終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    沖縄

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/11/30(水) 18:52:04.66 ID:bDgdTbaA9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ffccbfc893428d525ccb97580a3b69554df0d6d6?page=1
    11/30(水) 18:31配信

    11月26日、沖縄地方のNHKニュースにて【自転車で日本縦断15歳の少年がゴールの石垣港に到着】との一報が伝えられた。

    なんでも2022年9月3日に自転車で北海道を出発した、沖縄県石垣市出身の15歳の少年が3200キロ余りの距離を経て日本列島横断。このほど、約3か月をかけてついに故郷への凱旋ゴールを果たしたのだという。

     11月29日に同じくゴールを伝えた『沖縄テレビ放送』のニュースを統合すると、同少年は中学卒業後に県外のパン屋に就職。そして「何かを成し遂げたい」と思い立った彼は、旅の資金として働いて貯めたお金を充て、また移動手段には中学1年生時に祖父に買ってもらった自転車を使用。

    旅先で知り合った人の家に泊めてもらったこともあったようで、全国各地で多くの人に応援され、支えられての旅に感謝の意を示した少年。石垣市のゴールでは多くの友人に迎えられて、達成感に満ちた笑顔を見せていたようだ。

    この若干15歳の挑戦と行動力に、
    《バイトで稼いだお金で日本横断!しかも自転車!しかも15歳! 凄過ぎるだろ》
    《リスペクトできるし、 応援したくなる。 かなり年上の自分でも 見習うべき部分ばっかりだ》
    《こういうのを『冒険』って言うんだろうな~》
    《これこそほんまの冒険やろ 凄い偉業やねぇ。他人の金で楽しながら日本一周してた少年にスタディしてほしいね》

    同じく沖縄在住で13歳と年端も近い“少年革命家・不登校ユーチューバー”ゆたぼんが思い出されたのか、先に彼が達成を報告した「日本一周企画」と比較する声が。ゆたぼんの決めセリフ(?)である「人生は冒険だ!」をなぞるように、15歳少年の冒険こそが「本当の冒険」とするユーザーも。

    続きはソースをご覧下さい

    【【これぞ本当の冒険】働いて資金貯めた沖縄の15歳少年、自転車で日本横断達成!ゆたぼんとは大違い?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/10/25(火) 19:33:59.79 ID:gfCcFO/e9
    2022年10月25日 10:21

     サン食品の創業者の土肥健一(どひ・けんいち)さんが9月5日午後3時、病気療養中のところ自宅で死去した。87歳。熊本県人吉市出身。

     土肥健一氏は県民食である「沖縄そば」の名称を守るだけでなく、全国にも定着させた立役者。親交のあった関係者は「沖縄そばの呼称に対しても沖縄の文化を守るとの芯を貫き通した」と話し、沖縄そばの品質向上、販路拡大に尽力した土肥氏との別れを惜しんだ。

     土肥氏は1975年に沖縄生麺協同組合を立ち上げ、初代理事長に就任した。76年に公正取引委員会(公取委)から「そば粉を使用していない沖縄そばに『そば』の名称は使えない」との指摘を受け反発。「沖縄そばは日本そばより歴史がある。その名称が使えないのはおかしい」と、持ち前の行動力で名称の認可を取り付けるなど奔走した。

     親交があった県酒造組合連合会元会長の佐久本武氏は「正義感の強い方だった」と振り返る。土肥氏が那覇市の食品衛生協会の会長時代、副会長として仕事への厳しさを学んだと説明。「当時から品質管理に力を入れており、コンプライアンスにも厳しかった」と話す。

     食品業界にとっては大きな存在でその死は大きな損失だとし「沖縄そばのステータスを高めた人物。ご冥福を祈りたい」と話した。

     沖縄生麺協同組合の稲嶺盛健理事長は「『沖縄そばの日』にも大きく関わるなど、今日、隆盛を極める沖縄そば文化の発展に尽くした人物で、惜しい人を亡くした」と残念がる。

     沖縄そば製造以外にも具材に使う豚肉の種類を研究するなど、食べる方でも愛好家だったと話す。「これからもいろいろ教えてほしかった。残念だ。お悔やみ申し上げる」と述べた。

    (政経部・知念豊)

    ※(見出しと文中の土肥氏の『土』は、見出しにある「土」の右上に「丶」の表記となります)

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/1046111

    【【訃報】土肥健一氏、87歳で死去…日本の蕎麦よりも歴史がある「沖縄そば」を全国に定着させた立役者。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/09/11(日) 18:31:37.29 ID:CAP_USER9
    [ 2022年9月11日 17:54 ]

    「平成フラミンゴ」RIHO(左)とNICO。平成フラミンゴ公式インスタグラム(@heiseiflamingo)より
     チャンネル登録者数312万人を超える人気ユーチューバーコンビ「平成フラミンゴ」が11日までに公式YouTubeチャンネルを更新。高級宿での振る舞いに、一部で批判の声が上がっている。
     1泊「40万円」もするという沖縄の高級ホテルでの撮影。旅行気分を満喫しながらも、2人は動画の編集に没頭していたようで「寝たのは3時半くらい…」と、全然疲れが取れていない様子だった。

     そして、寝起きのままシェフが用意した豪華な朝食の席に着くも2人は大あくび。料理の説明にも「はぁい」「うわぁ」と生返事をし、テロップでは「多分何も聞いてない」と表示されていた。その後、スタッフが去ると「何かわかってないけど胃に入れてるだけ…」「おにぎりさんちっさい」「なんかそそられるものがあまりない」「和食じゃないじゃん。味噌汁にしてよ」などと言いたい放題。朝食後には寝室に戻り“爆睡”していた。

