終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

「日本のダメ」「他国のダメ」なところを紹介する5chまとめブログです。基本的になんJ / VIPのスレッドから記事を作っています。最近コメントが増えてきました。ありがとうございます。(あまりに酷いコメントは非表示にしております)

    コロナウイルス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/01/27(金) 08:28:37.94 ID:hByAyuNE9
    マネーポスト 1/27(金) 7:15

    日本の市販薬は中国人観光客に大人気(ウェイボーより)
     ゼロコロナ政策の撤廃で中国からの訪日客が日本で直接市販薬を買うことができるようにもなった今、日本国内の薬局で在庫切れが続出しているという。中国人にとって、医療先進国・日本の薬局は宝の山だ。

     春節休暇(1月21~29日)には中国人の来日が本格化するが、、日本の市販薬のなかでも中国人に特に人気が高い商品があることは知っておきたい。流通アナリストの渡辺広明氏が指摘する。

    「中国のウェブサイトなどではコロナ前から日本の一部の市販薬が称賛され、“神薬”として紹介されます。それがSNSで拡散されて中国や台湾で有名になり、訪日客がこぞって買い求めるようになりました」

     2014年には中国のウェブサイト『捜孤(SOHU)』で「日本に行ったら買わねばならない12の神薬」が紹介されて現地で大きな話題を呼んだ。

     今も人気を誇る12の市販薬のうち、コロナで注目されるのが解熱鎮痛薬の『イブクイック頭痛薬』、冷却剤の『熱さまシート』だ。

    「イブクイックは神薬に選ばれたことから認知度が高まり、自宅療養中の発熱や痛みを解消する薬として大変な人気を誇ります。日本に行ったら絶対に手に入れたい薬です。熱さまシートははがれにくくヒンヤリして気持ちいい。急な発熱に備えて常備しておきたい」(広州市在住の中国人男性)

     意外な人気を誇るのが『龍角散ののどすっきり飴』。都内在住の在日中国人男性が語る。

    「中国ではコロナになると『ガラスを飲みこんだように喉が痛い』と表現する人が多い。そうした人が熱心に欲しがるのが龍角散で、私も母国の知人にせがまれて2パックを送りました」

    《龍角散》 龍角散ののどすっきり飴 100g
    《龍角散》 龍角散ののどすっきり飴 100g


     ほかにも目薬の『サンテボーティエ』や口内炎・舌炎治療薬の『口内炎パッチ大正A』、液体絆創膏の『サカムケア』、鎮痛消炎剤の『サロンパス』や『アンメルツヨコヨコ』などがリストに並ぶ。
    【第2類医薬品】サンテボーティエ 12ml【セルフメディケーション税制対象】
    【第2類医薬品】サンテボーティエ 12ml【セルフメディケーション税制対象】

    【第3類医薬品】大正製薬 口内炎パッチ大正A (20パッチ) 口内炎・舌炎治療薬 【送料無料】 【smtb-s】
    【第3類医薬品】大正製薬 口内炎パッチ大正A (20パッチ) 口内炎・舌炎治療薬 【送料無料】 【smtb-s】

    【第3類医薬品】小林製薬 サカムケア 10g
    【第3類医薬品】小林製薬 サカムケア 10g

    【第3類医薬品】サロンパス 120枚 【セルフメディケーション税制対象】
    【第3類医薬品】サロンパス 120枚 【セルフメディケーション税制対象】

    【第3類医薬品】【送料無料!お得な10個セット!】NEWアンメルツヨコヨコ無臭性 80ml 液剤
    【第3類医薬品】【送料無料!お得な10個セット!】NEWアンメルツヨコヨコ無臭性 80ml 液剤

    「いずれの薬も塗りやすさや貼りやすさなどの使い勝手の良さが中国製と段違い。日本ならではの細かな技術を感じます。特にサロンパスやアンメルツヨコヨコは肩こりやひざ痛を抱える高齢者が欲しがります」(同前)

