終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

「日本のダメ」「他国のダメ」なところを紹介する5chまとめブログです。基本的になんJ / VIPのスレッドから記事を作っています。最近コメントが増えてきました。ありがとうございます。(あまりに酷いコメントは非表示にしております)

    ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/09/10(土) 21:39:30.44 ID:CAP_USER
    米ロサンゼルス市、毎年9月17日を「イカゲームの日」に制定

    米ロサンゼルス市が全世界で人気を集めた韓国ドラマ『イカゲーム』を記念するため、毎年9月17日を「イカゲームの日(Squid Game Day)」に制定した。9月17日は『イカゲーム』が動画配信サービス大手「ネットフリックス」を通じて公開された日だ。韓国系のジョン・リー市議が決議案を発議し、市議会が先月30日に採択した。決議案は「『イカゲーム』は韓国の文化と伝統を知らしめ、米国の映画界とエンターテインメント業界でアジア・太平洋系米国人たち(AAPI)の声が強まった」「歴史を作った」という内容になっている。

    イ・スルビ記者

    朝鮮日報日本語版
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e8bce378888c1bd8fd69a53604cd355486297890

    【韓国】 誇らしいK-ドラマ「イカゲーム」に日本の遊び?国を奪われると文化も奪われる…「私たちの遊び」独立のために[08/22] [LingLing★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1661171430/
    【米国】 ワシントンでも「キムチの日」制定、4州目…韓国がキムチの宗主国[06/07] [LingLing★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1654599994/
    【新手】韓服姿の米NJ州テナフライ市長「韓服の日」宣言「韓服の起源は紀元前2333年、檀君が建国した古朝鮮に遡る」★2[4/8] [右大臣・大ちゃん之弼★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1617890597/

    【【驚愕】米・ロサンゼルス市、毎年9月17日を「イカゲームの日」に制定…韓国系市議が決議案を発議 ← もう制定されてるやん!?😵】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/28(日) 07:50:35.80 ID:CAP_USER9
    日本テレビ本社(C)週刊実話
    8月27日から28日にかけて放送される日本テレビ系夏恒例のチャリティー番組『24時間テレビ45』で、昨年亡くなった作曲家・すぎやまこういち氏の半生がドラマ化されることが発表された。

    発表があったのは25日の夜。主人公となるすぎやま氏役は安田顕が務め、代表作である『ドラゴンクエスト』のテーマ曲がいかにして生まれたかも描かれる。また、会場となる東京・両国国技館では、吹奏楽やマーチングバンド部の生徒約40名が、女優・波瑠の指揮で「ドラゴンクエスト」メドレーも生演奏する予定だ。

    いずれも、すぎやま氏を讃えるようなプログラムだが、ネット上ではこれに対し、

    《音楽は素晴らしいものを残した 思想は残念過ぎる》

    《あれだけの極右思想をどう表現するんだ? 番組の趣旨と全く合わないでしょ》

    《杉田水脈とのやり取りや稲田朋美の応援歌を作曲した経緯をちゃんと流せよ》

    《改憲推進団体「美しい日本の憲法をつくる国民の会」代表発起人としてのエピソードもちゃんと描くんだろうな?》

    《寛容の極地をテーマにしている24時間テレビで 不寛容の極地である極右思想の人間を特集する意味が分からん》

    《24時間テレビで扱うべき人物ではないのでは?》

    などと、批判的な意見も目立っている。どうやら、生前のすぎやま氏の発言や行動が番組テーマにそぐわず、追悼するのはいかがなものかとの認識が広がっているようなのだ。

    番組テーマ“多様性の尊重”はどこへ…

    これほどに問題視されるとは、生前のすぎやま氏は一体どんな思想を持っていたのか。

    「2015年7月、すぎやま氏は保守系放送局『チャンネル桜』の番組で、現在の自民党・杉田水脈議員と対談しました。杉田議員といえば、18年に『新潮45』へ寄稿した〝LGBT差別論文〟が猛批判を浴びましたが、当時も『生産性がない同性愛の人たち』『これは差別じゃないんです。区別なんですね』などと問題発言を連発。そして、すぎやま氏はこれに『区別、うん』『正論ですよ』などと賛同した他、『ガンガン発言してブログが何度も炎上するように書いてください』と、あおることまでしたのです」(フリージャーナリスト)

