ピンキリ速報 - 真面目〜アホなレスバをまとめるブログ -

レスバトがメインの5chまとめブログにしようと思います。

    事件・事故・災害

    1: 豆次郎 ★ 2019/12/10(火) 20:06:29.43 ID:GT+f+YaL9
    TBS NEWS
    @tbs_news

    【速報】玉澤徳一郎・元農水相が銃撃される 命に別条なし 捜査関係者

    午後8:03 · 2019年12月10日·News10 POST


    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【速報】玉澤徳一郎・元農水相が銃撃される 】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2019/12/05(木) 20:07:13.59 ID:DoEHDAQ/9
    中国広東省広州市で12月1日、地盤沈下による道路の崩落が発生した。通過した車両2台が落下した。車両のなかにいた3人の生死は不明だが、当局は救出せず、当日中に陥没部分にセメントを注入した。被害者の家族は、市政府庁舎前で抗議活動を行っている。

    1日午前9時半ごろ、広州大通り北与禺東西路の交差点に突然、道路が陥没して幅数メートルもの大穴が空いた。清掃車両1台と、電気自動車1台が落下した。穴の深さは最大で38メートルという。

    中国国内の報道によると、陥没の原因は、交差点下に建設中の地下鉄工事との見方がある。落下した清掃車両には51歳の父親と27歳の息子の親子が乗っていた。

    被害者家族によると、事故による救助作業が行われることなく、1日正午に穴にセメントが注入されたという。家族らは、コンクリートミキサー車の進行を止めようとしたが、道路周辺500メートルを封鎖する大量の警察に阻まれた。目撃者によると、セメントの入ったタンクは相次ぎ交換され、落ちた車両から人を救出しようとする動きは見られなかったという。

    午後3時半ごろ、広州地下鉄の公式ソーシャルサイトアカウントは、陥没のさらなる拡大を止めるために、部分的な穴埋め作業を行っていると発表した。

    4日、生後1カ月の赤ちゃんを抱いた被害者の妻、家族、友人、支援者らが、市政府前で横断幕を掲げて抗議活動を行った。妻は、政府が被害者の黙殺を望んでいると訴えた。

    全文
    https://www.epochtimes.jp/2019/12/49670.html



    【【恐怖】中国広州で道路陥没→落下した3人助け出さずセメント注入されてしまう……。】の続きを読む

    1: 1号 ★ 2019/12/03(火) 21:22:37.55 ID:xpv3n1fL9
     京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで今年7月に起きた放火殺人事件に絡み、インターネットの情報をまとめたサイトに虚偽の情報を掲載されたとして、NHKがサイトのサーバー管理会社(大阪市北区)に発信者の情報を明らかにするよう求めた訴訟で、大阪地裁は3日、開示を命じた。末永雅之裁判官は「投稿で名誉や信用が侵害されたことは明らかだ」と指摘した。NHKは発信者への損害賠償請求を検討している。

     判決などによると、サイトでは事件後、NHKのディレクターの実名を挙げて「警察より早く遺留品を回収した」「NHK共犯説を唱えられても仕方ないぞ」などとする、他サイトへの投稿をまとめた記事が掲載された。
     NHK側は、閲覧者から事件に関与しているように思われ、社会的評価が低下したと主張。これに対し、サーバー会社は「NHKの公共的立場を考えれば、批評には寛容であるべきだ」などと反論していた。
     判決は、NHKや職員が事件に関与したとの印象を、サイトが与えたと指摘。第三者の投稿をまとめた記事でも、タイトルなどを付けて編集していることから、発信者が賠償義務を負うと判断した。
     事件後に同種の書き込みが拡散し、NHKは「明らかに事実と異なる情報で、極めて遺憾だ」などと公式サイトで否定していた。

    毎日新聞 2019年12月3日 20時22分
    https://mainichi.jp/articles/20191203/k00/00m/040/276000c


    【【速報】NHKが京アニ事件巡るデマに対して訴え起こす 大阪地裁が発信者の情報開示を命令、損害賠償請求を検討 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/12/03(火) 19:05:24.57 ID:vWMnLNRl9
    炎はわずか6分でマンションの最上階に燃え広がりました。

    火事があったのは中国・遼寧省瀋陽の25階建ての高層マンションです。2日夜、5階付近から出火し、目撃者によりますと、わずか6分ほどで最上階まで燃え広がったということです。消防車数十台が出動して消火活動を行いましたが、映像では放水が上層階まで届いていない様子も見て取れます。また、駐車していた車が道をふさぎ、消防車はしばらく現場に近付けなかったということです。地元メディアによりますと、この火事によるけが人はいないということです。

