ピンキリ速報 - 真面目〜アホなレスバをまとめるブログ -

レスバトがメインの5chまとめブログにしようと思います。

    労働・働き方

    1: trick ★ 2019/11/26(火) 00:11:43.09 ID:CAP_USER
    さらば正社員 タニタ流「個人契約」が雇用を変える  :日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52473440S9A121C1X12000/
    2019/11/25 2:00日本経済新聞 電子版

    正社員の根幹をなす終身雇用や新卒一括採用などに疑問を投げかける経済人や経営者の発言が目立ってきた。戦後の日本経済を支えてきた正社員制度は今後も不変なのか。ニュース解説イベント「日経緊急解説Live!」を11月12日に開催し、社員を個人事業主契約に切り替えているタニタの谷田千里社長と正社員の行く末を話し合った。

    タニタは2017年に大胆な雇用制度を導入した。社員に1度退職してもらい、個人事業主として会社と契約を結び直す。契約切り替えは強制ではなく、本人の希望を聞く。現在社員の約1割に相当する27人が個人事業主として働いている。

    「どうすれば社員のやる気を高められるか」。08年の社長就任時から思い悩んでいたという。優秀な社員にこそ主体的に生き生きと働いてほしい。考え抜いた末に「正社員を辞めてもらう」という逆説的な発想に至った。

    ■3年で契約更新

    個人事業主は就業規則に縛られない。毎日出社する必要はないし、1日数時間勤務でも構わない。ライフスタイルに応じて柔軟な働き方も選べる。副業も自由。


    【【裏タニタ流】働き方改革=社員に1度退職してもらい、個人事業主として会社と契約を結び直す → えっ!?】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/11/26(火) 07:41:28.72 ID:Nwl6qh9p9
     岡山県内でベトナム人の失踪が増えている。県警が今年、行方不明届を受理したのは9月末現在で126人と前年同期(116人)を上回るペースで推移し、国籍別に見ても突出して多い。外国人技能実習生の受け入れが加速する中、待遇への不満から実習先を抜け出すケースが相次いでいるとみられる。

     県警は国籍別の行方不明届について2017年以降の受理状況を取りまとめている。それによると、ベトナム人は17年に71人だったが、18年は152人と2倍以上に増え、外国籍全体の67・0%を占めた。2番目に多い中国人(29人)、3番目のカンボジア人(25人)などと大きな差がついている。

     県内で在留資格を持つベトナム人は18年末現在で7434人。親日国である上に同国政府が積極的に労働者を送り出していることもあって、この10年で10倍以上になった。技能実習生は5096人と全体の68・5%を占めている。

     行方不明届の大半は実習生を受け入れている職場の関係者が出しているとされる。県警外事課は「実習生がより賃金の高い仕事を求めて実習先から失踪し、不法就労するケースが多いとみられる」とする。

     背景には実習生の過酷な労働環境もある。実際、岡山労働局が17年度に県内の171事業所を抽出して実施した調査では、約6割に当たる104事業所で賃金不払いや長時間労働といった法令違反が確認された。

     実習生を巡っては、美作市で10月、建設現場で不法就労していたベトナム籍の12人が逮捕されるなど県内でも摘発が相次いでおり、同課は「不法就労者が増加すれば社会に不安を招く。取り締まりの強化とともに、実習生法令を教える研修を開くなどの対策を講じていく」としている。

    (2019年11月24日 09時00分 更新)
    https://www.sanyonews.jp/article/961168/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
    no title


    ★1が立った時間 2019/11/25(月) 13:23:33.26
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574655813/


    【【悲報】行方不明ベトナム人急増 → 警察「不法就労者取り締まる」なおブラック企業はスルーする模様。】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/11/24(日) 11:27:02.39 ID:rqNj7r9W9
    来年4月、賃金や手当、福利厚生すべてについて、正社員と非正規社員の格差を埋めようとする同一労働同一賃金関係2法が施行される。格差是正のため、企業は正社員側の家族手当や住宅手当の縮小を始めているが、正社員の気持ちは生活保障給の一部である手当削減に追いつかない。

    ■日本郵政、住居手当や年末手当など廃止へ

    「なぜ手当廃止や見直しを受け入れたのか」「年収ベースの賃金は確保してほしい」。2018年、日本郵政…

    2019/11/23 9:39日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52450760R21C19A1KNTP00/


    【【悲報】正社員さん、同一労働同一賃金で家族手当、住宅手当が消えてしまう → 非正規さん「格差是正って下に合わせちゃうのね……」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/22(金) 20:48:04.37 ID:CAP_USER
    人材紹介のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは2019年11月21日、高いスキルを持った人材の需給効率を分析した調査「グローバル・スキル・インデックス」の結果を発表した。高スキル人材の確保が容易かどうかを示す指標「人材ミスマッチ」で、日本は調査対象34の国・地域の中で下から2番目だった。AI(人工知能)やビッグデータの技術者が特に不足している状況も改めて浮き彫りとなった。

