コレコレ速報

7/28「ピンキリ速報」から名前を変えました。なんJ中心のまとめブログです。

    デマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/05/31(日) 16:47:30.47 ID:etu+K3hG0● BE:323057825-PLT(13000)
     
    2014年8月、朝日新聞は慰安婦問題に関する「慰安婦問題を考える─読者の疑問に答えます」と題した検証記事を掲載した。
    「第2次大戦中の韓国・済州島で吉田清治氏(故人)が200人の若い朝鮮人の女性を日本軍の現場に強制連行することに関与したと証言した」という記事に関するものだ。
    吉田証言が虚偽だったことが判明したとし、当該の記事を取り消した。

     この大誤報は世間を騒がせた。検証記事の中に、謝罪がなかったことに対しても大きな批判を呼んだ。
    しかし、朝日新聞はその後も誤報を続けた。
    19年7月、朝日新聞は「元ハンセン病患者の家族への賠償を国に命じた熊本地裁判決について、政府は控訴して高裁で争う方針を固めた」と報じた直後、
    安倍晋三首相は控訴しない方針を発表。安倍首相は家族へも謝罪をした。


    時事通信フォト=写真

     なぜ、朝日新聞は誤報を繰り返すのか。「朝日の報道が目立っているだけで、新聞社による誤報なんて日常的です」。
    そう語るのは全国紙で地方支局のキャップを務める30代中堅記者だ。

     「警察や自治体が何かしらの広報文を出したとして、それをもとに記事にしたとします。
    しかしその後、発表した当局が広報文の訂正をするような事案は頻繁に起こります。
    新聞社は『記事の訂正は発表訂正によるもの』と、あたかも責任がないかのように装いますが、
    本来ならば当局の発表を鵜呑みにせず、裏どりして報じるべきです。
    人手不足という実情はありますが、記者クラブと当局の妙な信頼関係のもと、
    新聞社が裏どりせずに発表文だけで記事化してしまうことは多々あります」

    ■記者が人間である以上、誤報はなくならない

     地方紙の40代デスクはこうも話す。

     「先入観によって間違うことはあります。たとえば、火事で老夫婦が亡くなったので警察に電話取材するとします。
    亡くなった2人の年齢を質問して『82と70』と教えてもらいました。
    『結構、年の差あるなぁ』と思いつつ、なんとなく『夫のが年上』と思い込み、そのまま次は発火原因を聞いたとします。
    そしていざ記事にしたら、実は年齢が逆だったと。
    思い込みに注意しろ、とは記者には言っていますが、人間ってそもそも思い込みをする生き物なんですよね」

     しかし、取り返しのつかない誤報とそうでない誤報はあるだろう。
    夫婦の年齢を間違えても国際問題にはならない。全国紙の政治部記者はこう話す。

     「そもそも、新聞記者って結論ありきで取材をしますし、先に“予定稿”を書いてから取材にいく場合も多い。
    締め切りを意識して仕事をしなくてはいけないので、ある程度は準備する必要があるからです。
    実際に取材したら予定稿の結論とは違っていた、ということはよくあって、
    その都度修正すればいいのですが、中に予定稿に沿って誘導的な質問してしまうなどして、真実とは違う結論を導き出す場合もあります」

    「朝日新聞の誤報」は、やめられない、止まらない
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200531-00035385-president-soci

    【【問】なぜ朝日新聞は誤報が多いのか 【答】人間誰でも間違いはあるじゃないっすか」←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/05/25(月) 22:21:55.67 ID:CAP_USER
    2020年05月25日 21時00分

    北朝鮮には「将軍様は縮地法を使われる」という金正日をたたえる楽曲がありますが、この「縮地法」は、いわゆるテレポーテーションのことを指します。これまで北朝鮮では金正恩氏やその父親である金正日を神格化するために「金一族はテレポーテーションが可能」「金正恩氏は3歳で車を運転していた」「金正日は初めて挑戦したゴルフで38パー以下を記録し5回ホールインワンを決めた」といった都市伝説がメディアを通じて流されてきましたが、北朝鮮を代表するマスメディア・労働新聞が、初めて金一族のテレポーテーション能力を否定したとして話題になっています。

    North Korean Founder Kim Il Sung Did Not Have the Ability to Teleport, State Media Admits
    https://www.rfa.org/english/news/korea/chukjibop-05222020173452.html

