終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    安楽死

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/04/17(月) 07:52:19.37 ID:kmyniwry9
    AFP

    2023年4月15日 11:36 発信地:ハーグ/オランダ

    【4月15日 AFP】オランダ政府は14日、1~11歳の子どもの安楽死を認めることを閣議決定した。

     既に12歳以上には安楽死が認められているが、16歳未満は保護者の同意が必要となる。1歳未満の乳児についても、保護者の同意があれば安楽死が認められている。

     保健省は「内閣は、耐え難い苦しみを抱えて希望のない12歳までの子どもを安楽死させる制度に取り組んでいる」としている。

     この制度は「緩和ケアを受けても苦痛を和らげられず、余命が短い場合」が条件とされ、年間「5~10人」の子どもに適用される見込み。

     今回の決定は、12歳以上とされていた安楽死の年齢制限の引き下げを求める医師らの数年来の要請を受けたもの。改正にあたっては、政府が既存の手続きを修正するだけで、議会の承認は必要ない。

     2014年に世界で初めて子どもの安楽死を認める法律が成立したベルギーでは、子ども本人の同意が必要となる。しかし、オランダの手続きでは、子ども本人が同意できない場合、医師と相談した上で、保護者の許可を得て安楽死を行うことも可能になるという。

     政府の統計によると、2022年にオランダで安楽死の処置を受けた患者は8700人以上。大半が末期がん患者だった。(c)AFP

    【【驚愕】オランダ「1~11歳の安楽死を容認するか・・・」←エッ!?😲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    【【病国】#国は安楽死を認めてください がTwitterでトレンド入りしてしまう😭】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/17(水) 18:07:09.01 ID:G3bR+uEw9
    FORDES 8/17(水) 17:00

    世界では安楽死を合法化する国が増えるのに伴い、自ら選択し、医師の自殺幇(ほう)助による死を選ぶ人が増加している。これまでの調査によると、大半の人が自殺ほう助を支持している国もある。だが、この問題については、多くの議論もある。

    カナダでは先ごろ、61歳で生涯を終えたアラン・ニコルズのケースが注目を集めている。うつ病を患い、自殺願望があるとされていたニコルズは、安楽死の許可を申請した。ただ、同国では現時点では「精神疾患のみ」を抱えている人の安楽死は認められておらず、ニコルズは理由となり得る「慢性的な身体的苦痛」として、「重度の難聴」を申告した。

    ニコルズの申請は認められ、実際に安楽死(医師のほう助による死)を迎えることとなった。だが、家族はこの件を警察に届けた。「健康上、ほう助による死が妥当とされるほどの深刻な問題を抱えていたわけではない」と主張している。

    ■安楽死の対象は国で異なる

    安楽死は、医師が処方した薬を患者が自ら服用する「自殺ほう助」と、医師が薬物を直接投与する「積極的安楽死」に分けて考えられている。積極的安楽死を2015年に合法化したカナダではここ3年、安楽死を選ぶ人の数が急速に増加している。

    2000年代初めに医師のほう助による死を合法化したオランダ、ベルギーと比べて早いペースで増加しており(国や各州から入手可能なデータで比較)、昨年中にカナダで亡くなった人の3.3%が、医師のほう助による死を選んだ人だった。

    認められる自殺ほう助の方法と同様に、末期症状や変性疾患の患者であること、激しい痛みがあること、不治の病とされていることなど、どのような人に安楽死の申請を認めるかについては、国によって基準が異なる。

    カナダは昨年、その対象を拡大。ニコルズのように「障害はあるものの、末期症状があるわけではない人」の申請も認めることとした。これについては、障*者支援団体などから非難の声があがっている。

    各国の現状
    米国の多くの州で認められているのは、自殺ほう助による安楽死だ。ニュージャージー、ハワイ、メイン、ニューメキシコの4州が2018年から2021年にかけて合法化したことを受け、この方法による死を選ぶ人は、大幅に増加している(これ以前には、コロラド、カリフォルニアの両州が2016年に自殺ほう助による死を合法化している)。

    積極的安楽死を合法としているのは、カナダのほかベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、コロンビア、スペイン、ニュージーランド。オーストラリアでも、年内に合法化される予定となっている。

    スイスでは、積極的安楽死ではなく医師による自殺ほう助が認められている。ジャーナル「アナルズ・オブ・パリアティブ・メディスン」によると、同国では(最新のデータが入手可能な)2019年、1196人がこの方法で死を迎えた。