    12/3(火) 18:46
    テレビ朝日系(ANN)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191203-00000045-ann-int



    【【悲報】わずか6分で25階まで炎が…中国で高層マンション炎上 放水も最上階まで届かず】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/12/03(火) 10:37:20.88 ID:vWMnLNRl9
    群馬県の関越自動車道で車が逆走し、運転していた80歳の男性が死亡、2人が重軽傷を負った事故。

    映像は、事故直前に撮影されたもの。

    死亡した男性の妹が、事故前の兄の様子を語った。

    1日、渋川市の関越道で、津久井豊さん(80)が運転する軽自動車が逆走して、前から来た対向車と正面衝突し、津久井さんが死亡、対向車の男女が重軽傷を負った。

    津久井さんの妹が、FNNの取材に対し、兄について「兄はしっかりしていた」と語った。

    津久井さんの妹「朝、『灯油を買いに行く』って言うから。逆走したというから、考えられない。でも、頭の方はしっかりしていましたよ」

    また、津久井さんは、免許の返納を勧められていたが、断っていたという。

    地元の自治会長「(春に)免許返納したらどうかと言ったが、“人の世話になりたくない”という人だったから」

    目撃者の話などから、津久井さんは、少なくとも3km以上逆走していたとみられ、ハンドルにしがみつくような感じだったということで、警察は、逆走した状況をくわしく調べている。

    2019年12月2日 月曜 午後0:06
    https://www.fnn.jp/posts/00428211CX/201912021206_CX_CX

    ■【動画】関越道で逆走し衝突 80歳の運転手が死亡 2人けが ANN

    ■関連スレ
    【動画あり】「あー。みんなよけてるー」80歳男性が関越自動車道を猛スピードで逆走。正面衝突し心肺停止で搬送★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575254419/

    ★1が立った時間 2019/12/02(月) 13:32:52.85
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575282066/


    【【残酷】80歳男性「人の世話になりたくない」と免許返納しなかった結果…… → 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/12/02(月) 10:00:05.79 ID:FLl4avHz9
    「マクドナルドから約7億円を横領した男は、長年勤めていた三井物産の同僚も食い物にしていたのです」(三井物産関係者)

     勤務先の日本マクドナルドから3000万円を着服したとして、警視庁は10月24日、財務税務IR部統括マネージャーの西町崇容疑者(38)を業務上横領容疑で逮捕した。社会部記者の話。

    「預金口座の管理などを担当していた西町は今年1月から9月にかけて約50回、会社の当座預金口座から小切手を振り出して銀行で換金。逮捕分を含め約7億円を横領したとみられる。銀行閉店時間に小切手を作っていたことを同僚に怪しまれて発覚。『FX投資に使った』と供述しています」

     福岡出身の西町は名門・福岡高校を卒業後、一橋大学経済学部に進学。陸上部の短距離で活躍し、200mの一橋大レコード保持者だ。

    「就職活動では三井物産に内定するも、単位が足りずに留年。しかし翌年も内定を勝ち取ったツワモノです。新入社員時から高そうなネックレスをつけて社内を闊歩していました」(元同僚)

     研修後は財務畑を歩み、20代後半に総合資金部の為替証券市場室に配属。そこから“転落”が始まった。

    ■同僚や親族から集めた2億をFXで溶かし……

     西町と深い関わりのあった三井物産社員A氏が語る。

    「西町は常時、ドルでテンミリオン(現在の換算で約11億円)を実務裁量で動かしていた。市場の動きを瞬時に判断する必要があるため、トイレにも迂闊に行けないようなストレスの中、次第に相場にのめり込み、FXにハマり出しました」

     2017年頃、シンガポールに赴任した西町からA氏のもとにSOSが。

    「『マンションの売却で多額の税金が掛かる。海外にいて定期預金口座を解約できないから金を貸してほしい』と。海外赴任手当も含めれば彼の年収は2000万円超。定期預金口座に2400万円の入金がある画像を見せられたので信じ、500万円以上貸したのです」

     西町は複数の同僚や親族などから約2億円を集めたが、ほぼFXで溶かしてしまったという。17年中に三井物産を退社し、18年1月には自己破産を申請。

    「FXが負債の理由だったため、『射幸行為』とみなされ免責が裁判所に認められなかった。両親から勘当され、奥さんとも離婚。それでも昨年7月、マクドナルドに転職が決まり、月に1万円ずつ返済を続けてくれていた。今年1月には『まとまった返済ができそうだ』と連絡が来たので期待していたけど、連絡がパッタリ途絶えて……」(同前)