    North Korean regime finally admits Kim Jong-un cannot magically bend time and space
    https://www.telegraph.co.uk/news/2020/05/22/north-korean-regime-finally-admits-kim-jong-un-cannot-magically/


    金一族のテレポーテーション能力は「Chukjibop」と呼ばれ、地球を折り畳む(縮める)ことで場所と場所を高速移動し、攻撃者からは消えてしまったかのように見える能力とされています。伝説では、北朝鮮の初代最高指導者だった金日成は大日本帝国の兵士と戦った時にこの技を使い、戦いに勝利したとのこと。

    しかし、Radio Free Asiaによると、労働新聞は2020年5月20日付の報道で、「実際には、人は空間を折り畳んで消失したり、再び現れたりすることができません」と記述し、この能力の存在を否定しました。韓国の行政機関である統一部は北朝鮮のプロパガンダに変化が見られることを指摘しました。

    2011年に金正恩氏が第3代最高指導者に就任してからというもの、北朝鮮の神話は、より現実味のあるものに変化しているといわれています。「金正恩氏はヨーロッパに留学していたため、西洋の考え方を身に付けており、これまでに行ってきたような神格化やプロパガンダを続ければ、他国が北朝鮮に対して悪い印象を持ち、国民も政府を信じなくなると考えたのでしょう」とKorea Institute of Liberal Democracyは指摘しています。このプロパガンダによって、北朝鮮の人々の士気を上げ、自尊心を促進する目的もあるそうです。

    金正恩氏が過去のやり方から脱却しようとしている様子は見られるものの、元統一部副大臣である金亨錫氏は「この報告は、過去の指導者と金正恩氏の間に一線を引くものではありません。単に、金正恩氏は全ての問題を現実的な視点から取り組むべきとみていることを示したものに過ぎません」と述べました。

    https://gigazine.net/news/20200525-north-korea-teleport/
    テレポート
    B.J.L. X AWDR/LR2
    2016-02-03


    【【悲報】「北朝鮮・金日成主席は実はテレポート能力を持っていなかった」と北朝鮮メディアが公式に認めてしまう……。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/05/28(木) 09:17:25.33 ID:A6HKbaaSM
    【ワシントン時事】トランプ米大統領は27日、ツイッター社が自身の投稿の事実関係に疑いがあるとして利用者に注意喚起したことを受け、インターネット交流サイト(SNS)各社に対し、サイト「閉鎖」を含む対抗措置を辞さない考えを示した。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052800198&g=int


    【【悲報】トランプ大統領「Twitterクソだな」フォロワー「垢消すの?」トランプ「Twitter消すわ」←!?!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ネレイド(東京都) [US] 2019/12/07(土) 20:02:38.31 ID:RjcDJEbx0 BE:123322212-PLT(13121)
    あまりに残酷なデマというほかない。

    中国・武漢市で、「タダでダイコンとり放題」とデマを拡散された農家の畑に近隣住民らが殺到し、出荷を控えた500トンのダイコン全てが引き抜かれる事件があった。

    地元の警察はデマの発信元について調べるとともに「ダイコンを抜いた人は自ら名乗り出て、農家に賠償してほしい」と呼びかけている。

    出荷ためらっていたら...

    被害にあったのは武漢市の村に住む農家、陳さん。現地メディア上遊新聞によると、陳さんの畑ではダイコンが順調に育ったものの、市場では値崩れ気味だったため、出荷をためらっていたという。

    11月末、それを見た村民が「ダイコンを分けてくれないか」と提案。同じ村の住民ということもあり、陳さんは一部の育ちが悪かったダイコンなら抜いてもいいと話したという。

    しかし事態はここから急変する。

    12月1日、陳さんが畑に出ると、10人ほどがせっせとダイコンを抜いている。その中には陳さんが知らない人の姿もあったため、警察に通報。駆けつけた警察官がその場を取りなおした。

    だがこれで終わらなかった。ネット上ではすでに「タダでダイコンとり放題」というデマが広まっていたのだ。

    2日、3日と日にちが経つにつれ、畑を訪れる人は増えるばかり。畑のそばに車が長蛇の列をなしていた。中国新聞週刊によると、多い時には数千人がダイコンを抜きに来たという。

