まんさんコレクション

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします! 女性関係の5chまとめブログです。(主になんJより)

    イギリス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/12/13(日) 14:24:29.05 ID:4wWlffTz0
    【5月11日 AFP】英陸軍軍曹の男が、スカイダイビング用のパラシュートに手を加え、1か月余り前に息子を出産したばかりの妻を殺害しようとした疑いで先週、警察に身柄を拘束され、取り調べを受けていたことが、同国メディアの11日の報道で明らかになった。上空1200メートルから落下した妻は重傷を負ったものの、奇跡的に一命をとりとめた。


    【彡(゚)(゚)「ヨッメ邪魔やなあ…スカイダイビングのパラシュート細工したろ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: キン肉バスター(SB-Android) [GR] 2020/11/14(土) 22:46:57.72 ID:fNC4B0Br0● BE:866556825-2BP(4500)
     
    霊柩車内でマックを食べたスタッフ 目撃した女性が猛烈クレームも葬儀会社は「余計なお世話」(英)
    11/14(土) 21:26
    https://article.yahoo.co.jp/detail/1680bf0706301f78aab367b73a1c1d997535607d
    Techinsight

    マクドナルドの駐車場に霊柩車を見つけた女性が怒り心頭(画像は『The Sun 2020年11月12日付「‘DISRESPECTFUL’ Undertakers stopped to grab McDonald’s with dead body inside hearse as onlooker ‘couldn’t believe what they were seeing’」(Credit: Kennedy News/Deborah Carlisle/Facebook)』のスクリーンショット)
    霊柩車に遺体を乗せたままマクドナルドで購入したハンバーガーを食べるスタッフを目撃した女性が、Facebookに画像を添えて「不謹慎だ!」と訴えた。しかし実は病気が理由でやむなく車内で食事を摂らざるを得なかったこのスタッフに多くの人は理解を示しており、女性の怒りは空回りしているようだ。『The Sun』『LADbible』などが伝えている。
    https://i.imgur.com/t7qawnc.jpgno title


     

    海外発!Breaking Newswriter : tinsight-iruy

    英ケント州ボートン・モンチェルシー在住のデボラ・カーライルさん(Deborah Carlisle、57)は、同州アイルズフォード近くのマクドナルドの駐車場で購入したハンバーガーを霊柩車の中で食べるスタッフを目撃した。この霊柩車には遺体が入った棺が積み込まれており、搬送の途中だった。

    怒りを爆発させたデボラさんは、その様子を撮影し自身のFacebookに「敬意が無さすぎるわ。この会社のスタッフは棺を積んだ霊柩車をマクドナルドの駐車場に停車させ、ハンバーガーを買っていたの。周りの人は唖然としていたわ。そして本当にハンバーガーを食べるのか確認するために待っていたら、むしゃむしゃ食べ始めたの。彼に『失礼にもほどがある。何をしているか分かっているの?』と伝えたら、逃げるようにして去っていったわ」と投稿し、葬儀会社のURLと車のナンバーも公開した。

    葬儀会社にクレームの電話をしたデボラさんは、「彼らは葬儀代を返金するべき。もし身内の葬儀でこんなことが起きたらどう思います? あまりにショックな出来事で一日中泣いていたわ。本当に最低よ」と怒りが収まらない。

    【まんさん「ちょっと待って!霊柩車の中でマクドナルド食べて人がいるの!不謹慎でしょ?」葬儀屋さん「言うほどか?」→結果w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/11/24(火) 22:36:55.002 ID:HIDYTLxid
       
    https://www.moneypost.jp/uploads/2020/11/13/Shutter_AFLO_lottery18-438x750.jpgno title


    誰もが、「宝くじに大きな夢をかけてみたい」と思うだろうが、高額当せんによって人生が大きく暗転することも珍しくない。

    現在33歳のイギリス人女性、キャリー・ロジャースさんが180万ポンド(約2億4500万円)のイギリス国営宝くじ当せん金を獲得したのは16歳の時だった。当時の彼女は高校を中退し、わずか3.5ポンド(約480円)の時給で生協で働いていた。

    2019年、キャリーさんはミラー紙に「まだ物事を判断する能力が備わっていなかった。一晩にして子どもから大人に変身できたような気持ちになったけれど、それは錯覚だった」と当時を振り返って話した。遠い親戚だという人や友達に、新車購入や生活の困窮を理由にお金を無心されると、彼女は全く疑いもせずお金をあげてしまったそうだ。

