ピンキリ速報 - 真面目〜アホなレスバをまとめるブログ -

レスバトがメインの5chまとめブログにしようと思います。

    教皇

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/11/24(日) 22:29:41.32 ID:CAP_USER
    ▲ムン・ジェイン大統領が昨年7月25日、大統領府本館接見室で開かれた駐韓大使信任状制定式でアルフレッド・シュエレブ駐韓バチカン大使から信任状を受け取った後、記念撮影している。photoニューシス

    韓国政府がアルフレッド・シュエレブ駐韓バチカン大使を通じてフランシスコ教皇が11月、訪日後、韓国に立ち寄ってDMZ(非武装地帯)で金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国防委員長に会ってほしい、と再度要請していたことが確認された。

    フランシスコ教皇は11月20日から23日までタイを訪問中で、11月23日から26日までの日本訪問日程が決まっている。教皇がタイを訪問している11月21日まで韓国訪問に言及がないだけに、事実上、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨年から進めてきた教皇とキム・ジョンウン委員長との年内の出会いは失敗に終わる可能性が高くなった。

    教皇の歴訪スケジュールは通常、1年前、短くても2~3カ月前に確定するとされる。ただし、韓国政府は何度も教皇の北朝鮮訪問意志を打診してきたし、韓日間の距離が近いだけに教皇の意思により11月26日以後、電撃的に訪韓する可能性も完全に排除されたと見るのは難しい。

    駐韓バチカン大使館およびカトリック界、外交高位消息筋に対する取材を総合すれば、韓国政府当局者はムン大統領の指示で今年7月、シュエレブ駐韓バチカン大使に会って「教皇が日本訪問後、我が国の非武装地帯に来てキム・ジョンウン北朝鮮国防委員長と出会いを持って欲しい」というメッセージを伝えた。

    これに対しシュエレブ大使が7月末、直接フランシスコ教皇に会ってこのようなメッセージを伝達した。その後バチカンから帰ってきた8月初め、このような事実を何人かのカトリック系要人および外交家の人々に知らせた。政府が駐韓バチカン大使に直接このような要請をしたことは、それだけ韓国政府の立場が切実だった、という意味のがカトリック系の人々の分析だ。あるカトリック系要人は「バチカン大使はバチカンに行く場合、いつでも教皇に直接謁見できる点で影響力が司教とは違う」と話した。

    シュエレブ大使から直接その話を聞いた人々によれば、当初、政府関係者が大使に会って提案した教皇のDMZ訪問日には二種類の案があったとみられる。一つは10月22日、日王即位式、他の一つは11月26日、日本訪問日程がすべて終わった直後だ。
    (中略:韓国とバチカンの交渉経緯)

    ムン・ジェイン政府は南北首脳会談および米・北首脳会談後、行き詰まった韓半島問題を解くためにカトリック界を積極的に活用してきた。ムン大統領がカトリック信者である上、韓半島の対決局面を転換させるために教皇の北朝鮮訪問ほど適切なカードはない、という判断からだ。このため、大統領が直接、教皇に会うなど数回、教皇の北朝鮮訪問を要請したが現実的に年内訪問は失敗に終わる可能性が高くなった。

    教皇のDMZ訪問の可能性について大統領府関係者は「それはあちら側(バチカンおよび駐韓バチカン大使)に訊くべき事のようだ。ひとまず同じ期間に韓・アセアン特別首脳会議が決まっている」話した。

    パク・ヒョクチン記者

    ソース:週刊朝鮮/朝鮮日報(韓国語)[週間朝鮮単独]文政府、教皇にキム・ジョンウンとDMZ出会いまた、要請した
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/11/22/2019112202141.html

    関連スレ:【韓国】 「北朝鮮訪問を承諾したと言ったのに」…北朝鮮をパスして日本を訪問するフランシスコ教皇[11/18]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1574089188/
    no title


    【【学習せず】韓国文政府、教皇にキム・ジョンウンと会うため南北非武装地帯(DMZ)に来るよう再度要請】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/11/22(金) 15:23:48.75 ID:CAP_USER
    ローマ カトリック教会のフランシスコ教皇が23日から26日まで日本を訪問する。教皇の訪日は1981年、ヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶりだ。教皇は24日、長崎原爆投下地点中心部に建設された平和公園でミサを行った後、別の被爆地・広島も訪問する。25日には東京に移動して徳仁日王、安倍晋三総理と会う。その後、東京ドームで再びミサを奉献する。