    結果、500トンものダイコンは全て抜き取られてしまった。陳さんは地元メディアにこう語る。

    「ネットは恐ろしい。ダイコンを育てるのに21万元(約325万円)かけたのに...今は損失を減らすため、空になった畑で小麦を育てています」

    地元の警察も捜査を開始。デマの発信元について調べるほか、ダイコンを抜いた人に対して「自ら名乗り出て、農家に賠償してほしい」と呼びかけている。

    陳さんの元には、すでに謝罪したうえで代金を支払う人も出てきているという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00010000-huffpost-int


    【【悲報】中国で「この畑はタダで大根取り放題!」というデマが拡散された結果www →】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 記憶たどり。 ★ 2020/02/02(日) 16:47:57.18 ID:e21PNjvF9
    https://www.j-cast.com/2020/02/02378588.html?p=all

    東京・秋葉原のバーガーキングが、話題の「縦読み」垂れ幕を差し替えた?――こんな情報が、ネット上で拡散している。

    元々の「煽り」調のメッセージから、「わすれないよ」という暖かな縦読みになっていた、というのだが、実はこれは、
    ある一般ユーザーが作成したコラージュ画像だった。画像の作者は反省するとともに、思わぬ拡散ぶりに困惑している。

    ■大手まとめサイトでも拡散

    「秋葉原のバーガーキングさん、マックへの『縦読み』ポスターを差し替えてしまうwwwww」
    ――大手まとめサイトとして知られる「オレ的ゲーム速報@JIN」では2020年2月2日、こうしたタイトルの記事が掲載された。

    元ネタとなったのは、あるユーザーが投稿したツイートだ。バーガーキング秋葉原昭和通り店(東京都千代田区)の店頭にあった
    「縦読み」が差し替えられていたとして、オリジナルの垂れ幕写真とともに、差し替え後とされる画像を掲載している。そのメッセージは、

    たしたちは隣同士し互いに切磋琢磨
    ることで、よきライバル、よき仲間として闘ってきました。その
    きしに幕が下りるということは、わたしたちにとっても大変
    悲しみであります。あなたが変わらずに隣にいてくれたから、
    ままで頑張ってこられました!22年間スマイルをありがとう!
    き友の健闘をたたえ、わたしたちは明日からまた頑張っていきます」

    というものだ。

    文面自体も暖かなものだが、各行の1文字目を縦に上から読むと、「わすれないよ」――。

    ■「私たちの勝チ」で騒然となったが...

    そもそも事の起こりは、マクドナルド秋葉原昭和通り店が1月31日に閉店するにあたり、近所の「ライバル店」である
    バーガーキング側が、「22年間たくさんのハッピーをありがとう」という垂れ幕を店頭に掲示したことだ。

    この文章は、一見するとマクドナルド側を「良きライバル」とたたえつつ、「お疲れさまでした」といたわるものなのだが、
    実は「縦読み」すると、「私たちの勝チ」になるという、ユニークなものだった。ネットを起点に注目を集め、テレビ番組などでも
    取り上げられるなど大きな話題に。ちなみにバーガーキング側は、

    「ポスターを見て、何を感じられるか、どのようなご意見をもたれるかは、お客様次第だと考えております。
    また、お客様がご自身の意見をどのような方法で他人に伝えられるか、あるいは世の中に発信されるかも、お客様次第だと考えております」

    として、縦読みについては肯定も否定もしていない(Jタウンネット1月31日記事「閉店するマックへ『私たちの勝チ』 
    ネット騒然『恐怖の縦読み』の真相、バーガーキングに聞くと...」より)。

    それが一転して、「わすれないよ」という感謝の言葉に。この画像も大きな反響を呼んだ一方で、
    「取り下げるなら最初からすんなや」など、批判を受けてバーガーキング側が「日和った」のではないか、というような声も上がった。

    ■「軽率なことをして申し訳なく思っております」

    ところが、前述のJタウンネットの記事などでは、バーガーキング側は垂れ幕は1月31日いっぱいで片づける、と説明していた。
    また、拡散する画像をよく見ると、質感などが微妙に不自然だ。

    実は、この「差し替え版」とされるものは31日深夜~1日未明にかけ複数ツイートされているが、その写真を見ると件のメッセージは、
    垂れ幕ではなく、画像を印刷した紙を、店頭に張り付ける形で掲載されていることがわかる。さらに調べると、この張り紙は店側ではなく、
    ある一個人が作成し、「勝手に」掲示したものだということがわかった。

