終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

「日本のダメ」「他国のダメ」なところを紹介する5chまとめブログです。基本的になんJ / VIPのスレッドから記事を作っています。

    中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: お断り ★ 2021/11/08(月) 15:27:01.77 ID:F9NDkiky9
    凌晨3点,一家5口睡梦中惨死:小区里这东西太常见,该被警惕了!
    深夜3時に一家5人が寝ている間に亡くなるという悲劇、近所でもよくあることなので、そろそろ注意してほしいですね!

    北京の通州にある集合住宅が火災に見舞われました。 現場の写真を見ると全体が火災の煙で煙っていました。
    生存者の中には、「午前3時に大きな音がして、大量の煙と匂いがした」と、その夜のことを振り返る人もいます。
    起きてみると火事が起きているではありませんか。
    火災の原因はすぐに究明されました。3階に住む住人が、EVのバッテリーを室内に持ち込んで充電していたところ、爆発したのでした。

    バッテリーの爆発後、火はすぐに4階のバルコニー、5階の寝室とリビングにも広がりました。
    もともと4階と5階に住んでいたのは、祖父祖母、父母、そして10歳の小さな娘という家族でした。

    3階の住人は事故後すぐに逃げ出しましたが、上階の5人家族は眠りから覚めませんでした。
    そう、何の罪もない家族の5人全員が殺されました。
    このようなニュースを読むたびに心が痛みます。

    さらに恐ろしいのは、中国ではこのような悲劇が起こり続けているのに、それを止める風潮がないことです。

    遼寧省のある地域では、5歳の息子を公園に連れて行く準備をしていた母親がいました。
    母子が歩いていると、脇に停めてあった3台のEVのうち1台が突然爆発しました。
    爆発の瞬間、母親は無意識のうちに子供をかばい、その場で死亡しました。 息子さんは何度も蘇生処置をしましたが、やはり事故の怪我により亡くなりました。

    北京市大興区では、EV三輪車を充電して4階建てのビルから出火し、18人が死亡、24人が負傷しました。
    深センのある地区ではEVが突然ショートして火災となり、生後7ヶ月の女児を含む母娘が死亡しました。

    網易新聞 2021/11/4 ソース中国語 『凌晨3点,一家5口睡梦中惨死:小区里这东西太常见,该被警惕了!』
    https://www.163.com/dy/article/GNVQ85EF05343O43.html

    画像
    https://p5.toutiaoimg.com/large/pgc-image/6e3d29142b664fd19da57c87f91f7eca
    nimg.ws.126


    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1636333084/

    【【終国】中国父さん、夜中にEVバッテリーが爆発して一家5人全員が死亡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2022/01/20(木) 13:49:42.76 ID:Fp10ui5+d
    経済活動しません
    競争しません
    何も求めません
    寝そべるだけ

    「寝そべっていれば、つまづくことはない」
    https://i.imgur.com/pZxEgWf.jpg

    2: 風吹けば名無し 2022/01/20(木) 13:49:56.97 ID:Fp10ui5+d
    寝そべり族という意味の「躺平族」がいま中国で最新の流行語になっている。だらっと寝そべって、何も求めない。マンションも車も買わず、結婚もせず、消費もしない。

    最低限の生存レベルを維持し、他人の金儲けの道具や搾取される奴隷になることを拒絶する。それが「寝そべり族」。そのムーブメントが中国当局を不安にさせており、中国メディアが火消しに走っているという。
    仕事を減らし、誰も愛さず、自分の為だけに生きる人々だ。

    【【終国】中国政府さん、寝そべり族という「無敵の人」の登場に危機感を持ってしまうw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2021/11/20(土) 21:59:35.91 ID:qZUIjMon0HAPPY
    中国「住民退去させて更地にしたろ!www」

    https://i.imgur.com/OE5bU87.jpg

    https://i.imgur.com/xRoB06z.jpg

    【【画像】中国「このスラム街邪魔やな…せや!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ごまカンパチ ★ 2022/01/18(火) 17:58:29.39 ID:KQWmR+X89
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e1ecc39972f21a8544db1ca86c7b0ce5fcab8a8a
    ■地方政府が財政破綻
     最近、中国黒竜江省の鶴崗市が事実上の財政破綻に陥った。
    これまでにも、中国の地方政府の財政状況を懸念する声はあったのだが、それが次第に現実味を帯びてきたということだ。

