終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

「日本のダメ」「他国のダメ」なところを紹介する5chまとめブログです。基本的になんJ / VIPのスレッドから記事を作っています。最近コメントが増えてきました。ありがとうございます。(あまりに酷いコメントは非表示にしております)

    執行猶予

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2021/01/21(木) 20:14:13.05 0
    「信号を見間違えた」と泣きながら執行猶予求める 無罪主張から一転 ドラレコ映像で信号無視認めた被告 


     おととし、静岡県三島市で男性をはね、死亡させた罪に問われている女の裁判が静岡地裁沼津支部であり、
    女は「信号を見間違えた」などと話し、執行猶予付きの判決を求めました。

     起訴状などによりますと、沼津市大岡の無職の48歳の女はおととし1月、三島市内の信号のある交差点に
    赤信号で進入し、当時50歳の会社員の男性が運転していた原付バイクをはね、男性を死亡させた罪に問われています。

     去年5月の初公判で、女は「信号は青だった」などと無罪を主張していましたが、
    その後の裁判でカーナビの解析結果から、女の側の信号が赤だったと判明し、一転して起訴内容を全面的に認めました。

     21日行われた被告人質問で、被告の女は涙を流しながら「青信号だったということをいつまでも言って、
    罪を認めるのが遅くなってしまって、本当に申し訳なく思っています」と謝罪しました。その上で、事故の原因について問われると、
    「私の信号の見間違いです。何と見間違えたのかは、ずっと考えているがわからない」などと話しました。
    また、弁護士から実刑になる可能性について問われると、「遺族には申し訳ないが、家族のために執行猶予にしていただきたい」と主張しました。

    男性の長女:「なぜこの事故が起きてしまったのかが一番知りたいところ。本人の口からやっと聞けると思ったが、
    ずっと一貫して『間違いだった』としか答えてくれなくて、真実はちゃんと聞けたとは思っていない」

    男性の次女:「『執行猶予にしてください』と自分からお願いしているところを聞くと、父の大切な命をなくして、
    私たち遺族のことも馬鹿にしているのではないかという気持ちになった」

     次回公判は来月15日に開かれ、結審する予定です。

    1/21(木) 18:53配信

    【【悲報】まんさん「(死亡事故で信号無視がバレて)遺族には申し訳ないですけど、私にだって家族がいるの!執行猶予をつけてください!」←エッ!?😡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【悲報】田中聖さん、Twitterで「令和の田代まさし」と呼ばれ始めてしまう😢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/06/30(木) 09:15:49.35 ID:YcusOBgG9
    人気アイドルグループ「KAT‐TUN」の元メンバー田中聖容疑者がきのうの夜、
    千葉県柏市で覚醒剤を所持していた疑いで現行犯逮捕されたことが捜査関係者への取材で分かった。

    田中聖容疑者は今年2月に名古屋市のホテルで覚醒剤を使用したなどの罪で今月20日に執行猶予の付いた有罪判決を受けたばかりだった。
    https://times.abema.tv/articles/-/10029609

    【【悲報】元KAT-TUN田中聖容疑者、覚醒剤所持の疑いで現行犯逮捕…20日に執行猶予付き有罪判決を受けたばかり😢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/05/04(水) 15:54:37.13 ID:v0JRXdqD9
    高橋ユキ

    2022年05月04日 09時49分

    「スプレーで目を狙った!やることしか考えてなかったですから!こういうふうに、2回か3回、スプレーをかけたんです。でも、こうやって押さえつけられたから、まずい、私の方がやられると、包丁を握って……!」

    証言台の前に座り、身振り手振りで興奮気味に語る被告人。話が途切れない。「順を追って聞いていきますからね」と弁護人がたしなめたが、その後も変わらず、まるで自分の行為を誇るかのように語り続けていた。

    被告人は逮捕当時76歳。昨年(2021年)の夏に、東京西部の住宅敷地内にヘルメットを被って侵入し、40代の男性に催涙スプレーを噴射したうえ、持ってきていた包丁で男性の腹部を刺したという殺人未遂と銃刀法違反の罪で起訴されていた。被害者は被告人の娘婿。ふたりは親族である。

    いったいなぜ娘婿にそれほどの恨みを抱いていたのか。今年3月に東京地裁立川支部で開かれた裁判員裁判では、自転車をめぐる“一方的な思い込み”が根底にあったことがわかった。(ライター・高橋ユキ)