    人材ミスマッチをはじめ、市場のニーズに適した教育制度を整えられているかを示す「教育の柔軟性」や、高スキル人材の過不足を賃金面から評価する「専門性の高い業界における賃金圧力」など7つの指標を0~10で数値化した。最適な状態を「5.0」とし、10に近づくほど「人材の確保が難しい」「教育制度が人材供給に役立っていない」「人手不足などで専門業界の賃金が上昇する圧力が高い」といった状況を示す。人材ミスマッチにおける日本のスコアは9.8と「世界最悪クラス」だった。

     アジア太平洋地域で日本に次いでスコアが高かったオーストラリア(人材ミスマッチスコアが6.1)やシンガポール(同6.1)を大きく引き離した。同社のリチャード・アードリーマネージング・ディレクターは、ミスマッチの拡大を防ぐには「雇用年数や年齢でなく個人のパフォーマンスに基づいた報酬制度の導入」「入社時の能力でなく学習意欲やコミュニケーション力、創造性などに着目した多様な採用体制」などが重要とした。

    グローバル・スキル・インデックスは英ヘイズが英オックスフォード・エコノミクスと共同で実施しており、今回で8年目となる。
    no title

    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/06512/


    【【知ってた定期】調査会社「日本の人材不足は『世界最悪クラス』】の続きを読む

    1: みつを ★ 2019/11/20(水) 08:16:32.81 ID:STSBCqme9
    https://news.livedoor.com/article/detail/17404943/

    ライブドアニュース
    世界人材ランク、台湾が20位に躍進 日本は35位=IMD調査
    2019年11月19日 18時42分 中央社フォーカス台湾

    (ブリュッセル中央社)スイスのビジネススクール、国際経営開発研究所(IMD)が18日、63カ国・地域を対象とした最新版の世界人材レポートを発表した。台湾は20位と前回より7つ順位を上げ、同調査が始まった2013年以来の最高位となった。

    世界1位はスイス。2位以下はデンマーク、スウェーデン、オーストリア、ルクセンブルクで、上位5位を欧州勢が占めた。アジア1位はシンガポール(世界10位)。香港(同15位)、台湾、マレーシア(同22位)、韓国(同33位)、日本(同35位)がこれに続いた。


    ランキングは「人材への投資と育成」「人材にとっての魅力」「人材活用の準備性」の3分野をそれぞれ100点満点で評価したもの。台湾は準備性が12位と、前回の27位から大きく前進。投資と育成は24位(前回25位)、魅力は29位(前回32位)で、いずれも前回の評価を上回った。

    台湾の躍進の主因としては、人材の準備が十分だったことが挙げられている。同分野に関する項目別評価では、「PISA(学習到達度調査)レベル」(2位)や「理工系出身者の多さ」(3位)が上位だったほか、「熟練労働者」(26位)、「金融人材」(22位)、「上級管理職の国際経験」(36位)などで前回よりも評価を上げた。

    一方、「生活コスト」(48位)、「頭脳流出」(46位)、「外国高度人材にとっての魅力」(48位)など、魅力に関する項目別評価で振るわないものが目立った。

    (唐佩君/編集:塚越西穂)

    ★1の立った時間
    2019/11/20(水) 02:06:09.64

    前スレ
    【世界人材ランク】台湾が20位に躍進 日本は35位=IMD調査 2019
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574183169/


    【【朗報】台湾さん、世界人材ランクで日本(35位)を抜いて20位に躍進 = IMD調査】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/18(月) 17:53:05.43 ID:CAP_USER
    ガストの「1人用ボックス席」が、カフェやコワーキングスペースより、仕事がはかどると評判だ。経営コンサルタントの勝木健太氏は「ガストの1人用ボックス席は“三拍子”そろっている。これ以上の仕事環境を私は知らない」という――。

    すかいらーくグループが運営するガストでは、東京都や神奈川県を中心にいくつかの店舗で「1人用ボックス席」を設置している。席数の多い順に、ガスト赤坂見附店で17席、ガスト新橋店で12席、ガスト亀有駅北口店で9席となっている(すかいらーくグループホームページより、2019年5月23日時点)。

    筆者自身、ワークスペースとして、カフェやコワーキングスペースを利用することもあるが、最近ではガストの1人用ボックス席を利用することが増えている。もっといえば、日本屈指のヘビーユーザーではないかと自負している。「全席に電源がある」「個室で作業に集中できる」「充実したドリンクバーが飲み放題である」と三拍子そろっており、とにかく環境が抜群なのだ。