    そのほかオーストリアでも昨年、自殺ほう助を認める法律が導入された。ドイツやイタリアでもここ数年の間に、裁判所がそれまでの判断を覆し、自殺ほう助を認めている。

    ■2021年に安楽死した人が多かった国

    国           2021年    2018年
    カナダ        10064人   4480人
    オランダ        7666人   6126人
    ベルギー        2699人   2357人
    米国(一部の州*) 1300人以上  850人以上

    *米国で安楽死が合法化されているのは、ワシントンD.C.とカリフォルニア、オレゴン、コロラド、ワシントン、バーモント、モンタナ、ニュージャージー、ハワイ、メイン、ニューメキシコの各州
    出典:Annals of palliative medicine, country and state administrations

    Katharina Buchholz


    【【終国】安楽死を選ぶ人が多い国、あの先進国で急増中!😲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/07/05(火) 21:33:08.01 ID:gqjBXgx9p
    ニキらも死ぬんか?

    【【終国】将来の日本「安楽死を合法化します」←もしこうなったら…?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 愛の戦士 ★ 2022/02/09(水) 09:43:51.23 ID:aOANjDjb9
    プレジデントオンライン 2/9(水) 9:16

    「努力は遺伝に勝てない」と言われることがある。それは本当なのか。作家の佐藤優さんは「身の回りに優生思想はさまざまな形で顔を出している。この発想は人々が物事を諦める理由にもなっているのではないか」という。精神科医の斎藤環さんとの対談をお届けしよう――。

     ※本稿は、斎藤環・佐藤優『なぜ人に会うのはつらいのか メンタルをすり減らさない38のヒント』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

    ■「努力は遺伝に勝てない」身の回りに優生思想は存在する

     【斎藤】私は優生思想については、ある意味古典的な、優秀な遺伝子の継承を目的とした人工的な淘汰(とうた)を肯定するという考え方にとどまらず、人間の「生」に対して、「良い生」や「悪い生」があるといった価値判断を下す思想全般が含まれる、と考えているんですよ。「マイルドな優生思想」と言えばいいでしょうか。

     【佐藤】全く同感です。その視点に立って眺めてみると、なにも、「意思疎通のとれない障*者は安楽死させるべきだ」「重度・重複障*者を養うには莫大(ばくだい)なお金と時間が奪われる」などの言説をした2016年に起きた相模原障*者施設殺傷事件の植松死刑囚の世界まで行かずとも、身の回りに優生思想が様々な形で顔を出しているのが見えてきます。

     私は、「努力は遺伝に勝てない」「『悪い生』に生まれたら、そこから抜け出せない」といった優生主義の発想は、人々が様々なことを諦める理由にもなっているのではないか、と感じるのです。「教育は子どもの成長に関係ない」と言われれば、塾に行かせる経済的余裕のない親は、「そうだよね」と自らを納得させることができるでしょう。経済格差が広がる社会においては、「人生は生まれながらに決まっている」というこの手の議論は、受け入れられやすいのかもしれません。為政者にとって都合がいい、と言うこともできるのですが。

    ■格差社会の底に沈んでいる「弱者男性」

     【斎藤】経済格差に関連して言うと、最近流行っている言葉に「弱者男性」というのがあります。ひと頃、「キモくて金のないおっさん」の略称として「KKO」と称するネットスラングがあったのですが、さすがに差別的だということもあって、今はこう呼ばれます。要するに、職も不安定なまま、気づくと中高年になっていた人たち。見た目もイマイチ、貧困で結婚もできず。従って、幸福度は低い。独居男性は、結婚している人に比べて、10年以上早死にするというデータもあります。

     【佐藤】まさに格差社会の底に沈んでいるような男性たちですね。

     【斎藤】社会的弱者というとどちらかといえば女性に焦点が当たっていたわけですが、ようやく彼らに対してもそのような認識が進んで、「何とかしてくれ」と声を上げるようにもなったんですね。ただ、彼らは「俺たちにも女をあてがえ」といった発言をついしてしまうので、フェミニズムと食い合わせが悪かったりするのです。

     【佐藤】週刊誌の『SPA! 』の特集になりそうな。(笑)

    ※続きはリンク先で
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/5f0e726367ad82936af1eb7bb830ceb330eacb65&preview=auto
    hansei_koukai_man

    【【終国】現代日本さん、「弱者男性の安楽死を合法化せよ!!」明らかな差別的発言がまかり通るヤバイ国に成り下がってしまうw】の続きを読む

    このページのトップヘ