ピンキリ速報 - ワイの5chスクラップブックやで -

ピンからキリまで面白いネタをとことん掘り下げる5chまとめブログです!

    中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/06/01(月) 12:11:18.86 ID:jNKhr4Oy9
    中国が香港で反体制的な言動を取り締まる「国家安全法制」の導入を決定したことについて、
    人気俳優のジャッキー・チェンさんら2千人を超える香港の芸能関係者が、31日までに連名で支持を表明した。

    新たな法制が施行されると、表現や言論の自由が圧迫される可能性も指摘されているが、
    声明は「国家の安全を守る重要性は十分に理解できる」としている。
    ジャッキー・チェンさんは中国の国政諮問機関、全国政治協商会議の委員を務めるなど中国との関係も深く、署名リストの先頭に名前がある。

    署名が呼びかけられた経緯は不明で、チェンさんらのコメントも伝わっていない。
    香港の芸能界にとって中国本土は重要な市場で、ネット上では「支持を表明しなければ、
    中国で活動ができなくなるのだろう」と背景を推し量る書き込みが出ている。

    https://www.asahi.com/articles/ASN505WQQN50UHMC00N.html


    【【悲報】超有名なJCさん、中国の国家安全法制への支持表明をしてしまう……。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/06/03(水) 17:50:40.53 ID:fy+D8Gvb0
    ゴミすぎる

    【【悲報】Amazonさん、ゴミになってしまう……。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 20/05/31(日)12:11:54 ID:siI
    お前らはどっち?

    【情弱「iMacとiPhone使ってます」情強「自作PCと中華スマホ使ってます」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/05/27(水) 17:22:28.20 ID:u6hdMMYU9
    2020-05-27 15:12

     日本には中国から様々なものが入ってきて定着し、中国よりも広まったものさえあるほどだが、中国から入ってきたものには「果物」もあるという。中国メディアの百家号は24日、中国では相手にされないある果物が、日本人の生活に定着し、無くてはならないものになったと紹介する記事を掲載した。

     その果物とは「梅」だ。日本の梅は中国が原産国だといわれているが、三国時代には中国にすでにあった梅が、唐の時代に日本に入ってきたと記事は紹介。中国では「後に果物の種類が豊富になるにつれて忘れ去られた」が、日本では健康にも美容にも良いと受け入れられ、江戸時代に入ると一般家庭でも梅の木が植えられるようになりさらに広まったと伝えた。

     中国でも、お茶菓子としての梅のドライフルーツや梅酒もあるにはあるが、日本ほど広く普及してはいない。記事は、日本人は梅を弁当に入れたり、食卓に出したりと「毎日の食事に欠かせないものになっている」と、日本でいかに愛されているかを紹介しているが、これは主に梅干しのことを指しているようだ。

     さらに日本では梅干しだけでなく、梅を梅酒や梅のシロップ、梅ジュースにするなど様々な形に変えており、記事は「世界でもこんなに梅を消費する国はない」と伝えている。日本の梅好きは世界にも広まり、日本からは梅酒なども輸出されるようになったので、梅と言えば中国よりも日本を思い浮かべる人は多いだろう。

     疲労回復や殺菌・抗菌作用、貧血予防、動脈硬化の予防、冷え性や二日酔いの予防など、様々な効果が期待できるこの優れた「果物」は、日本では夏バテや熱中症になりやすい夏の時期にも大活躍だ。「果物がたくさんありすぎるから」と中国ではあまり人気がないのはもったいないことである。日本でも最近では消費量が減っていると言われているが、これを機に改めてその良さを見直してみたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
    http://image.searchina.net/nwscn/7/5/2/1689752.jpgno title


    http://news.searchina.net/id/1689752?page=1


    【【驚愕】中国さん「アレは日本人の生活には無くてはならないものだったのか……」→】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/06/01(月) 00:00:08.26 ID:X6zOWCzb0● BE:479913954-2BP(2931)
     
    ロサンゼルス
    https://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/5/a/5ac53f27.jpgno title


    カリフォルニア
    https://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/4/7/47abcc42.jpgno title


    ミネソタ
    https://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/7/6/7668752a.jpgno title


    ミネアポリス
    https://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/9/5/954c3e40.jpgno title


    デトロイト・メタル・シティ
    https://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/5/d/5d4a0cbe.jpgno title