    ちなみに、ガストは2人席の場合でも、2席のうちの1席がカバン置きとして利用されており、実質的に1人席となっていることも多く見受けられる。また2人席が2人で利用されている場合でも、ビジネスパーソンによる軽めの打ち合わせなどが行われていることも多い。

    都心の店舗に限っていえば、ガストをはじめとするファミレスの多くは、ファミリー向けに「レストラン機能」を提供しているのではなく、むしろ、ビジネスパーソン向けに「コワーキングスペース機能」を本格的に提供しはじめているのではないかとすら思えてくる。
    no title

    https://president.jp/articles/-/30795


    【【朗報】経営コンサルトさん「ガストの「1人席」は最高に仕事が捗る!」と絶賛 → ネットの声「貧乏臭い」「コンサルタントwww」】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/15(金) 17:54:54.87 ID:CAP_USER
    効率性の追求を狙いに原則として20時以降の残業を原則禁止、早朝勤務へシフトを促す「朝型勤務制度」を導入する伊藤忠商事。意識改革に続き、ペーパレス化の推進や業務プロセスの改善など改革を進めてきた。足元では人材活性化に向けた取り組みを通じ、付加価値の高い業務へのシフトを目指している。

    「業務を効率化することで、お客さまへ効果的に対応することが狙いだった」―。西川大輔人事・総務部企画統轄室長は、2013年に導入した朝型勤務制度を振り返る。

     11年に発生した東日本大震災。震災対応で顧客が早朝から活動している中、伊藤忠商事ではフレックス(時差勤務)制度を適用して出社し、朝一番に連絡が十分にとれなかったケースが生じた。これを解消し、顧客対応を徹底することを目的に20時以降の残業を原則禁止し、朝にシフトする「朝型勤務制度」は導入された。

     早朝勤務のインセンティブ(意欲刺激)として深夜勤務同様の割増賃金を支給し、8時前に始業する社員に軽食を無料で配布する。制度導入前の12年度には20時以降に退社する社員が全体の約30%を占めていたが、現状は約5%まで減少。8時前に出社する社員は、導入前の約2割から現在は約5割へ達しようとしている。

     あわせて「健康経営も重要施策として向き合っている」(西川室長)。具体策の一つががんとの両立支援に向けた体制の構築だ。

     17年、ある社員(故人)から岡藤正広社長(現会長)に宛てられたメールには、自身ががんと闘病している中で周囲に支えられ、会社に対して感謝する内容だった。

     同年8月、同社では、がんとの両立支援施策を構築。早期発見率を高めるため、40歳以上の社員にがん特化検診を義務付け、予防や治療として民間企業では初めて国立がん研究センターと提携した。がんと闘っている社員に対しては“がんとの共生”を評価指標に反映させた。支えとなる支援体制を作っていくことで、組織力をさらに高めていく狙いがある。

     働き方改革を推し進めるために、全社統合データシステムやRPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)などを導入。定型業務を自動化し、人為的なミスの防止を図りつつ、創出した時間は営業などにシフトさせていく。

     目下のテーマは人材活性化。10月から東京本社の社員約2500人を対象に米ビアトランスポーテーション(ニューヨーク州)の技術を活用したオンデマンド(注文対応)型乗り合いサービスの運用を開始。勤務時間に活用し、社員の移動時間短縮による効率化やコストの削減を図る。さらに21年に東京本社の仮移転を見据え、西川室長は「既存文書の電子化を一段と進めたい」と話す。

     健康で効率よく働き、しっかり稼ぐ。働き方改革は伊藤忠の企業理念である売り手よし、買い手よし、世間よしの「三方よし」の精神にもつながっているとも言えそうだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00010002-newswitch-ind


    【【朗報】一流企業伊藤忠さん、ほぼ5割が8時前出社】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/11/16(土) 18:29:51.65 ID:CAP_USER
    81歳でiPhoneのアプリを開発し「世界最高齢のプログラマー」と呼ばれた女性がいる。若宮正子さん(84)だ。「シニアにこそ情報技術(IT)を使ってほしい」という思いから、国内外での講演や本の執筆など活動の幅を広げ、自らをITエバンジェリスト(伝道師)と称する。

    ◇   ◇   ◇

    北欧のエストニアがIT先進国だと聞き、6月に1人で現地に行ってきました。電子政府をシニアがどう活用しているかを調べる…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52125080T11C19A1I00000/


    【【朗報】若宮正子さん(84)、人生に「遅い」はないとシニア世代にITを広め続ける。】の続きを読む

    このページのトップヘ