終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    原子力発電

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/06/02(木) 11:47:33.96 ID:vSaVSED+9
     小泉純一郎元首相が顧問を務める「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)」は最新の提言で、国内の原発再稼働は、ロシアによるウクライナ侵攻で生じたエネルギー価格高騰への解決策にはならないと強調し、
    原発を存続させる危険性に警鐘を鳴らした。小泉氏と、原自連副会長の中川秀直・元自民党幹事長に脱原発への考えや今後の取り組みを聞いた。(大野暢子、曽田晋太郎)

    ―ロシアによるウクライナ侵攻の長期化で、自民党を中心に原発再稼働を求める声が強まっている。

     小泉氏「ロシアは原発への攻撃も行った。(有事には)日本でも原発が攻撃の標的になり得る。国民に向けた核兵器を持っているようなものだ。再稼働は危ない。恵まれた自然エネルギーを活用する方向にかじを切るべきだ」

     ―再稼働論の背景には何があるか。

     小泉氏「原子力技術に一生を懸けてきた人々がいる。電力会社や原発メーカーは関連企業を多く持っており、立地自治体には交付金が出て経済も潤う。だから議員も反対できない」

     ―コストの低さなどで原発を評価する意見もある。

     小泉氏「大うそだ。(本格稼働しないまま廃炉が決まった)高速増殖原型炉『もんじゅ』には政府が1兆1000億円も費やした。東京電力福島第一原発事故で、今も数万人が故郷に帰れていない。危険性の高い高レベル放射性廃棄物の最終処分場も見つかっていない」

     ―原発に頼らずに電力を安定供給できるか。

     小泉氏「福島原発事故後の一定期間、原発の稼働はゼロだった。原発なしでもやっていけると実証したからこそ、私も原発ゼロを訴えている。首相の権力は強い。ひとたび決断すれば実現は可能だ」

     ―岸田文雄首相は「安全性を確認した原発は再稼働する」との立場だ。

     小泉氏「安全性を確認しても安全でなかったからこそ、福島の事故が起きたということを分かっていない。脱原発に向けた努力もしておらず、期待できない」

     ―岸田首相に脱原発を働き掛けないのか。

     小泉氏「政界を引退したから口は出さない。原発ゼロ運動は続ける」

    全文はソースで
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/180933

    【【終国】小泉純一郎元首相「原発は国民に向けた核兵器」再稼働論に反論!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぐれ ★ 2022/04/14(木) 12:46:46.52 ID:OZ3Wu0P99
    >>4/14(木) 9:30 クーリエ・ジャポン

    3月22日に起きた東京の電力危機では、日本の脆弱なエネルギー体制が露呈し、原発の再稼働を支持する声もわずかに高まった。もしそれが実現したら、世界の地政学にも影響を与えると、英経済紙「フィナンシャル・タイムズ」は分析する。

    東京で停電が起きていたほうがよかったのか
    3月末、ある企業幹部は、東京が電力危機によって一時的に停電していれば国益につながったかもしれないという考えを声に出した。彼は明るいレストランで、東京の電気で光り輝くスカイラインを背に座っていた。

    3月16日の大地震後、東京電力管内と東北電力管内では電力が逼迫し、3月22日には電力消費削減への協力が求められた。

    しかしもし東京が停電していたら、日本の抱えるエネルギーの脆弱性がはっきりと見せつけられたことだろう。厳しいことだが、世界は、第3位の経済大国の日本にエネルギーを供給する義務を負っていないのだ。

    その企業幹部の主張はこうだ。もし停電が起きていれば、その非常灯だけのついた薄暗いなかで、国内政策の不備と地政学的な混乱の重なりを見せつけられ、エネルギー安全保障が見直されるきっかけに確実になっただろうと。

    ロシアのウクライナ侵攻で緊迫している今、停電によって国民の支持が広がっていれば、日本は巨大な原子力発電所の再稼働を加速させることができただろう。

    もしそうなれば地政学的なインパクトは非常に大きいだろうと、日本政府のエネルギー分野のアドバイザーは言う。日本は液化天然ガス(LNG)の世界2位の輸入国であるが、原発再稼働によって国内のLNG需要を減らすことができれば、その分を他国に回せる。そうすればヨーロッパのロシアへのエネルギー依存と、それによる力関係はおそらく変化し始めるだろう。

    3月に停電を回避するために行われた急な対策は、国民の意識と原子力発電に対する政治的スタンスに長期的な影響を与えたのだろうか。

    その朝、東京の住民は季節外れの寒さと警報に目覚めさせられた。市民が一丸となって取り組まなければ電力が不足し、午後には何百万もの家庭の電気が消えてしまうと告げられたのだ。警報によって、東京の人々は良心や公共心、携帯電話の充電やお茶を入れる必要性とのリアルタイムな戦いに駆り立てられた。

    続きは↓
    https://courrier.jp/news/archives/285025/

    【【終国】イギリス紙「いいこと考えた。日本が原発を再稼働できたら、欧州はロシアのガスに依存しないで済むかもしれないぞ!w」日本「・・・」←これ😢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ボラえもん ★ 2022/03/31(木) 00:22:02.86 ID:3HDBi8f99
    イーロン・マスクは、社会が「気候問題」を解決すると確信しており、それがいつになるかということが重要だと述べた。

