【スポンサーリンク】
【本日の人気外部記事】
【本日の人気外部記事】
それで重要なのは水田所有者の引き受けた損害、これをきちんと社会で補償する仕組みが必要ということです。ここで氾濫したことで、下流での氾濫が防げたかもしれません。
@oikawamaru 水稲には農業共済(NOSAI)への加入が義務づけられていますので、収入が減少する場合は、保障されます。また、地形的に遊水池機能を有している水田ですので、耕作者はあらかじめこの状況は想定されていると思います。
@taisyo39 @mitchan1963 @oikawamaru いまは水稲は共済加入は強制ではないです。ですがリスク管理の観点からよほどでなければ補償はつけているものと思います。
@nupkanay @mitchan1963 @oikawamaru ありがとうございます。平成31年から任意性に移行していましたね。失念していました。
@oikawamaru 国の農業保険制度を使っていればそれなりに補償はされるものと
@oikawamaru @poyopoyochan 制度としては農災でカバーする物と理解しています。(制度としては農協とは全く別)充分かは議論が必要ですが。
@oikawamaru それで重要なのは水田所有者の引き受けた損害、これをきちんと社会で補償する仕組みが必要ということです。ここで氾濫したことで、下流での氾濫が防げたかもしれません。
@oikawamaru 本質を言わずに、表層だけを見せて不安を煽るのが日本の新聞やテレビですからね。
@oikawamaru 昔ながらの知恵なんですよね。

万が一に備えて、水があふれる可能性が高い場所はあえて遊水地として利用しそこに人は住まない。
@oikawamaru 先人の知恵の有り難さを、令和の世になっても痛感しますね。武田信玄公の御遺徳とのことです。愛知県にある私たちの町も何度も守られてきました。感謝。
@oikawamaru 批判が趣味の朝日にそこまで求められませんね
@oikawamaru @kabutoyama_taro 山形では二年前に引き続き同じ地域で床上浸水が起こってしまいました。堤防が出来るのは六年先とか。
素早く対処する工法はないものでしょうか?
@oikawamaru もう、モトから水没予定だった農地を宅地化したような地域を下手に囲って守ろうとした結果、破局するような治水戦略、やめにすれば良いのに……。
@oikawamaru 新潟の某所では完全に割り切って土手を切り開き田んぼへ水を誘導させてる所がありますよ
@oikawamaru 改めて先人の知恵と技術に感動しました。現代人は自分たちの力を過信してはいけないと思います。
@oikawamaru あの新聞は日本の土木インフラはダメだと報道しないとならないので。
@oikawamaru @6WSeAhnV0MdDggi しかし、私の子供の時はそんなに氾濫無かったけどね。河川ちゃんと管理してますか。
@tz6bIWGyApQxnET 大量かつ長時間に渡って雨が降ることが増えてるのがここ数年の氾濫原因ではないでしょうか?
雨のふりかたが20年前とは違う気がします。
@tz6bIWGyApQxnET 今まで通りの治水の考え方を
今の雨のふりかたに対応した治水に変える必要がありますよね。
そのスピードが天候変化のスピードに追いつかなくて最近の河川氾濫の多さにつながってると思います。
@6WSeAhnV0MdDggi 私の小さい時の川の氾濫は台風でそれも何年間に1回位の大きな台風の時は川が氾濫しましたが、今みたいに雨が少し多く降った位で氾濫しなかったです。生活排水も別に流れてますね、停電も今みたいにすぐに停電ならなかったし、やはり気合が足らないんじゃあないでしょうか。
@tz6bIWGyApQxnET 元ツイートでは田んぼへ水を逃がすことで被害を抑えられたということなので、
今後も出来るだけ被害がないように各種災害対策が進んでくれたらいいですよね。
@oikawamaru @mamehiropon 映像報道部なので朝日新聞赤字なんだからリストラでなくした方がいいみたいですね?
@oikawamaru たしか『ブラタモリ』でもやってましたね。古の人々の知恵が凄い✨
@emucha214 @oikawamaru 「八王子」の回ですね。市民なので切ってある堤防を見に行きました。
@oikawamaru こちらはそこまで水位も上がらず、雨もそんなに降らず、車でほんの30分ほどの地域なのに、同じ滋賀とは思えない出来事です…
@oikawamaru そのとおりです。
いかに、霞堤が素晴らしい知恵と技術の結晶か、もっと報道すべきだとおもいます。
@oikawamaru 田んぼも大切な財産ですので…
どこを切り捨てるかの議論は最後の最後にしてもらってまずは堤防をさらに一段階高くする方向でいく方が良いのではと思います
@oikawamaru 高時川は確か上流にダムを作る計画があったんですが、当時脱ダムが主流でその時の知事がダムよりも下流の堤防整備等の治水を行っていれば問題ないと言ってのけた結果がこれではなかったでしょうか。
@oikawamaru 農作物の被害は残念ですが、川を隔てて住宅街を守れてるように見えますね。
@oikawamaru 「テレビも新聞も
 こうやって信用を失っていく」
その見本です…
@oikawamaru その霞堤(遊水地)を住宅地にした我の地区
治水に尽力した結果毎年浸水していたのが10年に5回になりました
家を建てる時は下調べ大事です
@oikawamaru この河川の場合は長浜市のみ。
大河川の栃木県栃木市・渡良瀬遊水地(渡良瀬川・利根川)に人は住んでません。

那須烏山市・下境遊水地(那珂川)の遊水地内には住居あり、田んぼや建物を含め水害で苦労している人々が居ます。

そこより下流地域の、広範囲の人々を水害から守るためです。
(=゚ω゚=) pic.twitter.com/8jpAP3IzHR
@oikawamaru #手取川 #霞堤 数日前にトレンドに上がった石川県の手取川の霞堤部分。左が上流。ここは花火会場を兼ねる河川敷ですが、ちゃんと氾濫時越水先の出口は田畑になってます。日本の治水技術の高さに驚かれる。 pic.twitter.com/rYRKpotUxt
@oikawamaru 最初読んだ時あれ?煽りで言ってるのかなと思いましたが成る程、溢れる水が特定の位置に流れ込むようにして水量が減ったら出ていくようにする仕組みを「霞堤(かすみてい)」と言うんですね
nilim.go.jp/lab/rcg/newhp/… pic.twitter.com/7g1FCcbLx5
@oikawamaru 2019年の、ラクビーワールドカップの時に横浜の日産スタジアム🏟などが 話題になっていました。 朝日新聞の記者さん 知らない訳ないですよね〜
@oikawamaru 当該市のハザードマップを見る限り、特に企図されたものではなさそう。道路が地形なりに高低していることからも想像される。
それに、これだけ溢れていれば排水・下水が機能するか怪しく、ミクロで見ない限り被害の程度は分からない。 pic.twitter.com/5Fy2q3Aykn
@otohokah2 @oikawamaru ハザードマップを作成するような近年の自治体の仕事ではなく、それ以前もしかしたら江戸時代の治水工事のおかげかもしれませんね
@aimereee @oikawamaru 治水工事があったのかは分かりませんが、堤防の役割をしているように見える道路は1964年~1974年に敷設されたようです。

なお、記事の写真は本日午前10時前ですが、その後長浜市近辺で更に増水しているように見える記事もありました。現在どうなっているか... pic.twitter.com/QMu9bCJYyZ

水害列島 (文春新書)
土屋 信行
文藝春秋
2019-07-19

 
【スポンサーリンク】