、女性は「続けたくない」(58.0%)の方がそれぞれ多数派となった。

    https://news.mynavi.jp/article/20190118-758252/


    【【悲報】一人暮らしさん、実は無理をしていたことが発覚……。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています。 2020/02/28(金) 20:54:01.36 ID:j++EspPe0
    ワイ「………」

    【【謎】ワイ「(あくび出そうや……)ふぁ~~あっ」 唾液「ピュピュッwww」スマホ&本「汚ぇえええええ!!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/06/06(土) 19:28:46.74 ID:PD2RdVES00606
    ちな駅から3分、池袋まで15分
    1Kで7.9畳
    更新料2年で15万

    【【相談】手取り20万で家賃88000円のところに住んでもええか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/06/02(火) 08:11:10.92 ID:NVeu+A/90
    1位 食生活が乱れる
    2位 人と話をしなくなる
    3位 特にない
    4位 睡眠時間が不規則
    5位 健康管理ができない
    6位 時間管理が甘くなる
    7位 金銭管理が甘くなる

    https://i.imgur.com/IpyLa5V.jpgno title

    https://news.mynavi.jp/article/20190118-758252/

    【【悲報】一人暮らし、デメリットしかない ← これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/06/03(水) 01:53:56.06 ID:K4362+fQ0● BE:479913954-2BP(2931)
     
    コロナで失った味覚や嗅覚、戻らないケースも
    感覚の喪失で回復の道筋が一段と複雑に

     マット・ニューイさん(23)は4月下旬、亡くなった祖母の自宅を片付けていて感情がこみ上げてきた。祖母の香水に手を伸ばしたが、何も匂いはしなかった。

     「祖母が大好きで、最後にもう一度、どんな匂いだったかを思い出そうとした」とニューイさんは話す。「その記憶を失った気がして、つらかった」。彼は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかり、3月に回復した。

     臨床現場ではこの感染症の理解に努めているが、通常とは異なる傾向が明らかになり始めた。嗅覚や味覚が失われる一般的な症状が、回復後ずっと治らないケースがあるのだ。医師らによると、嗅覚や味覚を2度と取り戻せない可能性もあるという。

     欧州耳鼻咽喉科学会の学術誌ヨーロピアン・アーカイブス・オブ・オートライノラリンガロジーに4月に公表された調査によると、欧州のCOVID-19軽症・中等症患者417人のうち、味覚と嗅覚の障害を訴えた人はそれぞれ88%と86%だった。

     このうち大半の患者は、他の症状が消えた後も味覚や嗅覚が戻らないと答えた。暫定データでは、他の症状が消えて2週間以内に少なくとも25%が味覚や嗅覚を取り戻した。改善しない場合は、どのくらいの期間症状が続くのかを評価するため、長期的なデータが必要だと同調査は指摘する。

     感覚喪失によって他者や食べ物、環境との関係が変化すれば、新型コロナからの回復の道筋が一段と複雑になる。

    続く
    https://jp.wsj.com/articles/SB11030818947919454487204586421360507233704

    【【悲報】コロナで失った味覚や嗅覚、2度と戻らないかもしれない……。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/06/01(月) 11:58:39.91 ID:ux7jdvmG9
     新型コロナウイルスの影響による雇用悪化が底なしの様相を呈している。厚生労働省によると、5月28日時点でコロナ関連の解雇や契約が更新されない雇い止めは見込みを含め九州7県で1356人、全国では1万5千人を超え、派遣社員らがその矢面に立たされている。企業などは休業を経て営業を再開したものの、本来の事業活動レベルには戻っておらず、事態のさらなる深刻化が懸念される。

     「『もう仕事がない』と派遣先の建設会社から言われ、寮を追い出された」(50代男性)、「仕事がなくなり、ご飯を食べるお金もない。親とも縁が切れていて頼れる人もいない。死にたい」(若い男性)-。失業者らを支援する福岡市の団体にはコロナの影響で職を失った人からの悲痛の声が連日、寄せられている。

     厚労省によると、解雇や雇い止めは、2月の282人から5月は1万2052人と大幅に増加。九州7県は、福岡447人▽佐賀89人▽長崎276人▽熊本76人▽大分109人▽宮崎62人▽鹿児島297人-だった。宿泊や飲食、製造業が多く、50人規模の大量解雇をした企業もある。

     「会社に尽くしてきたのに納得いかない」。派遣社員として九州北部の卸関係会社に勤める40代女性は、6月末での契約終了を突き付けられた。派遣社員は四半期ごとの契約が多く、7月からの四半期は、5月には更新の有無を言い渡す会社が多い。女性もその一人。事務職での契約を3カ月ごとに更新し、次回契約は7月からのはずだった。

     4月上旬に同僚が発熱で欠勤し、自身は勤務中に軽いせきが出た。熱は37度台前半。約1週間、自宅待機し、上司に在宅勤務を命じられた直後、派遣会社の担当者が自宅を訪れた。「熱が出ている人に仕事はさせられないと(派遣先が)言っている」。在宅勤務に差し支えはないと訴えたが、職場から持ち帰ったパソコンは取り上げられた。


     時給千円。ほそぼそと暮らしを営みながら、仕事は熱心にこなしてきた自負はある。「同僚は復帰したのに…。私が派遣だから真っ先に切られたのなら悔しい」と唇をかんだ。

     全国の労働局が2月に開設した特別相談窓口には、雇用調整助成金や解雇、雇い止めなどの相談件数が約54万8千件に上り、九州7県でも約6万4千件に上る。厚労省は「コロナの影響が顕在化しており、今後も増えてくると思われる」と話す。

     福岡市の飲食店の男性アルバイト(30)は、店の営業時間短縮に伴い、勤務がコロナ流行前の半分の週1~3日に減った。最短で1時間勤務もあり、4月の給料は多い月から10万円ほど減り、1万4千円だった。

     同市中央区のハローワーク福岡中央に週2日通い、求人票に目を凝らすが、条件に見合う職はない。雇い止めなどの話を聞くたび、不安が襲う。「先が見えず、精神的にきつい。自分もいつ解雇されるか分からない」 (横田理美、小林稔子、郷達也)

    西日本新聞 2020/6/1 6:00
    https://www.nishinippon.co.jp/sp/item/n/612953/


    【【悲報】派遣社員さん「死にたい」←雇用悪化のせいやで……。】の続きを読む

    このページのトップヘ