中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: コレコレ速報が毎日お伝えします 2020/08/03(月) 07:01:14.34 ID:fNMA+YQB0 BE:762376718-PLT(12000)
    ・・・・中国が世界に誇る巨大ダムの決壊は、我が国にとって決してひとごとではない。というのも先の譚氏は、

    「ダムが決壊することになれば、中国政府は“原因は日本企業にある”と言い出しかねません」

    そう警鐘を鳴らすのだ。かつて2000年、三峡ダム建設プロジェクトの2期工事で、三井物産を通じて住友金属(現・日本製鉄)が水圧鉄管用の鋼板を4600トン受注した。
    が、品質検査の結果、衝撃に対する強度が基準を満たしておらず、一部が不合格に。
    両社の関係者も出席して日中間の交渉が行われ、最終的には日本側が陳謝、住友金属が代替品を納入して解決に至ったのだが、

    「この経緯は当時、中国の官製メディアが発行する雑誌で報じられました。
    ところがその後、17年に日本で神戸製鋼の(アルミなど)品質データの改ざん事件が発覚した際に、『日本製造業の不正を17年前に中国人は見抜いていた』などと、
    住金の三峡ダムの一件を蒸し返すような形で再び中国メディアが記事にし、以降はネット上で広まっていったのです」(同)

    そうした記事は各所に転載され、今回の水害が本格化する前まで、ニュースサイトなどで閲覧可能だったというのだ。

    「7月12日、習近平国家主席は水害対策と災害救助に全力を挙げるよう『重要指示』を出しました。
    これを境に、ネット空間をコントロールする中国政府は情報を一本化しようと“雑音”である書き込みを削除し、情報発信も制限しています。
    万が一、実際に決壊となったら、政府はあの情報を再び拡散させて日本企業に責任転嫁するおそれは大いにあります」(同)

    そもそも事業主は中国政府で、住金は代替品を納入して工事は無事、継続されており何の問題もない。
    さらに同社は03年、三峡ダムの3期工事に際しても鋼板を連続受注した実績がある。これで中国が矛先を向けるようなことがあれば、筋違いも甚だしい。

    以下ソース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3b16c316f60a6a3f18c9078a4347beb46b6ef8de?page=2

    【中国さん「三峡ダムが決壊したら日本の責任だからね」←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: コレコレ速報が毎日お伝えします 2020/08/01(土) 21:39:11.28 ID:CAP_USER
    ティックトックを警戒するなんて滑稽だ! 日米は偏見を捨て去れ=中国報道
    2020年08月01日

     若者を中心に人気のスマホアプリ「TikTok(ティックトック)」について、自民党は利用制限を政府に提言するとの方針を示した。
    米国でも規制が検討されており、インドではTikTokを含む59種類の中国製アプリをすでに禁止している。

     中国メディアの百家号は29日、ティックトックが中国国外で警戒されていることに対して「滑稽だ」と一笑に付す記事を掲載した。

     TikTokは、数億人がダウンロードしている中国製アプリだ。
    記事は、米国などでは「中国政府に利用者の個人情報やデータが渡る恐れがある」として禁止が検討されていると紹介。
    日本なども同様の理由を挙げているが、米国の場合さらに「非常に滑稽な」別の理由もあるのだという。

     それはTikTokが「米国の大統領選挙を妨害するものとなっている」ことだ。
    選挙妨害は「内通も情報も必要なく、TikTokで遊べばいいだけなのか」と皮肉を述べ、「こんな捏造には笑ってしまう」と一笑に付している。
    さらに、中国は米国の大統領選挙に関心がなく、うっかりだとしても関わることはないと主張。
    言いがかりだと非難し、中国政府はこれまで中国企業に対して一貫して法に則るよう求めてきたと無実を主張した。
     これ以上、米中関係を故意に悪化させる行為を慎み、偏見を捨て去るように求めている。

     日本国内でも自民党の提言を大げさだと反応する人もいるが、正体不明の植物の種が中国から日本や米国に
    多数送りつけられている事案が発生していることからも、中国に対する不信感は相当高まっていると言えるだろう。
    そんな今、どんなに無実を主張しても、中国アプリを信用しろという方が難しいのかもしれない。

    https://news.nifty.com/article/world/china/12190-20200801_00027/

    【中国さん「TikTokを警戒するなんて滑稽だ!日米は偏見を捨て去れ」←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: コレコレ速報が毎日お伝えします 20/07/30(木)11:40:31 ID:KJN
    p30lite買ったワイ「めちゃくちゃええやん! 国産スマホはゴミ!w」

    【ネトウヨワイ「中華スマホ? ゴミでしょw」←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: コレコレ速報が毎日お伝えします 2020/07/27(月) 21:16:49.30 ID:bNN94pKI0● BE:271912485-2BP(2000)
     