    神薬以外にも「子供用かぜ薬を何としても手に入れたい」
     これらの神薬以外で高い人気を誇るのは風邪薬の『パブロンゴールドA』だ。前出の長澤氏が語る。

    【指定第2類医薬品】【セット】パブロンゴールドA 微粒 44包×10個(セルフメディケーション税制対象)【大正製薬株式会社】【宅配便送料無料】 (6040264-set3)
    【指定第2類医薬品】【セット】パブロンゴールドA 微粒 44包×10個(セルフメディケーション税制対象)【大正製薬株式会社】【宅配便送料無料】 (6040264-set3)

    「この薬は解熱鎮静成分のアセトアミノフェンが配合されており、厚労省はアセトアミノフェン製剤をコロナ治療薬として推奨しています。中国人もそれを知っているから人気があるのでしょう。日本のドラッグストアで購入したら700円ほどですが、中国の転売業者は3000~5000円ほどで転売しているそうです。

     アセトアミノフェン製剤では解熱鎮痛薬の『タイレノール』も人気で品薄になり、薬局で入手しにくい状況だと聞きます」

    【第2類医薬品】タイレノール 20錠 ×2個 ※セルフメディケーション税制対象品 (002699)
    【第2類医薬品】タイレノール 20錠 ×2個 ※セルフメディケーション税制対象品 (002699)

     中国からはこんな声も聞こえてくる。

    「目下、母親たちが求めているのは子供用の風邪薬です。入手困難な状況が続き、“緊急時には大人用の薬の量を調整して飲んでもいい”とのネット情報が出回っているのですが、やはり心配。品質が良い日本の子供用風邪薬を何としても手に入れたい」(北京市在住の中国人女性)

    ※続きはリンク先で

    【【コロナ禍】中国人「私たちが日本で買い占めたい"12の神薬"を教えてあげます」←これ😲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/01/29(日) 20:44:38.03 ID:ufqVkGFa9
    アメリカでは、2023年1月24日時点での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死者数が110万人を突破しており、
    世界で最も多くの犠牲者を出しています。

    世界に先駆けてワクチンを開発し、国を挙げてワクチン接種を進めたアメリカでこれほどの死者が出ているのを見ると
    「結局ワクチンには意味がなかったのでは?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、
    もしワクチンがなければアメリカでの死者数は4倍にも膨れ上がっていたとする研究結果が報告されました。

    アメリカでは、2020年12月に新型コロナウイルスワクチンの接種が始まって以来6億5500万回以上の接種が行われ、人口の80%が少なくとも1回の接種を受けています。

    こうしたワクチン接種プログラムの効果を検証すべく、イェール大学感染症モデリング・分析センターの
    アリソン・P・ガルヴァーニ氏らのチームは、COVID-19のパンデミックとワクチンの影響をモデル化してシミュレーションを行いました。

    研究チームが使用した「COVID-19の年齢層別・病原体ベースモデル」には年齢別のCOVID-19リスク、アメリカの人口統計、
    併存疾患の有病率、パンデミック政策や人々の移動を考慮した接触パターン、ワクチンの効果、ワクチン接種や感染により獲得された免疫の減少など、
    さまざまなパラメータが含まれています。

    このモデルを使って、もしワクチンがなかったらどうなるかの「反実仮想シナリオ」と、実際に観察されたパンデミックの軌跡を比較するシミュレーションを行った結果、

    新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった2020年12月から2022年11月までの間に、ワクチン接種が行われたことで325万人の死亡が防がれ、
    1億1985万件の感染や1860万件の入院が回避されたことが分かりました。

    同期間におけるCOVID-19の死者数は79万8000人、感染症例は8200万件、入院数は480万件であったことを踏まえると、
    ワクチンがなければ死者は4.1倍、感染者は1.5倍、入院者数は3.8倍になり、追加で必要な医療費は1兆ドル(約130兆円)に上ったと推測されます。

    https://gigazine.net/news/20230129-us-covid-death-4x-higher-without-vaccines/

    https://i.gzn.jp/img/2023/01/29/us-covid-death-4x-higher-without-vaccines/s3092_m.pngno title

