終国速報 ~ もう終わりだよこの国 ~

「日本のダメ」「他国のダメ」なところを紹介する5chまとめブログです。基本的になんJ / VIPのスレッドから記事を作っています。

    ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/12(金) 17:34:18.03 ID:mrHyICSm9
     「近所の公園が“出会い”を求める場として使われ、わいせつ行為が多発して困っています」。福岡県内の40代男性から、西日本新聞「あなたの特命取材班」に投稿が寄せられた。問題の状況は、子どもたちも活動する白昼にも及んでいるという。地域の憩いの場から住民は遠ざかり、改善の糸口はなかなか見えない。(黒田加那)

     ボランティアで公園内のごみ拾いをしている男性によると、この1年ほどの間に20件近くのわいせつ行為を目撃したという。

     集まるのは若者だけではない。中高年層も多く、下半身を露出したり、性行為をしていたりすることも。散乱したごみも避妊具や下着などが目立ち、毎回45リットルのゴミ袋1袋半ほどになるという。

     男性は不思議に思い、インターネットでこの公園を検索。すると出会いを求めて集まる場として有名になっていた。匿名の掲示板では連日、「誰かいますか」「トイレにいます」などの投稿があった。

     男性に公園を案内してもらった。山の斜面に整備された園内には大型遊具を置いた広場もあり、子どもたちの姿も。一方で山頂に続く階段を上ると、木がうっそうと生い茂り、昼間でもかなり暗い。遊歩道を行き交う人もほとんどいない。男性によると、あずまややトイレでは特にわいせつ行為が多く見られるという。

     公園を管理する自治体も問題を把握しており、担当課は「今春には園内の見晴らしを悪くする低い樹木や草を一部伐採した」と説明する。ただ現状は改善しておらず「出会いを求めて公園に集まること自体はとがめられず、有効な手が打てない」と困惑する。

     最寄りの警察署にも、露出行為やわいせつ行為に関する通報が度々あるという。署は公然わいせつの疑いや県迷惑防止条例違反となる可能性もあるとして、個々の通報に応じて現場に出動するなど対応しているが、「現場には監視カメラなどはなく、署員が到着した時には遅いことも。検挙に結びつきにくい部分はある」(同署)という。

     森林の斜面に広がる公園は人の目が届きにくい。同署は「利用者増につながる公園自体の改善やマナー啓発に向けた取り組みが抜本的に必要では」としており、現状改善に向け自治体の担当者らと協議中という。

     男性が主宰する地域団体は昨年12月に近隣住民約270人にアンケートを実施。過半数が公園を利用していないと回答した。理由には「治安が悪い」「見通しが悪く、暗い」などの懸念が挙げられていた。「このままではみんなが安心して公園を使えない。とにかくわいせつな行為やポイ捨てはやめて」と男性は訴えている。

    西日本新聞 2022/8/12 6:00
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/970178/

    【【終国】福岡の公園、わいせつ行為の場になってしまい住民困惑。警察も行政もお手上げ😰】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/16(火) 17:06:02.05 ID:FPcvgZvT9
    2022年8月16日 12時00分

     衆参両院で改憲勢力が国会発議に必要な3分の2以上の議席を確保し、改憲の具体案が議論される中、戦争放棄を明記した9条などを掲げる日本国憲法の素晴らしさを再認識してほしいと、元共同通信記者の山本邦晴さん (69)=名古屋市=が憲法をたたえる歌を制作した。希望者に楽譜を配布する予定で、「憲法を守る集会やデモを後押しする存在になれば」と広く活用されることを願っている。(市川千晴)

     憲法賛歌と銘打った曲のタイトルは「憲法 日本の誇り」。「平和の力だ」「福祉の心だ」「みんなの願いだ」といった簡潔な歌詞に、誰もが平和のうちに希望する仕事に就いたり、芸術を楽しんだりできるようにとの願いを込めた。明るいマーチ風の曲だ。

     「憲法は国の将来のあるべき姿を書いた規範で、前文は格調の高い文章だ」と、記者だった山本さんは訴える。報道の使命は平和を保つことだと心がけて、赴任地で市民の戦争被害や反戦運動を取材してきた。

    ◆各地で反戦運動取材、憲法解釈見直し議論に危機感

     だが、定年退職を迎えた2013年ごろ、第2次安倍政権下で、他国を武力で守る集団的自衛権を行使できるよう憲法の解釈を見直す議論が本格化した。「防衛力強化にかじを切る政治は、市民社会を荒廃させてしまう」と懸念し、自らもデモなどに参加し始めた。 

     高校時代からギターで曲を作り始め、アマチュアコンテストで入選したこともある山本さん。明るく楽しいデモを企画したいと考えていたところ、昨年5月3日の憲法記念日の朝に、メロディーと歌詞が浮かんだ。一気に書き上げ、憲法賛歌が誕生した。

