ピンキリ速報 - ワイの5chスクラップブックやで -

ピンからキリまで面白いネタをとことん掘り下げる5chまとめブログです!

    働き方改革

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/05/27(水) 14:44:09.15 ID:S79bBMuS0


    【【朗報】ドラクエ3の真理、ようやく発見される!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けばピンキリ速報 2020/01/29(水) 21:11:28.25 ID:fIf+x3TU0NIKU

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村

    2chまとめランキング
    【【悲報】精神科医「死ぬほど働くと死ぬ」←わかる。精神科医「だから仕事はサボれ」←!?!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ガーディス ★ 2020/01/11(土) 17:42:39.50 ID:hrHh59wr9
    大手人材派遣会社は4月以降、企業への派遣料金を引き上げる。パソナは2割程度、パーソルテンプスタッフも交通費分のほか、1時間あたり100円程度の値上げの方向で顧客企業と交渉する。正社員と非正規社員の不合理な待遇格差を禁じた「同一労働同一賃金」に対応し、派遣社員への給与の上乗せ分を転嫁する。

    料金は現状から1~2割上がるとの見方がある。派遣社員の収入増につながる半面、負担の増加を敬遠する企業の受け入
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO54305270Q0A110C2MM8000?s=4

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村

    2chまとめランキング

    【【神対応】パソナさん「同一労働同一賃金だから派遣料金20%値上げします」←やばすぎん?www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けばピンキリ速報 2019/11/18(月) 16:07:33.63 ID:Xs8gVlv60
    もうふわふわしてられん…

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村

    2chまとめランキング

    【【悲報】ワイ(26)フリーター、そろそろ現実を思い知る 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ムヒタ ★ 2020/01/10(金) 09:05:31.22 ID:CAP_USER
    去年1年間に従業員や経営者の後継が確保できないなど人手不足が原因で倒産した企業の数が、これまでで最も多くなったことが民間の調査でわかりました。

    民間の信用調査会社、東京商工リサーチによりますと、去年1年間に人手不足が原因で1000万円以上の負債を抱えて法的整理などに至った企業の数は、426社でした。

    これは前の年よりも39社増加し、人手不足に関連した調査を始めた2013年以降で最も多くなりました。

    原因別に見ますと、社長など経営者の後継が見つからなかった事例が270件と最も多く、全体の63%を占めています。

    次いで、
    ▽求人を出しても人手が確保できなかった事例が78件、
    ▽従業員が退職や転職をした事例が44件、
    ▽人件費が高騰して収益が悪化した事例が34件となっています。

    業種別に見ますと、飲食店や介護・福祉などを含む「サービス業他」と「建設業」の2つで半数近くを占め、人手の確保が難しいとされている業種の倒産が目立っています。

    調査した会社は「従業員の数が少ない小規模な事業者ほど人手不足が経営に直結している。アルバイトなどの人件費は高い水準が続いていて中小企業にとってはことしも厳しい状況が続きそうだ」と話しています。
    2020年1月10日 4時15分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200110/k10012240671000.html




    2chまとめランキング

    【【悲報】人手不足による倒産 過去最多!! ← 働き方改革のおかげなんか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: trick ★ 2019/11/26(火) 00:11:43.09 ID:CAP_USER
    さらば正社員 タニタ流「個人契約」が雇用を変える  :日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52473440S9A121C1X12000/
    2019/11/25 2:00日本経済新聞 電子版

    正社員の根幹をなす終身雇用や新卒一括採用などに疑問を投げかける経済人や経営者の発言が目立ってきた。戦後の日本経済を支えてきた正社員制度は今後も不変なのか。ニュース解説イベント「日経緊急解説Live!」を11月12日に開催し、社員を個人事業主契約に切り替えているタニタの谷田千里社長と正社員の行く末を話し合った。

    タニタは2017年に大胆な雇用制度を導入した。社員に1度退職してもらい、個人事業主として会社と契約を結び直す。契約切り替えは強制ではなく、本人の希望を聞く。現在社員の約1割に相当する27人が個人事業主として働いている。

    「どうすれば社員のやる気を高められるか」。08年の社長就任時から思い悩んでいたという。優秀な社員にこそ主体的に生き生きと働いてほしい。考え抜いた末に「正社員を辞めてもらう」という逆説的な発想に至った。

    ■3年で契約更新

    個人事業主は就業規則に縛られない。毎日出社する必要はないし、1日数時間勤務でも構わない。ライフスタイルに応じて柔軟な働き方も選べる。副業も自由。


    【【裏タニタ流】働き方改革=社員に1度退職してもらい、個人事業主として会社と契約を結び直す → えっ!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/22(金) 20:48:04.37 ID:CAP_USER
    人材紹介のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは2019年11月21日、高いスキルを持った人材の需給効率を分析した調査「グローバル・スキル・インデックス」の結果を発表した。高スキル人材の確保が容易かどうかを示す指標「人材ミスマッチ」で、日本は調査対象34の国・地域の中で下から2番目だった。AI(人工知能)やビッグデータの技術者が特に不足している状況も改めて浮き彫りとなった。