    【【朗報】イェール大学「もしコロナワクチンがなければ、アメリカの死者4.1倍、感染者1.5倍、入院者数3.8倍になっていた」←これ反ワクどうするの?😅】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/01/22(日) 05:59:24.91 ID:8ML6kXgq9
    めまい、頭痛、異常なまでの倦怠感(けんたいかん)、体力低下―。新型コロナウイルスに感染した後、後遺症とみられる症状(罹患後症状)に苦しむ人が富山県内にもいる。
    「いつになったら、元の生活に戻れるのか」。富山市と魚津市の男性2人に話を聞いた。

    富山市の50代男性が新型コロナに感染したのは2022年2月。発熱や一般的な風邪症状があり、10日間の自宅療養の後、仕事に復帰した。
    しかしその後、腰痛の悪化、原因不明のめまい、頭痛、強い倦怠感を感じるようになった。

    次々と違う症状が出てくるため、休職し、さまざまな診療科を受診した。検査を受けても、結果はいつも「異常なし」で原因が分からない。
    新聞記事で目にした「コロナ後遺症」を疑い、医師に尋ねても、その頃は「因果関係は証明できないよ」と相手にしてもらえなかったという。しかし、後遺症以外に心当たりはなかった。

    県内にはコロナ後遺症に特化した専門窓口もなく、どこに相談すればいいかも分からない。ネットで拾った情報は正しいかどうかも分からない。
    病院を転々とする中、症状は次第に悪化。寝たきりに近い状態にまでなった。それでも自力で情報を集め続け、現在は耳鼻科と内科に通院し、治療を受けている。
    一時期に比べると、体の状態は良くなりつつあるという。

    男性は勤め先の休職期間が満了し、退職せざるを得なかった。何よりも経済的な不安が大きく、妻や子どもに申し訳ない気持ちでいっぱいだ。「早く働かないといけないのに、体が思うように動かず、焦りだけが募る」

    ■頭が回転しない
    魚津市の会社員、朝野修一さん(59)は2022年7月にコロナに感染した。宿泊施設と自宅での療養期間を終えた後も(当時は10日間)、せきや鼻の閉塞感が続いた。
    新たに、急な動悸(どうき)や息切れ、冷や汗の症状も現れた。出勤中に車内で動悸が出て、会社にたどり着けず帰ったこともあった。

    8月中旬には、字がうまく書けない、数を数えられない、パソコンのキーボード操作がうまくできないことに気付いた。
    一時的なもので数日で収まった。「頭が回転していない感じだった」 周囲には療養期間中に回復した人が多く、孤独感と不安が強かった。外に出られず、人と接触できないことも精神的につらかった。
    https://webun.jp/item/7912683#:~:text=%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A

    ★1 21日8時32分クロケット
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1674257546/

    【【終国】コロナ感染後遺症体験談「頭が回転しない」★2】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/01/25(水) 09:48:14.66 ID:u+7RioN89
    >>1/24(火) 6:03配信
    現代ビジネス

     この1月までに、国に死亡一時金と葬祭料(1人あたり合計4441万2000円)を請求していた遺族のうち、20件について救済措置が認められた。

     しかし、ワクチンの安全性を審査する厚生労働省の「副反応検討部会」では、いまだに「ワクチンと死亡との因果関係が否定できない」事例は1件たりとも存在しない―とされている。いわば「ダブルスタンダード」がまかり通っている。

     前編『【遺族証言】「娘はコロナワクチンで血を噴いて死んだ」5万人に1人の割合で延べ1919人の死者が発生』に引き続き紹介する。

    3ヶ月で250件以上の相談が寄せられる「繫ぐ会」

     「今回、ごく一部とはいえ救済措置が認められたのは喜ばしいことですが、一方でどこへ相談していいかわからず、泣き寝入りしているご遺族も多い。まだとば口に立ったばかりだと考えています」