    ●娘婿への3度目の襲撃だった

    被告人が娘婿を襲撃したのはこれが初めてではない。3回目だ。一度目は娘婿らの住む家に赴き、コンクリートブロックを窓ガラスに叩きつけて割り、警察沙汰になった。二度目は、娘婿の実家敷地で催涙スプレーを噴射したという。このとき傷害罪で起訴され、立川支部にて執行猶予判決を言い渡されていた。今回は、執行猶予中に起こした事件となる。

    前回の傷害罪での裁判のとき、被告人は「今は、殺さずに済んでよかったと思っていますし、恨んでいません」と述べていたという。にもかかわらず、3度目の犯行に及んだ。当時の法廷での言葉について検察官に質されたとき、被告人は堂々とこう答えた。

    「そういうこと言ってたね。建前と本音と、使い分けましたね」

    二度目の犯行時の反省は“建前”で、実際には娘婿を恨み続けていたことになる。そこまでの強い恨みを抱くようになった出来事を問われると、被告人は語り始めた。

    「きっかけは、ロードバイク。もう一台あるから、健康にいいからやってみないかと誘われた。嬉しいですよ!共通点ね。(娘婿は)器用な子で、組み立てたのを私にくれたんですよ」

    ところが被告人の認識では、ある日「娘婿がロードバイクごと持ち去ってしまった」のだという。

    「せこい、ひどいことするなと思いましたよ。親戚で……何てせこいことするんだと。腹立った。あいつは貸したっていうんだけど、ちゃんと断るべきじゃないかと言ってるわけ!」

    娘婿は被告人に自転車を貸したつもりだったが、被告人はもらったと思い込んでいたようだ。そのために、持ち去られたと憤慨し、今でもその恨みが残っているのだという。




    ●「その時、殺すって思った。私もその時死のうと思った」
    https://www.bengo4.com/c_1009/n_14386/
    sick_alzheimer_ojiisan

    【【絶句】70代男性「やることしか考えてなかった!」と、娘婿を3度も襲撃してしまう…💦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2022/04/14(木) 10:14:29.88 ID:eNJ9y0rx9
    2022年4月14日 06時00分

    <法廷の雫しずく>

     3月8日、千葉地裁7階の小法廷は長い沈黙に包まれた。法廷中の視線が、証言台の前に座った黒いスーツの小柄な女性(20)に集まる。交際相手の少年の自殺をほう助した罪に問われた公判の被告人質問。女性は裁判官から何を聞かれても黙り込んだ。

     半年ほど前の2021年8月、女性は当時18歳だった少年と夜中に千葉県流山市の公園に向かった。少年は風邪薬を乱用した後、遊具につるしたロープに自らの首をかけた。女性は頼まれて脚立を外し、少年が宙づりになった。
     弁護人「なぜ自殺を止めなかったのですか」
     被告「何度も止めたけど、聞いてくれませんでした。誰にも言わないでと言われました」
     弁護人「どうして死にたいのか、理由を聞かなかったの」
     被告「生きているのがつらいとしか言ってくれませんでした。好きでした。最後は本人の希望通りにしてあげたいと思いました」


    ◆出会った当初から願望

     2人は事件の半年前、交流サイト(SNS)を通じて交際をスタート。少年にとっては、前妻と離婚して間もなくのことだった。女性には、出会った当初から自殺願望を明かしていた。女性のアパートで同居を始めたものの、互いの仕事と生活は安定しなかった。
     公判には、亡くなった少年の父親と兄が被害者参加制度を利用して出廷した。調書によると事件の10日前、兄は少年を誘ってドライブに出かけた。深く悩んでいるようには見えなかったという。
     父「あなたには自殺を止めるチャンスがあった。親より先に子どもが逝くことがどれだけ悲しいか分かりますか」
     兄「目の前で首をつるのを見ていられるのが分かりません」
     2人は赤くした目で女性を鋭くにらみ、意見陳述した。席に戻ると、ともに目頭を押さえてうなだれた。
     被告人質問では、検察官や裁判官の疑問は「好きだった交際相手の自殺をなぜ止めなかったのか」という点に集中した。女性は、考え込んだ末に「分からない」。消え入るような声で繰り返した。
     千葉地裁は、女性に懲役2年、執行猶予3年の判決を言い渡した。なぜ少年が命を絶とうと思ったのか、なぜそれを防ぐことができなかったのか、最後まではっきりしなかった。


    ◆10代の自殺、右肩上がり
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/171494

    【【悲劇】20歳女性、好きだった少年の自殺を止めなかった理由「分からない」…法廷で何聞かれても黙り込む ←これ😢】の続きを読む

    このページのトップヘ