ピンキリ速報 - 日本一暇つぶしに最適な5chまとめブログ -

日本一「暇つぶし」にできる5chまとめブログを目指しています。時事ニュースからネタまで「暇つぶしに最適」です。気軽にコメントください。

    ライフスタイル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/03/28(土) 20:22:57.59 ID:jwMnSxfsa
    公務員、農家、食品、電気、医療系以外終わりやな

    【【朗報】ワイ農家、世界恐慌で農業の時代来て無事繰り上げ勝ち組になってしまうw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/02/04(火) 04:18:26.67 ID:j06/HIFjM
    「一番になりたかったですね。僕は、ナンバーワンになりたい人ですから。
    オンリーワンの方がいいなんて言っている甘い奴が大嫌い。
    僕は。この世界に生きているものとしてはね。競争の世界ですから」

    (2008年シーズンに213安打でフィニッシュした試合後に語った言葉)

    この世の中は競争社会。
    趣味の世界ならまだしも、仕事において「オンリーワン」では弱過ぎるのだ。
    誰も興味を示さないところでいくら一番になっても決して一流の仲間入りなんかできない。

    厳しい競り合いを通して切磋琢磨して、初めて置き換えの利かない才能を身に付けることができる。
    だから、理屈抜きに自分を厳しい状況に追い込んでベストを尽くそう。

    努力しなくても実現できる「オンリーワン」を捨てて、
    一番になれなくてもいいから、厳しい試練を味わうことを厭わずに、その真っ只中で揉まれよう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200203-00011206-besttimes-spo
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村

    2chまとめランキング
    【【正論】イチロー「ナンバーワンになれ。オンリーワンになりたいなんて甘い事言ってる奴は大嫌い」 ← 共感できるか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/02/05(水) 12:51:48.88 ID:v/BGE6dv0
    ミニマリズムを追求する日本人の生活で大切なのは「捨てることじゃなかった」=中国
    https://www.excite.co.jp/news/article/Searchina_20200129046/

    no title

    no title
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村

    2chまとめランキング
    【【悲報】ミニマリストの部屋って住んでて楽しいの? ←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けばピンキリ速報 2020/01/29(水) 16:35:05.32 ID:CUDGPVBf0NIKU
    どういうことや?
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村

    2chまとめランキング
    【ニート「1日1ターンしか動けない」 ワイ「???」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2020/01/26(日) 17:09:21.13 ID:CAP_USER
    「無印良品」を運営する良品計画が2020年2月期通期の連結業績予想を下方修正した。背景には、中国経済の減速をはじめとする世界経済の変調など複合的な要因がある。

    その中で注目されるのは、同社が国内外において値下げを進めた影響がありそうだ。特に新興国では値下げの影響によって、無印良品の“ブランドイメージ”が毀損きそんしたと懸念される。ブランドイメージの毀損は、企業にとって死活問題ともいえる重大な問題だ。それと同時に、同社がアジア新興国で大型出店を進めコストが増大していることもある。

    国内事業でも、良品計画は客単価の落ち込みに直面している。さらに、EC(電子商取引)サイトである「無印良品ネットストア」が昨年末よりシステムトラブルで再開できなくなり、メンテナンスに想定以上の時間がかかった。信頼できるECシステムは企業が消費者と良好な関係を築き、強化するために欠かせない。

    今後、良品計画に求められることは、ブランドイメージの原点を見つめ、その魅力を磨いて高めることだ。そのうえで成長期待の高い新興国において消費者の支持を獲得することができれば、同社が業績を立て直し、さらなる成長を目指すことは可能だろう。

    良品計画の成長は、無印良品のブランドイメージの育成抜きにして考えられない。まず、無印良品はわが国においてその人の価値観に合った生き方を支える商品を提供することで成長してきた。それが、アジア新興国などでのヒットにつながった。

    無印良品とは、大量生産・大量消費とは異なるライフスタイルを提唱し、シンプルな機能やオーガニックコットンなどの素材の風合いなどを、長く味わう楽しみを人々に提供することを目指したブランドといえる。このコンセプトのもと、良品計画は、さまざまなシーンに調和し、長く使い込むことのできる製品を生み出そうとしてきた。

    そのために同社は、細かなデザインなどに気を配り、利用者にとって使いやすく、生活になじむ製品の開発を目指し、提供してきた。このコンセプトが消費者の共感を得て、無印良品は安心できるといった印象が醸成された。その結果、無印商品の商品は量販店の品物よりもやや割高だが、使いたいと思う人が増え、良品計画は持続的な成長を遂げてきた。