    オレゴン
    https://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/a/f/af548a79.jpgno title


    アトランタ
    https://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/f/f/fff0717f.jpgno title


    ホワイトハウス
    https://livedoor.blogimg.jp/all_nations/imgs/b/d/bd075483.jpgno title



    中国紙、香港めぐり米国を非難 黒人男性死亡の抗議デモ引き合いに

    【5月31日 AFP】米国の多くの都市で、警察に拘束された黒人男性が死亡した事件に抗議する暴動や、デモ隊と警察との衝突が発生する中、中国の国営メディアは今週末、この事態を香港の民主派の動向と並べ立てて米政府への批判を展開した。

     中国共産党機関紙・人民日報(People's Daily)系の環球時報(Global Times)の胡錫進(Hu Xijin)編集長は30日付の同紙上に、「米国のナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)下院議長はかつて、香港の暴力的な抗議活動を『目を見張る美しい光景』と呼んでいた。
    米国の政治家は今や、自宅の窓からその光景を楽しむことができる」と記した。さらに、「まるで香港の過激な暴徒らがどういうわけか米国に忍び込み、昨年のように混乱を生み出したかのようだ」とつづった。

    「そのような夢は諦めて、現実に戻った方がよい」と指摘し、「暴力が米国各地に広がっている」「米国の政治家たちは他国で新たな問題や厄介事を生み出そうとするのではなく、自国で自分たちの仕事を果たし、問題解決の役に立つべきだ」と書き立てた。(c)AFP

    https://www.afpbb.com/articles/-/3285844?cx_amp=all&act=all
    暴力について―共和国の危機 (みすずライブラリー)
    ハンナ アーレント
    みすず書房
    2000-12-09


    【【画像】中国さん「世界一の民主主義国家の現在をご確認ください^^」→】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/05/25(月) 16:57:06.96 ID:31YDIAS89
    2020-05-25 05:12

     すっかり日本の国民食となったラーメンは、日本人の食生活になくてはならないものになった。コロナウイルス感染拡大による自粛に面しても、各店舗は工夫を凝らし、持ち帰り用のラーメンを開発するなど、日本におけるラーメンは常に柔軟な変化を続けている。中国メディアの今日頭条はこのほど、ラーメンの起源は中国なのに、「今では日本を代表する食べ物になってしまった」と紹介する記事を掲載した。

     記事はまず、日本のラーメンは、今では本場の中国とは別の麺料理になっていると紹介。日本では少し前に「蘭州ラーメン」の店ができて行列ができるほどの人気になったが、食べた人からは「新鮮だ」、「日本のラーメンとは全然違う」などの評価が出ており、日本人も中国と日本のラーメンは「全く違うと受け止めていた」ようだと伝えた。

     そんな日本のラーメンは、今では世界中に広まり、西洋人にも人気だと記事は指摘。「ラーメン」というと日本のラーメンを指すようになり、中国のラーメンを思い浮かべる外国人はいないのだという。

     そのうえで記事は、日本人は時代とともにラーメンを常に変化させてきたと指摘。100年ほど前に中国から入ってきた当時は、貧しく食材にも乏しいなか、安くておいしく消化に良いラーメンは夜食として人気を博したと主張。後に、日本が豊かになってくると味と栄養にこだわるようになり、バブルの時期には高級志向のラーメンに、そして健康ブームに入ると健康的なラーメンが研究・開発されたと紹介した。

     記事によると、1990年代以降、日本のラーメンは海外へと進出するようになり大成功を収めるチェーン店もあったため、海外における日本のラーメンの人気が高まったという。それで外国人にとっては「ラーメンと言えば日本のラーメン」になったのだと分析している。

     記事は、日本のラーメンは時代とともに発展し、「時代を反映してきた」と伝えている。この点、中国のラーメンは伝統的な味を守ってきたともいえるが、驚くほど変化がなく、だからこそ世界に広まったのは中国のラーメンではなく、日本のラーメンだったのではないだろうか。日本のラーメンは、社会の変化を反映しつつ今後も発展していくことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
    http://image.searchina.net/nwscn/6/4/9/1689649.jpgno title


    http://news.searchina.net/id/1689649?page=1


    【中国さん「今やラーメンと言えば日本!」←マ!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/05/17(日) 07:30:36.285
    つよい 


