終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

「日本のダメ」「他国のダメ」なところを紹介する5chまとめブログです。基本的になんJ / VIPのスレッドから記事を作っています。最近コメントが増えてきました。ありがとうございます。(あまりに酷いコメントは非表示にしております)

    世界

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/09/01(木) 09:00:34.42 ID:3LJ0nING9
    現代ビジネス2022.08.31
    https://gendai.media/articles/-/98723

    アフターコロナで経済回復が始まる中、アメリカやイギリス、フランスなどでは「グレート・レジグネーション(大量離職)」と呼ばれる新しい社会現象が新たな経済の問題となり始めています。

    コロナ禍で人生を見直した人が、人生観に見合わない安い給料で働くぐらいなら働かないという選択肢を選ぶ。「大量離職」と呼ばれるように、そのような人たちが爆発的に増加しているのです。

    結果として求人が増えているにもかかわらず就業率はコロナ禍以前の水準には戻らず、恒常的な人手不足が企業を悩ませています。

    日本も今、値上げラッシュで苦しんでいますが、実は欧米では今年に入って以降のインフレ率を見ると前年比8~9%増というように、日本の比ではない大幅なインフレが起きています。

    その理由が、じつは求人難による人件費の急増です。

    とにかく人が採れない。アメリカの場合は人件費が急上昇しています。

    時給4000円でも「働かない」
    アメリカ労働統計局の雇用データによれば2022年4月の労働者の平均時給は約32ドル。折からの円安で換算するとなんと時給4250円が労働者の平均という水準です。

    これは驚くべき数字です。アメリカで労働者をひとり雇う予算があれば日本で4人の労働者を雇えてしまう。それでも人が採れないという状況なのです。

    そしてこの「大量離職」現象はいずれ必ず日本にもやってくるでしょう。

    今は不景気で仕事を探す人が多いために不人気業種で最低賃金レベルの給与水準でも人をなんとか確保することができています。しかしサービス業や卸売・小売業の現場では数は足りず、外国人労働者がいなければ回らない状況です。

    しかも、折からの円安で日本の報酬水準の魅力は外国人労働者から見て大幅に下がっています。

    現実に現在の賃金水準と為替レートで比較すると、韓国や台湾へ出稼ぎに行くのと報酬水準はほとんど変わらないレベルまで日本の給与水準は落ちています。この先、少子高齢化による労働力不足が本格化する中で外国人も採れない時代がまもなくやってくる。

    そうなると日本でも大量離職現象が大きな社会問題になってくるでしょう。

    【【終世界】時給4000円でも「働きたくない人」現れ始める😰】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/07/25(月) 10:07:21.78 ID:eyvb/Fzc9
    日本は、アメリカ・中国に次ぐ「世界3位の経済大国」とよく言われます(2008年までは世界2位)。ここでの3位は、GDPの「総額」の順位です。しかし、一国の経済水準は、GDPの「総額」ではなく、「国民1人当たり」で比較するのが、世界の常識です。

     日本の2021年の1人当たりGDPは3万9340ドルで、世界28位です(IMF調査)。2000年には世界2位でしたが、そこから下落を続け、世界3位どころか、先進国の中では下のほうになっています。

     経済の話題になると、景況感指数・物価上昇率・失業率・平均賃金といった数字がよく取り上げられますが、これらは経済の一部分に光を当てているに過ぎません。総合評価としてもっとも大切なのに日本ではあまり注目されていないのが、1人当たりGDPです。

     日本や主要国の1人当たりGDPはどのように推移してきたのでしょうか。そこから日本にはどういう課題が見えてくるでしょうか。今回は1人当たりGDPを分析します。なお文中のGDPデータは、IMFの統計によるものです。

    ■日本はもはや「アジアの盟主」ではない

    まず、1人当たりGDPを主要国と比較し、日本の立ち位置を確認します。グラフは、日本・アメリカ・中国・ドイツ・シンガポール・韓国の1990年から2021年の1人当たりGDP(名目ベース)の推移です。

     よく「バブル期が日本経済のピークだった」「バブル崩壊後の失われた30年」と言われますが、1990年は8位で、2000年に過去最高の2位でした。国際比較では、2000年が日本経済のピークだったと見ることができます。


