終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    安倍晋三

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/10/24(月) 11:00:40.78 ID:RauQZl3K9
    ■反省と教訓をもとに、新しい課の誕生

    7月、奈良市で起きた安倍元総理銃撃事件は、警察による要人警護の信頼を失墜させました。事件後、警察庁は約30年ぶりに警護のマニュアルを刷新し、都道府県警任せだった警護を抜本的に見直すことにしました。

    新マニュアルのもとでは、警察庁自ら情報収集を行って警護計画の基準を作成したり、都道府県警察が作った案を修正したりと、これまでとは比べものにならないくらい警護に関する業務量が増えると予想されています。

    そこで来月から警察庁に、この膨大な業務を担当する新しい「課」が誕生します。元々は、要人警護を担う10人規模の「警護室」があったのですが、それに皇族の警衛を担当する「警衛室」を統合して50人規模の「課」に格上げして体制の強化を図ります。

    警察庁幹部は、「ようやくスタートラインに立つ」と意気込みますが、事件の検証・見直しに関わった幹部の1人は、マニュアルの策定と体制の拡充は「警察側のかたちを整えただけ」と話し、もっと重要な課題が残されていると指摘します。


    ■「地元に帰りにくくなった」と嘆く閣僚 政治家をどう説得するかが鍵

    政治家にとって、地元の夏祭りやスポーツイベントなどでの挨拶に握手、写真撮影などは欠かすことの出来ない活動ですが、警察は新マニュアルにそって、こうした現場で、これまで以上に警護員の数を増やしたり、交通規制をしたり、時には主催者側に演説の場所を変えてもらったりと、すでに様々な対策とお願いを行っています。政治の側も今は要望に応えているそうですが、警察庁幹部は「銃撃事件の記憶が鮮明なうちはいいが、近いうちに必ず反動が来る」と予言します。

    有権者との身近さをアピールしたい政治家側は、そもそも制服警察官がたくさん配置されるような物々しい警護は嫌う傾向があります。実際、岸田内閣の閣僚の1人は、「県警の警護が手厚すぎて、地元に入りにくくなった」と嘆き節です。自分がお国入りすることで、多数の警察官が働かなければいけないという申し訳なさに加え、駅前やスーパーなどでの演説中に多数の警護員が配置されると、通勤客や買い物客の行き来を妨げるケースも出てきて、「(迷惑に思われたら)せっかくアピールしたいのに逆効果になる」と言うのです。

    検証・見直しに関わった幹部が最も懸念しているのは、警察がどれだけ手厚い警護態勢を敷いても、政治家の側が嫌がったり、もっと警護を薄くしてくれと主張したりしてきた場合の対応の難しさです。

    検証では、「警護対象者との連携を強化する」とうたってはいるものの、「説明を尽くして警護対象者らの理解を得る」など、記載されているのは警察側の努力義務ばかりです。
    幹部は「自分たちの失敗から始まったことなので、政治の側への要求を強く打ち出せなかった」と悔やみながらも、警護を最優先に考える警察側と、政治活動の自由を確保したい政治の側とで、「ケースバイケースで調和する点を探っていくしかない」と話します。
    政治家の知り合いだけが集まる会合でも金属探知機を使うのか、いつもと同じ辻立ちの場所なのに毎回多数の警護員を配置する必要があるのかなど、協議する点はいくつもあります。

    そして、仮に現場を仕切る地元警察と政治の側が妥協点を見いだしても、チェックする側の警察庁が計画案を見て「ダメだ」と言えばそこで行き詰まります。原則を守りながらも杓子定規ではない警察の対応と政治の側の理解、要人警護にはその両方が欠かせません。

    (略)

    続きはソースで
    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/184750?display=1
    【警察庁「安倍元総理を守れなかったなー悲劇を繰り返さないためにに新組織作ったろ!」←これ😲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/10/25(火) 19:13:12.19 ID:4tu7q+oO9
    https://i.imgur.com/taFJQp4.jpg


    だが、自民党と統一教会の「ズブズブ」の関係は、そんなレベルでは済まされない。「現代ビジネス」は、今回の問題の発端となった故・安倍晋三首相と統一教会の密接な関係を示す、決定的な証拠を入手した。

    2014年3月3日、非公開のFacebook上で【がんばれ安倍さん! at 自民党会館 第二次安倍政権発足1年前】という文言とともに、下の写真を投稿したのは、大塚洪孝なる人物。この大塚氏は、日本の統一教会の会長を二度にわたって務めたトップ・大塚克己氏の長男であり、そして文鮮明氏の孫の夫でもある。この写真は洪孝氏と安倍元首相が写っている。

    大塚氏(左)とともに映る安倍元首相

    洪孝氏は、韓国の旧統一教会系の中学、高校に進学し。その後、帰国して早稲田大学に入学した。卒業後は日本を代表する名門商社を経て、2006年8月、統一教会の創設者である文鮮明氏の孫・文信淑氏と祝福結婚した「ロイヤルファミリー」の一員だ。その名は教団内でもつとに知られており、洪孝氏が信淑氏と結婚した翌日には、洪孝氏の父・克己氏が日本統一教会会長に異例の「再選」を果たしている。