    デッド寿司
    ジジ・ぶぅ
    2014-05-21

    【【画像】世界一強いスシ、決まる。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/05/21(木) 11:19:56.67 ID:uigeVtsU9
    【5月21日 AFP】中国東部の山東(Shandong)省で、恋人に振られた女性が、相手も涙を流すようにと、その自宅前にトラック1台分のタマネギを送り付けるという出来事があった。

     山東省当局系列のメディア、山東網(Shandong Net)が17日に伝えたところによると、趙さんというこの女性は、インターネットでタマネギを注文した。配送先として元交際相手の自宅を指定し、タマネギを山積みにして呼び鈴を鳴らさずに立ち去るよう指示した。

     刺激で目に涙を浮かべさせることで知られるタマネギの贈り物には、「私は3日間泣き続けた。今度はあなたの番だ!」という女性のメッセージが添えられていた。

     この女性は山東網に対し、この男性とは1年近く前から交際を続けていたものの、男性が「一方的」に交際の解消を決めたと語った。匿名を条件に取材に応じた元交際相手は、趙さんの反応は「行き過ぎ」だと述べた。

     この刺激ある別れ方により、男性宅の近所一帯が刺激臭に覆われた。

     この男性と同じ区画に住む女性は「彼女の元交際相手が泣いているかどうかは私には分からない。でも私が息が詰まりそう!」だとし、「この地域全体に腐ったタマネギの悪臭が漂っている」と訴えた。

    2020年5月21日 8:18
    https://www.afpbb.com/articles/-/3284073?act=all
    https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/f/6/-/img_f600aed84455482745f448055eb87e42267751.jpgno title


    【【恐怖】中国のまんさん、「あなたも泣いて」 と元恋人に大量のタマネギを送りつけてしまう……。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/06/06(土) 13:36:41.80 ID:HJm1q7kl00606
    https://news.yahoo.co.jp/articles/db57ae2cd4ef48613bb6edb54b763f307e1fe42d

    半年でこの答えに辿り着くとか凄すぎひん?

    【【朗報】WHOさん、気づく。「マスクをすると飛沫を遮断出来る」←マジかよ!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/06/06(土) 08:36:34.74 ID:C42WF7M/9
    2020.6.6 05:00

     日中両政府が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期した中国の習近平国家主席の国賓としての来日について、年内の実施を見送ることが5日、分かった。習氏の来日は来年以降も無期延期状態が継続するとみられ、事実上、白紙となる公算が大きい。中国のコロナ対応や香港問題などへの強硬姿勢をめぐっては、米国をはじめ世界各国で批判が高まっており、政府高官は「習氏は来日できないし、来ないだろう」との見通しを明らかにした。
     日中両政府は今年3月、4月に予定した習氏の国賓来日の延期を発表し、「双方の都合の良い時期に行う」ことで再調整する方針を確認していた。だが、日程調整など具体的な動きはストップしている。
     中国は、湖北省武漢市で発生した新型コロナへの初動対応の問題が批判されている上、香港への「国家安全法」の導入をめぐって、国際社会から「一国二制度を壊す動きだ」と厳しく非難されている。国内情勢も不安定化している。
     日本国内でも与野党を問わず批判があり、日本共産党の志位和夫委員長は声明で国家安全法を「人権抑圧を強化する試み」だと指弾。自民党外交部会も中国政府を非難する決議をまとめ、政府に習氏の国賓来日の再検討を促した。
     他方で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺では先月上旬、操業中の日本漁船が中国当局の船に追尾される事案が発生した。接続水域では5日まで53日連続で、中国当局の船が確認された。
     新型コロナをめぐる状況や国内外で強まる中国批判を踏まえ、政府は条件は整っていないと判断した。
     ただ、日本政府は「最も重要な二国間関係の一つ」として対中関係を重視している。日本側から習氏を招いた形をとっていることもあり、習氏の国賓来日に向け中国側と意思疎通を続ける体裁は保ちつつ、日中関係の発展や懸案事項の改善を図る方針とみられる。

    ソース https://www.sankei.com/politics/news/200606/plt2006060001-n1.html
    前スレ 【国賓】習主席来日、年内見送り 事実上の白紙
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1591393377/

    【【悲報】中国・習主席来日、年内見送り……事実上の白紙へ……←ええのんか?】の続きを読む

    このページのトップヘ