便利

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/05/21(木) 14:58:25.72 ID:csul4OFb0
     Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」の推定出荷数が、SwatchやROLEX、TISSOT、TAG Heuerなどスイスの時計ブランドすべての合計を上回ったとの調査結果が発表された。

     調査会社Strategy Analyticsの推計によると、Appleが2019年に全世界で出荷した「Apple Watch」は、3070万本だったという。これは、2019年に出荷されたスイスの時計ブランドの合計より約1000万本多い。


    https://japan.cnet.com/article/35149114/

    【【悲報】アップルウォッチさん、スイスの高級時計業界を破壊してしまう……。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/27(月) 22:57:10.07 ID:CAP_USER
    日本マクドナルドは、明日(1月28日)よりモバイルオーダーを全国導入。店舗外からスマホアプリを使って商品を注文・決済できるようになります。なお、専用アプリの提供はすでに始まっており、本日(1月27日)時点でも利用できます。

    「モバイルオーダー」は、専用のスマホアプリ(iOS / Android)を通じて、商品の注文から支払いまでを行えるサービスです。店舗に到着したら商品を受取るだけでOK。レジに並ぶ必要がないため、来店客の待ち時間を減らせます。店舗側としてもレジ要員を削減できるため、人手不足の解消にも効果があります。

    米国など海外のマクドナルドでは「モバイルオーダー」を数年前から導入済み。日本でも2019年4月より一部地域で試験導入していましたが、ようやくの全国展開となりました。なお、日本ではスターバックスなども「モバイルオーダー」を本格導入しています。
    https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-27-mobile.html


    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

    にほんブログ村

    2chまとめランキング

    【【朗報】マクドナルドさん「"スマホ注文"を全国導入します!」←めちゃ便利になるんじゃないか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ムヒタ ★ 2020/01/12(日) 13:39:42.05 ID:CAP_USER
    政府は2023年度からマイナンバーカードと介護保険の保険証を一本化する。健康保険証の機能も先行して組み合わせる予定で行政と医療、介護の手続きが1枚のカードで済むようになる。政府は16年からマイナンバーカードの交付を始めたが、現在の普及率は15%程度にとどまっている。生活に便利な多機能カードと定義し直し、取得者を増やす狙いだ。

    介護保険の保険証は、要介護認定やケアプランの作成を申請する際に不可欠な…
    2020/1/12 2:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54323130R10C20A1EA3000/


    2chまとめランキング

    【【朗報】政府「介護・健康保険証をマイナンバーカードに一本化しといてやるからな」 ← 免許証も一本化してくれよ……。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/12/30(月) 14:39:49.19 ID:CAP_USER
    no title

    台湾の地下鉄を運営する桃園大衆捷運(桃園捷運)は12月30日、首都の台北市と桃園国際空港間の地下鉄でクレジットカードによる非接触型決済を開始することを発表した。サービス開始は2020年1月16日。

    非接触型決済は「タップアンドゴー」サービスと呼ばれ、VISA、Mastercard、Union Pay、JCBカード(JCBのみ6月から対応)などのクレジットカードはもちろん、Google Pay、Apple Pay、Samsung PayなどNFC決済が可能なスマートフォンも利用できる。

    桃園捷運によると、台北~桃園国際空港間に2017年に地下鉄が開業してから2年間の運行期間中に、Wi-FiネットワークとQRコードシステムを導入して運賃の支払いを合理化していたが、このたび空港MTR線21駅で非接触決済が利用可能になるという。桃園捷運のLiu Kun-I会長によると、2020年後半にはそのほかの電子決済も導入する予定とのこと。

    このように世界的に非接触決済といえばNFC-A/Bが主流で、交通機関の導入も増えてきた。アジアで見ると、過去にはシンガポールでIC乗車カードにNFC-F(FeliCa)を導入したことがあったが、現在ではNFC-A/Bに移行。2019年4月には、桃園捷運と同様に、シンガポールMRTがMastercardのコンタクトレス決済に対応している。

    一方、国内の公共交通機関では、大阪メトロが顔認証/QRコードの改札の実証実験といった動きもあるが、まだまだFeliCaが主流だ。ほぼ国内専用規格になってしまったFeliCaは、インバウンド需要を考えると万人に便利な決済手段ではない。国内でも各種NFCの読み取りに対応した改札機や決済端末の早期普及が望まれる。
    智慧桃捷 一卡在手(1分鐘中英版) - YouTube



    2019年12月30日
    TechCrunch Japan
    https://jp.techcrunch.com/2019/12/30/tymetro-contactless/


    【【朗報】台湾の地下鉄がNFCによる非接触決済を導入!より便利に!】の続きを読む

    このページのトップヘ