終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

「日本のダメ」「他国のダメ」なところを紹介する5chまとめブログです。基本的になんJ / VIPのスレッドから記事を作っています。最近コメントが増えてきました。ありがとうございます。(あまりに酷いコメントは非表示にしております)

    大喜利

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


      【【爆笑】「おい、生ビール」→1000円。「生、一つください」→380円。「生*、***///」→2000万円w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



      【【大喜利】au通信障害で、「みんながみんな**」←1.6万いいね!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/06/27(月) 11:30:39.41 ID:CAP_USER9
    6月25日に放送された『ダウンタウン』松本人志による試験的お笑い特番『まっちゃんねる』(フジテレビ系)。今回は大喜利番組『IPPONグランプリ』(同系)の〝女性版〟企画が行われたのだが、性別によって〝分ける〟ことに一部の視聴者が激怒しているようだ。

    同日の番組では『IPPON女子グランプリ』と題し、女性だけで行う大喜利大会を実施。女性芸人編と女性タレント編に分かれ、珠玉の大喜利バトルが幕を開ける。芸人枠のメンバーとして、『蛙亭』イワクラ、『Aマッソ』加納、『3時のヒロイン』福田麻貴、『ハリセンボン』箕輪はるかが登場。そして女性タレント側は、『NMB48』渋谷凪咲、タレントの王林、神田愛花、滝沢カレンといったバラエティー界で圧倒的な存在感を持つ4人が参戦した。

    性差別は不甲斐ない芸人のせい?

    番組の冒頭で「女性は大喜利が苦手?」といった煽り文句があったり、「おっさんと体が入れ替わった」といった、セクハラまがいの問題があったりと、全体的に女性蔑視な雰囲気が漂っていた今回の番組。これにネット上では、

    《なぜ性別で分ける必要があるの? 体格や筋力に差のあるスポーツじゃないんだから》
    《さすがに煽りの「女性は大喜利が苦手なのか?」はアウト》
    《頑張って大喜利する女性を男性が評価するシステム。本当に最悪です》
    《お題がキモ過ぎて無理。本家と同じものを女性がやるだけで良かった》
    《本家常連メンバーが審査を担当するってのも嫌だし、「まっちゃんねる」枠での企画というのも嫌だ。ことごとく男性と女性の序列を強調してくるじゃん》
    《IPPON女子グランプリ面白く見た。同時に、男性芸人が考えたお題が気持ち悪く、「女性ならでは」と形容する松本人志もダルかった。「男性が認めることで、女性が仲間に入れてもらえる」という構図が見えすぎ》

    などの批判が殺到している。

    「批判が集まっていますが、今回の放送には、〝芸人がつまらなかった〟という声も多く見受けられました。優勝した箕輪や4人のタレントは高評価だったのですが、イワクラ、加納、福田に関しては《芸人枠よりタレント枠の方が面白かった》《タレント編と正統派なはるかでもう完成形。他の芸人はいらない》といった酷評が。芸人が結果を出せないため、こういった特別な場を設けた可能性もありますね」(芸能ライター)

    今後は本家「IPPONグランプリ」にも積極的に女性を出演させるべきだろう。

    https://myjitsu.jp/archives/362000
    ippon

    【女性版『IPPONグランプリ』にフェミニスト発狂「本当に最悪です」←これ😢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/06/14(火) 07:06:52.01 ID:knb1PxJH0● BE:633829778-2BP(2000)
    無料ゲームが盛りだくさん、かんたんゲーム - Yahoo!ゲーム
    https://games.yahoo.co.jp/play/
    free_paper

    【「これが無料とかヤバすぎだろ…」 って思ったもの】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/06/18(土) 08:44:39.87 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が“面白いと思うこと”を実験していく、フジテレビ系バラエティー『まっちゃんねる』が、25日に放送(後9:00)。
    およそ1年ぶりとなる待望の第3弾では、これまでとはがらりと趣向を変え、新企画「IPPON女子グランプリ」を行う。