     三井物産は「特定個人に関する情報開示は控えます」と回答した。

     A氏は現在、西町に対して民事訴訟を検討している。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年12月5日号)

    2019年12月2日 6時0分
    文春オンライン
    https://news.livedoor.com/article/detail/17464142/

    関連スレ
    【社会】マクドナルドから7億円を横領しFXにつぎ込んでいた社員を逮捕。警視庁★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571987049/


    【【人生】マクドナルドで7億円横領、FXで溶かした男は三井物産の外為ディーラーだった → 転落後の人生が悲惨すぎる……。】の続きを読む

    1: 1号 ★ 2019/11/30(土) 10:24:45.90 ID:kbdQ0IOL9
    2019年10月12日、日本列島に上陸し関東・甲信越・東北地方に甚大な被害をもたらした台風19号。そのなかで、マンション内のトイレが使えないという事件が、神奈川県川崎市、武蔵小杉駅前に立つタワーマンションで起こった。

    高級タワマンなのに、トイレも使えない

    ある不動産業者は「武蔵小杉のタワーマンションを客に売ってしまった。一生呪われるのかな」と罪悪感で胸を痛めている。

    約10年前の武蔵小杉駅前は京浜工業地帯の一角として、大きな工場や社宅ばかりの街だった。しかし、バブル崩壊や不景気にともない、郊外へ工場を移転する企業が増え、ぽっかりと何もない土地ができあがった。
    現在、武蔵小杉駅には南武線、横須賀線、湘南新宿ライン、東横線、目黒線の5路線が乗り入れている。多摩川沿いの立地で、水と緑が豊富でありながら、都心へのアクセスも良好なこのエリアをデベロッパーが放っておくわけもなく、またたく間にタワーマンションが立ち並んだ。SUUMOが発表している「関東住みたい街ランキング」では最高4位になるなど、人気は高まる一方であったが、今回の台風19号による、風評被害は免れそうにない。
    武蔵小杉駅前にある「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」の地下に雨水が浸水し、配電盤が故障。停電と断水が続き、トイレが使えないという事態が発生。その模様はテレビでも広く報道された。さらにネット上では、同マンションの住人同士が掲示板で言い争う模様(真偽は不明)が投稿され、ネット民たちのルサンチマンにより、拡散されてしまった。

    19年10月中旬、同タワーマンションに向かうと、エントランス前にはカメラを構えた取材陣が複数。外出する住人を追いかけながら質問を浴びせていたが、迷惑そうな顔で無視をする人がほとんどだった。プレジデント誌取材班も知人をつてに同マンション住人へ取材を申し込むも、「マスコミ対応には災害対策本部を通すように通達がありました」と断られてしまった。管理側も不要な情報を漏らさぬよう、気を使っているようだ。

    渦中のタワマンへ、内見に行ってきた

    同マンション内ではいったい何が起きているのだろうか。プレジデント誌取材班は、この渦中に同マンションの内見をしたという男性に当時の話を伺った。
    「家賃23万3000円、管理費1万5000円の賃貸契約希望で内見に行きました。今回の災害で家賃が下がるのではないかと思い、すぐに連絡をしたのですが、2番手での応募でした。台風でタワーマンションの脆弱さが見えた先月でも、賃貸の人気状況は普段と変わらないそうです」
    男性が内見へ行った当日は、水質調査が済んでいなかったことから、飲み水としての水道水の利用は禁止されていたものの、水も電気も復旧し、エレベーターも最上階まで動いていた。しかし一時は、水も電気も使えず、排泄にいたっては各フロアに設置された簡易式トイレを使用するという状況が続き、住人のフラストレーションも溜まっていた。

