ピンキリ速報 - レスバもまとめる5chブログ -

レスバトがメインの5chまとめブログにしようと思います。

    学問

    1: 風吹けば名無し 2019/11/20(水) 17:22:13.20 ID:g7wvjSZJ0HAPPY
    嫌われる勇気ってそういう本じゃないんだよなぁ...バカ丸出しおしりまるだし


    2chまとめランキング
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村

    【【朗報】ワイ「アドラーの『嫌われる勇気』読んだ!」お前ら「既に全員に嫌われてるから安心しろ」 →】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/01/05(日) 10:49:22.09 ID:+Sj5EZ+2a
    ローマ時代のヨーロッパ人が作った現存建造物

    紀元前25年のパンテオン
    no title


    西暦139年のサンタンジェロ城
    no title


    西暦70年のコロッセオ
    no title


    【【新春レスバ祭り】日本人「法隆寺(607年)は世界最古!日本人すごい!」ワイ「ローマ時代って知ってる?」】の続きを読む

    1: サンダージョー ★ 2019/12/16(月) 12:05:49.53 ID:CAP_USER
    12/14(土) 7:21配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191214-00010000-nknatiogeo-sctch
    no title


    存在自体が長く議論の的だった、香りをつける「獣脂説」は誤り

     古代エジプト美術には、頭に円すい形の「何か」を載せた人々が登場する。パピルスの巻物やひつぎに描かれた王族の晩さん会や神聖な儀式には、頭に円すいを載せた男女が集まっている。特定の神々と結び付くとされた、出産の風景を描いた作品に描かれることもある。

    写真:エジプトで発掘された女性の遺骨。円すい形の物体が頭に載せられている
    no title


     古代エジプトでは1000年以上にわたり、この円すいが広く描かれ続けたが、実在したかどうかは不明で、その意味も解明されていなかった。この謎めいた物体が発掘されたことはなく、一部の学者は単なる象徴にすぎないと考えるようになった。キリスト教美術の聖人や天使の図像に描かれた光背のようなものだ。

     12月10日付けで学術誌「Antiquity」で発表された最新の論文によれば、ある国際的な考古学チームがついにこの円すいを発見した。

     円すいが発掘されたのは、古代エジプトの都市アマルナの共同墓地。ツタンカーメンの父とされるアクエンアテンが建てた寺院のある場所だ。

     アマルナは紀元前14世紀に急いで建設され、わずか15年ほどで放棄された。当時の人口は約3万人。豪華な墓地に埋葬された上流階級層は10%程度で、残りの一般市民は質素な墓地に埋葬された。一般市民の墓地で価値あるものが見つかることは少ないが、2009年、アマルナ・プロジェクトのメンバーたちが謎の円すいの遺物を発見した。アマルナ・プロジェクトは英ケンブリッジ大学が主導するプロジェクトで、ナショナル ジオグラフィック協会も資金援助を行っている。

     すでに発掘調査から10年たっているが、オーストラリア、モナシュ大学の考古学者アナ・スティーブンス氏は、円すいを発見した日のことをはっきり覚えている。そのとき、「これはたぶん円すいよ!」とプロジェクトメンバーのメアリー・シェパーソン氏が叫んだ。スティーブンス氏が駆け寄ると、女性の頭蓋骨の上にそれがあった。スティーブンス氏はアマルナ・プロジェクトのアシスタントディレクターで、現在、共同墓地の調査の指揮を執っている。

    「私たちがそれまでほかの墓地で見てきたものとは全く違いました」とスティーブンス氏は振り返る。しかし、それは古代エジプト美術でよく目にする奇妙な円すいにそっくりだった。その後、性別不明の大人の墓地からも、別の円すいが発見された。

    脂の塊ではなかった

     存在を疑う学者がいる一方で、円すいには広く支持されている仮説が1つ存在する。頭の円すいは香り付けした獣の脂の塊で、体温によって少しずつ溶け、良い香りを放つヘアジェルのような役割を果たしていたという説だ。スティーブンス氏らが調査を完了するまでに10年近くかかったのは、それを検証する必要があったからだった。

     その結果、アマルナで発掘された遺物は、円すいは古代の整髪料だったという説を否定しているようだ。その構造は塊ではなく中空で、黒褐色の有機物に覆われていた。有機物は織物だろうと研究チームは考えている。

    (続きはソースで)


    【【朗報】古代エジプト人が頭に載せた謎の物体、ついに発掘! → これ】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/12/14(土) 18:11:41.56 ID:CAP_USER
    多くの著名経営者を輩出してきた米国のトップ大学で、経営学修士号(MBA)を取得する日本人留学生が10年間でほぼ半減している。帰国後に退社が相次ぐことなどから、企業が社費留学を抑える動きが広がったことが一因だ。名門校で国際的なビジネス感覚を学ぶ若い人材を増やし、日本の競争力を高めるためにも、より効果的な留学制度のあり方を検討していく必要がありそうだ。