     2000年以降の日本経済の低迷については、「小泉・竹中改革が日本を壊した」「民主党政権は期待外れだった」「アベノミクスが日本を復活させた」といった議論があります。ただ、この20年間、日本の順位はどんどん下がっており、「どの政権も日本経済の凋落を食い止めることはできなかった」と総括するのが適切でしょう。



    続きはソースで
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/1f727d50ef5cfac480f6799ad3e6030b11e1ca52&preview=auto

    【【終国】日本さん、1人当たりGDPが2000年の2位から28位へ後退し、世界に見放されてしまう😢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 22/06/27(月) 00:40:26 ID:2EZx
    彡(^)(^)「日本いけるやん!」

    https://i.imgur.com/2Jetk4B.jpgno title

    【彡(-)(-);「今夜も暑いなぁ…アフリカ気温は…っと」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/06/13(月) 02:12:09.34 ID:cVI2U5JGd
    オックスフォード大哲学者のボストロム教授らの研究者は「我々が生きている世界はシミュレーションの可能性が高い」とする通称「シミュレーション仮説」を提唱し話題を呼んでいる。
    この仮説にはニューヨーク大学で哲学専攻のデイビッド・シャルマース教授やメリーランド大学の理論物理学者ジェームス・ゲイツ氏らも賛同しており、この仮説をめぐって
    複数回の国際シンポジウムが開催されるなど活発な議論が続いている。


    オリジナル論文は下記

    Are We Living in a Computer Simulation?
    Nick Bostrom
    https://www.simulation-argument.com/simulation.pdf

    2: 終国速報がまとめています。 2022/06/13(月) 02:12:33.30 ID:cVI2U5JGd
    シミュレーション仮説には複数の研究者による微妙に異なる複数のバージョンがあるが、もっとも有名なのは
    ボストロム教授による主張を簡単にまとめると次のようになる。

    何らかの文明により、人工意識を備えた個体群を含むコンピュータシミュレーションが構築されている可能性がある。
    そのような文明は、そのようなシミュレーションを(娯楽、研究、その他の目的で)多数、例えば数十億個実行することもあるだろう。
    シミュレーション内のシミュレートされた個体は、彼らがシミュレーションの中にいると気づかないだろう。
    彼らは単に彼らが「実世界」であると思っている世界で日常生活を送っている。
    (続く)

    3: 終国速報がまとめています。 2022/06/13(月) 02:12:49.57 ID:cVI2U5JGd
    そこで、以上の3点に「可能性」があるとしたとき、次の二つのうちどちらの可能性が高いかという疑問が生じる。

    我々は、そのようなAIシミュレーションを開発する能力を手に入れる実際の宇宙の住人である。
    我々は、そのような数十億のシミュレーションの中の1つの住人である
    (あるようにシミュレーション内の住人はシミュレーションであることに気づかない)。

    【【終国】オックスフォード大教授「すまん、この世界多分シミュレーションやわ」←エッ!?😲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/02/18(金) 17:48:32.82 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】米ニューヨークで韓国系女性が殺害され、アジア系への憎悪犯罪(ヘイトクライム)に対する懸念が高まる中、韓国外交部は17日、2020年以降、海外における韓国人への憎悪犯罪が計51件確認されていると明らかにした。

     20年は40件、21年は11件が計17カ国・地域で確認されたという。

     国・地域別では米国(13件)とドイツ(12件)が多く、オーストラリア、英国、オランダ、フランス、カナダ、イタリアなどで、1~3件の届け出があった。

     これらは187の在外公館で受け付けた被害届などを通じて確認された。

     外交部当局者は「2020年以降、海外で韓国人を対象とした人種差別など憎悪犯罪が増える傾向にある」と説明した。

     ニューヨーク・マンハッタンでは今月13日に30代の韓国系女性が、自宅まで後を追ってきたホームレスの男に殺害される事件が発生した。

     9日には国連韓国政府代表部に所属する外交官がマンハッタンのコリアンタウン近くでタクシーを待っていたところ、身元不明の男から暴行を受けた。

    Yahoo Japan!/聯合ニュース 2/17(木) 19:28 配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/61ce7ec392808928bba596d5de9426fdd0ddbbf4
    ijime_girls

    【【終国】海外で韓国人への憎悪犯罪が増加……20年以降計51件に😢】の続きを読む

    このページのトップヘ