終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

「日本のダメ」「他国のダメ」なところを紹介する5chまとめブログです。基本的になんJ / VIPのスレッドから記事を作っています。最近コメントが増えてきました。ありがとうございます。(あまりに酷いコメントは非表示にしております)

    文部科学省

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/15(月) 09:44:55.67 ID:KQatnMue9
    私がお伝えしたいのは「日本の学生の英語力」です。

    文部科学省は日本人の英語による発信能力が高まらない中、学生の英語力を向上を目指す新たな取り組みを始めることを決めました。

    背景には英語試験で日本が最下位クラスに入っていることやコロナ渦で海外に留学する学生が激減したことなどがあります。

    ポイントはこちら。
    「世界最下位クラス日本の英語力は向上するか?」注目です!

    文部科学省は英語教育や日本人の対外発信力の改善に向けて取り組むべきことを「アクションプラン」としてまとめ具体的に進めていくことを決めました。

    この中には、英語の「聞く」「話す」「読む」「書く」という4技能を総合的に評価した入試を行っている私立大学を補助金の加点対象にし支援していくことや、
    4技能の育成のために変革的な取り組みを行う国立大学を新たに交付金の対象とすることなどが盛り込まれています。

    背景には、TOEICやTOEFLなどの英語試験で日本が最下位クラスに入っていることや
    コロナ渦で海外に留学する日本人の学生が2018年度の11万5000人から2020年度に1500人に激減したことなどがあります。

    また、中高生の英語力については全体ではレベルが上がっていますが地域によりがばらつきがあるということです。

    文科省ではすべての自治体で同じレベルとなることを目指し総合的な能力の育成に向けて
    「英語を使って何ができるか」を評価するテストの実施などを推進していくことにしています。

    (フジテレビ社会部・林 英美)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0e880c91db910859e1148382c735913d3aa4fd85

    【【終国】文部科学省「“世界最下位クラス”の日本人の英語力向上に力を入れます!」←そんなに英語大切なんか?😅】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/12(金) 18:22:41.58 ID:iPsWKio99
    2022年8月10日 23:45

    文部科学相に就任した永岡桂子氏が10日夜、記者会見し、旧統一教会をめぐる悪質商法などの問題の救済に関し、宗教法人の認証や解散について規定した宗教法人法を「変えることは考えていない」と述べた。

    永岡氏は被害者の救済に万全を期すよう求めた岸田文雄首相の指示を受け、「宗教の自由を守る宗教法人法は手をつけず、その周りで問題が起こった団体の被害の救済をするのがいいだろう」と語った。

    2015年に旧統一教会から世界平和統一家庭連合への名称変更を文科省の外局、文化庁が認証した経緯については「適切に対応してきたと聞いている」と説明。自身と関連団体との関係は「事務所できちんと調べ、無縁との結論に達した」とした。

    改造内閣の女性閣僚は永岡氏を含めて2人。「母親の視点を政策に落とし込んでいきたい」と抱負も語った。

    永岡氏は05年の衆院選に出馬し、初当選。18年10月~19年9月に文科副大臣を務めた。入閣は初めて。

    ソース https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE10A9P0Q2A810C2000000/

    【【終国】永岡文科相「宗教法人法?変えることは考えていない。被害者は別に救済したらいいよね?」←そうなの?🤔】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/02(火) 10:37:33.77 ID:5U2XP9fL9
    徹底追及 統一協会
    旧統一協会名称変更に不備
    文化庁 新規則提出受けず認証
    https://www.jcp.or.jp/akahata/aik22/2022-08-02/2022080201_03_0.html

     文部科学省の外局、文化庁が2015年に旧統一協会(世界平和統一家庭連合)の名称変更を認証した際、協会側が提出した申請書の添付書類に誤りがあったことが1日、分かりました。本紙の取材に文化庁宗務課の担当者が「添付書類の確認ミスがあったと考えられる」と認めました。名称変更をめぐる手続きのずさんな実態が浮き彫りになりました。(統一協会取材班)

    https://www.jcp.or.jp/akahata/aik22/2022-08-02/2022080201_03_0.jpgno title

    (写真)旧統一協会が2015年に提出した申請書。一番下にある「新規則の全文」が未提出でした

     申請書は、日本共産党の宮本徹衆院議員(党旧統一協会問題追及チーム事務局長)の請求に応じて文化庁が提出したもの。宗教法人法は、宗教法人が名称など規則を変更する際、所轄庁に提出するよう義務づけています。

     同申請書は15年6月2日に下村博文・文部科学相(当時)あてに提出され、同日付で受理されています。

     旧統一協会は申請書に添付書類の一覧を記しています。その一つが「新規則の全文」でした。

     ただ、添付された規則は、最新の施行日が「平成8年(1996年)3月19日」となっていました。この点について、宗務課の担当者は「旧統一協会が提出した規則は、変更前の規則だと考えられる。これを文化庁の担当者が新規則だと勘違いして受理したのではないか」と対応の誤りを認めました。「新規則は添付されておらず、宮本議員の指摘を受けて確認ミスに気づいた」といいます。

