終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    スペイン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/07/06(木) 19:43:58.97 ID:T3BtufE90
    成人を迎えた若者全員に2万ユーロ(約315万円)の「相続財産」を受け取る権利を与え、学業や職業訓練、起業のために使ってもらうことで社会格差を是正するという構想を、スペイン左派のヨランダ・ディアス労働・社会経済大臣が提案している。

    ディアス本人のツイッターやスペイン紙「エル・パイス」によれば、この権利は18歳を迎えたすべての若者に与えられ、実際に2万ユーロを受け取るのは、23歳になってからだという。

    この間、国はその相続財産の使い道について若者への助言や技術的なサポートを展開することになる。


    7月23日のスペイン解散総選挙を前に発表されたディアスの政党スマルの綱領によれば、この構想には100億ユーロ(約1兆5645億円)かかるが、それは富裕層に課税して調達することを想定している。「機会の平等」を家庭環境や収入に関係なく保証することがその目的だとしている。

    英紙「ガーディアン」によれば、この政策案は「ユニバーサル相続財産(herencia universal)」と呼ばれ、スペイン人の若者全員がその経済環境に関係なく利用できるものであり、年間所得が300万ユーロ(約4億7000万円)以上ある人々からの税収で賄われることになるとディアスが認めたという。これはスペインのGDPの0.8%に相当する支出になるとスマルは見積もっている。


    【【衝撃】スペインさん、すべての若者に300万円を配布しようと提案してしまうw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/12/02(金) 11:22:20.48 ID:SPMm8nGq
    スペインが故意に日本に敗れたという「陰謀説」が提起された。

    スペインは2日午前(日本時間)、ハリーファ国際スタジアムで行われた2022カタールワールドカップ(W杯)E組第3戦で日本に1-2で敗れた。

    しかしスペインは16強(決勝トーナメント)に進出した。ドイツと1勝1敗1分けで並んだが、得失点で上回った。

    スペインは日本に次ぐ組2位で16強入りした。第1戦のコスタリカ戦で7-0と大勝し、得失点差で余裕があった。

    試合後、世界メディアが日本の奇跡に焦点を合わせて報道する中、英国のザ・サンはスペインの陰謀説を持ち出した。

    スペインが意図的に日本に敗れて組2位になったということだ。その理由はトーナメントでブラジルを避けるためだ。

    ザ・サンは「余裕があるスペイン代表のルイス・エンリケ監督は日本戦が行われる前、トーナメントでブラジルを避けて決勝戦まで進む容易なルートを確保するため戦術的に組2位を考慮した」とし「偶然にも本当にそのように終わった」と報じた。

    そしてスペインの競技力を強く批判した。ザ・サンは「このような計画のため、スペインの競技力はごみ箱に捨てられたように見えた」と評価した。


    中央日報日本語版 2022.12.02 09:30
    https://japanese.joins.com/JArticle/298356

    【【悲報】韓国「英紙が"スペインはブラジル避けるために日本に故意の敗戦した、という陰謀説"を紹介していた」←マジかよΣ(゚Д゚)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/12/02(金) 06:59:45.06 ID:/QLzlxAB9
    強豪スペインに逆転勝利、“死の組”とも言われていたE組を首位で通過

     日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ第3戦でスペイン代表に2-1で勝利。ドイツ代表に続く金星を挙げ、“死の組”とも言われていたE組を首位で通過した。スペイン相手に圧倒的にボールを保持された展開にも関わらず、後半の波状攻撃で逆転勝利を収めたサムライブルーを海外メディアが称賛している。

     日本は前半12分、右クロスからFWアルバロ・モラタに決められて失点。初戦のドイツ戦同様に攻め込まれる展開から早々にリードを許した。その後もスペインに圧倒的にボールを保持される展開で、前半はチャンスらしいチャンスがないまま終了した。

     しかし、後半に入ると流れが一変。2分、途中出場のMF三笘薫のハイプレスがきっかけとなって高い位置でボールを奪うと、同じく途中出場のMF堂安律が左足の強烈なシュートで同点。さらにその3分後には三笘の折り返しからMF田中碧が押し込んで逆転に成功した。

     日本はそのまま2-1で逃げ切って勝利。グループ首位で2大会連続の16強入りを決めた。FIFAの公式スタッツによれば、この試合のボール支配率はスペインが74%、日本はわずかに16%(中立が10%)だった。結果とは対照的なこの数字を受け、英国の人気サッカー番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」の公式ツイッターは「日本はポゼッションに何の意味もないことを証明している」と日本の勝利を称賛した。

     第2戦でコスタリカに敗れたものの、グループの“2強”と目されていたスペインとドイツを破って世界を驚かせている日本。決勝トーナメント1回戦では前回のロシアW杯準優勝のクロアチアと激突する。さらなるインパクトを残すことができるだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f2415666593987cac81ca391fec303a5353d0a47

    【【祝砲】対スペイン戦・日本のボール支配わずか16%だった…スペイン撃破に海外メディア衝撃「ポゼッションに何の意味もないことを証明」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/10/05(水) 10:34:43.39 ID:CAP_USER9
    よろず~ニュース 10/4(火) 16:30

     サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長(75)は2日、欧州サッカーの今後について強い危機感をにじませ、若いファンのサッカー離れを止めるためには変化が必要との考えを明かした。

     クラブ総会で「われわれの愛するスポーツは病んでいる。特に欧州で。もちろんスペインでも」と発言。「サッカーは世界一のグローバルスポーツとしての地位を失いつつある」との考えを示した。

     ペレス会長は以前からサッカー界の行く末に懸念を示しており、欧州のトップクラブによる「欧州スーパーリーグ構想」の考案者の一人でもあった。この案は、昨年4月に発表されたが、ファンだけではなく政府、選手から猛反対されてわずか数日後に頓挫した。会長は当時、10代、20代の若者には「サッカーに無関心」の人が増えているデータなどをもとに、試合をもっと興味深いものにすること、試合時間の見直し(短縮化)などにも言及していた。

     今回、ペレス会長は改めて「最も心配なのは、若者のサッカーへの関心がどんどん低下していること。現行の大会フォーマットでは、大会の最終段階でしか観客の関心を集められない」と指摘。”サッカーの生き残り”に向けて、大きな改革が必要だとの考えを示した。

    (ロイター/よろず~ニュース編集部)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/11738d2859398734113a1bf4bfa0a7f8504eb322

    【【悲報】サッカーの”若者離れ”、ヨーロッパで深刻😢】の続きを読む

    このページのトップヘ