終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    昆虫食

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/03/01(水) 15:04:48.07 ID:iQv24Um9M
    とりあえず買ってみたで
    https://i.imgur.com/Xk5W15m.jpg

    【【画像アリ】無印良品の「コオロギせんべい」買って食べてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/01/21(土) 19:37:56.58 ID:jYKFbgeu9
    ハエの幼虫は意外と美味!? コオロギに勝る強みとは
    週刊朝日2023/01/20 06:00
    https://dot.asahi.com/wa/2023011800062.html

    https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2023011800062_1.jpgno title

    https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2023011800062_2.jpgno title

    製造・販売元のTAKEOによると、「ちりめんマゴット」(1袋4グラム[※マゴット約500匹]で税込み580円)の
    おすすめの食べ方はおにぎりだという。


     イエバエの幼虫(マゴット)を養殖するベンチャーのフライハイ(東京都渋谷区)は昨年、食用の「乾燥マゴット」を発売した。
    うじ虫というと汚いイメージがあるが、フライハイのマゴットは、豆腐屋から出たおからを食べて育った清潔な「箱入り虫」である。

     近年、昆虫食が注目される背景にあるのが“タンパク質危機”だ。
    国連の予測では、世界人口は2050年に100億人に迫り、タンパク源が足りなくなる恐れがある。
    だが1キロの牛肉を生産するためには約25キロの飼料が必要なように、家畜の増産は環境への負荷が大きく、限界がある。

     一方、体温を維持する必要がない昆虫は省エネだ。
    少量の餌で育てられ、しかも廃棄部位がなく丸ごと食べられる。エコで効率的。
    超優秀な動物性タンパク源といえる。

     昆虫食業界の切り込み隊長といえば、コオロギ。
    最近はコオロギ粉末を練り込んだせんべいをスーパーでも見かけるが、
    フライハイの木下敬介社長によると、マゴットならではの強みは三つある。

    (1)粉末にする手間が不要

     体が小さく形もシンプルで、そのまま食べても心理的ハードルが低い。

    (2)成長速度が速い

     コオロギは生後1カ月半で出荷できるが、マゴットなら1週間でOK。

    (3)水分の多い餌を食べる

     ハエは食品廃棄物のような水っぽい餌を好む。
    日本では年間35万トンのおからが焼却処分されるが、80%が水分で燃焼効率が悪く、多くのCO2が出る。
    35万トンのおからがあれば3万5千トンのマゴットを生産でき、残渣は肥料として再利用可能だ。

     木下社長は意気込む。
    続きはリンク先へ

    ★1 21日16時56分
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1674287781/

    【【驚愕画像】昆虫食推進派「うじ虫、美味しいよ!見た目はじゃこ!味は桜エビ!」←これでタンパク質危機も回避できるな!👏】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/11/28(月) 19:28:50.94 ID:3oY932PV0
    日本初 学校給食にコオロギ導入 食料不足の救世主となるか
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c643017dcd01b42fd223d67e5160b5822ff296bf

    【【終国】日本の給食「せや!かぼちゃコロッケにコオロギ入れたろ!」→結果w】の続きを読む

    このページのトップヘ