     文化庁は、霊感商法や高額献金が社会問題となっていたため旧統一協会の名称変更申請を97年ごろから拒否してきた経過があります。名称変更を認めた理由について、宗務課は「要件がそろっていたので受理した」などと説明していますが、実際には申請書類のチェックがずさんだった形です。

     宗務課の担当者は「新規則は申請時に必要な添付書類ではなく、参考資料だと認識している。手続き上の問題はない」としています。

    【【終国】文化庁「スマンw 旧統一協会名称変更に必要な書類に不備があったけど、ゴーサイン出してたわw」←何やこの国…😡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/07/14(木) 10:34:06.39 ID:8v5rBL/D9
     自民党の下村博文前政調会長(68)が13日、ツイッターを更新。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の名称変更に関するネット上の書き込みや週刊誌からの質問があったことについて、自らの見解を伝えた。

     下村氏は「統一教会の名称変更について、SNSやネット上で私が文科大臣時代に関与し行ったとの書き込みが多くあり、また先日週刊誌からも同様の質問状を受け取りましたので、正確に回答申し上げます」と、SNS上で話題となっていたことを受け、週刊誌から届いた質問に回答した文書を公開した。

     文書で下村氏は「文化庁に確認をしたところ、貴誌のご質問は全く事実に反することを確認しました。文化庁によれば、『通常、名称変更については、書類が揃い、内容の確認が出来れば、事務的に承認を出す仕組みであり、大臣に伺いを立てることはしていない。今回の事例も最終決裁は、当時の文化部長であり、これは通常通りの手続きをしていた』とのことです」と説明。

     「余人をもって代えがたい元総理を失った事件報道において、万が一にも間違った報道によって新たな被害が拡大することがないよう、事実に反する記事を掲載することがないよう、慎重な取材をお願いします」とした。

     ただ、元文部科学事務次官の前川喜平氏は2020年12月のツイートで「1997年に僕が文化庁宗務課長だったとき、統一教会が名称変更を求めて来た。実体が変わらないのに、名称を変えることはできない、と言って断った」と発言していることなどから、下村氏の今回の回答に対する疑問の声は多い。

     映画評論家の町山智浩氏は14日までに自身のツイッターで「統一教会は何年も前に改名を申請したが、政府がずっとそれを許可しなかった。それを、なぜ下村さんが許可したのか、その理由を説明しないとならないですよ」と指摘した。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4067223e6b6e7480a8d0a5bf4c575b830ff5de1f

    【【速報】自民・下村博文氏、旧統一教会の名称変更関与を否定 ← 文科大臣時代に許可していたはずですが💦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/07/11(月) 20:22:03.57 ID:GMOQPSMc9
    文部科学省は、2020年度に通常学級に通っているADHD(注意欠陥多動性障害)や学習障害、自閉症の児童・生徒について調査をして、その結果を発表した。

    それによると、全国の国公私立の小中高等学校で、通常学級に在籍しながら、
    週に数回だけ、障害などに応じて、他の教室で特別な指導を受けている児童生徒は、合わせて16万4693人。調査開始以来、最多となった。

    内訳としては、ADHD(注意欠陥多動性障害)の児童生徒は3万3825人、学習障害は3万612人、
    難聴は1956人、弱視は237人、情緒障害は2万1833人、自閉症は3万2346人、言語障害は4万3632人だった。

    この中でも、ADHDと学習障害においては、2019年度の調査から、およそ1万7000人も増加した。
    また、自閉症については、調査項目に追加された2006年度は3912人だったのが、14年間でおよそ8倍増えたことになる。

    文部科学省の担当者は、増加の理由について「保護者の学習障害などに関する理解が深まり、特別支援を希望する人が増えたことが考えられる」としている。

    また文科省は、学校における医療ケアが必要な児童・生徒についても調査結果を公表した。
    それによると、去年5月時点で、特別支援学校(幼稚園・小中高)に通う児童生徒のうち、医療ケアを必要としている数は8485人で、
    2019年の調査時より、およそ100人増加した。最も多い医療ケアは、喀痰吸引で、次いで経管栄養だった。

    通常の学校(幼稚園・小中高)では、医療ケアを必要としている児童・生徒は1783人で、2016年の調査(766人)から2倍以上に増えた。
    通常の学校での医療ケアで最も多かったのは導尿で、次いで血糖値測定やインスリン注射だった。

    文科省は、増加の要因について、はっきりしとした事はわからないとした上でで、
    「医療ケアが発展したことで、これまで学校に来られなかった子どもたちが、通えるようになったと考えられる」としている。

    通常の学校に通う医療ケアが必要な児童生徒のうち、保護者が学校生活で付き添いしているのは530人だった。
    そのうち半数以上の60.5%が付き添いの理由として「看護師が配置されてない及び認定特定行為業務従事者がいないため」と答えている。
    文部科学省は、障害のない子と一緒に学ぶインクルーシブ(包容する)教育を進めるため、
    発達障害のある児童生徒が通常学級で学んでいくための支援策をすすめていて、医療的ケアを行う看護職員を拡充するため、今年度の予算を増額するなどしている。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/894472ac83eff354cc6005f89f3cb9fd5df6de99

    【【悲報】文科省「ADHDや学習障害、自閉症の子供が過去最多なんだけど、どうする?」←エッ!?😵】の続きを読む

    このページのトップヘ