    今はシングルマザーで、介護士として働くギリギリの生活を送っている。

    「全てのお金が私の前から消えた。もう後戻りできないけど、あの時に大金に目を眩まされず、生協の仕事を辞めずに真っ当に働き続けるべきだったと後悔している」とキャリーさん。

    大金は豪邸購入、パーティー三昧の生活、そして一時期常用していたコカインの購入費用に消えたと報じられている。未遂に終わったものの、自殺も2度図った

    キャリーさんは「現状の16歳から、せめて18歳に購入可能な年齢を引き上げるべき。大金を手にした子どもがいかにそのお金を無駄に使ってしまうか、私の今の姿を見れば分かってもらえるはず」と主張している。

    https://www.moneypost.jp/727409
    https://www.moneypost.jp/uploads/2020/11/13/Shutter_AFLO_lottery17-525x750.jpg

    【【画像】宝くじ高額当選JKさん、その末路がヤバすぎて全米が泣いてしまう......。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ミクロコックス(SB-Android) [FR] 2020/02/02(日) 15:44:07.59 ID:C92tufWg0 BE:155743237-PLT(12000)
     
    イギリスで日本の「カツカレー」が“国民食”になっている驚きの理由
    秘密はソースと「Panko」?
    2020.02.02

    (中略)
    イギリス人のソウルフードでもある「フィッシュ&チップス」の伝統店に行くと、
    オプションとしてトロミのついたカレー・ソースを置いている。
    これがインド・カレーというよりも、かなり日本のカレー味に近い。

    イギリス人がカツカレーの味に親近感を覚えるのは、こんなところにも理由がある。
    もっともカレー・ソース自体が明治時代にイギリスから輸入されたものなので、
    このリンクは必然なのだが。

    そしてPanko。イギリスにもともと存在しているパン粉(breadcrumbs)は
    耳の部分も含んでいて、柔らかい部分だけを使った日本のパン粉に
    比べて揚げた時のカリカリ感はいささか劣る。

    日本のパン粉がイギリス外食産業で広く使われ始めたのは2000年頃からで、
    「Panko」として現地スーパーなどで扱われるようになったのは、
    ここ10年前後のことだと思う。しかるにWagamamaでは、
    92年の創業時からPankoを使っている。

    チキンカツの爽快なカリカリ感はさぞイギリス人の舌を驚かせたのではないか。
    ちなみに、イギリスの一般家庭にPankoが浸透しはじめたのは、
    セレブシェフたちが「Panko」を使った料理を紹介し始めてからだ。
    (後略)
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/70180?page=5
      【【朗報】パン粉さん、pankoとして世界デビューしてしまう。英国ではカツカレーとして大人気に。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2020/02/09(日) 19:41:29.54 ID:WKo17d5i9
    【ロンドン時事】新型コロナウイルスへの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」には大勢の英国人が乗船し、英メディアの関心も高い。

    BBC放送は8日、乗客の英男性が「英政府は船か飛行機を派遣し、われわれを連れ帰ってほしい」と船内から訴える様子を伝えた。

    男性はデービッド・アベルさん。妻サリーさんとクルーズに参加した。船室から甲板に出ることが許可されるようになったが、1時間程度の時間制限があり、マスクの着用を課されている。また、他の乗客と2メートル以内の距離に近づかないよう日本の保健当局から指示を受けたといい、甲板では屈伸運動などをして気分転換を図るだけで、「誰もあまり会話していない」(サリーさん)状況だ。

    アベルさんは「(感染拡大を防ぐ)隔離は絶対必要だ」と述べ、クルーズが終わっても下船できない事態に一定の理解を示す。しかし「船上で感情を高ぶらせるくらいなら、英国で管理の行き届いた環境下に置かれた方がはるかにましだ」とも語り、船内での生活が大きなストレスになっていることをうかがわせた。

    英紙タイムズによると、クルーズ船には英パスポート保有者計78人が乗船。このうち英中部バーミンガム郊外在住のアラン・スティールさん(58)は新婚旅行でクルーズに参加した。ところが、7日までの検査で新型ウイルス感染が確認され、下船して日本の病院に運ばれた。発症はしていないといい、数日内の再検査が予定されている。船内の妻ウェンディさんとは離れ離れだ。 

    2/9(日) 18:05 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00000039-jij-eurp
    no title


    ★1が立った時間 2020/02/09(日) 18:16:57.79
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581239817/
    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村

    2chまとめランキング
    【【悲報】隔離クルーズ船・英国人さん「英政府は船か飛行機を派遣し、われわれを連れ帰ってほしい」と要望してしまう……。】の続きを読む

    このページのトップヘ