    「少々値段が張るが量産品よりも使い心地が良い」
    海外でも、このブランドイメージは消費者を魅了した。2005年に良品計画は中国に進出した。その際の設定価格は、国内での販売価格よりも高かった。その後、無印良品は日本での生産や規格に基づく安心・信頼できるブランドとして認知され、ヒットした。

    また、新興国の消費者にとって無印良品で買い物をすることは、憧れの日本企業の商品を手に入れるという喜び(消費体験)を体現する機会にもなっただろう。その後、徐々に良品計画は価格の改定を進め、新興国の中間層の拡大に沿った売り上げの拡大を目指した。

    中国やマレーシアなどアジア新興国在住の知人と話をすると、「少々値段が張るが量産品よりも使い心地が良い」「無印良品で買い物をすると、日々の生活の楽しさや充実感が増す」との印象をよく耳にする。無印良品の商品はかなりの人気を得てきたことがわかる。市場参加者の中には、「無印良品はアジアの有名ブランドに成長したと評価できる」と指摘する者もいる。
    以下ソース
    https://president.jp/articles/-/32518

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村

    2chまとめランキング

    【【悲報】「無印良品」のブランド力が低下した理由知ってるか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/16(土) 18:29:51.65 ID:CAP_USER
    81歳でiPhoneのアプリを開発し「世界最高齢のプログラマー」と呼ばれた女性がいる。若宮正子さん(84)だ。「シニアにこそ情報技術(IT)を使ってほしい」という思いから、国内外での講演や本の執筆など活動の幅を広げ、自らをITエバンジェリスト(伝道師)と称する。

    ◇   ◇   ◇

    北欧のエストニアがIT先進国だと聞き、6月に1人で現地に行ってきました。電子政府をシニアがどう活用しているかを調べる…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52125080T11C19A1I00000/


    【【朗報】若宮正子さん(84)、人生に「遅い」はないとシニア世代にITを広め続ける。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/30(水) 19:24:21.33 ID:CAP_USER
    Q.IT企業でプロジェクトリーダーを務めています。最近、働き方改革の一環でコアタイムの無い「スーパーフレックス」という制度が導入されました。しかし朝の在席率が激減し、会議や顧客対応にも支障が出ています。権利を主張する部下と怒りをぶつける顧客の間で板挟みの状態です。

     社員自身が労働時間の長さや配置を決められるフレックスタイム制。IT業界では20年ほど前に広く導入されましたが、運用の難しさから廃止する企業が増えていました。

     そもそもフレックスタイム制は出退社の予定時刻をきちんと共有したり、他の社員や顧客に迷惑がかからないように出退社時間を調整したりする必要があります。

     質問者の職場のように、フレックスタイム制を導入すると朝の在席率が悪くなり会議ができない、顧客やトラブルへの対応に支障を来すといった問題が起こりかねません。多くの人が関わるITプロジェクトはなおさら運用が難しいでしょう。筆者自身もIT企業でマネジャーを務めていた当時、質問者と同様の悩みを持っていました。

     ところが最近、働き方改革で再びフレックスタイム制を導入する企業が出ているようです。質問のケースはフレックスタイム制をさらに進化させたスーパーフレックスです。コアタイム(拘束時間)が無いスーパーフレックスは社員の在席時間帯がバラバラになり、通常のフレックスタイム制よりも運用が難しくなります。

    デメリットが多いスーパーフレックス
     ところでスーパーフレックスで休憩時間がバラバラになるのは法令違反なのでしょうか。通常のフレックスタイム制ならコアタイムを設け、社員は一斉に休憩時間を取得できます。例えばコアタイムが10~15時の勤務なら、この時間内で一斉に休憩時間を付与します。労働基準法では労働時間が6時間超の場合は45分、8時間超の場合は60分を休憩時間と定めています。

     しかしスーパーフレックスになると、社員がそろうコアタイムがありません。出勤時刻がバラバラなので、隣の社員は勤務中、自分は休憩中といった複雑な状況になります。この場合、社員に休憩時間の設定をゆだねる措置を、労使協定によって取り決めなければなりません。

     社員にとっては出退社時間を自由に決められるスーパーフレックスですが、職場の管理職にとっては頭の痛い制度でしょう。コアタイムが無いので2~3時間ほどの勤務で退社する社員が出てくるでしょう。在席する時間帯が不明だと管理上プロジェクトの進捗にも支障が生じます。出退勤の予定時刻についてもチーム内でしっかりと共有する必要があると思います。
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00084/00088/


    【【悲報】働き方改革でフレックスタイム制を導入したら中間管理職が死にかけてしまう……。】の続きを読む

    このページのトップヘ