    洪孝氏が投稿したFacebookでは、2009年9月に文鮮明氏と韓国で船釣りに同行して魚を釣り上げた写真が、妻・信淑さんらと一緒にアップされている(下写真)。文鮮明氏は、統一教会では地上に再来したメシアと認識されている。洪孝氏が文鮮明一族、すなわち「ロイヤルファミリー」であることを明確に示す写真だ。

    https://i.imgur.com/Tla26Cg.jpg


     旧統一教会の信者で、洪孝氏とともに韓国に留学した経験のある男性は言う。

     「洪孝さんはお父さんが日本統一教会の会長というエリートですし、いずれは旧統一教会を背負って立つことは間違いない。なんといってもロイヤルファミリーの一員ですからね。文鮮明と魚釣りに同行し、写真をとるなんて、普通の信者ではありえない。

     安倍元首相とのツーショット写真をSNSに投稿した件は仲間内でもよく知られていて、まさに旧統一教会と自身の力を見せつけるようなものでした。洪孝さんは嬉しそうに『安倍元首相と話してきた。教会のことを気にかけてくれていたんだ。自民党が政権に復帰し、安倍元首相が返り咲けば、もっと教会と自民党の関係は深くなり、選挙など支援に力が入る』と語っていました」

    安倍氏のダンス動画まで

     この洪孝氏は、Facebookの統一教会信者が参加するグループで、幾度となく安倍総理との「昵懇」ぶりを示す記述を行っている。そのうちの一つが前述した「がんばれ安倍さん!  at 自民党会館 第二次安倍政権発足1年前」である。

     前掲の写真には「元ネタ」がある。2011年12月2日、洪孝氏が「With ex-prime minisiter Abe.」と題して、安倍氏と共に写った集合写真を、トリミングのうえで再掲載したものと思われる。再登板を画策していた時期の安倍晋三総理を応援すべく、自民党本部で会っていたという意味であろう。統一教会の「ロイヤルファミリー」と安倍氏の密接な関係を示唆している。

     このほかにも洪孝氏は、2015年10月2日、《let's get together .feel all right.by PM Abe》と、安倍元首相が女性と踊っている動画をシェアしているし、2014年5月4日にも《頑張れ安倍さん》などと応援メッセージを書いている。

     また洪孝氏が関連しているとみられる統一教会関係者のFacebookグループには、今年夏の参議院選挙で統一教会の組織的応援で当選したとされる井上義行参議院議員についての記述もある。井上氏は、言わずと知れた安倍氏の元秘書官である。

     今年6月24日、世界平和連合主催で「より良い社会の実現」「若者の政治参加への関心と行動」について考えるセッションと称して、井上議員を招いてトークセッションを開催したと書いている。

     《井上先生は私たちと志をともにしている》《井上先生は安倍政権において総理大臣第一秘書官を務められ、家庭を中心とする私たちの考えに深く共感し、その内容をいかに実現していくかを真剣に考えておられる》といった記述があった。

     「井上先生が食口(シック:信者の意味)だと多くの信者が信じている」(統一教会の現役信者)ことを裏付けるような書き込みだ。

     安倍元首相は2021年9月、旧統一教会の関連団体「天宙平和連合」の会合にビデオメッセージを送っていた。それが安倍元首相銃撃事件、山上徹也容疑者の犯行の引き金の一つになったとされている。本人も秘書も、統一教会との関係がいかに深かったかは、今回の記述から裏付けられる。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5e87255ee95c1bb49b70dd46d502ffdcb5a536ae

    3: 終国速報がまとめています。 2022/10/25(火) 19:13:36.09 ID:4tu7q+oO9
     またFacebook上の統一教会系グループでは、洪孝氏の友人で同じ韓国の統一教会系中学・高校に留学していた人物が、こんな投稿をしている。

     《【学生必見! 】 政治家をガチで目指すあなたへ

     衆議院議員の秘書を募集! 

     これもとある2世のヒョンから伺った話です。神奈川県? にて衆議院議員に当選された政治家の方が、秘書を募集しているとのことです。(UCの方ではないとのこと。)

     あなた、もしくはお近くに政治家志望の方がいらしたら、滅多にない機会だと思うので、是非、将来を明るくできるようにご協力をお願い致します。

     詳しく話を聞きたい方はご一報お願い致します! 》

     UCとは旧統一教会を意味する。この投稿からすると、旧統一教会が、自民党に入り込んだうえ、そのルートで衆議院議員の秘書を募集していることが示唆される。

     投稿は2013年のものだが、時系列から考えると、2012年の衆議院選挙で当選した自民党選出議員の秘書募集だとみられる。ちなみに今回統一教会との関係が取り沙汰された山際大志郎氏は神奈川県選出である。