     こう語るのは、ワクチン接種後に亡くなった人の遺族をとりまとめる「繋ぐ会」を昨年10月に発足させた鵜川和久氏だ。会には3ヵ月で250件以上の相談が寄せられた。

     「接種開始から2年近くが過ぎ、肉親の死をようやく冷静に振り返って『やっぱりワクチンと関係があったのではないか』と考える人が増えてきた。これまで『反ワクチンの陰謀論だ』などと揶揄してきた世間の空気も、ようやく変わり始めたように感じます」(鵜川氏)

     冒頭の山本さんをはじめ、今回本誌の取材に応じたのも、「繋ぐ会」に参加する遺族である。その証言は、まさに胸をえぐるようなものばかりだ。

    「救急車を呼んで」 最愛の妻からの最期のお願い

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a4a598788cdf1141480d19127095e8bd8481e82a

    【【悲報】遺族「どうしてコロナワクチン接種後に「容態急変」「吐き気」「頭痛」「脳出血」の不審死が相次ぐの!?」←これワク信どうするの?😅】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2023/01/16(月) 20:22:08.74 ID:1z3gHNXs9
    新型コロナウイルスのオミクロン株の後遺症を巡り、睡眠障害の症状を訴える人の割合が従来の株に比べて増えていることが、
    岡山大病院(岡山市)の調査でわかった。

    専門外来を受診した4人に1人が訴え、従来株の2倍を超える。

    国内初の感染者が確認されてから3年が過ぎたが、後遺症については不明な点も多い。
    同病院は「症状が長期に及ぶこともあり、リスクを軽く見るべきではない」としている。

    同病院は2021年2月、新型コロナの後遺症の専門外来「コロナ・アフターケア外来」を開設した。
    大学病院としては全国的にも早い取り組みで、22年12月末までに12都府県526人が受診。

    〈1〉20年の感染当初から流行した従来株(115人)〈2〉21年夏から流行したデルタ株(133人)
    〈3〉22年初めから流行したオミクロン株(278人)――の3種類で症状を分析した。

    その結果、オミクロン株では睡眠障害が27%に上り、従来株(12%)、デルタ株(13%)の2倍以上に増え、
    倦怠感や頭痛を訴える人も多かった。一方、嗅覚障害や味覚障害を訴える人はデルタ株の約4分の1に減った。

    外来を担当する大塚文男副院長によると、睡眠障害を訴えた人のうち75%で布団に入ってもなかなか眠れない入眠障害、
    40%で夜中に目が覚めて眠れない中途覚醒の症状があった。

    後遺症を巡っては、米国の後遺症専門外来を受診した患者で、睡眠障害を訴えるケースが40%を超えたとの報告もある。

    大塚副院長は「子どもの場合、睡眠障害は通学などに影響が出る恐れもあるなど、生活への支障が大きい。
    ワクチン接種をはじめとする対策で、まず感染しないことが重要だ」と話す。


    舘田一博・東邦大教授(感染症学)の話 「ウイルスの株ごとに後遺症の傾向が違う可能性があるという重要な調査だ。
    変異株によっては細胞への影響が異なり、症状が変わることはあり得る。株ごとに攻撃を受けやすい臓器や細胞の種類などを検証していくことも必要だろう」
    https://www.yomiuri.co.jp/medical/20230116-OYT1T50139/

    【後遺症】コロナ感染後の睡眠障害報告相次ぐ 眠れない、悪夢を見る、夜中に目を覚ます、18時間も寝てしまう等々
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1668478573/

    【【悲報】コロナ感染後遺症に辛い「睡眠障害」、オミクロン株は従来株の2倍超😭】の続きを読む

    このページのトップヘ