終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    放射性物質

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/08/29(火) 21:04:28.58 ID:??? TID:gundan
    中国・上海市の自宅で放射線量を測定したところ東京の976倍の数値を記録したとの情報について、専門家から「日本の処理水海洋放出が中国不動産市場の危機を加速させる」との見方が出ている。台湾メディアのNewtalkが伝えた。

    日本が24日、東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出を開始したことが中国の強烈な反発を招き、中国各地では不安を感じた人々が塩を買い占める現象も発生している。

    そうした中、中国のあるネットユーザーが先日、「ガイガーカウンター(放射線測定器)で自宅を測定してみたところ、数値は福島の3.0マイクロシーベルトよりもひどく、最高で9.7マイクロシーベルトになった。本当に驚いた。

    中国中央テレビ(CCTV)のニュースによると東京の数値は0.01マイクロシーベルト。うちは東京の976倍になる」とし、「カウンターは半年前に購入したが、まさか自宅で(数値が)爆発すると思わなかった。もう頭が痛い」とつづった。投稿された場所は上海だった。

    カナダのヨーク大学の沈栄欽准教授は「中国国民は放射能汚染された物を避けるためにガイガーカウンターを購入して水産品を検査しているが、多くは汚染を発見できなかった」と指摘。

    その上で、「中国の建材には広く基準値を超える放射性物質が含まれるという問題が存在し、このことは多くの中国国民を非常に驚かせている。各都市が相次いで検査を行っているが、初歩的には中国の建築物の放射能汚染状況はおそらく珍しいことではないと示された。人々は不動産業者に不満を言い始め、中には政府当局との癒着を疑う人もいる」と説明した。

    同氏はまた、「恒大から碧桂園、SOHOに至るまでの財政危機は、もともと中国の不動産バブルを崩壊させるものだったが、今では放射能汚染は海からではなく、自宅やオフィスから来ており、毎日基準値を超える放射能汚染にさらされていることが分かったのだ」と指摘。

    「この発見は墜落しつつある(中国の)不動産市場に追い打ちをかけるようなもので、中国経済をさらに困難に陥れるものだ」と論じた。




    中国・上海市の自宅で放射線量を測定したところ東京の976倍の数値を記録したとの情報について、専門家から「日本の処理水海洋放出が中国不動産市場の危機を加速させる」との見方が出ている。
    https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/recordchina/recordchina_RC_919625_0-small.jpg
    no title

    【【衝撃】中国人「自宅で放射線量を測定したら東京の976倍!」ヨーク大学准教授 「中国の建材には広く基準値を超える放射性物質が含まれている」←こんなこと言って大丈夫?💦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/08/24(木) 08:38:20.09 ID:??? TID:gundan
    <近隣諸国が激しく反発するなか、東京電力福島第一原発にたまる処理水を太平洋に放出する計画がいよいよ開始。海外専門家の意見もふたつに分かれているが、処理水放出自体への反対は少ないようだ>


    「原発の水を海洋放出するなんて、一見、とんでもないアイデアに思えるが、実際には賢明で安全な方法だ。処理水の放出は何十年もの間、世界中の原子力発電所で行われており、悪いことは何も起きていない」と、豪カーティン大学准教授・物理学ナイジェル・マークスは語る。

    処理水は海水で薄め、1リットルあたりのトリチウム濃度1500ベクレル未満にしてから放出されることになっている。日本の環境放出の規制基準は1リットルあたり60000ベクレル、世界保健機関(WHO)の許容値は最大10000ベクレルで、それよりはるかに低い。

    「福島原発の水に含まれる放射能は、水素の一種であるトリチウムがほとんどだ。太平洋の海水にはすでに8400グラムの純粋なトリチウムが存在する。
    今回、1年に渡って放出される処理水に含まれるトリチウムの総量は0.06グラム。放射線もここまで微量なら、何の影響もない。沖合の放出口から数キロ離れた場所で獲れる魚介類を一生分食べ続けても、摂取するトリチウムの放射線量はバナナ一口分程度だ」と、マークスは説明した。

    <略>

    「中国と韓国には、福島の放出量の3倍の放射性トリチウムを放出する原子力発電所がある。フランス北部のラ・ハーグでは、福島の放出量の約450倍のトリチウムが放出されており、数十年間放出され続けている。これらの放出によって、特に放射線量の増加はみられていない」と彼は言う。

    「少量の放射線の放出は、世界中の原子力発電所で発生しているが、それによって、人間や環境に含まれる放射線量が大きく増えることはない」


    【専門家「福島の魚を一生食べ続けてもトリチウム摂取量はバナナひと口分」←これが理解できない奴が多すぎる件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/07/13(木) 15:56:37.34 ID:gUqWDOiZ
    7/13(木) 15:31配信 中央日報日本語版

    潘基文(パン・ギムン)元国連事務総長は最近、国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長訪韓当時に入国反対デモが起きたことについて「韓国の地位を大きく失墜させる極めて恥ずかしいこと」と批判した。

    <略>

    潘氏は「国際機関の首長が訪韓したのに空港で入国を阻止して困らせたり、IAEAが日本から金を受け取って報告書を作ったなどという話は実に無責任で危険だ」とし「国の品格を害するもので、こうしたことに対して議員が市民社会を指導して教え導くことが重要」と話した。

    <略>

    潘氏はまた「国内問題を海外でイシュー化させるのは国益に助けにならない」とし「福島汚染水処理問題を国連に持って行こうという意見もあるようだがそれは適切ではないと考える」と話した。

