終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    武士

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/01/03(火) 18:04:38.80 ID:RlsxjnNN9
    江戸時代の武士に広がった「格差社会」 洒落本や春画の「貸本屋」が人気だった切実な事情
    AERA2023/01/02 18:00安藤優一郎
    https://dot.asahi.com/dot/2022122700085.html

    https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2022122700085_1.jpg?update=20221231001459&width=1680&fit=boundsno title

    週刊朝日ムック『歴史道【別冊SPECIAL】そうだったのか!江戸時代の暮らし』から(イラスト/さとうただし)

     武士全体の9割以上を占めていたという四十九石以下の下級武士たち。
    限られた収入の中、分相応の生活を営み、愉しんでいたという。
    週刊朝日ムック『歴史道【別冊SPECIAL】そうだったのか!江戸時代の暮らし』では、江戸三百藩の暮らしと仕事を解説。
    ここでは下級武士たちの「普通の生活」事情を紹介する。

     江戸時代の日本の人口の5%にしか過ぎない武士は士農工商という身分制度を後ろ盾にする形で社会に君臨していたが、
    一口に武士といっても格差は大きかった。
    特に経済面の差は甚だしかった。

     幕府に仕える幕臣は、将軍への拝謁資格を持つか否かで旗本と御家人に大別される。
    慶応四年(1868)の数字によれば旗本の数は約6000人、御家人の数は2万6000人だった。
    下級武士の御家人が幕臣の大半を占めていたのは同じである。

     御家人の場合、ほとんどは四十九俵以下の小禄にとどまったが、それでは家族を養うのは難しく、内職は不可欠だった。
    正規社員の家来はもちろん、非正規社員の奉公人を雇うことも無理だった。

     上級武士の旗本ともなれば奉公人を雇えたが、武家奉公人には若党、足軽、中間、小者などがいた。
    もともとは農民や町人身分だが、武家に奉公することで、最下級ではあるものの武士身分に組み入れられた。

     旗本はもちろん、御家人も正式の場に出る時は槍持ち、草履取り、挟箱持ちなどの御供を連れることが義務付けられていた。
    そうした時、口入屋から農民や町人を武家奉公人として雇い、上絵のような出で立ちで御供させたのである。

    ■江戸に慣れない田舎侍が楽しんだ娯楽の数々

    続きはリンク先


    関連
    徳川十五代将軍格付けランキング! 歴史研究家が評価「最強の将軍」は誰だ?
    https://dot.asahi.com/print_image/index.html?photo=2021041600059_2&image=2

    【【終国】江戸時代の底辺武士さん、洒落本や春画の「貸本屋」を活用していた模様😲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2021/06/30(水) 05:45:58.89 ID:tNpAo5Wm0
    251 風吹けば名無し sage 2021/06/29(火) 18:56:44.58 ID:m/hQNW8iaNIKU
    こういうの見ると、殺人犯は地獄に行ってほしいなって思う反面、俺は果たして天国に行けるのか?わからなくなる
    バタフライエフェクトの如く誰かの死に関わってるかもしれないと思うと怖くなる
    地獄に行きたくない
    死にたくない
    武士になりたい
    samurai_kettou

    【彡(゜)(゜)「死にたくない、武士になりたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