ピンキリ速報 - レスバもまとめる5chブログ -

レスバトルもしっかりまとめて読みがいのある2ch(5ch)まとめブログです。

    家電

    1: ムヒタ ★ 2020/01/08(水) 12:09:55.87 ID:CAP_USER
    【ラスベガス=岩戸寿】パナソニックの津賀一宏社長は7日、米で開催中の世界最大のデジタル技術見本市「CES」で、日本経済新聞などの取材に応じた。米国で「もう一度家電をやり直す時期が来た」と話し、サービスを紐(ひも)付けた新家電を展開する考えを示した。同社は元グーグル幹部などを招いて新しい家電のあり方を模索しており、従来型家電をほぼ展開していない米国でビジネスモデルの構築を目指す。

    「暮らしの目線で困りごとを解決するサービスをつくっていく。それを補助するのがハードだ」。津賀氏は米国での展開を検討する新しい家電の考え方をこう説明した。サービスを主、ハードを従とする「主従逆転」と話し、グーグル元幹部で昨秋にパナソニックに参画した松岡陽子氏がその仕組み作りを担っていると説明した。

    パナソニックは展示でも、ひとの生活を把握するためのセンシング技術や、それぞれのハードが有機的につながって付加価値を生む仕組みを紹介する。家庭内の機器をインターネットでつなぐプラットフォーム「ホームX」を推進。強みとしてきたハードに加え、足元で人材補強を進めるデジタルを組み合わせたサービスや製品を展開していく考えだ。

    米国では従来、テレビや付随するビデオなどを展開してきた。テレビの撤退で商品が減り、現在展開するのは電子レンジなどにとどまるという。家電事業が米国売上高に占める割合は5%にも満たない。一方で日本はシェアの高い商品も多い。新しい家電の事業モデルを構築する観点では「米国の方がやりやすい」とした。

    企業向け事業へのシフトで、ブランド力や認知度は下がっている。津賀氏は「BtoBだけでブランド維持は難しい」と家電の重要性を強調しつつ、「従来の形の家電ではなく、新しい家電を展開していく」と語った。

    一部で家電事業の本社を中国に移すことが報じられた。津賀氏は「大きなマーケットの近くでやるのが家電事業」とし、中長期でみれば「中国の方が日本よりも変化の比率が大きい」とした。ただ、「単純に事業部を移すという話ではない」とし、「中国の組織能力が上がり、自然と中国にシフトするというのが基本だ」と話した。時間軸については「5~10年かけてという話」とした。

    パナソニックと住宅事業を統合したトヨタは6日、先進技術で年の効率や利便性を高める新しい「スマートシティー」構想を発表した。津賀氏は「(今回発表した件は)トヨタが長年温めてきたもので、協力を求められればやるが、積極的に仲間に入れてくれ、というものではないかもしれない」と話した。

    今後のスマートシティーでの連携については「日本だけでなくアジアでもやろうということ。モビリティはトヨタ、『ホームX』のようなモノはパナソニックが裏から支えましょうということ」との考えを示した。
    2020/1/8 11:55
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54155140Y0A100C2I00000/


    【【パナソニック】津賀社長「米国でもう一度家電やり直す」←正気か?】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/12/12(木) 14:44:45.94 ID:y8xQ2vvq9
     家電量販大手のヤマダ電機が、業績不振が続く大塚家具を子会社化する方針を固めたことがわかった。大塚家具の第三者割当増資をヤマダが引き受け、過半の株式を取得する見通しだ。

     大塚家具の関係者によると、ヤマダ電機が年内にも40億円超で増資を引き受ける。大塚久美子社長は続投する見通しという。

     大塚家具は今年2月、日中の投資家などから資本を受け入れて財務基盤の強化に取り組んできたが、その後も本業の家具販売の不振に歯止めがかかっていなかった。先月発表した2019年1~9月期決算は、営業損益が29億円の赤字、純損益も30億円の赤字で、財務が再び悪化していた。

     ヤマダと大塚家具は、日中の投資家からの資本の受け入れにあわせて、今年2月に業務提携を発表。家具販売も手がけるヤマダへの大塚家具の商品の提供や、ホテルや旅館への家具の納入での協業などを検討するとしていた。

     大塚家具では2015年、創業者の大塚勝久氏と長女の久美子社長が株主総会で委任状争奪戦を繰り広げた。「お家騒動」の末、久美子氏が経営権を握ったが、その後の業績は低迷。赤字経営が続いている。

    2019年12月12日14時05分 朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASMDD4GLXMDDULFA00Z.html
    no title

    ---------
    <JQ>大塚家具、気配値がストップ高水準に 「ヤマダ電が子会社化」との一部報道で
    (12時40分、コード8186)大塚家具の気配値が急騰している。12時29分に売買停止し、気配値を制限値幅の上限(ストップ高水準)である前日比50円(31%)高の212円に切り上げた。ダイヤモンド・オンラインが12日昼、「ヤマダ電機が、経営再建中の大塚家具を子会社化する方向で最終調整に入ったことが12日、分かった」と報じた。大塚家具…
    2019/12/12 12:47日本経済新聞 
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL12HBI_S9A211C1000000/


    【【速報】ヤマダ電機、大塚家具を子会社化へ 久美子社長は続投か】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/12/02(月) 14:43:25.81 ID:CAP_USER
    (元ソースでは記事の更新日付が分かりにくかったので敢えてYahoo!ニュースから引用。元ソースとの情報の整合性は確認しています)

    中国大手スマホメーカーのシャオミ(Xiaomi、小米科技)が12月9日に日本に進出することが分かった。ツイッターの同社公式アカウントが「 12月9日のXiaomi日本参入をお楽しみに!! 」と2日にツイートして明らかにした。



    シャオミはファーウェイ、OPPO、vivoに続く中国4位のスマホメーカー。世界ではサムスン、ファーウェイに次ぎ、アップルと3位争いをしている。

    中国のスティーブ・ジョブズとの異名を持つ雷軍(レイ・ジュン)CEOが2010年に創業。スマホ市場の拡大とともに成長し、2018年に香港取引所に上場した。

    スペックとコストの両面に優れたスマホを得意としており、男性を中心にカリスマ的人気を誇り、日本でのファンも多い。11月には世界初の1億画素のカメラを搭載したスマホ「Xiaomi CC9 Pro」を中国で発売し、話題を集めた。

    シャオミは11月、複数の幹部が2020年の日本進出を表明し、実用化が始まった5G対応機種の投入にも意欲を示していた。同社のツイートは「予定していたよりも早く日本の皆様にお会いできることとなり、大変嬉しく思っています」と書いており、当初の計画を前倒しして2019年に参入することになったようだ。

    12/2(月) 12:52配信
    (BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00000004-binsiderl-sci
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【朗報】中国スマホ大手シャオミ、12月9日に日本進出。計画前倒し!】の続きを読む

    このページのトップヘ