1: 終国速報がまとめています。 2022/08/18(木) 17:51:46.13 ID:CAP_USER9
第104回全国高校野球選手権大会は18日、準々決勝が行われ第3試合は大阪桐蔭(大阪)が4-5で下関国際(山口)に敗れ、
史上初の3度目の春夏連覇を逃した。

大阪桐蔭は同点に追いつかれた6回に2死一、三塁から2番・谷口勇人外野手(3年)の左前適時打で勝ち越しに成功。だが、
9回に2番手で登板した左腕・前田悠伍投手(2年)が、連打と犠打で1死二、三塁のピンチを背負うと、4番・賀谷勇斗内野手(3年)に
中前へ2点適時打を浴び逆転を許した。

下関国際は1点ビハインドの7回。無死一、二塁から相手の犠打失敗でトリプルプレーを完成させ、大阪桐蔭に流れを渡さなかったが
大きかった。相手を上回る13安打を放つなど、王者相手に一歩も引かない試合運びを見せ同校初のベスト4進出を果たした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/536928a7141514363dbfd1fba94497cddcfd5d9f

8/18(木):準々決勝

大阪桐蔭 (大阪) 4-5 下関国際 (山口)

下関国際 001011002-5
大阪桐蔭 200011000-4

【投手】
下関国際:古賀、仲井
大阪桐蔭:別所、前田

https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_summer/game/2021011315/score

★1:2022/08/18(木) 16:56:02.40

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1660809362/

【【高校野球】大阪桐蔭、秋春夏連覇潰える!…勝った下関国際ってどういう高校なんや?🤔】の続きを読む