    彼は、太陽光発電が「長期にわたって文明の動力源となる」と予測している。

    しかし、それに移行するまで、各国は原子力エネルギーを維持する必要があると述べた。

    イーロン・マスク(Elon Musk)は、将来的な地球の気候について楽観視している。

    「我々は気候の問題を解決するだろう。それがいつになるかということが重要だ」と、Insiderの親会社アクセル・シュプリンガー(Axel Springer)のマティアス・ドフナー(Mathias Dopfner)CEOとのインタビューで、マスクは語っている。

    テスラ(Tesla)とスペースX(SpaceX)のCEOであるマスクは、脱炭素化は最終的に太陽エネルギーによって達成されると予測した。その移行に向けて重要なのは、太陽エネルギーを効果的に貯蔵し、将来にわたって使えるようにする技術だという。

    「当然ながら太陽は昼間しか照らないし、曇る日もある」とマスクは言う。

    「だからこそ、太陽電池が必要だ。それが長期的には、文明を維持するための主要な動力源となるだろう」

    太陽光発電への移行が可能となるまでは、原子力発電所の維持が不可欠だとマスクはデプフナーに語った。

    「そのことは、いくら強調しても足りないぐらいだ」と彼は言う。

    「原発を停止させるなんて、狂気の沙汰だ。はっきり言う、完全な狂気だ」

    この発言は、2011年3月の福島原発事故の後にドイツが原子力発電の段階的廃止を決定したことに言及したものだ。2022年3月初めには、ロシアのウクライナ侵攻によってドイツのロシア産石油への依存度が浮き彫りになったことから、マスクはTwitterでヨーロッパでの原子力発電の拡大を呼びかけた。

    ヨーロッパが停止中の原子力発電所の稼働を再開し、既存の原子力発電所の出力を増やすべきであることは明白だ。

    これは、国内外の安全保障にとって「重要」なことだ。

    「激しい地震や津波が発生する場所であれば、(原発が稼働できるのかは)疑問ではある」とマスクはインタビューの序盤で述べている。

    「ドイツのように大規模な自然災害のリスクがなければ、原発にとって何も危険なことはない」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9b75962cc4973c7a16c1f6da7478036b3abe9fcf

    ※前スレ
    【米国】イーロン・マスク氏「激しい地震や津波が発生する場所での原発稼働は疑問」 [ボラえもん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1648597867/

    【【正論】イーロン・マスク氏「激しい地震や津波が発生する場所での原発稼働は疑問」 ★2】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ボラえもん ★ 2022/03/29(火) 10:50:21.39 ID:9+H3huPe9
     経団連の十倉雅和会長は22日の定例会見で、政府が初めて「電力需給逼迫(ひっぱく)警報」を出したことにからみ、
    「原発を速やかに稼働しないと大変なことになる」と述べた。経団連は以前から、脱炭素や電力の安定供給の観点で原発の再稼働を主張しており、必要性を改めて強調した。

     十倉氏は今回の電力逼迫について、エネルギーの多くを輸入に頼るなど「もともとエネルギーの需給のバランスが非常に苦しいことが最大の原因」との考えを示した。

     国際的な脱炭素化やロシアのウクライナ侵攻による原油やガスの供給懸念などから、エネルギーの安定供給をめぐる議論が活発になっている。
    十倉氏は「(日本では)既設で安全性が担保され、国民や地元住民の理解が得られる原発は速やかに稼働しないと大変なことになる」と訴えた。

     節電要請が前日の夜だったことについては、「若干唐突な感じを受けた人々もいるかと思うが、3%の予備率を切ると予測して速やかに要請されたので、企業も国民も協力するべきだ」と述べた。
    経団連は政府の要請を受け、加盟企業に節電を呼びかけたという。(友田雄大)

    https://www.asahi.com/articles/ASQ3Q61W5Q3QULFA02G.html

    【【終国】経団連会長「原発を速やかに稼働しないと大変なことになる」←エッ!?😲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 記憶たどり。 ★ 2022/03/21(月) 20:37:03.55 ID:ah/Wqt8b9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5d5ef25c8d5c79345d10fa0fd9aed6210acdbde4

    東京電力は、3月22日は低気温による電力需要の増加が予想されるとして、
    利用者に節電を呼びかけている。家庭や職場で不要な照明を消すほか、
    暖房設定を20度にするなどの対策を求めている。

    低気温のほか、3月16日に発生した地震の影響で、東日本における一部の発電所が停止している。
    加えて、更なる電源の計画外停止や悪天候による太陽光出力の低下などで、
    「東日本エリアにおいて電力需給が非常に厳しい」とする。

    全国の電力会社と連携して様々な需給対策を行なうものの、22日の電力需給は極めて厳しく、
    「想定される電力需要に対して供給力が十分確保できない見通し」としている。

    そのため、22日は朝から同社サービスエリア(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、
    山梨、静岡 富士川以東)の家庭や職場などにおいて、不要な照明を消し、
    暖房温度の設定を20度とするなど、「日常生活に支障のない範囲」での節電に協力を求めている。

    【【終国】東京電力「節電!3月22日は暖房20度な。照明も消せよ」←これ😲】の続きを読む

    このページのトップヘ