    「お騒がせしたことと、これによってご迷惑をかけてしまった方々には、軽率なことをして申し訳なく思っております。
    ただただあのマックで働いている人に届けばいいと思ってやったことでした。ごめんなさい」

    そう謝罪するのは、ツイッターユーザーの「STAFF.B ワラウズ 撃掘神社」(@rev_staff)さんだ(以下、STAFF.Bさん)。
    J-CASTニュースがダイレクトメッセージで話を聞くと、事のあらましを説明してくれた。

    「差し替え」か、と話題になったが実は…(「STAFF.B ワラウズ 撃掘神社」(@rev_staff)さん提供)
    no title
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村

    2chまとめランキング
    【【迷惑】マクドファン「バーガーキングの縦読み酷すぎ……マクドに感謝したい……せや!!!」 → 結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/01/26(日) 11:41:55.03 ID:MYcGLUX90
    NHK、京アニ放火「共犯説」デマでまとめサイト運営者を提訴
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2001/24/news114.html

    NHKは1月24日、まとめサイト「LH MAGAZINE」編集長に対し
    損害賠償および謝罪広告の掲載を求めて東京地方裁判所に民事訴訟を提起したことを明らかにしました。
    共同通信などの報道によると、損害賠償額は約700万円とのこと。


    NHKによると、インターネット上では以前から、京都アニメーション放火事件に関し
    NHKが放火に関与し証拠を隠滅したかのような事実無根の書き込みや、NHKのニュース映像を故意に加工した虚偽の画像などが拡散されていたとのこと。
    NHKはこれらの情報を発信していたサイト運営者に対し、これまで文書で損害賠償と謝罪を求めていましたが
    損害賠償に応じる回答はなく、真摯な謝罪も行われなかったため、やむを得ず今回の訴訟に至ったとしています。

     訴えられた「LH MAGAZINE」は、主に5ちゃんねるのまとめ記事を中心に投稿している
    いわゆる「まとめサイト」の1つ。
    問題のデマを巡っては、NHKのディレクターの実名を挙げつつ
    「なぜ放火犯の遺留品を回収したのか」「これが最大の謎」といったタイトルの記事を投稿。
    本文中でも、故意に加工されたNHKニュースの映像とともに、「NHK共犯説唱えられても仕方ないぞ」
    といった書き込みを紹介していました。


    【参照】

    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村

    2chまとめランキング

    【京アニデマ騒動でNHKに訴えられたまとめブログが謝罪!→「今後同様の自体が発生しましたら賠償も辞さない覚悟です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 1号 ★ 2019/12/03(火) 21:22:37.55 ID:xpv3n1fL9
     京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで今年7月に起きた放火殺人事件に絡み、インターネットの情報をまとめたサイトに虚偽の情報を掲載されたとして、NHKがサイトのサーバー管理会社(大阪市北区)に発信者の情報を明らかにするよう求めた訴訟で、大阪地裁は3日、開示を命じた。末永雅之裁判官は「投稿で名誉や信用が侵害されたことは明らかだ」と指摘した。NHKは発信者への損害賠償請求を検討している。

     判決などによると、サイトでは事件後、NHKのディレクターの実名を挙げて「警察より早く遺留品を回収した」「NHK共犯説を唱えられても仕方ないぞ」などとする、他サイトへの投稿をまとめた記事が掲載された。
     NHK側は、閲覧者から事件に関与しているように思われ、社会的評価が低下したと主張。これに対し、サーバー会社は「NHKの公共的立場を考えれば、批評には寛容であるべきだ」などと反論していた。
     判決は、NHKや職員が事件に関与したとの印象を、サイトが与えたと指摘。第三者の投稿をまとめた記事でも、タイトルなどを付けて編集していることから、発信者が賠償義務を負うと判断した。
     事件後に同種の書き込みが拡散し、NHKは「明らかに事実と異なる情報で、極めて遺憾だ」などと公式サイトで否定していた。

    毎日新聞 2019年12月3日 20時22分
    https://mainichi.jp/articles/20191203/k00/00m/040/276000c


    【【速報】NHKが京アニ事件巡るデマに対して訴え起こす 大阪地裁が発信者の情報開示を命令、損害賠償請求を検討 】の続きを読む

    このページのトップヘ