    これはあくまで氷山の一角にすぎないが、こうした発言は、「24時間テレビ」の目的や趣旨からは相反するものだろう。

    「『24時間テレビ』といえば、チャリティーを通じて障がい者福祉への理解を促進し、差別への偏見を払拭する一大啓蒙イベント。いわば〝多様性の尊重〟は番組の根幹をなすテーマですから、これを真っ向から否定していたすぎやま氏を英雄的に扱うなど、批判も当然な矛盾に他なりません」(テレビ雑誌編集者)

    話題性さえあれば、テーマとの矛盾などどうでも良いのだろうか。
    https://weekly-jitsuwa.jp/archives/75897

    【【悲報】24時間テレビ「ドラクエすぎやまこういち氏の半生ドラマ化!」批判「思想は極右…番組の趣旨に反する!」←エッ!?😲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/25(木) 21:56:24.17 ID:CAP_USER
    “韓国男子×日本女子”の恋愛番組がスタート、弘中アナが驚愕する韓国男子の仕草とは

    「ABEMA」にて韓国人気No.1恋愛番組を日韓共同制作で日本初リメイクする「HEART SIGNAL JAPAN」が24日午後10時より放送スタート。第1話から第3話までを一挙配信する。

    【写真】アクセサリーブランドCEOや高身長イケメン勢ぞろい…番組の場面カット
    https://encount.press/wp-content/uploads/2022/08/24174143/3c97c101110741e9541a6d2087380a54-650x433.jpgno title


    「ハートシグナルジャパン」は、韓国人気No.1恋愛番組「HEART SIGNAL」を日本で初リメイクし、日韓共同制作する“韓国男子×日本女子”による「ABEMA」オリジナル恋愛番組。

    出演するのは、アクセサリーブランドCEOのヒョンゴン、モデルのミンソプ、フィットネストレーナーのジュウォン、PRODUCE101に出演していた音楽プロデューサーのジヌの韓国男性メンバーとブランドディレクターのミズキ、モデルのマオ、元E-girlsのミサト、アナウンサー志望で大学生のナナセの日本女性メンバー。韓国を舞台に9日間のシェアハウスを行い、好きな人からの想い(=シグナル)に気付いて、恋をつかみ取るメンバーはいったい誰なのか注目が集まる。

    誰が誰に好意を寄せているのかを番組を見ながら推理しつつ、まるで韓国ドラマを見ているかのような、ロマンチックな恋の展開や男女の駆け引きが展開される。番組のスタジオMCには、りんたろー。(EXIT)、葵わかな、丸山礼が出演し、ゲストとともに、シグナルハウスでのメンバーの恋の行方を追いかける。

    第1話では、これから共同生活を行う男女6人がレストランに集合。最初は緊張でぎこちない会話が続くものの、料理を食べ終える頃には徐々に慣れてきた様子。そこで早速、女性と単独デートを懸けたゲームがスタート。見事ゲームで1位に輝き、気になる女子との単独デートを手に入れたアクセサリーブランドCEOのヒョンゴンは、カップルのデートスポットとして現地の方にも人気な南山タワーをデート先に選ぶ。

    気になる女性とのデートでは、「あとで他の男性ともデートの機会があるかもしれないけど、最初のデート相手は僕だから」と告げると、女性も赤面。デートの終わりには、想いを書いた手紙を2年間保管してくれるタイムカプセルに向かう2人。女性が「2年後ここに来ますか?」という質問に、ヒョンゴンが「約束したからこないと」と未来の約束をした相手とは一体誰か。弘中アナも「初対面から肩トントンしたり、手取ったりします!?」とジェントルマンな韓国男性に驚愕。第2話ではPRODUCE101出演経験がある音楽プロデューサーが新しく登場したことで、気持ちが揺れ動くメンバー。誰に恋の矢印が向き始めるのか、今後の恋の行方に期待が高まる。

    ENCOUNT編集部
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f9848b3eb02b00bd2565da9f61a02f06f6e7c7c0