    フランシスコ教皇が訪日するのは「核兵器がない世界」を念願するためだ。教皇は核兵器廃棄をずっと主張してきた。長崎と広島でも核のない世界のためのメッセージが出ると予想される。

    菅義偉官房長官は去る13日、教皇の訪日と関連して「国際社会に被爆の真相を正確に知らせることが重要だ」と話した。ここで私たちが注目すべきは「被爆の真相」という言葉だ。教皇の今回の訪日は安倍総理の執拗な計画のもとでなされた。安倍政権は来年、東京オリンピックに先立ち日本の再建と清浄さを広く知らしめるために緻密に計画してきた。その一環で「教皇マーケティング」を準備した。

    過去、韓半島とアジアで虐殺・強姦、強制徴用を日常的に行った日本は依然として過去の歴史を反省していない。日本軍慰安婦問題に対してどんな加害意識も持っていない。慰安婦問題は歴史のねつ造だと強弁する小林よしのりの漫画が人気を得て、太平洋戦争のA級戦犯、東条英機を賛美する映画「プライド、運命の瞬間」(1998)が日本全域で人気を博した。

    強制徴用被害者(徴用工)に対する私たちの大法院判決は韓日請求権協定違反という主張だけ繰り返す。挑発は大衆文化メディアを通じても継続している。日本公営放送NHKは自国の近代化時期の実業家、渋沢栄一(1840~1931)の生涯を来る2021年放送する大河ドラマの素材に確定した、と去る9月9日に発表した。伊藤博文(1841~1909)と親しかった渋沢は「近代日本経済の父」と呼ばれるが、日帝の韓半島経済侵奪の先鋒に立った人物だ。

    日本はとんでもないことに第2次世界大戦の犠牲国という被害意識を持っている。自国が第2次大戦で原爆の犠牲になり、終戦後差別を受けたというのだ。しかし、日本が見逃しているのは過去の自国の蛮行だ。日本自ら侵略国であったことを認めないのだ。

    日本アニメ「ホタルの墓」(1988)には1945年、太平洋戦争の加害国で敗戦国になった日本の時代的状況を背景に平凡な幼い兄妹にふりかかった悲劇が描かれている。日本の著名な文学賞「直木賞」受賞作が原作である「ホタルの墓」は戦争の残酷さと敗戦国日本の疲弊した姿を現わしている。しかし少しでも見ればこの映画は「日本も被害国」と語る。映画の中の子供たちはなぜ自分たちが恐れに震えなければならないのか、根本理由は分からないまま空を覆った米軍爆撃機を憎むだけだ。

    歴史的反省さえない日本が教皇のミサ場面をテレビで世界の人々に生中継し、2020年東京オリンピックで戦争の被害を乗り越えてきた日本の新しい光栄と新しい武装を宣伝しようとしているのは明らかだ。教皇の訪日が歴史的謝罪や反省のない日本に免罪符を渡して教皇のミサは安倍政権の政治的野心を正当化する手段に変質することは明らかだ。

    「核兵器がない世界」に向けた教皇の念願には必ず答えなければならない。しかし、それより先に「人類に反した」犯罪者の真の懺悔が先行しなければならない。踏みにじって謝らない者の方に寄り添うのではなく、踏みにじられても申し訳ないという言葉さえ聞けない者を代弁して話すのが教会の義務だ。

    イ・ジンス選任記者
    https://cphoto.asiae.co.kr/listimglink/1/2018011509343749192_1515976477.jpg

    ソース:アジア経済(韓国語)[テスクカルロム]教皇の訪日、謝罪ない日本に免罪符ならなくなるのを
    https://www.asiae.co.kr/article/2019112209195756432

    関連スレ:【韓国】 平和の使徒・フランシスコ法王の日本訪問~日本戦犯たちの前で法王が行うミサ、免罪符を望むのか★2[11/15]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573883942/


    【【韓国】フランシスコ教皇の訪日、反省も謝罪もない日本に免罪符を渡してはならない → は?】の続きを読む

    このページのトップヘ