少子高齢化

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/20(日) 17:38:44.51 ID:CAP_USER
    意外と意識している人はまだ多くないのですが、私たちはこれからすごく長寿の時代を生きることになります。たとえば100歳まで生きるとすると、90歳くらいまでは働くことになるでしょう。でも、約70年間1つの会社で働くなんてありえないですから、どこかで転職をすることになる。そうしたときに、専門性が身に付いていない人は生き残れないわけですね。

    MITのメディアラボの標語に、“Compasses over Maps”という言葉があります。昔だったら、偏差値の高い大学を出て、大企業に就職して、そこで管理職になればそこそこ生きていけた。それが人生の「地図」だったわけですね。でも今の時代、地図はどんどん変わっていく。昨日までそこにあった橋が急になくなったりするわけですよ。コンパス、つまり進むべき方向を見定めて前に進む力が必要になってくる。それが専門性です。

    しかし、日本はみんなジェネラリストになるための教育を受けるので、ものすごく専門家が少ない社会です。ただ、ジェネラリストにも二通りのパターンがある。何でもできるジェネラリストと、何にもできないジェネラリストです。

    変化の激しいこれからの時代、前者が生き残り後者は淘汰されていくのは言うまでもありません。では、何でもできるジェネラリストになる、つまり、専門性を身に付けるにはどうすればいいか。私はこの本の中で、次のようなことを書いています。

    “いちばん重要なのはまず「自分をプロデュースする」ことではないでしょうか。

    それはつまり、自分自身が何をしたいかをまず明確にすることです。それをあえて「プロデュース力」という言葉に言い換えたいと思います。このようなプロデュース力を持てば、あなたの人生にあなた自身がもっと関心と目的意識を持ち、真剣に取り組めるのではないですか”

    その具体的な方法として、私は自分の10年後、20年後の履歴書を書くことを勧めています。具体的に未来の夢を形にし、実現するには今何をすべきかを逆算するのです。

    この逆算方式は人生を充実させる重要なツールです。私も大学を卒業して日本開発銀行に就職した頃、「自分の本を出す」という夢を逆算方式で叶えたことがあります。

    一冊の本を出すには、400字詰めの原稿用紙で300枚ほど書けば達成します。そうすると、1日3枚書けば100日で本が書けると逆算した。それからは、毎日家に帰ってから1日3枚とにかく書き、当初の予定通り100日で自著を完成させました。

    昔は上司に付き合って意味のない残業をしたり、付き合いで飲みに行って上司の自慢話を聞かされたりする時代だった。でも、今は働き方改革でそういったことから解放され、恵まれた環境になりつつありますね。ただ逆に言うと、会社が今までのように100%面倒見てくれないから、自分で専門性を身に付けていかないとサバイブできないという苦しい時代でもある。だから、早いうちから自分の「コンパス」を持つことが必須となってくるのです。
    https://president.jp/articles/-/30182

     

    【【悲報】竹中平蔵さん「現代人は90歳まで働くことになる。もっと自分をプロデュースして^^」 → は???(絶望) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 樽悶 ★ 2019/10/14(月) 21:57:51.27 ID:saZNB23s9
    自分は124歳だと主張するインドの僧侶が長生きの秘訣を明かした。

    この場合、彼の出生の書類に記された1896年8月8日という誕生日には疑いがあるが、シバナンダ氏は自分の寿命は、ヨガを続けていることやセックスレス、「美味しい食事」を取らないこと、さらに薪を枕に絨毯で眠ることといった生活様式に帰しているという。しかし、若い心と身体を保つのはヨガだけでない。86歳の日本人男性は自分の長生きの秘訣がラグビーにあることを発見した。

    「ガルフニュース」紙によれば、インドのパスポート当局は、寺院の登録簿からシバナンダ氏の出生についての証書を受け取っており、そのことが確認を困難にしているという。

    同氏は「私は質素な規則正しい生活を送っている」と述べる。「私の食事はとても質素。油も香辛料も使わない茹でただけのものと米など。私は牛乳やフルーツを避けるが、それはこれは普通とは違う食物と考えるからだ。子どものころ何日も空腹で眠った。

    電話も電気もない植民地時代のインドで育ったシバナンダ氏は、今の時代についての自分の考えを次のように語った。「かつて人々は物が少なくても満足だった。現代の人々は不幸で、不健康。そして、私に苦しみをもたらす不誠実な人間になった」。

    さらに美味しい長寿の秘訣について100歳の英国人女性が語った。

    2019年10月11日 23:26
    https://jp.sputniknews.com/science/201910116748049/
    no title
     


    【【朗報】124歳僧侶「セックスをせず辛いものを食べないこと」→ おまいら大勝利!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