ピンキリ速報 - 真面目〜アホなレスバをまとめるブログ -

レスバトがメインの5chまとめブログにしようと思います。

    ライフハック

    まずは関連ニュースから。
    【【朗報】老舗「軽減税率とかお客さんも不安よな、わかば動きます」 → Twitter民大絶賛www】の続きを読む

    このグラフ作ったヤツさぁ、自分で作ったの見てみて何も思わなかったわけ??

    新iPhone、どれ買う? - マイナビニュース調査 | マイナビニュース news.mynavi.jp/article/201909… #マイナビニュース pic.twitter.com/ZcuynnxEHW
    【【必見】Twitter民「ダメグラフがあったから直した」→めちゃくちゃ勉強になる!!!】の続きを読む

    【【問題】今年店をオープンしました。嘘をつかず老舗の雰囲気を作ってください。 → 解答例がこちら!】の続きを読む

    【【ダメ企業あるある】社外秘情報を隠しきれていない…… → PDF化かプリントアウトしましょう】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/20(日) 18:49:42.54 ID:CAP_USER
    ■箕輪厚介氏「沈んだ方が面白い。来年はマレーシア移住も」
    来年4月以降、マレーシアへの移住を視野に入れている幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏は「ぶっちゃけリモートでできることがほとんど。むしろ会ったり、飲み会に行ったりというのは惰性で続いていることが多い"贅肉"みたいなもの。楽しいけど、切る良いタイミング。そして、僕個人の活動も、本の編集をするということも、日々人と会ったり観ているものに刺激されながら、ある意味で日常を切り売りしている。3年くらいやってきて、はっきり言ってちょっと"オワコン"になりつつあると思っている。アジアに行ったからといって面白いものが作れるわけではないが、多少は仕入先を変えないちょっと…という思いがある。もう飽きたなというのがあって、一度売れなくなって2、3年沈んだ方が、人生長いので生き方として面白いかなと。自分のことをクリエイターと言うと偉そうだが、秋元康さんにせよ、エイベックスの松浦勝人さんにせよ、ものを作っている人はどこかで1回、2~3年、レールから外れている。それが今だなと思う」と明かす。

     そして「国内は近過ぎる。2年前にイケダハヤトと仲良くなってアリだなと思ったこともあるが、やはり物理的に贅肉を落としたり、無駄なことをやったりするのが血肉になる。また、普通のサラリーマンでは都内で子育てをするのが無理になってきていると思う。
    子どもが2人いるが、奥さんがセブ島に行った時に、シッターさんを1時間700円くらいで頼める。同調圧力的なものがないから、アジアはいいと言っていた。ただ、全てが自由に流動的になるということが大事で、マレーシアがくそつまんなかったで終わりでもいいと思っている。一生住まないといけないわけではないし、転職も自由になってきたように、移住もさらっと滑らかにやればいいと思う」との考えを示した。

    ■海外流出によって、長期的には日本に影響も
    ひろゆき氏自身も、移住の理由は「フランスは5年住むと永住権が取れるので、そうなるとイタリアでもスペインでも、好きなところに住めるようなる。これは便利だと思った。そして人は外国に住むと、だいたいその国の言葉が話せるようになる。これはフランスに行ったらフランス語が話せると思った。転勤で行くようなもので、合わないと思ったら違うところに行けばいい。もっと緩く考えていい話だ」と賛同。

     他方、田中氏は「日本にとって深刻なのが頭脳流出だ。優秀な人材が海外に行ってしまうことで、長期的には日本にいる人たちの生活水準にも影響を及ぼしてしまう。ここ10年くらい、日本がコンスタントにノーベル賞を取っているのは、90年代にGDPに対する研究開発投資がすごく多かったから。しかし今は中国や韓国に大幅に遅れてしまっていて、間もなくノーベル賞を取る人が日本からいなくなってしまう。ひょっとしたら中国や韓国に行って国籍を取ってしまうかもしれない」と指摘。

     三浦氏は「うちはシンガポールと日本に拠点を置いているが、私の仕事が日本政治という、局所的なところに関わっているので、情報が入ってこなくなるし、あまり離れて仕事ができるとは思わないし、ただ、アジアの成長は本当に凄まじくて、それに触れていないと退屈するだろうなとは思う。何より日本で投資した時に、年利回りを10%上げるにはものすごい極端なリスクを取らなければいけない。しかし、香港だったらほとんどリスクを取らずに10%くらい出せる。その差はあまりに大きな差だ。だからこそ私は日本にコミットしているし、今の日本がこのままで良いというわけではないということは言っておきたい」と述べた。
    https://times.abema.tv/posts/7022043