    続いて「国連総会は多数決で決めることになっているが、科学問題は多数決で決めることではない」とし「科学者がこうだといえば科学者の話を聞かなければならない。政治が入る可能性はゼロパーセント」と話した。


    【【原発】潘基文・元国連事務総長「IAEA事務局長入国反対デモは"韓国の地位"を大きく失墜させた!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/07/07(金) 08:15:12.16 ID:UHYE4Jap
    韓国野党・共に民主党は5日、前日に国際原子力機関(IAEA)が公表した最終報告書について「中身のない報告書」「日本の意向に合わせた報告書」などと激しく批判した。韓国科学技術会館で5日に開催された「福島汚染水事態懇談会」に出席した海外在住の韓国人研究者らは「数十年にわたり研究を続けてきた科学者を信頼し、認めることが成熟した社会だ」「今の韓国は科学者の立場からすれば惨憺(さんたん)と言えるほどの状況だ」と指摘した。

     出席者らは狂牛病、在韓米軍のTHAAD(高高度防衛ミサイル)、哨戒艦「天安」など、デマが科学的な証拠を無きものとした過去の事例に言及した上で、福島汚染水事態についても「単なる消耗的な問題になった」とも指摘した。懇談会には米シカゴ大学物理学科のキム・ヨンギ客員教授、シンガポール南洋工科大学のチョ・ナムジュン客員教授、マックスプランク研究所(ドイツ)のユ・ジョンファ責任研究員、トロワ工科大学(フランス)のキム・ジュンボム教授、元カナダ原子力安全委員会担当官のユ・ジョンイル氏らが出席した。

    ■「科学的事実を信じなければ皆が損害」

     科学的な資料に基づくファクトが信じられず、これによって生じる最も大きな問題は巨額の社会的費用を浪費してしまうことにある。ユ・ジョンファ氏は「科学的かつ合理的な根拠もなしに反対する人たちは、後に真実が明らかになってもその間違った主張をしたことへの責任は取らない。しかしその間に支払われた社会的費用や国民の不安については誰が責任を取るのか」「科学的な信頼性を論じる公論化のプロセスが全く欠如している。それが市民の不安の高まっている原因だ」と指摘した。ユ・ジョンイル氏は「処理を経て放流された汚染水が韓国周辺海域の魚介類に影響を及ぼすと主張しているようだが、その論理なら汚染水が先に到達する太平洋の遠洋漁業は全て中断しなければならないだろう」と述べた。

     出席者らは「ドイツやフランスなど欧州諸国でも研究結果に対する論争は常に行われているが、科学的な根拠そのものを疑うことはない」と説明する。キム・ジュンボム教授は「現在パリで起こっているデモからも分かるように、フランスも国民が過激に自分たちの主張を訴える国だが、科学者が提示した研究結果を否定するとか、その内容そのものを疑うようなことはない」「科学的なファクトに基づいて『この側面から確認しよう』『この種のデータがもっと必要だ』といった主張はもちろん飛び交う」と語る。チョ・ナムジュン客員教授は「科学は数字とファクトの戦いであり、それに基づいて議論が行われねばならない。しかし今(韓国における状況)はそうなっていない」「国際機関による科学的なデータに対して正面から反論の声が上がっていることには当惑している」と指摘した。ユ・ジョンファ氏は「研究者の間から違った意見が出ていることは認めるべきだが、韓国ではその違った意見が分裂の解消ではなく陣営論理の後押しに利用されることが多い」と疑問を呈した。

    続きはソースで

    【【正論】韓国人科学者「IAEA最終報告書を巡る批判、遺伝子検査で99.9%の親子確認が出ても信じないのと同じですよ」←これ韓国政府どうするの?💦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/07/08(土) 13:48:06.52 ID:aH0KANW90● BE:135853815-PLT(13000)
    【詳細】IAEAトップ 福島第一原発の処理水の報告書を語る

    「報告書は科学的に正しい」
    Q. 処理水の放出については、韓国の国内や中国政府など、日本の近隣諸国から懸念の声が上がっています。例えば中国は、報告書にすべての専門家の意見が反映されていないと述べています。こうした声をどう受け止めていますか。

    A. まず第一に、私は常に日本や他国などで出されているすべての見解や懸念、そして批判を非常に真剣に受け止めていると申し上げてきました。これは重要な問題であり、IAEAとして耳を傾け、真摯に受け止めなければならないと思いますし、真摯(しんし)に受け止めてきました。

    そして、この問題に関して出された見解や疑問は、今回のIAEAの包括的な報告書で十分に扱われています。

    報告書に反映されていないという指摘について、一つはっきりさせておきたいことがあります。

    これはIAEAの報告書です。投票や合意によって承認される報告書ではありません。

    これは科学的な技術報告書であり、私はその内容を全面的に支えます。

    この報告書の作成にあたったタスクフォースは、IAEAの独立した国際公務員の専門家で構成されており、この報告書の科学的な正確さと信頼性を強化するために、国際的な専門家のグループにも助言を依頼することにしました。

    ある意見や考えが反映されていないという指摘が出ていることは承知していますが、それは私には伝えられていません。その真相は別として、この報告書は科学的に正しいです。

    そして、私はこれを全面的に支えます。


    【中国「IAEAの報告書にはすべての専門家の意見が反映されてない」IAEA「これは科学的な報告書なんだが?」中国「・・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