ピンキリ速報 - 真面目〜アホなレスバをまとめるブログ -

レスバトがメインの5chまとめブログにしようと思います。

    ペット・ペットショップ

    1: ニライカナイφ ★ 2019/11/25(月) 21:27:15.96 ID:ExRp0RwS9
    ペットと飼い主の関係をイラストで分かりやすく解説した「ペット別 飼い主関係性」に、共感の声が相次いでいる。

    ミカサにゃんの飼い主さんが11月23日、「ペットの種類によって飼い主との関係が全然違うことが面白かったのでまとめてみました」というコメントとともにTwitterに投稿したイラストが共感を呼び、リツイートは2万件を超え「いいね」は5万件を超えている。
    イラストでは、猫、犬、鳥、亀と飼い主との関係性がイラストと一言コメントで説明されている。

    猫は「猫は宗教」というタイトルで「どんなに家をボロボロにされても、噛まれても、シカトされても飼い主は自分よりも猫を優先し、『お猫様は神』と口々に呟く。もはや狂信者である」と解説されており、
    犬は「犬は主従」というタイトルで「忠犬という言葉があるように、犬は飼い主に永遠を誓い、寄り添い飼い主は良き主人であるように務める。古代より続いている素晴らしい関係」とコメントしている。

    鳥は「鳥は恋人」というタイトルで「1人の主人に心を許しベッタリなのだという。
    友人の飼い鳥は気合いで想像妊娠のすえ飼い主との卵を産んだ。鳥すごい」というコメントが、亀は「亀は介護」というタイトルがつけられ、「食べるのがヘタ。移動もヘタ。しかも気がついたらひっくり返ってる。君たち、野生でどうやって生きてるの?」というコメントが記載されている。

    作者は、イラストを作成したきっかけは「違う種類のペットを飼っている方と見比べたとき、ペットと飼い主の関係性の違いに気付いた。その違いがとってもおもしろかった」と答えている。
    作者は現在三毛猫を飼っていて、以前には鳥やハムスター、金魚や熱帯魚など様々な種類の動物を飼育していた経験があるという。

    no title

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00010020-abema-soci


    【【動物タイム】ペットと飼い主との関係性を描いたイラストに共感相次ぐ 「猫は宗教」「犬は主従」「鳥は恋人」「亀は介護」】の続きを読む

    1: 1号 ★ 2019/11/21(木) 17:40:18.67 ID:vAVvmMNO9
    no title

    日本動物福祉協会がレスキューに入った、引き取り屋の施設。積み上げられたケージのなかの犬猫は皆やせ衰えていた

     市場規模が1兆5000億円を上回る、大規模な日本のペット産業。基盤となっているのが、子犬や子猫を扱うペットショップだが、その裏には「動物=商品」と見なす、残酷な現実が隠されている。

    no title

    引き取り屋の施設に格安価格で引き取られた犬猫は糞が溜まったまま不衛生な環境を強いられている

     前回記事では、週に2回、生後間もない子犬や子猫を「新入荷」したペットの生体展示販売店の実態をお伝えしたが、今回は「賞味期限」が切れた犬や猫の末路について衝撃的な現実をリポートする。

    不用となった動物は引き取り屋で「燃えるゴミ」として処分も
    “賞味期限”が切れたら処分する。それが生体展示販売ビジネスの現実だ。では“不用”になった動物はどうなるのか。

     公益社団法人「日本動物福祉協会」の町屋奈(ない)氏によると、近年ペッショップなどで売れ残った犬猫や、繁殖業者が抱える繁殖能力の衰えた動物などを有料で引き取る「引き取り屋」の存在が問題視されているという。

    動物愛護法改正で「引き取り屋」がクローズアップ
    「以前は、売れ残った犬猫は保健所などの自治体に持ち込まれて処分(多くは殺処分)されるのが主流でした。しかし’13年施行の動物愛護法改正で、自治体は業者からの引き取りを拒否できることになった。その結果、あぶれた動物の処分に困った業者の受け皿として、有料で犬猫を引き取ってくれる引き取り屋がクローズアップされてきたのです」(町屋氏)

     動物を有料で引き取ることは違法ではない。問題にされているのは、引き取った動物への虐待行為が疑われる業者が多いという点だ。

    「面倒を見切れなくなって生きたまま山中に遺棄するという事例もあります。これはれっきとした虐待ですが、日本人には『生きている動物を野に放つならいいじゃないか』という発想があるようで、事件化しにくい」(同)

     店の裏で放置されたまま死を待つのか、暗躍する引き取り屋の虐待的環境のもとで飼い殺しにされるのか。いずれにしても、行き場を失った動物たちを待ち受ける未来は、あまりにも過酷だ。

    残酷な最期
     ペットショップの裏側では、劣悪な環境でモノ同然に扱われ続けた犬猫が病気で命を落とすことも珍しくない。都内にあるホームセンター内のペットショップに勤めていたAさんの店で亡くなった犬猫の驚くべき扱われ方の実態を証言した。

    「犬や猫が亡くなっても裏にただ放置するだけですよ。死骸を新聞紙に包み、ビニール袋に入れて縛って、ポンと置いておく。店員はそこで仕事をするんです。そして死臭が強くなってきたら、経営者が燃えるゴミに出しに行きます」

     ほかにも「死骸をドラム缶に入れて焼いている」「死骸を冷凍してハンマーで粉々に砕いて捨てた」といった残酷な証言も得られた。壊れて動かなくなったおもちゃを捨てるがごとく、死んだ動物を“始末”する。そこには命の尊厳などみじんも感じられない。

    11/21(木) 8:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191121-00206229-hbolz-soci


    【【一部閲覧注意】「売れ残った」ペットの引き取り屋が残酷すぎる件……。】の続きを読む

    このページのトップヘ