     元統一教会幹部が語る。

     「2009年、自民党から民主党への政権交代がありました。そのとき、教義も考慮して統一教会は自民党推しになった。その作戦は見事に的中し、自民党との関係を築くことができたのです。トップや幹部が自民党に行けば、向こうも気遣って目立ってしまう。だが洪孝氏のような若いロイヤルファミリーであれば、表向きは幹部ではないから、自民党も受け入れやすかった」

     かくして、統一教会の「ロイヤルファミリー」である洪孝氏は、自民党本部に招き入れるほどの関係を築いたというわけだ。

     これまで統一教会は「政治に直接関与していない。関連団体が政治との関係を持っている」「選挙は信者が自由に投票している」と説明していた。だが、文鮮明の一族が自民党本部に乗り込んで安倍元首相と会っていたとすれば、その説明も疑わしくなる。

     今回の写真を見た自民党幹部が沈鬱な表情で語る。

     「これが自民党本部で撮影されたというのは、背景のカーテンなどから間違いない。大塚氏は教団トップの息子で、創立者の孫の夫にあたる。一緒に映っている関係者も旧統一教会の幹部だ。自民党が下野したとき、多くの支援団体が去ったが、統一教会は逆に支援強化したことで評価され、以前より関係が緊密になった。

     民主党に政権交代を許し、自民党が厳しい時代で、安倍元首相も苦労したのだと思うが、なぜ党本部で統一教会の関係者と写真をとったのか理解に苦しむ。周囲はどうして止めなかったのか。

     旧統一教会の幹部一族がこういう投稿を堂々とFacebookに上げていること自体、問題だ。岸田政権に飛び火しないかどうか心配だ」

     安倍晋三元首相と統一教会の関係については、「調査しない」と岸田首相は明言した。だがそれで済まされるだろうか。

    【【驚愕】安倍晋三氏、統一教会の「文鮮明一族」を自民党本部に招き入れた蜜月写真を暴露される😭】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/10/20(木) 17:09:55.49 ID:vnNCzmXA9
    安倍晋三元首相の後援会が「桜を見る会」の前日に主催した夕食会の費用補填問題で、政治資金収支報告書の訂正を巡る政治資金規正法違反容疑で安倍氏らを不起訴とした東京地検特捜部の処分について、東京第五検察審査会が、配川博之元公設第一秘書(63)と東京の秘書について、「不起訴不当」と議決していたことが弁護士らへの取材で分かった。特捜部は再捜査を迫られる。

     議決は2件で、いずれも9月27日付。安倍氏と後援会の会計責任者だった秘書については「不起訴相当」とした。

     費用補塡を巡って安倍氏側は、2020年12月に「安倍晋三後援会」の17~19年分の収支報告書を訂正した際、「前年からの繰越額」を増額して記載。安倍氏は、事務所に保管していた自身の預金が補塡の原資だったと説明しており、訂正は虚偽記載だとして弁護士らが告発していた。

     議決書によると、東京の秘書らは特捜部の調べに、議員会館事務所で管理していた小口現金から支払ったとし、帳簿は廃棄したと供述。特捜部は原資を特定することは困難と判断したが、議決は「廃棄したとするのは常識として信じ難い」と指摘。小口現金の管理状況や使途について「強制捜査を行って証拠収集などの捜査が尽くされるべきだ」とし、捜査は不十分だとした。

     安倍氏については、共謀が認められなくても「虚偽の内容とならないよう対応すべき政治的責任がある」と述べた。付言では、安倍氏事務所の一連の処理は同法の趣旨に照らして「不適切なものだ」と批判し、「同法の改正や厳格な運用などの対策が強く望まれる」と訴えた。

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/209200

    【【驚愕】東京特捜部、動きます…「桜を見る会」の費用補塡問題、再捜査へ…安倍元首相の元公設第一秘書「不起訴不当」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/10/16(日) 12:47:14.117 ID:PPhSoipM0
    マジかよ

    【女子高生「安倍さん本当に好きでした…」リポーター「安倍政権で印象に残っている政策は?」女子高生「…」俺「…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/10/12(水) 17:56:00.42 ID:9bAhNeua9
    2022年10月12日 15時54分
    FNNプライムオンライン

     自民党は、安倍元首相を「国賊」と呼んだとして、村上誠一郎衆院議員に対して、1年間の党の役職停止処分とすることを決定した。

    自民党は12日、党紀委員会を開催し、安倍元首相を「国賊だ」と発言したと一部で報道された村上誠一郎衆院議員に対して、1年間の党の役職停止処分とすることを決定した。

    党紀委員会では「『国賊』との発言は極めて非礼で許しがたいもの」との考えで一致し、「除名すべきだ」との意見も出たという。

    村上議員は党紀委員会に先立って「不用意な発言で撤回したい」と弁明していた。

    処分を受けて記者会見を行った村上議員は「処分が決定されたことを重く受け止める。発言を撤回し深くお詫び申し上げる」と述べた。さらに村上議員は、遺族にお詫びに行く考えも明らかにした。

    ソース https://news.livedoor.com/lite/article_detail/23010137/

    【【終国】自民・村上誠一郎氏、安倍氏を「国賊」と呼んだため1年間の役職停止処分😢】の続きを読む

    このページのトップヘ