    関連
    【中央日報】韓国男性とのロマンスを夢見て韓国へ向かう西洋女性が増加している ★2 [8/16] [昆虫図鑑★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1660636542/
    【旧統一教会】 日本人女性は韓国人男性に仕えるべき…日本人信者に「金と奉仕」を要求する驚くべき言い分[08/23] [LingLing★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1661182188/
    【日本人女性暴行】『韓国人男性は日本女性にモテモテ』『日本の女は軽い』…日本の誇張され作られた韓流ブームが遠因か[8/28]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566923187/
    【韓国】韓国男子と日本女子アイドルがそろって修学旅行に出掛ける番組に、韓国ファン「よりにもよって日本人と?」「別に見たくない」
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1508794138/
    【話題】「平均的韓国男性」イラストの波紋
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1532849016/

    【【驚愕】 “韓国男子×日本女子”の恋愛番組がスタート!←これは人気出そうやな!😉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/07/18(月) 17:40:51.58 ID:Ln5sKlPK0

    【【画像】ドラマ「幽遊白書」、我々の想像を超えたキャスティングをしてくる(;´・ω・)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/06/25(土) 09:44:16.95 ID:CAP_USER9
    元AKB48の“絶対的エース”で女優の前田敦子(30)が意気軒高だ。

    昨年はドラマ4本、映画4本、今年に入ってからもドラマ2本、映画3本、そして昨年の野田秀樹の舞台「フェイクスピア」に加え、今年は「パンドラの鐘」に出演中。
    さらに、この春からは、フジテレビ系の昼のバラエティー番組「POPアップ!」の水曜コメンテーターとして出演中。
    仕事のオファーが途切れることがなく、再ブレークの様相なのだ。

    発売中の「週刊文春」が近況を伝えている。「パンドラの鐘」で共演中で、先日、離婚したばかりの俳優の柄本時生(32)とは現場で、「お互い傷物になっちゃったねぇ」と自虐ネタで励ましあっていたという。

    また、3歳の息子を育てるシングルマザーでもあり、超多忙な前田だが、「今はお仕事が楽しくて仕方がない。子育てで体力がついた」と現場では終始ハイテンション。
    昨年4月に離婚した元夫の勝地涼(35)とは「離婚してからの方がうまくいっている」と公言しているというから、公私にわたる充実ぶりを感じさせる。

    WEB「タレントパワーランキング」(アーキテクト)などでタレントの取材や分析を手がける女優・美少女評論家の高倉文紀氏はこう話す。

    「もともとグループにいた頃から、彼女の演技力は突出していました。映画やドラマの監督やプロデューサーからの評価は非常に高く、彼女を使いたいという人は多いですよ。何度もインタビューさせていただいていますが、グループ時代や卒業直後はプレッシャーもあったでしょうし、少し人見知りのところがあるので、誤解を生む部分があったのかも知れません。しかし、打ち解けると人懐っこくて親しみやすい方です。今の彼女は、肩の力も抜けて、バラエティーなどでも、いい感じの雰囲気を醸し出せるようになってきたのではないでしょうか」

    ■モノマネ公認で好感度アップ

    確かにアイドル時代は、“気難しい性格”と見られていたあっちゃん。
    卒業後もそうしたイメージを引きずっていたが、それが逆転する転機となったのは、共演NG”とされていたモノマネ芸人のキンタロー。(40)との共演だ。

    バラエティー番組(「ウチのガヤがすみません!」21年3月放送=日本テレビ系)で共演NGについて、「全然です。そんなこと言ったこと1回もないです」と笑顔で否定。
    さらに、モノマネに公認を出し、楽しげに「フライングゲット」を一緒に踊ってみせた。

    「織田裕二のように自分のモノマネを嫌う芸能人も多い中、前田が笑顔でお墨付きを与えたインパクトは絶大。気難し屋のイメージが一気に払拭されました」(芸能リポーター)

    結婚、出産、離婚を経て、シングルマザーとなって事務所も独立。
    酸いも甘いも噛み分けて、一皮むけた。シン・前田敦子の快進撃はまだまだ続きそうだ。

    http://news.yahoo.co.jp/articles/58586231d369867103cdd4d7b3744c9a7d7fcdbe

    【【朗報】「AKB卒業から10年」前田敦子(30)さん、再ブレーク!仕事のオファーが殺到…評論家「もともと彼女の演技力は突出していました」←マジか!😲】の続きを読む

    このページのトップヘ