    破綻の背景には、不動産市況の悪化とコロナ感染再拡大による景気減速によって、土地の売却収入や税収が減り財政運営の厳しさが増したことがある。
    中国全体の経済成長を支えてきた地方財政悪化は、中国経済がこれまでのような高成長を達成することが難しくなっている現実を示すものといえる。
    中国経済は、高度成長の曲がり角に差し掛かっている。
    今後の展開として、短期間で不動産市況の悪化と感染再拡大が収束する展開を想定することが難しい。

    また、共産党政権が強化している“ゼロ・コロナ対策”が失敗し中国経済に追加的な下押し圧力が加わることも否定はできない。
    地方債の発行を増やして景気支援策のための資金調達を急ぐ地方政府は増えるだろう。
    懸念されるのは、地方債に“暗黙の政府保証”があると認識する中国国内の投資家が多いと考えられることだ。
    中国の地方債価格は財政悪化などのリスクを十分に織り込んでいない可能性がある。
    今後、米国の利上げなどによって世界的に金利が上昇すれば、地方政府の財政悪化懸念は急速に高まり、中国から海外に流出する資金が増える恐れがある。

    ■地方債発行を支える“暗黙の政府保証”
    当初、中国の共産党政権は市場メカニズムを重視して、地方政府の財政状況などが価格に反映される地方債市場の運営を目指した。
    しかし、後に共産党政権の地方債市場の運営方針は転換し、政府の指導によって価格が形成される側面が強まっている。
    ある意味、中国地方債市場は“御用金”市場としての性格が強まっていると考えられる。

    2015年に中国では地方債の直接発行が解禁された。
    そのタイミングは、中国の実質GDP(国内総生産)成長率が10%程度の高水準を維持することが難しくなり、経済成長率の低下傾向が明らかになり始めたタイミングと重なる。
    その時点で共産党指導部は市場メカニズムの発揮によって各地方政府の財政状況や経済成長率を反映した地方債の価格形成を目指した。
    しかし、不動産投資など投資に依存した経済運営が限界を迎えるにつれて、経済成長が遅れ相対的に信用力が低いと考えられてきた黒竜江省などの資金調達コストは上昇した。

    2018年に入ると景気は急速に減速し、地方政府にとって景気下支え策としてのインフラ投資の必要性は一段と高まった。
    その資金調達を支援するために中国の財政部(わが国の財務省に相当)は地方債の発行を増やすよう指示を出した。
    その際、財政部は中国の商業銀行などに地方債を引き受ける際の金利水準を指導したとの見方が多い。

    その後、内陸部と沿海部の地方債の利回りの格差は縮小した。
    それは、地方債には暗黙の政府保証がついていると考える中国の金融機関や投資家の増加を示唆する。
    その結果として、地方政府が資金調達のために設立した投資会社(資金調達のためのビークル)である融資平台のデフォルトリスクが上昇する状況にもかかわらず、
    地方債の発行が増加した。

    ※続きはソースで

    ★1:2022/01/17(月) 22:12:21.64
    前スレ
    【バブル崩壊】中国で地方政府が事実上の「財政破綻」、これから中国で起きる「大変な中国リオ」 [ごまカンパチ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1642425141/
    bubble_houkai

    【【終国】中国父さん、地方政府が事実上の「財政破綻」し始めて咽び泣く。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2021/12/23(木) 02:46:27.36 ID:a5TTIxGOd

    【【悲報】中国美人配信者、うっかり体毛の処理を忘れたまま生配信を始めてしまうw】の続きを読む

    このページのトップヘ