終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    ライオン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ゆっくり読んでいってね 2023/12/16(土) 13:12:37.52 ID:??? TID:alex
    ■ライオンがいない動物園に新たにオスとメスがやってきた

    2022年2月にオスのリッキーが死んで、しばらくライオンが不在だった札幌市の円山動物園。
    2023年、新たにオスとメスのライオンがやってきました。
    オスのクレイは愛媛県立とべ動物園から。
    メスのイトは旭山動物園からやってきました。

    ■「避妊」措置を発表すると…批判や疑問の声が殺到

    そんななか円山動物園が11月9日に、どちらかに避妊処置を施したうえで、2頭を同居せると発表したところ、全国から疑問や反対・提案などの声が437件も寄せられました。

    主にこんな声が寄せられました。
    「避妊には反対です」
    「繁殖させないのはかわいそう」
    「2頭をもとの動物園に戻して」

    つづきはこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dc32f11546bce32f5af578759b42f1a56a854167

    【【終国】動物園「ライオン避妊させよっと」日本人「繁殖させないのはかわいそう!」←これ🦁💦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/11/02(水) 08:27:31.86 ID:6dHRKMMm9
    2022年10月31日 16時00分

    by Evert Nelson/The Capital-Journal

    アメリカ・カンザス州のトピカ動物園にいるメスのライオンの1頭に、オスの象徴であるたてがみが生えてきたことが分かりました。このような事例は世界でも数えるほどしか報告されていない珍しい現象とされています。

    Zuri, aging female lion at the Topeka Zoo, has grown a small mane
    https://www.cjonline.com/story/news/local/2022/10/22/zuri-aging-female-lion-topeka-zoo-grows-small-mane-after-death-of-mate/69582710007/

    Elderly female lion grows 'awkward teenage mane,' baffling zookeepers | Live Science
    https://www.livescience.com/female-lion-grows-mane

    メスなのにたてがみが生えてきたのは、トピカ動物園にいる18歳のアフリカライオンの「ズーリ」で、2020年末からたてがみが生え始めてきたとのこと。たてがみが生え始めたのは、2020年10月にこの動物園最後のオスライオンの「アブス」が死んでしまった後でした。

    以下のうち左が2020年4月のズーリで、右が2022年8月のズーリです。
    https://i.gzn.jp/img/2022/10/31/female-lion-grows-mane/gGMF4hGb58sYvDKByxMdFc-1200-80.jpgno title

    by Visit Topeka

    トピカ動物園の動物学芸員であるシャナ・シンプソン氏は、アブスが死んでからすぐにズーリからモヒカンのような毛の束が生え始めたと話しています。その後ズーリのたてがみはふさふさになりましたが、大人のオスライオンほど立派ではないので、シンプソン氏は「彼女はちょっと不格好な若い男の子のように見えますね」とコメントしました。

    たてがみを生やしたズーリは見た目だけでなく行動も変化しており、気が強くなってうなり声やほえ声を上げることが多くなっているとのこと。


    メスのライオンからたてがみが生えるのは大変珍しいことですが、前例がないわけではありません。飼育下では、南アフリカの動物園で2011年に同様の事例が報告されたほか、アメリカのオクラホマ州の動物園でも2018年にメスのライオンにたてがみが生えているのが見つかっているとのこと。また、ボツワナに生息する野生のライオンを観察した2016年の論文でも5件報告されています。

    メスライオンがたてがみを生やすメカニズムは完全には解明されていませんが、オクラホマ州の動物園の事例では男性ホルモンとして知られるテストステロンの前駆体であるアンドロステンジオンが過剰に分泌されていることが確かめられました。

    ただし、ズーリに対するホルモン検査は行われていないので、ズーリの体内でも同じことが起きているかは不明です。シンプソン氏は、自分と自分の妹たちだけになった群れを守る義務感からズーリにたてがみが生えたのではないかと考えており、「彼女はプライドを守らなければと感じているので、テストステロンが増えて首の周りの毛が濃くなりました」と話しました。

    https://gigazine.net/news/20221031-female-lion-grows-mane/

    【【衝撃画像】メスしかいない群れのライオン「ちょっと待って!!たてがみ生えて来たんだけど!?!?」動物園の飼育員「えぇ・・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