    人材ミスマッチをはじめ、市場のニーズに適した教育制度を整えられているかを示す「教育の柔軟性」や、高スキル人材の過不足を賃金面から評価する「専門性の高い業界における賃金圧力」など7つの指標を0~10で数値化した。最適な状態を「5.0」とし、10に近づくほど「人材の確保が難しい」「教育制度が人材供給に役立っていない」「人手不足などで専門業界の賃金が上昇する圧力が高い」といった状況を示す。人材ミスマッチにおける日本のスコアは9.8と「世界最悪クラス」だった。

     アジア太平洋地域で日本に次いでスコアが高かったオーストラリア(人材ミスマッチスコアが6.1)やシンガポール(同6.1)を大きく引き離した。同社のリチャード・アードリーマネージング・ディレクターは、ミスマッチの拡大を防ぐには「雇用年数や年齢でなく個人のパフォーマンスに基づいた報酬制度の導入」「入社時の能力でなく学習意欲やコミュニケーション力、創造性などに着目した多様な採用体制」などが重要とした。

    グローバル・スキル・インデックスは英ヘイズが英オックスフォード・エコノミクスと共同で実施しており、今回で8年目となる。
    no title

    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/06512/


    【【知ってた定期】調査会社「日本の人材不足は『世界最悪クラス』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/15(金) 17:54:54.87 ID:CAP_USER
    効率性の追求を狙いに原則として20時以降の残業を原則禁止、早朝勤務へシフトを促す「朝型勤務制度」を導入する伊藤忠商事。意識改革に続き、ペーパレス化の推進や業務プロセスの改善など改革を進めてきた。足元では人材活性化に向けた取り組みを通じ、付加価値の高い業務へのシフトを目指している。

    「業務を効率化することで、お客さまへ効果的に対応することが狙いだった」―。西川大輔人事・総務部企画統轄室長は、2013年に導入した朝型勤務制度を振り返る。

     11年に発生した東日本大震災。震災対応で顧客が早朝から活動している中、伊藤忠商事ではフレックス(時差勤務)制度を適用して出社し、朝一番に連絡が十分にとれなかったケースが生じた。これを解消し、顧客対応を徹底することを目的に20時以降の残業を原則禁止し、朝にシフトする「朝型勤務制度」は導入された。

     早朝勤務のインセンティブ(意欲刺激)として深夜勤務同様の割増賃金を支給し、8時前に始業する社員に軽食を無料で配布する。制度導入前の12年度には20時以降に退社する社員が全体の約30%を占めていたが、現状は約5%まで減少。8時前に出社する社員は、導入前の約2割から現在は約5割へ達しようとしている。

     あわせて「健康経営も重要施策として向き合っている」(西川室長)。具体策の一つががんとの両立支援に向けた体制の構築だ。

     17年、ある社員(故人)から岡藤正広社長(現会長)に宛てられたメールには、自身ががんと闘病している中で周囲に支えられ、会社に対して感謝する内容だった。

     同年8月、同社では、がんとの両立支援施策を構築。早期発見率を高めるため、40歳以上の社員にがん特化検診を義務付け、予防や治療として民間企業では初めて国立がん研究センターと提携した。がんと闘っている社員に対しては“がんとの共生”を評価指標に反映させた。支えとなる支援体制を作っていくことで、組織力をさらに高めていく狙いがある。

     働き方改革を推し進めるために、全社統合データシステムやRPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)などを導入。定型業務を自動化し、人為的なミスの防止を図りつつ、創出した時間は営業などにシフトさせていく。

     目下のテーマは人材活性化。10月から東京本社の社員約2500人を対象に米ビアトランスポーテーション(ニューヨーク州)の技術を活用したオンデマンド(注文対応)型乗り合いサービスの運用を開始。勤務時間に活用し、社員の移動時間短縮による効率化やコストの削減を図る。さらに21年に東京本社の仮移転を見据え、西川室長は「既存文書の電子化を一段と進めたい」と話す。

     健康で効率よく働き、しっかり稼ぐ。働き方改革は伊藤忠の企業理念である売り手よし、買い手よし、世間よしの「三方よし」の精神にもつながっているとも言えそうだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00010002-newswitch-ind


    【【朗報】一流企業伊藤忠さん、ほぼ5割が8時前出社】の続きを読む

    このページのトップヘ