    「こんな状況で家賃を払う義務はあるのか」と苦情を出す賃貸居住者も。だが、あくまで居住者とオーナー個人間の問題であるということでデベロッパーの三井不動産は干渉せず。また、オーナーの多くは中国人投資家だという。そんなこともあり、十分な対応がなされず、トラブルに発展するケースが多数あったようだ。
    内見をした男性によると、地下2階にある駐車場でも大きな問題が起きていたという。以下、男性が内見時に担当者から受けた説明だ。
    「現在、平面駐車場の車は動かせる状況にありますが、住人同士の公平性を保つため、立体駐車場、平面駐車場ともに使用禁止にしています。また、住人には“数カ月先”まで駐車場は使えないという説明をしていますが、ここだけの話、1年近く先になるのではという話も管理側では出ているんです」
    同マンション、ホームページによると駐車場代は月額1万8000円。こちらもあくまで居住者とオーナー個人間の問題とのことで、使用禁止という状況でありながら料金を支払っている住人もいるという。
    「しかし、常識的に考えて、支払う必要はありませんので、三井不動産から返金というかたちになるのではと考えられます。購入して住まわれている方に関しては、駐車場代の支払いは原則発生しています」(担当者)
    さらに今回は、地下2階は浸水している。ホームページには、『雨天でもぬれることはありません』と明記されているものの、「お気の毒ではありますが、車が故障している可能性もゼロではありません。しかし、駐車場は使用禁止なのでその故障についても確認ができていないというのが現状です」と担当者は話した。

    続きはソースで
    2019/11/29 17:00
    https://president.jp/articles/-/30904


    【【風評被害?】武蔵小杉の「トイレ禁止タワマン」に新たな火種が!】の続きを読む

    1: マシンガンチョップ(ネオジパング) [JP] 2019/11/29(金) 20:46:08.38 ID:jUWNMu5U0 BE:828293379-PLT(12345)
    治験薬服用後に飛び降り死 てんかん発作の薬、副作用か
    2019年11月29日19時29分
    https://www.asahi.com/articles/ASMCY645GMCYULBJ00Q.html?iref=comtop_8_08

     厚生労働省は29日、製薬大手エーザイの新薬の臨床試験(治験)に参加した、健康な20代男性がてんかん発作を抑える治験薬をのんだ後に死亡したのは、薬の副作用による可能性が否定できないとの調査結果を発表した。
     厚労省によると、男性は6月、安全性などを確認する第1段階の試験に参加。東京都内の病院に入院し、10日間、治験薬を毎朝1回のんだ。その後、3日間経過観察をしたが、その時はめまいや眠気、吐き気のほかは異常は見られなかったという。
     しかし、退院したその日に再び来院し、入院中に幻視や幻聴があったと訴えた。病院で診察した医師は、受け答えがはっきりしていたことなどから経過観察とした。だが、その翌日、電柱によじのぼり、飛び降りて死亡した。
     男性は精神科の通院歴はなく、健康状態は良好だったという。販売されている類似の薬には自殺企図などの副作用があることから、厚労省は「治験薬で類似の事象が発生する可能性は否定できない」とした。
     厚労省によると、病院側は治験…

    残り:207文字/全文:621文字

    引用元: ・エーザイの頭の薬の治験バイトに参加した健康な男性、発狂して電柱によじ登り飛び降り死

    【【悲報】エーザイの治験バイト参加の男性、副作用で電柱によじ登り飛び降りてしまい死亡……。】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2019/11/28(木) 23:27:56.63 ID:X7OWx32f9
     「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)=殺人などの容疑で逮捕状=が、皮下組織まで傷が達する重いやけどを全身の約90%に負っていたことが26日、医療関係者への取材で分かった。初期の治療で他人の皮膚の提供を受ける通常の治療法を採用せず、自己の組織を培養してできた皮膚や人工皮膚だけで救命されたことも判明。専門家は、全身の90%以上にやけどを負った重篤な患者への治療としては過去に例がないとしている。

     医療関係者によると、治療したのは大阪府内の病院。青葉容疑者の搬送は事件発生から2日後で、全身の約90%が「3度熱傷」の重いやけどを負っており、救命は困難な状況だった。

     他人の遺体から提供された移植用皮膚を保管する「スキンバンク」はドナー不足とされ、多数の被害者に多くの皮膚が必要となる可能性があったことなどから、提供皮膚は被害者へ優先する方針を決めた。

     初期の治療には「人工真皮」と呼ばれる人工皮膚を使用。その後、自分の皮膚組織の一部から培養して皮膚を作り出す「培養表皮」を使って移植する手術を繰り返した。培養に時間がかかるため、その間に人工真皮だけで治療するのは難しく、感染症などへの高度な対策が必要になる。

     提供皮膚を使わない条件下で広範囲のやけどを治療するケースはほとんどなく、結果的に初の事例となった。

    https://www.sanspo.com/geino/amp/20191127/tro19112705020002-a.html


    【【速報】京アニ放火の青葉容疑者、世界初の“他人に貰わない”皮膚移植で治療中】の続きを読む

    このページのトップヘ