終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

「日本のダメ」「他国のダメ」なところを紹介する5chまとめブログです。基本的になんJ / VIPのスレッドから記事を作っています。最近コメントが増えてきました。ありがとうございます。(あまりに酷いコメントは非表示にしております)

    果物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/09/04(日) 23:34:30.64 ID:R2NeGJ/c9
     茨城県内で梨約2000個(60万円相当)を盗んだとして山梨県警と栃木県警の合同捜査班は1日までに、ベトナム国籍の男性ら3人を窃盗容疑で再逮捕した。3人は、6月以降に山梨県内で桃などが大量に盗まれた現場周辺の捜査などで浮上。山梨県警は、桃の窃盗事件にも関与した可能性があるとみて、捜査している。

     逮捕されたのは、住所不定の自称アルバイト、グエン・バン・フォン(20)、いずれも群馬県伊勢崎市新栄町の無職、レー・コン・ニャット(25)、グエン・ミン・トゥアン(40)の3容疑者。逮捕容疑は、3人は8月9日から10日にかけて共謀し、茨城県内の2カ所の梨畑から梨計約2000個を盗んだ、としている。山梨県警によるといずれも容疑を認めているという。

     山梨県内で桃などの窃盗被害があった現場付近の防犯カメラ映像などからニャット容疑者らが関与した疑いが浮上。県警は8月11日にニャット容疑者らの自宅を家宅捜索し、入管難民法違反(不法残留)の疑いで現行犯逮捕していた。フォン容疑者は8月10日、自動車に盗品のナンバープレートを付けて走行したとして、栃木県警が盗品等保管容疑で逮捕。車内から、盗まれたものとみられる梨が発見されていた。

     山梨県内では6月に甲州市や笛吹市の桃畑で収穫直前の桃計約1万4400個が盗まれた。7~8月にかけても、桃やブドウ、スモモなど果実の窃盗被害が相次いでいる。【渡辺薫】

    毎日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b2ee4d6be391d4dca63e14d610fd88737aae6ee8

    【【終国】グエンさん、梨2,000個盗んだ容疑で再逮捕…他の桃の窃盗事件にも関与か ←マジかよ…😰】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/09/04(日) 01:39:37.58 ID:R9IuKbyy0
    【参考記事】



    最近はベトナムで偽造された品種が売られているそうな。

    【【ぶどう】日本「シャインマスカットより甘いルビーロマンを開発したぞ」韓国「ホントだ甘~い!ありがとう!」→結果w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/14(日) 11:48:31.88 ID:LQ46rlyv0 BE:271912485-2BP(1500)
    今まさに旬真っ盛り。大きな実と甘い味わいが特徴の高級ブドウ「シャインマスカット」。
    甘みや食べやすさを追求し、なんと33年もかけて日本で開発された品種。国内では、栽培面積も急拡大しています。

    しかし、日本の店頭では1キロあたり1万2000円ほどで売られているシャインマスカットが、
    中国のサイトではたったの約600円。破格となっています。

    さらにシャインマスカットの中でも特に大粒で糖度も高いことで人気の『晴王』の文字も。
    本来、『晴王』と名乗れるのは、岡山県産で商標権を持つJA全農などから許可を受けたものだけ。しかし、中国・北京の市場では…。

    Q.この晴王はどこのブランド?

    市場の販売員:
    「晴王は雲南省だよ。雲南省から来たものは晴王と呼ぶ」

    Q.日本の岡山産だけが晴王では?

    市場の販売員:
    「それはわからない。ここで商売して5、6年だけど、そんな話は聞いたことがない」

    さらに中国の番組でも…。

    <番組のインタビュー内容>
    「このブドウは日本で1房1万円以上(580元)します。今では雲南省でも栽培できて、品質もとても良いです」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ac63b06a914b807f1dcdfb30a222ba0a9bc8102b

    【【終国】日本「シャインマスカット、1万2000円!」中国「シャインマスカット600円!」日本人「日本の果物高すぎだろ!!!」←これ😭】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:   2020/05/27(水) 17:22:28.20 ID:u6hdMMYU9
    2020-05-27 15:12

     日本には中国から様々なものが入ってきて定着し、中国よりも広まったものさえあるほどだが、中国から入ってきたものには「果物」もあるという。中国メディアの百家号は24日、中国では相手にされないある果物が、日本人の生活に定着し、無くてはならないものになったと紹介する記事を掲載した。

     その果物とは「梅」だ。日本の梅は中国が原産国だといわれているが、三国時代には中国にすでにあった梅が、唐の時代に日本に入ってきたと記事は紹介。中国では「後に果物の種類が豊富になるにつれて忘れ去られた」が、日本では健康にも美容にも良いと受け入れられ、江戸時代に入ると一般家庭でも梅の木が植えられるようになりさらに広まったと伝えた。

     中国でも、お茶菓子としての梅のドライフルーツや梅酒もあるにはあるが、日本ほど広く普及してはいない。記事は、日本人は梅を弁当に入れたり、食卓に出したりと「毎日の食事に欠かせないものになっている」と、日本でいかに愛されているかを紹介しているが、これは主に梅干しのことを指しているようだ。

     さらに日本では梅干しだけでなく、梅を梅酒や梅のシロップ、梅ジュースにするなど様々な形に変えており、記事は「世界でもこんなに梅を消費する国はない」と伝えている。日本の梅好きは世界にも広まり、日本からは梅酒なども輸出されるようになったので、梅と言えば中国よりも日本を思い浮かべる人は多いだろう。

     疲労回復や殺菌・抗菌作用、貧血予防、動脈硬化の予防、冷え性や二日酔いの予防など、様々な効果が期待できるこの優れた「果物」は、日本では夏バテや熱中症になりやすい夏の時期にも大活躍だ。「果物がたくさんありすぎるから」と中国ではあまり人気がないのはもったいないことである。日本でも最近では消費量が減っていると言われているが、これを機に改めてその良さを見直してみたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
    http://image.searchina.net/nwscn/7/5/2/1689752.jpgno title


    http://news.searchina.net/id/1689752?page=1


    【【驚愕】中国さん「"アレ"って日本人の生活には無くてはならないものだったのか……💦」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/12/06(日) 13:18:30.30 ID:a1IyY5xS0

    【【悲報】Youtubeまんさん、大物Youtuberさんと1個120万円の梨を食べてしまうwww】の続きを読む

    このページのトップヘ