    米総領事館閉鎖、正当かつ必要 「反撃の権利ある」―中国外務省

     【北京時事】中国外務省の汪文斌副報道局長は27日の記者会見で、四川省成都の米総領事館を同日閉鎖し接収したことについて「テキサス州ヒューストンの中国総領事館を閉鎖し強行進入するという米国の理不尽な行動に対する正当かつ必要な反応だ。米国の政治的挑発が先で、中国には対等に反撃する権利がある」と述べ、中国側の対応を正当化した。

     汪氏は「責任は完全に米側にある。両国関係を正常な発展軌道に戻す条件をつくり出すため、過ちを正すよう米国に促す」とも強調した。


    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072700870&g=int

    【中国外務省さん「我々には(米国に)反撃する権利がある。責任は完全に米国にある」←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: コレコレ速報が毎日お伝えします 2020/07/28(火) 16:44:51.64 ID:fj5arsX50● BE:789862737-2BP(2000)
     
    香港市民の英国パスポート、中国「有効性認めない」

    【北京=羽田野主、ロンドン=中島裕介】中国外務省は23日、香港市民が持つ「英国海外市民(BNO)旅券」について「有効な旅券として認めない」と表明した。
    華為技術(ファーウェイ)問題も重なり中英の対立が深まっている。

    英首相官邸の報道官は中国側の発言に対し「BNO旅券は英政府によって発行されており、正当で国際的な旅行書類だ」と反論した。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61887550T20C20A7PE8000/?n_cid=SNSTW001

    【中国さん「もう怒った、英国のパスポートを無効にします!」← これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/07/20(月) 10:30:14.36 ID:tKTQnxuI0
    中国政府が今月、日本政府に対して沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張し、周辺海域での日本漁船の操業は「領海侵入」だとして
    立ち入らせないよう外交ルートを通じて要求していたことが19日、分かった。
    沖縄県石垣市議会が議決した尖閣の住所地の字名を10月から変更する措置の中止を求めたことも判明。
    日本は即座に拒否した。日中外交筋が明らかにした。

     中国が日本政府に同海域での漁船管理を要求するのは異例。尖閣に対する日本の実効支配を弱め、領有権主張を強める狙いがある。
    中国公船の周辺海域での活動も活発化しており、日本は現状変更を試みる動きと判断し、警戒している。

    https://this.kiji.is/657552919817995361

    【【悲報】中国さん「尖閣周辺で日本漁船の操業はやめて!領海侵入やで!」←は!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/06/01(月) 12:11:18.86 ID:jNKhr4Oy9
    中国が香港で反体制的な言動を取り締まる「国家安全法制」の導入を決定したことについて、
    人気俳優のジャッキー・チェンさんら2千人を超える香港の芸能関係者が、31日までに連名で支持を表明した。

    新たな法制が施行されると、表現や言論の自由が圧迫される可能性も指摘されているが、
    声明は「国家の安全を守る重要性は十分に理解できる」としている。
    ジャッキー・チェンさんは中国の国政諮問機関、全国政治協商会議の委員を務めるなど中国との関係も深く、署名リストの先頭に名前がある。

    署名が呼びかけられた経緯は不明で、チェンさんらのコメントも伝わっていない。
    香港の芸能界にとって中国本土は重要な市場で、ネット上では「支持を表明しなければ、
    中国で活動ができなくなるのだろう」と背景を推し量る書き込みが出ている。

    https://www.asahi.com/articles/ASN505WQQN50UHMC00N.html


    【【悲報】超有名なJCさん、中国の国家安全法制への支持表明をしてしまう……。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/05/27(水) 17:22:28.20 ID:u6hdMMYU9
    2020-05-27 15:12

     日本には中国から様々なものが入ってきて定着し、中国よりも広まったものさえあるほどだが、中国から入ってきたものには「果物」もあるという。中国メディアの百家号は24日、中国では相手にされないある果物が、日本人の生活に定着し、無くてはならないものになったと紹介する記事を掲載した。

     その果物とは「梅」だ。日本の梅は中国が原産国だといわれているが、三国時代には中国にすでにあった梅が、唐の時代に日本に入ってきたと記事は紹介。中国では「後に果物の種類が豊富になるにつれて忘れ去られた」が、日本では健康にも美容にも良いと受け入れられ、江戸時代に入ると一般家庭でも梅の木が植えられるようになりさらに広まったと伝えた。

     中国でも、お茶菓子としての梅のドライフルーツや梅酒もあるにはあるが、日本ほど広く普及してはいない。記事は、日本人は梅を弁当に入れたり、食卓に出したりと「毎日の食事に欠かせないものになっている」と、日本でいかに愛されているかを紹介しているが、これは主に梅干しのことを指しているようだ。

     さらに日本では梅干しだけでなく、梅を梅酒や梅のシロップ、梅ジュースにするなど様々な形に変えており、記事は「世界でもこんなに梅を消費する国はない」と伝えている。日本の梅好きは世界にも広まり、日本からは梅酒なども輸出されるようになったので、梅と言えば中国よりも日本を思い浮かべる人は多いだろう。