    人材会社アクシアム(東京・港)がMBAを取得で…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53357040T11C19A2EA5000/


    【【悲報】米MBA留学の日本人半減してしまう。さらに「帰国後すぐ退社」しまう事態も。】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/12/10(火) 08:23:13.74 ID:8VDdVyqka
    麻酔はおろか特効薬もあるはずなく、はしかなどの感染症にかかっても当たり前のように死んでて梅毒、結核なども現代の癌に値する不治の病

    唯一の治療法が神社や寺に祈りに行く事や薬草


    【【教養】江戸時代って、平均寿命34歳やったん?】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/12/12(木) 15:35:13.73 ID:CAP_USER
    「野蛮な行為として許せない」北朝鮮、豊臣秀吉の朝鮮出兵を非難


    北朝鮮国営の朝鮮中通信は11日、日本が朝鮮の金属活字を奪ったと非難する記事を配信した。

    同通信は、「朝鮮民族は、世界で初めて人類文化発展史上、画期的な出来事の一つとなる金属活字を発明して使用することによって、
    世界出版・印刷の発展に寄与した」と主張した。

    一方、文禄・慶長の役(1592年~1598年)の間に、「日本侵略軍は戦争の期間、朝鮮で20万個以上の金属活字を略奪した」と述べた。

    そのうえで、「日本が過去、朝鮮で働いた金属活字略奪蛮行は朝鮮民族の文化を抹殺し、
    その発展を阻む野蛮な行為として許せない犯罪である」と非難した。
    https://dailynk.jp/archives/128385

    【朝日新聞】G20記念撮影 背景は朝鮮半島を侵略した豊臣秀吉の大阪城、韓国反発の可能性も★3
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1558608212/


    【【速報】北朝鮮さん、豊臣秀吉の朝鮮出兵を厳しく非難! 「野蛮な行為として許せない」 → は?】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/12/08(日) 18:43:54.38 ID:rXFNyX9T9
    2019年12月8日 11時1分
    デイリー新潮

     失効期限直前になってGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の“破棄凍結”を決定したうえ、日本を相手取ったWTO(世界貿易機関)提訴も取り止めに……。米国からの「脅し」がこたえたのか、ここにきて韓国は大人しくなった。が、そこは「困ったお隣さん」である。終わることなき反日に気を抜くことなかれ。

     ***

     考えてみれば、韓国が簡単に反日を引っ込めるはずがないことは、彼らの過去の言動を顧みれば自明の理と言える。慰安婦問題、徴用工問題、日本製品の不買運動に反安倍デモ……。このように反日は彼の国に染みついていて、例えば意外なところでは次のような反日運動も展開されているのである。


    「毎年10月9日は『ハングル(韓国語)の日』に制定されているんですが、今年もその日の前後に、『日本語狩り』とでも言うべき運動がメディアで取り上げられていました」


    近くて遠い「隣人」
     と、ある韓国人ジャーナリストが説明する。

    「今でも日本統治時代の影響が残っている韓国では、言葉の面でも日本の『遺産』のお世話になっています。つまり、『日本由来語』が『韓国語』として定着し、そのまま使われている例が多数見られるんです。例えば『チャンポン』。炒碼麺のことを韓国の人はチャンポンと呼び、『混ぜ合わせる』を意味する『チャンポンする』という言い方も定着しています。しかし、日本の影響を否定するために、こうした言葉遣いは避けるべきだとメディアや識者が主張しているんです」

     実際、全国紙の中央日報(9月21日付)には、〈日本の克服、言語生活から〉という見出しの記事が掲載されたりしている。

    「チャンポン以外にも、『うどん』『おでん』『わさび』は日本由来語なので使うべきではないとか、『カラオケ』は『録音伴奏』と言うようにして、『ハムバ(飯場)』は『現場食堂』に、『モンペ』は『仕事用ズボン』、『チラシ』は『宣伝紙』、『分配』は『各自払い』に言い換えようという声も上がっています。それを言うなら『大統領(デトンニョン)』も『首相(スサン)』も『閣僚(カンニョ)』も日本由来語で、これに代わる韓国語は生み出されていないんですけどね……」(同)

     この「日本語狩り」運動を突き詰めると、「文在寅(ムンジェイン)大統領」は「文在寅ホニャララ」と呼ばざるを得なくなるわけだが、何はともあれ、ここまで反日を貫く韓国が、「GSOMIA後」に突然それを改めると考えるのは、やはりウブに過ぎると言えよう。

    「反日有理」で、あれもこれもチャンポンするのはご勘弁願いたい。

    「週刊新潮」2019年12月5日号 掲載

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17495190/


    【【悲報】韓国さん、日本語狩りに手を出してしまう…… 「モンペ」「うどん」「チャンポン」「カラオケ」「大統領」は使ってはならない? 】の続きを読む

    このページのトップヘ