     この動画に、コメント欄では「正直見ていて気分はよくなかった」「シェフの気持ちと食べ物の気持ち考えて涙出そうになる」「お願いだから平フラは天狗にならないで」「初心を忘れずに!」という投稿が。また、ホテル名も示していたことから「スタッフに失礼すぎる」といった声も上がっていた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/09/11/kiji/20220911s00041000556000c.html

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/09/10/jpeg/20220910s00041000581000p_view.webp

    【【悲報】人気Youtuber(登録者312万人)、1泊40万の高級宿の朝食に暴言を吐いてしまい批判殺到😅】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/09/01(木) 09:18:05.73 ID:/pX7JMho9
    >>9/1(木) 7:41沖縄タイムス

     那覇空港では31日、台風11号の影響で便の振り替えやキャンセル待ちの手続きをする観光客などが長蛇の列をつくった。

     横浜市から家族4人で観光で来た母親(32)は「乗る予定だった夜の便が欠航になり、夕方の便に対応できるか航空会社に問い合わせている」と慌てた様子。「夫の仕事の関係できょう帰れないと困る。キャンセル待ちなので乗れることを祈っています」と願った。

     出張で東京から来た30代の会社員男性は「あす帰る予定だったが飛行機が飛ばない可能性が高いので、日程を早めてきょう帰ることにした。台風で予定が狂った」と述べた。

    続きは↓
    Yahoo!ニュース: 「きょう帰れないと困る」那覇空港、キャンセル待ちの観光客で長蛇の列 台風11号で欠航相次ぐ(沖縄タイムス) - Yahoo!ニュース.
    https://news.yahoo.co.jp/articles/39b45f3e2c58a709a6a18096eed0907427a15e60

    【【台風11号】那覇空港さん、キャンセル待ちの観光客で長蛇の列が…「きょう帰れないと困る」←大変やな😅】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/17(水) 17:06:37.34 ID:CAP_USER9
    https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220816-00000014-jct-000-1-view.jpgno title

    母の優子を演じる仲間由紀恵さん(編集部撮影)

    ねずみ講に手を出す息子を「応援してあげたい」 ちむどんどん母の言動に呆れる声「異常だよ」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220816-00000014-jct-ent

     2022年8月16日放送のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で、俳優の竜星涼さんが演じるヒロインの兄・賢秀が「ねずみ講」にハマっていることが発覚。頭を抱える視聴者が続出している。

    ■新しいビジネスに挑戦するも...

     沖縄の本土復帰50年に合わせて放映されている今作。本島北部「やんばる地域」出身のヒロイン・暢子(黒島結菜さん)がふるさとの食に夢をかけ、東京銀座のイタリアンレストラン「アッラ・フォンターナ」で料理人として成長する姿を描く。タイトルの「ちむどんどん」は、「心がワクワクすること」を意味する。

      ※以下、ネタバレを含みます。

     「猪野養豚場」で働いていた賢秀は、かつて投資話と「紅茶豆腐」ビジネスで2度だまされた相手・我那覇(田久保宗稔さん)と再会。再び一緒にビジネスをしようと誘われた仕事は、アメリカ製ビタミン剤「ジャイアントビタミン777(スリーセブン)」を売るセールスマンだった。

     賢秀は暢子に自身の肩書が「エージェント代行」だと自慢した上で、「エージェント代行は、ヒラの会員が売った売り上げ金の3割が懐に入る。さらに勧誘し、その孫会員の売り上げの2割も懐に。会員が増えれば、増えるほど大もうけ! システムフロムアメリカ!」と仕組みを説明する。

    「マルチは危険という啓蒙ドラマですかね...」

     心配した暢子は、長女の良子(川口春奈さん)に「ねずみ講」である疑いを告げた上で、入会しないよう注意喚起する。すると良子は「何よりもまず、おかあちゃんに言っておく!」と、これまで賢秀に甘い対応を繰り返してきた母・優子(仲間由紀恵さん)の元へ。

     しかし、良子が実家に到着し目の当たりにしたのは「ジャイアントビタミン777」の段ボールの山。良子は顔をしかめて「アキサミヨー! おかあちゃん、これはマルチ商法と言って...」と指摘するが、当の優子は「賢秀が一生懸命やってるんだのに、応援してあげたいさー!」と健気に笑みを浮かべるのだった。

     これまで数々のビジネスチャンスに痛い目を見てきた賢秀と、その都度許容してきた優子。視聴者からは、

    「いくら息子が大事でも、これは異常だよ いい加減本気で息子を叱ったほうがいい。犯罪に片脚突っ込んでるんだからさ」

      「もうあの暢子ですらニーニーに引いてるやん。 笑顔でネズミ講の説明してるシーンは狂気というか...。 いちおうネズミ講はヤバいって知識くらいみんなあるけど、さすが優子ママ」

      「ニーニーなんでこんなにアホなのか? 優子さんも『応援したいさー』って... お母ちゃんもアホだった」

      「マルチは危険という啓蒙ドラマですかね...」

    などと理解に苦しんだとする声が多くあがっている。

    【【悲報】朝ドラ「ちむどんどん」さん、ねずみ講に手を出す息子を「応援してあげたい」と母に言わせてしまい、視聴者絶句😭】の続きを読む

    このページのトップヘ