終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

当ブログサイトは「アフィリエイト広告」「バナー広告」を利用しています。 少しずつ復帰していきます。

    ヨーロッパ諸国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/10/15(土) 19:04:06.893 ID:EbVMfHI2d

    【【終国】日本(人口1.2億人)、人口半分以下のドイツにGDPを抜かれるw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/10/23(日) 06:32:08.80 ID:pOnguWC80
    出生率1.49
    なぜなのか




    【【悲報】ハンガリー「4人以上産んだら一生所得税免除、ローン0。住宅資金もあげます!」→ 結果💦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/10/05(水) 10:34:43.39 ID:CAP_USER9
    よろず~ニュース 10/4(火) 16:30

     サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長(75)は2日、欧州サッカーの今後について強い危機感をにじませ、若いファンのサッカー離れを止めるためには変化が必要との考えを明かした。

     クラブ総会で「われわれの愛するスポーツは病んでいる。特に欧州で。もちろんスペインでも」と発言。「サッカーは世界一のグローバルスポーツとしての地位を失いつつある」との考えを示した。

     ペレス会長は以前からサッカー界の行く末に懸念を示しており、欧州のトップクラブによる「欧州スーパーリーグ構想」の考案者の一人でもあった。この案は、昨年4月に発表されたが、ファンだけではなく政府、選手から猛反対されてわずか数日後に頓挫した。会長は当時、10代、20代の若者には「サッカーに無関心」の人が増えているデータなどをもとに、試合をもっと興味深いものにすること、試合時間の見直し(短縮化)などにも言及していた。

     今回、ペレス会長は改めて「最も心配なのは、若者のサッカーへの関心がどんどん低下していること。現行の大会フォーマットでは、大会の最終段階でしか観客の関心を集められない」と指摘。”サッカーの生き残り”に向けて、大きな改革が必要だとの考えを示した。

    (ロイター/よろず~ニュース編集部)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/11738d2859398734113a1bf4bfa0a7f8504eb322

    【【悲報】サッカーの”若者離れ”、ヨーロッパで深刻😢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/09/28(水) 12:26:38.91 ID:NgPvd5/s9
    Japan's restart of nuclear reactors will help Europe's winter energy supply -IEA chief says
    日本が原子炉を再稼働すればヨーロッパの冬のエネルギー供給が助かるだろう 国際エネルギー機関

    国際エネルギー機関(IEA)長官は、日本が原子力発電所を再稼働すれば世界市場がより多くの液化天然ガス(LNG)を利用できるようになるため
    欧州のエネルギー供給懸念を和らげるという。
    詳細はソース 2022/9/27 ソース英語 『Japan's restart of nuclear reactors will help Europe's winter energy supply -IEA chief says』
    https://www.reuters.com/business/energy/japans-restart-nuclear-reactors-will-help-europes-winter-energy-supply-iea-chief-2022-09-27/

    【【驚愕】国際エネルギー機関「日本が原発を稼働すれば、世界やヨーロッパのエネルギー問題が助かるだろうね……(チラッ」←岸田さんこれどうするの?😰】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/09/15(木) 10:54:41.07 ID:7VeDi4U/9
    脱炭素優等生のドイツで電力の3分の1が石炭火力に…7年前に亡き専門家が鳴らしていた警鐘
    電気代は昨年比6割高…故・澤昭裕氏「中長期的な供給力不足が心配」
    2022年09月14日 06:00

    再生可能エネルギーの優等生とされてきたドイツの脱炭素政策が、大きな転換点を迎えようとしている。ドイツ連邦統計局(Destatis)が7日に発表したプレスリリースによると、ドイツで生産される電力のほぼ3分の1が石炭火力発電所の電力だという。

    (中略)

    高騰する電気・ガス代はビジネスにも影響大

    ロシアからの天然ガスの供給量が大幅に減ったことで、このところ、ドイツでは電気・ガスの値上がりが止まらない状況だ。ドイツの電気・ガスの料金はわずか2カ月余りで2倍ほどに上昇。ヨーロッパの指標である1年先の電力価格は、2年前は1MWhで40ユーロ(約5700円)だったが、現在は540ユーロ(約7万8000円)を超えた。ドイツのエネルギー関連ニュースの専門サイト「Clean Energy Wire」によると、今年のドイツの一般家庭の電気・ガス代は昨年と比べると6割も上昇しているという。
    https://sakisiru.jp/36139

    【【終国】脱炭素ドイツさん、電気代が6割上昇してしまい咽び泣く😭】の続きを読む

    このページのトップヘ