     昨年11月、名古屋市内の憲法勉強会で初めて披露したところ、「自然に歌いたくなる」と評判になり、リクエストを受けて勉強会などで度々歌っている。

    ◆護憲の後押しに

     岸田文雄首相が早期の改憲発議に意欲を示すなど、改憲論議は着々と進んでいるようにみえる。一方で、ロシアの侵攻を受けたウクライナが、日本に軍事支援を要求しなかったことに、山本さんは注目する。「これぞ平和憲法の力だ。9条が戦後日本の平和を守ってきたことは間違いない」とウクライナ侵攻に乗じた改憲論をけん制する。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/196219

    https://youtu.be/8mkLPE1sVNk

    【【朗報】東京新聞「憲法9条を讃える歌ができました^^改憲反対!」→再生数600回】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/15(月) 23:06:53.27 ID:2AgrSrSe9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6fd6fa784985708a42d754fb28c2e0a40a527fee

    粛々と処理すれば良いはずの行政問題に煩わされる日本

     海の向こうではウクライナ事変が続いている。ロシアとNATOも睨み合っているが、アメリカは中国とも対峙している。どこの国でも政治指導者の最大の関心は、「地球上で生き残るには、どうすればいいか」だ。ただし、単に生き残るだけではない。「すべての周辺諸国の靴の裏を舐めて殴らないでもらう」など、外交ではない。仮に実現したとしても、奴隷の平和だ。

     翻って我が日本の重要政策は、「国葬」「統一」「第七波」だ。この三つが、岸田文雄首相の難関とされている。安倍元首相の国葬も、旧統一教会と政界の関係も、コロナの第七波も、粛々と処理すれば良い行政問題だ。国の運命に関わる政治問題ではない。

     では、すべての選挙に勝ち、3年間は選挙を行わないで済むはずの岸田首相がなぜ、この種の問題に煩わされねばならず、政権に強い指導力が生まれないのか?

    対抗する野党が弱すぎて、政権に強い指導力が生まれない

     理由は簡単で、岸田首相と与党が強いから選挙に勝ったのではない。対抗する野党が弱すぎるだけだからだ。どれくらい弱いか。次の総選挙で岸田自民党にとって代わろうとする政党が無い。

     立憲民主党は、話題にするだけ時間の無駄だ。ただし、今の泉健太代表は、前任の枝野幸男代表、あるいは歴代なんちゃら民主党の指導者の誰よりもマシだ。訳の分からない人間が野党第一党に居座らないよう、その座を離さないでほしいと願うしかない。

     ところが他の野党は、その立民よりも数が少ない。国民民主党は何とか党勢を持ちこたえている状態だし、参議院選挙で飛躍した日本維新の会にしても、「次の総選挙で野党第一党になり…」などと悠長に構えている。これでは、岸田自民党が無能と腐敗を極めても我慢するしかなさそうだ。

    (略)

    【【終国】倉山満氏「マトモな野党がいない」「自民党が腐敗を極めても我慢するしかなさそうだ」←そ、そんな〜😭】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2022/08/13(土) 12:23:56.83 ID:4H7W0H7v0

    【【朗報】TikTok民「ガーシーは2chの恐ろしさをまだ知らない」←エッ!?😲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 終国速報がまとめています。 2021/01/21(木) 20:14:13.05 0
    「信号を見間違えた」と泣きながら執行猶予求める 無罪主張から一転 ドラレコ映像で信号無視認めた被告 


     おととし、静岡県三島市で男性をはね、死亡させた罪に問われている女の裁判が静岡地裁沼津支部であり、
    女は「信号を見間違えた」などと話し、執行猶予付きの判決を求めました。

     起訴状などによりますと、沼津市大岡の無職の48歳の女はおととし1月、三島市内の信号のある交差点に
    赤信号で進入し、当時50歳の会社員の男性が運転していた原付バイクをはね、男性を死亡させた罪に問われています。

     去年5月の初公判で、女は「信号は青だった」などと無罪を主張していましたが、
    その後の裁判でカーナビの解析結果から、女の側の信号が赤だったと判明し、一転して起訴内容を全面的に認めました。

     21日行われた被告人質問で、被告の女は涙を流しながら「青信号だったということをいつまでも言って、
    罪を認めるのが遅くなってしまって、本当に申し訳なく思っています」と謝罪しました。その上で、事故の原因について問われると、
    「私の信号の見間違いです。何と見間違えたのかは、ずっと考えているがわからない」などと話しました。
    また、弁護士から実刑になる可能性について問われると、「遺族には申し訳ないが、家族のために執行猶予にしていただきたい」と主張しました。

    男性の長女:「なぜこの事故が起きてしまったのかが一番知りたいところ。本人の口からやっと聞けると思ったが、
    ずっと一貫して『間違いだった』としか答えてくれなくて、真実はちゃんと聞けたとは思っていない」

    男性の次女:「『執行猶予にしてください』と自分からお願いしているところを聞くと、父の大切な命をなくして、
    私たち遺族のことも馬鹿にしているのではないかという気持ちになった」

     次回公判は来月15日に開かれ、結審する予定です。

    1/21(木) 18:53配信

    【【悲報】まんさん「(死亡事故で信号無視がバレて)遺族には申し訳ないですけど、私にだって家族がいるの!執行猶予をつけてください!」←エッ!?😡】の続きを読む

    このページのトップヘ