     疲労回復や殺菌・抗菌作用、貧血予防、動脈硬化の予防、冷え性や二日酔いの予防など、様々な効果が期待できるこの優れた「果物」は、日本では夏バテや熱中症になりやすい夏の時期にも大活躍だ。「果物がたくさんありすぎるから」と中国ではあまり人気がないのはもったいないことである。日本でも最近では消費量が減っていると言われているが、これを機に改めてその良さを見直してみたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
    http://image.searchina.net/nwscn/7/5/2/1689752.jpgno title


    http://news.searchina.net/id/1689752?page=1


    【【驚愕】中国さん「アレは日本人の生活には無くてはならないものだったのか……」→】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/05/25(月) 16:57:06.96 ID:31YDIAS89
    2020-05-25 05:12

     すっかり日本の国民食となったラーメンは、日本人の食生活になくてはならないものになった。コロナウイルス感染拡大による自粛に面しても、各店舗は工夫を凝らし、持ち帰り用のラーメンを開発するなど、日本におけるラーメンは常に柔軟な変化を続けている。中国メディアの今日頭条はこのほど、ラーメンの起源は中国なのに、「今では日本を代表する食べ物になってしまった」と紹介する記事を掲載した。

     記事はまず、日本のラーメンは、今では本場の中国とは別の麺料理になっていると紹介。日本では少し前に「蘭州ラーメン」の店ができて行列ができるほどの人気になったが、食べた人からは「新鮮だ」、「日本のラーメンとは全然違う」などの評価が出ており、日本人も中国と日本のラーメンは「全く違うと受け止めていた」ようだと伝えた。

     そんな日本のラーメンは、今では世界中に広まり、西洋人にも人気だと記事は指摘。「ラーメン」というと日本のラーメンを指すようになり、中国のラーメンを思い浮かべる外国人はいないのだという。

     そのうえで記事は、日本人は時代とともにラーメンを常に変化させてきたと指摘。100年ほど前に中国から入ってきた当時は、貧しく食材にも乏しいなか、安くておいしく消化に良いラーメンは夜食として人気を博したと主張。後に、日本が豊かになってくると味と栄養にこだわるようになり、バブルの時期には高級志向のラーメンに、そして健康ブームに入ると健康的なラーメンが研究・開発されたと紹介した。

     記事によると、1990年代以降、日本のラーメンは海外へと進出するようになり大成功を収めるチェーン店もあったため、海外における日本のラーメンの人気が高まったという。それで外国人にとっては「ラーメンと言えば日本のラーメン」になったのだと分析している。

     記事は、日本のラーメンは時代とともに発展し、「時代を反映してきた」と伝えている。この点、中国のラーメンは伝統的な味を守ってきたともいえるが、驚くほど変化がなく、だからこそ世界に広まったのは中国のラーメンではなく、日本のラーメンだったのではないだろうか。日本のラーメンは、社会の変化を反映しつつ今後も発展していくことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
    http://image.searchina.net/nwscn/6/4/9/1689649.jpgno title


    http://news.searchina.net/id/1689649?page=1


    【中国さん「今やラーメンと言えば日本!」←マ!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ピンキリ速報がまとめています 2020/05/21(木) 11:19:56.67 ID:uigeVtsU9
    【5月21日 AFP】中国東部の山東(Shandong)省で、恋人に振られた女性が、相手も涙を流すようにと、その自宅前にトラック1台分のタマネギを送り付けるという出来事があった。

     山東省当局系列のメディア、山東網(Shandong Net)が17日に伝えたところによると、趙さんというこの女性は、インターネットでタマネギを注文した。配送先として元交際相手の自宅を指定し、タマネギを山積みにして呼び鈴を鳴らさずに立ち去るよう指示した。

     刺激で目に涙を浮かべさせることで知られるタマネギの贈り物には、「私は3日間泣き続けた。今度はあなたの番だ!」という女性のメッセージが添えられていた。

     この女性は山東網に対し、この男性とは1年近く前から交際を続けていたものの、男性が「一方的」に交際の解消を決めたと語った。匿名を条件に取材に応じた元交際相手は、趙さんの反応は「行き過ぎ」だと述べた。

     この刺激ある別れ方により、男性宅の近所一帯が刺激臭に覆われた。

     この男性と同じ区画に住む女性は「彼女の元交際相手が泣いているかどうかは私には分からない。でも私が息が詰まりそう!」だとし、「この地域全体に腐ったタマネギの悪臭が漂っている」と訴えた。

    2020年5月21日 8:18
    https://www.afpbb.com/articles/-/3284073?act=all
    https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/f/6/-/img_f600aed84455482745f448055eb87e42267751.jpgno title


    【【恐怖】中国のまんさん、「あなたも泣いて」 と元恋人に大量のタマネギを送りつけてしまう……。】の続きを読む

    このページのトップヘ