    今回は「女芸人版」と「女性タレント版」の2つの対戦を実施。
    「女芸人版」に出場するのは、3時のヒロイン・福田麻貴、蛙亭・イワクラ、Aマッソ・加納、ハリセンボン・箕輪はるか、「女性タレント版」には、滝沢カレン、神田愛花、渋谷凪咲(NMB48)、王林が参戦を果たす。

    審査を務める顔ぶれも「IPPON女子グランプリ」の大きな見どころ。
    『IPPONグランプリ』では出場者同士で審査を行うが、今回は大会チェアマンの松本のほか、『IPPONグランプリ』優勝経験を持つバカリズム、麒麟・川島明、千鳥・大悟が見届け人として審査を務め、3人の“大喜利王”も、審査ブースから女性同士の大喜利対決を見守る。

    すべての収録を終えた松本は「今回の『まっちゃんねる』は、今までとはまったく違う実験を試みたんですが…いやこれ、ちょっとえらいことになりましたね(笑)」とコメント。
    「女性だけの大喜利大会は無謀やっていう声もあったんですが、いやいや、そんなことはないよ、と。本当にすごかったですから」と満足げな表情でアピールした。

    収録を終えた渋谷が、コメントを寄せた。

    ◆収録を終えた今、率直な感想をお聞かせください。
    「大喜利というピラミッドの頂上にあるような、偉大すぎる番組に参加させていただけて、めちゃくちゃ幸せでした! 実は出演させていただけることが決まったときは、ものすごく緊張して、夜もなかなか寝られないくらいだったんですけど、『IPPONグランプリ』に出場できる人って、世界中で何十人だけじゃないですか。こんな緊張を味わえる人も、世界に何十人しかいないわけですよね。そう考えたら、めっちゃ幸せなことだと思えてきて。だから本番では、余計なことを考えないで一生懸命に頑張ろうって思えたし、実際、めちゃくちゃ楽しかったです!」

    ◆本番に向けて、何か準備したことはありますか?
    「焦らないで臨めるように、今までの『IPPONグランプリ』を見返しながら、イメージトレーニングをしました。“ドラムロール大喜利”のボタンを押すタイミングを、ひとりで机を叩いて練習したり(笑)。あと、別の番組で共演させていただいているハリウッドザコシショウさんからもアドバイスをいただいたんですよ。“周りを気にしないで、どんどんボタンを押した方がいいよ”とか、“思いついた答えは、躊躇(ちゅうちょ)しないで全部言っちゃった方がいい”とか、『IPPONグランプリ』に出場されたことのあるザコシショウさんからいろいろと教えていただいて、すごく心強かったです」

    ◆大喜利に挑む際、心掛けたことは?
    「お題ごとに、できるだけ自分がトップバッターになろうというのは決めてました。みなさんがどんな回答を出すのかわからないので、最初にまず私が答えを出して、そのまま空気が変わらないうちにどんどん答えよう、みたいな。そこは割とうまくいったのかなと思います」

    ◆では最後に、番組を楽しみにしている視聴者の方々へメッセージをお願いします。
    「私はこれまで、いろんなところで大喜利をさせていただいてきたんですけど、“自分はアイドルだから”っていう、言い訳みたいな部分が心のどこかにあったような気がしていて。だけど今回は、何の言い訳もなく、ひとりの女子として、ただただ面白いことを突き詰めたつもりです。ぜひたくさんの方に見ていただきたいです!」

    全文
    http://news.yahoo.co.jp/articles/4446f8e8360513777dc8341f4338d11055038a16

    「大喜利アイドル」渋谷凪咲も参戦! 女性版『IPPONグランプリ』初開催
    (上段左から)ハリセンボンはるか、Aマッソ加納、蛙亭イワクラ、3時のヒロイン福田、(下段左から)王林、渋谷凪咲(NMB48)、神田愛花、滝沢カレン
    http://pbs.twimg.com/media/FVdndxdaAAAj5b0.jpgno title

    http://pbs.twimg.com/media/FVdndxmaUAAuTcX.jpgno title



    【【朗報】女性版『IPPONグランプリ』初開催!…「大喜利アイドル」NMB48渋谷凪咲も参戦…松本人志「本当にすごかった」←期待できそうか?😉】の続きを読む

    このページのトップヘ