    【【海外移住と人材流出問題】個人にとってはメリット、日本国としてはデメリット? → 5chでは意外にも賛否両論!!】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/10/20(日) 17:38:44.51 ID:CAP_USER
    意外と意識している人はまだ多くないのですが、私たちはこれからすごく長寿の時代を生きることになります。たとえば100歳まで生きるとすると、90歳くらいまでは働くことになるでしょう。でも、約70年間1つの会社で働くなんてありえないですから、どこかで転職をすることになる。そうしたときに、専門性が身に付いていない人は生き残れないわけですね。

    MITのメディアラボの標語に、“Compasses over Maps”という言葉があります。昔だったら、偏差値の高い大学を出て、大企業に就職して、そこで管理職になればそこそこ生きていけた。それが人生の「地図」だったわけですね。でも今の時代、地図はどんどん変わっていく。昨日までそこにあった橋が急になくなったりするわけですよ。コンパス、つまり進むべき方向を見定めて前に進む力が必要になってくる。それが専門性です。

    しかし、日本はみんなジェネラリストになるための教育を受けるので、ものすごく専門家が少ない社会です。ただ、ジェネラリストにも二通りのパターンがある。何でもできるジェネラリストと、何にもできないジェネラリストです。

    変化の激しいこれからの時代、前者が生き残り後者は淘汰されていくのは言うまでもありません。では、何でもできるジェネラリストになる、つまり、専門性を身に付けるにはどうすればいいか。私はこの本の中で、次のようなことを書いています。

    “いちばん重要なのはまず「自分をプロデュースする」ことではないでしょうか。

    それはつまり、自分自身が何をしたいかをまず明確にすることです。それをあえて「プロデュース力」という言葉に言い換えたいと思います。このようなプロデュース力を持てば、あなたの人生にあなた自身がもっと関心と目的意識を持ち、真剣に取り組めるのではないですか”

    その具体的な方法として、私は自分の10年後、20年後の履歴書を書くことを勧めています。具体的に未来の夢を形にし、実現するには今何をすべきかを逆算するのです。

    この逆算方式は人生を充実させる重要なツールです。私も大学を卒業して日本開発銀行に就職した頃、「自分の本を出す」という夢を逆算方式で叶えたことがあります。

    一冊の本を出すには、400字詰めの原稿用紙で300枚ほど書けば達成します。そうすると、1日3枚書けば100日で本が書けると逆算した。それからは、毎日家に帰ってから1日3枚とにかく書き、当初の予定通り100日で自著を完成させました。

    昔は上司に付き合って意味のない残業をしたり、付き合いで飲みに行って上司の自慢話を聞かされたりする時代だった。でも、今は働き方改革でそういったことから解放され、恵まれた環境になりつつありますね。ただ逆に言うと、会社が今までのように100%面倒見てくれないから、自分で専門性を身に付けていかないとサバイブできないという苦しい時代でもある。だから、早いうちから自分の「コンパス」を持つことが必須となってくるのです。
    https://president.jp/articles/-/30182


    【【経済】竹中平蔵さん「現代人は90歳まで働くことになる」どうすればいいのか→「自分をプロデュースすることが重要」 → は???(絶望) 】の続きを読む

    ピンキリ管理人追記:イャンクック → ゲーム「モンスターハンター」に登場する怪鳥
    【【便利】マウント取ってくるクソ垢の対処法がシンプルだと話題に! → 要は「関わらない」に越したことがないってことか……。】の続きを読む

    血液検査で笑った話をひとつ。
    私「私、よく血管見えなくて献血断られますし、点滴失敗率高いんですよね。」
    看護師さん「大丈夫だよー。はい、最近のムカついたこと思い出してー」
    私「?(上司による無茶ぶり思い出す)」
    看護師さん「はい、今すぐ殴る勢いで拳握りしめてー」
    看護師さん「はい、今いいよー。もっと憎しみ込めてー!」
    私「これ以上だと殺意こもりますよ!?」
    看護師さん「問題なくてよ!さあ!………はい、終わりー」
    私「そんなあっさり!?」
    【【朗報】採血苦手な人はこれをやれば楽に終わるぞwww →】の続きを読む

    普段お酒飲まない、これからお酒飲むことになるかも!という女性の皆さん必見の「これを勧めてくる男は信用してはいけない。」お酒です。

    お酒で酔い潰してやる男って飲み会の場には絶対いるので本当に気をつけてください。 pic.twitter.com/hnrTn0BPhu
    んじゃ逆に何なら信用していいの?ってなると思うんですが僕的にはカシスオレンジかファジーネーブルとかそのへんかなと。
    ただお酒は楽しく飲むものだし無理して飲むものではないので飲みたくない時は「ごめんなさい。お酒飲めないんです。一口で赤くなっちゃうから」とか言ってソフドリ飲みましょう
    【【女性必見】飲みやすいけどものすごく酔いが回りやすいお酒一覧】の続きを読む

    ドイツの25歳の写真家カイさんが伝えるこう撮ればこうなる pic.twitter.com/vm1saLGQGg
    【【インスタ映え】一工夫で臨場感あふれる写真が撮れる!→ 具体例】の続きを読む

    このページのトップヘ