ピンキリ速報 - レスバもまとめる5chブログ -

レスバトがメインの5chまとめブログにしようと思います。

    レスバ

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/21(土) 21:24:51.716 ID:DIEzvN270
    バカじゃんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    【月収16万で毎日ペヤング食ってるけど、贅沢に金使う奴ってバカすぎwww ← これ】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/01/05(日) 08:58:13.79 ID:Jrh9dbJT0
    ヤバすぎやろ西日本人


    【ピンキリ管理人補足】スレタイがあまりにアレやったので微調整してます。


    【西日本人「牡蠣うまっ……!」 ワイ日本人「うわあ…(海の汚染物質いっぱい詰まってるのに)」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/01/05(日) 10:49:22.09 ID:+Sj5EZ+2a
    ローマ時代のヨーロッパ人が作った現存建造物

    紀元前25年のパンテオン
    no title


    西暦139年のサンタンジェロ城
    no title


    西暦70年のコロッセオ
    no title


    【【新春レスバ祭り】日本人「法隆寺(607年)は世界最古!日本人すごい!」ワイ「ローマ時代って知ってる?」】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/12/16(月) 08:37:01.18 ID:iFm1MJ2P9
    (ブルームバーグ): ドイツが第5世代(5G)移動通信ネットワーク機器のサプライヤーから中国の華為技術(ファーウェイ)を除外するなら、中国は報復に出ると中国の呉懇・駐ドイツ大使が警告した。報復について具体的な説明はなかったが、数百万台のドイツ製自動車が中国で販売されている事実を指摘した。

    独紙ハンデルスブラットが14日に開いたイベントで、呉大使はビデオを通じて、「ドイツ市場からのファーウェイ除外につながる決定を同国政府が下した場合、重大な結果を招くことになる」と指摘。「中国政府は黙って見過ごすわけにはいかない」と言明した。

    メルケル首相率いるドイツ連立政権内では、ファーウェイ排除を訴える声が一部議員の間で強まっている。

    2019/12/16 00:48 Bloomberg
    https://news.goo.ne.jp/article/bloomberg/business/bloomberg-Q2K5KOT0G1KW01.html


    【【悲報】中国さん、ドイツに警告!「ファーウェイを5G市場から排除なら重大な結果を招くことになるぞ!」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/12/05(木) 12:41:16.20 ID:c+9OIEKe0





    https://www.nttec.com/news
    no title

    https://twitter.com/5chan_nel
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【終戦】ひろゆきさん、裁判で負ける 】の続きを読む

    1: スヌスムムリク ★ 2019/11/30(土) 09:38:54.42 ID:XMIi/lT49
    中3から毎日描き続けた結果、3年後にはこんな作品が描けるようになりました――。
    高校生色鉛筆画家の「ビフォアー・アフター」のツイートが注目を集めています。
    「まだスタートラインに立ったにすぎないんです」と話す彼に話を聞きました。

    今月26日、ツイッターアカウント「長靴をはいた猫(@erumo_0384)」が、こんなつぶやきを投稿しました。

    「3年間ほぼ毎日絵を描き続けた結果。中3(絵の具)→高3(色鉛筆)」

    ツイートには2枚の絵が添付されていて、1枚は中3の時に絵の具で描いた、水辺に座った猫。もう1枚は高3になって色鉛筆で描いた猫です。

    明らかに上達が感じられるこの比較に対して、「すごい成長」「中3の時点で既にうまい」といったコメントが寄せられ、リツイートは4万、いいねは22万を超えています。


    ■作者は高校3年生

    「中3の作品は夏休みの宿題で、高3の作品はTwitter上でプレゼント企画として描いた作品です」

    そう話すのは「長靴をはいた猫」こと、京都在住の高校3年生・安部祐一朗さんです。

    母親が絵が好きで、中3の夏休みの宿題もアドバイスをもらって描いたという安部さん。

    色鉛筆画をはじめたきっかけは、中3の時に進路について考えたことでした。

    「メイクアップアーティストになりたいという夢があり、高校の入学祝いで買ってもらった色鉛筆で、色の濃淡などの勉強として描き始めたんです」

    ■最後まで手を抜かない

    「3年間ほぼ毎日絵を描き続けた」とツイートしている通り、どうしても描けない日以外は、長い時で1日8時間、最低でも1時間は描いたといいます。

    「テスト期間でも、少しの休憩のつもりで絵を描いていたら1時間経っていた、なんてことばかりです」

    手軽ながらも、塗り重ねれば新しい色が生まれる面白さ、完成した時の達成感に魅力を感じるそうです。

    描く上で心がけているのが「最後まで手を抜かないこと」。動物の表情や背景のボケなどをしっかり理解しようと意識しています。

    中学の時に塾講師に言われた「成功にはなんのトリックもない ただほんの少し人より努力すればよい」という言葉を大切にしているそうです。

    ■「ここでゴールではありません」

    ツイートが話題になったことについては、こう話します。


    話題になっていることで、「継続は力なり」といったコメントや、「写真でいいじゃん」というお声もいただきました。

    今までは、見本と比べて「ここが違う」とネット上で指摘を受け、うまくなろうと描き続けました。

    ですが、ここでゴールではありません。まだスタートラインに立ったにすぎないんです。

    この大切な基礎を生かして、今後の色鉛筆作品も、春から進学予定の美容学校の方も、結果を残して進み続けます。


    画像:上が中3の時、下が高3の時に描いた作品(出典: 安部祐一朗さんのツイッター)
    no title

    no title


    画像:安部祐一朗さんのツイート(色鉛筆画が出来上がる過程)



    ソース:withnews(ウィズニュース) 2019年11月29日

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【ひどいレスバを見た】3年間ほぼ毎日描き続けたら…色鉛筆画の高校生の「ビフォアー・アフター」ツイートが話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